密かに育まれた命 【泥酔状態での体験告白】

僕の視線の先には、密かに育まれた命が一生懸命生きようとしている。

堕落しきった僕とはまるで、正反対の世界にいる君。

君がそこにいる事がわかったのは、本当に偶然なんだ。

君のママ「もう半年も来てないんだよね~♪生理不順まじサイコ~♪」

モブ「妊娠したとか?」

君のママ「いや、あたし処女だし」

モブ達「うっそ?このご時世に遅れまくりまくび~♪」

君のお母さんは顔と胸に栄養をとられ過ぎて、こんな感じのおバカさんなんだ。

正直、こんなのが君のママになるなんて…。

そうそう、君がそこにいる理由を話さなきゃね♪

あれは…。



ある日、君のママのグループが僕の秘密基地であるログハウスに無断侵入してきたときだったね。

あの時、僕は君のママの写真を見ながら至福の時を過ごしていたのに

窓ガラスが割れたと思ったら、君のママのグループがやってきたんだ。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||

2015年5月31日 | 体験告白カテゴリー:泥酔状態での体験告白

セフレとの体験談 【泥酔状態での体験告白】

コピー財布商品

コピー財布商品

世界一流ブランドコピー財布、スーパーコピー商品、激安ブランドコピー。

ヴィトンコピー、ミョウミョウコピー、シャネルコピー、エル

メスコピー品格安通販。商品は全て最高な材料と優れた技術で造られて、

正規と比べて、品質が無差別です!人気ブランド..

経営方針:品質を重視、納期も厳守、信用第一は当社の方針です。

主要取扱商品バッグ、財布、腕時計、靴、装飾品、小物等!

スーパーコピーブランド通販専門店!京都スーパーコピー販売通販、ヴィトンコピー、

グッチコピーシャネルコピー腕時計コピーヴィトンコピー偽物を通販している専門サイトです。

ブランド財布コピー

ブランドコピー財布

ルイヴィトン財布コピー




体験告白関連タグ



2015年5月10日 | 体験告白カテゴリー:泥酔状態での体験告白

去年の忘年会 【泥酔状態での体験告白】

年末になってきたので、去年の忘年会の事を思い出した。

話せば長くなるので、少し端折り気味で書こうと思う。



その日は仕事納めで、夕方から忘年会だった。

仕事場の最寄駅の居酒屋で19時から飲み会が始まり、21時頃には皆相当酔っぱらっていたと思う。





それが今の奥さん。
















この体験告白を見る »

体験告白関連タグ



2014年11月26日 | 体験告白カテゴリー:泥酔状態での体験告白

集団で一人の女の子を脱がす時の掛け声ってどんなのがある? 【泥酔状態での体験告白】

集団で一人の女の子を脱がす時の掛け声ってどんなのがある?



ストリップ♪ほら、ストリップ♪ ストリップ♪ほら、ストリップ♪



去年の忘年会では、こんな掛け声をかけて

出入り業者の美形人妻が脱いだんだけど・・・

今年は、どんなのがいいかな?と副医院長に尋ねられちゃって

11月中に考えておかないとボーナスの査定に響いてしまう。



萌えコピの先輩がたおせーて!


体験告白関連タグ

|||

2014年11月26日 | 体験告白カテゴリー:泥酔状態での体験告白

エッチなお姉さんは好きですか? 【泥酔状態での体験告白】

ある日、行きつけの飲み屋で知り合った女の子と成

り行きでホテルへ行くことになった。

オレは当時22歳。彼女はオレより年上で28歳。

当然、彼女はベッドの上でもお姉さんぶりを発揮し、

オレは酔いながらも「大人のエッチって凄いw」な

どと呑気な事を考えていた。

全身を優しくキスしてくれた後、そのままフェラに。

オレのあそこがギンギンになったところで、あそこ

を軽いタッチで擦りながら、蟻の門渡り、だっけか?

そこを舐めながら、たまに肛門を舐めてくれる。



あまりもの気持ち良さにビックリしたオレだが、本

当にビックリしたのはその後だ。

肛門を舐めていた舌先が、突然グググッと肛門の中

に入ってきた。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||

2014年8月19日 | 体験告白カテゴリー:泥酔状態での体験告白

幼馴染とお花見【泥酔状態での体験告白】

<>811えっちな21禁さんsage04/04/0700:21ID:muBE8zAY<>

お持ち帰りしちゃったんで初めて報告する側に〜

中学からの腐れ縁の愛美を誘って二人で花見に行って来ました

はっきり言ってお互い異性として意識して無かったと思います

チューハイとパンケーキ(彼女の好物だそうで)を買って行き、マターリ花見していました

日も完全に沈み、桜がライトアップされ始めた頃、夜桜の下にいる頬を赤く染めた彼女に俺は突然ドキドキするようになったんです

(n´д)やべ…こいつかわいい…

いや落ち着け俺、ここで突撃したら玉砕じゃないか!まだ早い!クールを装え!



