夢の中で妹の処女を奪って犯して・・・それが現実になってしまった【妹との体験告白】

「兄ちゃん!もっと入れてぇ!ああーん!痛いよぉ・・・でもお兄ちゃんのこと大好きぃ」

「マサミ、兄ちゃんもだぞ」

「兄ちゃんのオチンチンがマサミの中にいっぱいはいってるぅ!たくさん入れてぇ!」

俺はマサミのマンコにチンコを出し入れしまくった。

おれが処女を奪った妹。チンコで処女膜を突き破って、マサミの中に突っ込んだ。

そして、チンコを突き入れてた。

「あ!あ!痛いよぉ!痛いよぉ!兄ちゃん!兄ちゃん!でも、もっとしてえ!」

俺は妹の上で、腰を振りまくってた。

妹の処女マンコは血だらけだった。

やっと俺のものになった!!

「マサミぃ!中に出すぞ!いいな!」

「う・・うん!うん!いっぱい出してぇ!兄ちゃん!兄ちゃん!」

最後の一突きをして、マサミの膣奥に精液をたっぷり注入してやった。

「兄ちゃんのザーメン!出てるぅ!出てるぅ!たくさんマサミに出してぇ~」

満足感で満たされた。と、バスン!!いきなり俺の顔面が何かで強烈に叩かれた。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2017年12月29日 | 体験告白カテゴリー:妹との体験告白

自由に誰とでもエッチをする条件で結婚してくれた妻と2 【寝取られた体験告白】

私と真希との結婚は、本当にトントン拍子でした。私の両親は、挨拶に連れて行った真希を見て、

「本当に雅和で良いの?」

と、思わず確認をする程でした。もちろん反対などなく大歓迎で、私の評価までうなぎ登りに上がりました。



そして結婚を機に、私は父親の跡継ぎとして父の会社に転職しました。父としては、まだ数年外で修行させたかったようですが、真希という嫁を連れてきたことで、彼女に不自由させてはいけないと、すぐに会社に入れてくれました。しっかりと基盤が出来上がった保険代理店だったので、私がほとんどなにもしなくても会社は回っていく感じでしたし、収入も一気に3倍ほどになりました。これもすべて、真希のおかげだと思いました。



真希は、私の両親や親族の前では、完璧とも言える妻でした。私の前で見せる、サディスティックな部分や、ワガママなお姫様の部分は一切見せず、一歩下がって私を立てる出来た妻を演じていました。と言っても、演じると言うことではなく、それも真希の本当の姿なのだと思います。



誰でも、二面性はあると思います。真希は、それを隠さずに私に見せてくれるので、それはそれで幸せなのかもしれません。



そして、真希との例の約束ですが、やはり本気でした。もしかして、冗談かな? と、淡い期待をしていましたが、それは結婚式当日に打ち砕かれました。

結婚式当日、かなり早い時間から会場入していた私と真希は、さすがに緊張していました。

『なんか、いよいよだね。緊張してるの?』

真希は、余裕のある感じで私に言ってきます。でも、その顔は緊張で少しこわばっているように見えました。




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||

2015年5月8日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

人妻 香苗 7 【寝取られた体験告白】

53





ギシギシギシッ……!!





中嶋の激しい腰使いで、ソファが軋む。



股を大きく広げた香苗は、中嶋の大きな身体に押し潰されるように責められていた。



グチュグチュという卑猥な音が部屋に響く。



極太の男根による激しい出し入れは、香苗のヴァギナから大量に分泌される濃厚な粘液のお陰で潤滑に動いている。



中嶋が腰を引いた時に見える、陰茎に付着した白く泡立った愛液は、香苗の身体が中嶋とのSEXで性的快感を深く感じている事の証だ。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||

2015年1月28日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

水泳の授業で熱中症になった女子が水着を脱がされすっぽんぽんに 【学校での体験告白】

中学2年の夏、その日はよく晴れていて、最高気温が35度を超えるような暑い日だった。

そんな日の水泳の授業。





うちの学校の体育は男女合同で、プールを使うときは1コースから3コース、4コースから6コースの半分ずつ男女に分かれて使っていた。





体育の教師は50歳代のおじさんで、生活指導もしていたからか、何かあると頻繁に長い説教をしていた。

その日も、少しふざけていた男子や、お喋りばかりしている女子を見て授業を中断し、全員をプールサイドに座らせて説教を始めた。

説教が終わると、そのまま平泳ぎの手足の動きについて解説して、実際にやってみろということで、やっとプールに入ることができた。





ところが、泳ぐ順番待ちをしていたとき、長い間炎天下に晒されていたからか、1人の女子がプールサイドで倒れてしまった。

みんなが、倒れた女子の周りに集まりだし、すぐに先生も駆け寄って来た。

先生はその女子の様子を見ると、お姫様だっこのような格好で抱きかかえてプールサイドの日陰まで連れて行った。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||