と、自分に言い聞かせ俺は一つの結論を出しました

もっと呑ませよう、と



<>826811PCsage04/04/0701:02ID:shXcO//f<>

この時俺はヤりたいとは思って無かったんです

ただ純粋に愛美がかわいくてそれを見続けたかった、と


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||

2014年2月16日 | 体験告白カテゴリー:泥酔状態での体験告白

カラオケ合コンレイプ【泥酔状態での体験告白】

<>21えっちな21禁さんsageNew!04/06/0602:15ID:1dUUX/6T<>

あれは、私が大学3年生の時でした。

当時私は、親元を離れ、ある地方都市で一人暮らしをしていました。

たまたまその地方都市には、父方のじいさんが住んでいました。

当時は、じいさんの家によく遊びに行っていました。

(飯食わせてもらったえい、小遣いをせびりに行っていたのかも・・・)

じいいさんの家には、私の父の弟とその子供たちも一緒に住んでいました。

1人は中学生の男。もう一人は、女子高生の女の子でした。



<>22えっちな21禁さんsageNew!04/06/0602:20ID:1dUUX/6T<>

女の子は名前をA子といい、正直あまりかわいくないしデブ。年は17歳。

まあしかし、昔から仲がよかったので、遊びに行ったときは、よく一緒に

しゃべったりしていました。

ある日、いつものようにA子としゃべっていると、A子が「今度S君(私)

の友達と私の友達で飲み会やらない?」って言ってきました。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||

2014年2月16日 | 体験告白カテゴリー:泥酔状態での体験告白

ホテル住み込みバイトS美【泥酔状態での体験告白】

<>580578sage04/05/3101:16ID:1JL+UAE9<>

私が就職して2年程たった夏の話です。

当時まだバブルの余韻が残っていた頃で、俺はクレジットカードを

使いすぎて借金の残高が60万くらいになりました。、

度々返済を滞らせるようになり、返済の催促のTELが

会社にもかかってくるようになった。

仕方なくお盆休みに有給休暇を加えて長めに貰い、

短期で時給の良いアルバイトを探す事にした。



<>582578sage04/05/3101:26ID:1JL+UAE9<>

そして、とある高原の観光地にある会員制リゾートホテルに住み込みで

働くことになったのです。

現地に着き、ホテル近くの寮に案内された。

社会人で東京から1人で来たのを気遣ってくれたのか、

和室2間の部屋を個室として与えてくれた。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||

2014年2月15日 | 体験告白カテゴリー:泥酔状態での体験告白

Gカップの不二子【泥酔状態での体験告白】

<>113えっちな21禁さんsageNew!04/03/2517:52ID:lZpzqCxa<>

あ、ネタって言うか実話です、ちなみに5年ほど前です



暑い夏の夜でした

友人Aと飲みに行こうと言う事になり、近所のバーへ

時間的にはAM1時頃、いい感じで飲んでいるとお店のドアが開き

♀2人が入ってきました。一人は身長160cmくらいのちょいポチャ

なカワイイ系の子、もう一人に目をやるとどこかで見た事あるような…あ!!!



その子は高校時代の後輩でM美、あだ名は「不二子ちゃん」w

身長165cm程でスタイル抜群の巨乳チャン、カワイイというよりも綺麗系

学生時代に1度M美に告白されたのですが、その時自分には彼女がいたので

丁重にお断りしたのです。

その不二子ちゃんが目をトロンとさせ泥酔まであと5分みたいな表情で

こちらに近づいてきました


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ


2014年2月15日 | 体験告白カテゴリー:泥酔状態での体験告白

胸が異常にデカイッ!女子大生【泥酔状態での体験告白】

<>757烏々鳥◆7fHEPU3336sageyaruyaru_no1@hotmail.comNew!04/03/2721:48ID:r39uzoV6<>

それは大衆居酒屋での出来事でした。

そこの店は値段も安く料理も美味しいとのことでいつも結構込んでいて特に若いお客さんが多い店でした。

いつものようにその店のカウンターで鶏皮と塩辛をつまみに飲んでいると新客が入ってくるのが解りました。

ガヤガヤと賑々しいその一団は大学のサークル仲間らしく、この店を2次会として利用するみたいです。あらかじめ予約してあったのか奥の個室へと消えていく若者達。

それを横目にちびりちびりと飲る漏れ。

なんだか若者達の勢いが羨ましく久しぶりに風俗でも行ってみよう、などと考えていました。



<>758烏々鳥◆7fHEPU3336sageyaruyaru_no1@hotmail.comNew!04/03/2721:50ID:r39uzoV6<>

その後も次々と新客が入店しては出て行くことの繰り返し。

30分程してそろそろお愛想の声をかけようと思った時、一際賑やかな声の一行が入ってきたのです。

振り返ると女の子3人組で、どうやら先ほどのサークルの仲間のよう。

奥の個室へと一旦は消えていきましたが座敷が狭くて座れなかったようですぐに戻ってきました。

ちょうどカウンターには私の隣に4つばかりの空席が出来たところ。まだ先客の食べた器も下げられていない状態でしたがそこにドカッと座る3人。そのうちの一人がテキパキと器をまとめてはカウンターの中に返します。




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||

2014年2月15日 | 体験告白カテゴリー:泥酔状態での体験告白
1 / 4212345...102030...最後 »

このページの先頭へ