2015年1月11日 | 体験告白カテゴリー:学校での体験告白

恥ずかしがりの嫁と俺の親友のマッサージ完 【寝取られた体験告白】

景子は、俺のつまらないイタズラ心で、俺の親友の浩介と肉体関係を結んでしまった。

その中で、俺に寝取られ性癖があることを見抜き、わざと興奮させるようなことをする景子。



ただ、景子も、浩介とのセックスで感じてしまい、イカされてしまったことに、自分自身戸惑っていた。そして、それが間違いだったと証明するために、俺のいないところで、浩介と二人きりでセックスをさせて欲しいと言った。





そしてそれを終えて帰ってきた景子は、

『全然気持ち良くなかったよ』

と言ってくれた。



それですべて解決して、もとの夫婦に戻れるはずだった。でも、浩介が隠し撮りした動画を見て、景子がウソをついていたことを知ってしまった。そのウソは、大学時代にまでさかのぼる、大きく長いウソだった……。







#8212;#8212;俺は、飛び散ってしまった精液を拭き終えると、震える指で再び動画を再生した。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||

2014年12月15日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

無理な生挿れはやめましょう。 【浮気・不倫の体験告白】

あれは26,7の頃だったか。

仕事にもヨユーで慣れ、合コン三昧の日々を過ごしていた。

そんな酒池肉林の中で出会った女。

それがY子だった。



鈴木杏(杏樹ではない)に似てややぽっちゃりのビミョーなルックスだったが

合コンの席で甲斐甲斐しく世話を焼いていたので気に入った。

あとFカップの巨乳ももちろん気に入った。



オレは合コンで電話番号を交換して、ちまちまと連絡を取り合って後日デートなんて・・・

まどろっこしいことはしない。

普段は一次会の最中で獲物を見定め、とっととフケる。



オレんちで飲みなおそう




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||

2014年7月10日 | 体験告白カテゴリー:浮気・不倫の体験告白

韓国大統領に「赤っ恥」かかせた元米軍慰安婦提訴 【外国人との体験告白】

韓国大統領に「赤っ恥」かかせた元米軍慰安婦提訴



2014.7.512:00



 『週刊新潮』(7月10日号)の言うとおり、たしかに朴(パク)槿恵(クネ)韓国大統領、「赤っ恥」もいいところ、いや、日本としては「赤っ恥じゃ済まないよ」と言いたいところだ。



 慰安婦を“性奴隷”と言い募り、日本を攻撃してきたが、「元米軍慰安婦」122人が国家賠償を求めて韓国政府を訴えたというのだから。





韓国で元「米軍慰安婦」が国に賠償求め集団提訴





 で、早速『週刊文春』『週刊新潮』(ともに7月10日号)が右トップで。



 「韓国『米軍慰安婦』実名告発 『私は韓国のために身体を売ってドルを稼いだ』」(『文春』)


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||

2014年7月9日 | 体験告白カテゴリー:外国人との体験告白

合コンでの悪行が暴かれた佐藤健 【芸能人との体験告白】

2014年6月19日18:30(サイゾー)



「ブース、帰れ!」合コンでの悪行が暴かれた佐藤健、武井咲との復活愛が浮上!?





 秋山莉奈(28)、石原さとみ(27)などの女性芸能人と浮き名を流し、今年に入ってからは広末涼子(33)との不倫疑惑が報道されるなど、今や芸能界屈指のモテ男として知られる佐藤健(25)。不倫発覚後も、夜な夜な三浦翔平(26)らとともに六本木や西麻布に繰り出しているとささやかれているが、そんな彼の思わぬ一面が明らかになっている。



 発売中の「週刊文春」(文藝春秋)は、20代の一般女性が佐藤の合コン時のとんでもない行動を暴露している。佐藤と三浦が出席する合コンに参加したその女性によると、合コン中の三浦は佐藤の顔色を伺いつつ場を仕切っており、時折佐藤が三浦に目配せをする様子も見受けられたという。



 そして、佐藤は合コンに遅れてきた女性たちを目にした瞬間、気に食わなそうな表情をし、三浦に目配せをしたらしい。すると三浦は女性達に向かって「ブース、帰れ!」と失礼すぎるコールをし始めたそうだ。それを佐藤は満足げに眺めていたとのこと。



 その後、カラオケが始まると、三浦は歌詞に「ブス」を入れた替え歌を歌うという悪ノリをし、そのしつこさに泣き出した女性もいたという。



 合コンの場で女性を「ブス」となじる子供っぽさに加え、目配せする佐藤とそれに従う三浦という意外な構図があらわになったこの一件。デビューの時期こそ佐藤が1年先だが、年齢は三浦の方が上で彼らは同学年だ。それでも、2人の間には絶対的な主従関係があるようだ。




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||

2014年6月25日 | 体験告白カテゴリー:芸能人との体験告白

奥手の嫁と友人夫婦で、少しだけ刺激的な経験をした14 【寝取られた体験告白】

嫁のユキと、ケイスケさん夫妻との衝撃的な3Pを見せつけられて以来、ケイスケさん達との少しだけ刺激的な経験は、かなり過激でただれた経験に変わっていきました。

僕もケイスケさんも、基本の部分は寝取られるのを好む側だったので、4人で集まり、3人がプレイをするのを1人が見ているという基本スタイルが確立しました。



僕が見ている時は、ユキとケイスケさん夫妻がプレイをして、ケイスケさんが見ている時は、僕とユキとマコさんでプレイをするという感じです。

ケイスケさんはSな部分もありますが、マコさんが寝取られるのを見て、僕と同じように手も触れずに射精してしまうくらいの、重度の寝取られ好きです。



僕は生粋のMだと思っていましたが、ケイスケさんの目の前でマコさんを抱くうちに、自分の中にもSがあるのを発見したりしていました。



今日は、いつものように4人で集まり、ケイスケさんと僕がじゃんけんをしました。負けた方が見学という流れなのですが、微妙に僕もケイスケさんも後出し気味で、負けようとします……。



今日は、運悪く僕が勝ってしまったので、ケイスケさんが見学でした。



「ちくしょ〜 負けちゃったよ〜w」

ケイスケさんは、言ってることと表情が真逆な感じで、笑顔です。

【またわざと負けてw でも、ちょうど良いかも。昨日あたりが排卵日だから、今日ならバッチリ妊娠できると思う】


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年6月2日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

妹と姫初め 連続中出し 【妹との体験告白】

1月24日〜25日と連続中出しで妹のノリと散々やりまくった。

やっぱり中出しは、最高に気持ちいい。

おまけに妹がコスプレしよう!ということで大盛り上がりの1泊2日になった。

そして今回は、初めて妹の子宮の中に精液を全部ぶちまけた。こんなに気持ちいいものなのかと、考えが変わってしまった。今までいろんな女とセックスしたが、今まではただのじゃれあいでしかないと思う。なにより快感の度合いが全く違う。



1月24日(金)、夕方6時半に妹と待ち合わせ。

「お兄ちゃん、お待たせ〜。ごめんね、遅刻しちゃった。」10分遅れでノリが来た。

「うんにゃ、たいしたことじゃないだろ。なあ、飯食べようぜ。腹ペコだよ。」

「私も〜。お兄ちゃん、私が今日おごってあげるね。いつもお兄ちゃんじゃ悪いもん。」

「じゃあ、お言葉に甘えて、ノリに御馳走になるか!」「焼肉行こうよ!」

ベッタリとノリは俺にくっついて、二人で焼肉屋へ。

まずは戦闘前の腹ごしらえ。今晩は、二人とも外泊ってことで親に話してあるから、たっぷり時間もあるし。

もちろん、別々に用事があるってことにして。ノリはお泊り女子会、俺は大学時代の仲間との飲み会ってことした。

しっかり、焼肉で精力つけて。満腹にして二人ともいざ出陣!!




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年4月11日 | 体験告白カテゴリー:妹との体験告白
1 / 2612345...1020...最後 »

このページの先頭へ