女性センターの悪夢①【M男な体験告白】

 うちのアパートから徒歩4~5分のところに、公共の施設があります。 名称は、“女性福祉センター”とか、“女性総合教育センター”とかそんな感じで、僕のような男の独身者が足をふみ入れていい 場所ではありません。(過去にトイレを借りようとしたら、受付のお姉さんに「ここに男性トイレなんてありません!」と言われて追い払われたことがあります) この中でなにが行われているのか・・・・平日の昼間に、こんな施設を利用するのは、もっぱら近所の 奥さんたちであるように思います。

 ある夏の午後・・・・センターの前を通りかかると、近所の奥さんたち三~四人がコンビニ袋をさげて 建物の中に入っていきました。夏休みのせいか、母親につきしたがう女子生徒の姿も見えます。 こども会かなにかの会合でしょうか。

 ・・・ところが違いました。隣のアパートに住み、たまに挨拶するぐらいしか面識のない、主婦の 凉子さん(37歳)が、話しかけてきたのです。それも、尋常ではない命令口調で。 「あら、◎◎くん。いいところで会えたわね。いまから、あなたのうちまで迎えにいくつもりだったのよ。 まったく、ナイスタイミング・・・・ってやつね」 あ、あの・・・・・・なんのことでしょうか?? 「いいから、来ればわかるから。でも、一応簡単に説明てあげると、このあいだの、わたしの、 ベランダの洗濯物の件・・・・と言えばわかるかしら?」 げえっ!やっぱり、ばれていたんだ・・・・。実は、一週間ほどまえに、凉子さんのベランダから、風で 飛ばされた下着を一枚、頂いたことがあるのでした。 これで僕はすっかりしどろもどろになり・・・・・・鋭い目で睨む凉子さんの命令を拒むことはとうてい許されず、 気がつけば、他にも三~四人の主婦に取り囲まれ、半ば強引に、“女性センター”の中へ 引きずり込まれたのでした。



 怖ろしいことに、センター内には、たくさんの女性が待ち受けていました。大半は、地元で小学生の娘を持つ、 比較的年齢の若いお母さんたちです。娘とペアで座っているのがそうで、制服を着た女子中高生の姿もあります。 スーツを着込んだ女性がふたり。小学校と、中学校の教師であることが、女性たちの会話からうかがえました。 あっ、前に僕にトイレを断った受付の女性(三十前半くらいで、茶髪で、背が高くて、こわそう)も加わっています。 僕は、凉子さんにぐいぐい引っぱられて、茶髪の受付嬢に背中を押され・・・・女性たちのいる会議室に姿を 見せると、そこでは大ブーイングの嵐が巻き起こりました。 みんな、僕のことを、凉子さんの下着を盗んだ、とんでもない変態野郎だと聞かされているのでしょう・・・。

 「ヘンターイ!!」 「最~低!!」 「ありえな~い」 「帰れ、帰れ~!!」などの野次が飛びます。 あの、帰っていいなら帰りますけど・・・。 小声でつぶやいてみたところ、凉子さんがとんでもないことを言いました。 「ダメよ。ここにいる女性たちが、こんな暑い日に、なんでわざわざ集まってくれたと思うの?最低の痴漢であり、 変態野郎のあんたを、みんなでお仕置きするためにやって来たのよ。それも、痴漢の被害に遭いやすい女の子たちの目の前でね」 あまりのことに、僕は呆然としてしまいました。 お、お、お仕置きって・・・・・・い、いったい、なにするんですか? 凉子さんは答えませんでした。ただ目を細めて・・・鮮やかなルージュの口元をゆがめて、 笑ったのだけは、僕の目にはっきりと映ったのでした。

 そのための舞台は、すでにととのえられていました。

 女性教師と、数人のお母さんたちが指導的な役割を果たし、他の二十人近い女性を上手く まとめています。 僕は会議室の一番奥、一段高くなったところに、正座させられました。

 指導者のひとり、今瀬梨津子という四十代の女性 (この人には高校生の娘がいて、この集会にも加わっている)が、低い声で言いました。

 「正座の前に、服を脱いで」 僕は、最初、なにを命じられたのか分からず、まじまじと彼女の顔を見てしまいました。 「聞こえなかったの?正座する前に、服を脱ぐの!下、パンツだけはいていいから」

 二回目の彼女は、まゆげがつり上がり、とても怖い顔で言いました。 え・・・・・・な、なんで、服を脱がなきゃならないの? 僕はとまどい、唯一顔見知りの凉子さんを探しました。 大人と子供、あわせて二十五人ほどの女たちの中に、煙草に火をつける凉子さんの姿がありました。

 彼女は僕と目が合うと、ちょっとだけ笑い、

 「言うこと聞いた方がいいわよ・・・。梨津子さん怒らすと、お仕置きどころじゃ、済まなくなるわよ」

 そう言って、煙草の煙をはきました。 今瀬梨津子だけでなく、女性たち全員が、怖い顔で僕を睨んでいます。 会議室の扉が閉まり、内側から鍵がかけられました。窓には分厚いカーテンです。 「ほら、ぐずぐずしないで、早く脱いで!」

 三十代半ば、めがねの女教師が、僕の尻を叩きました。なんか見たことあるなと思ったら、中学のとき習った小菅美帆先生(音楽)です。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||

2017年12月22日 | 体験告白カテゴリー:M男な体験告白

ネットで知合った女とオフ会→即ホセックス 【出会い系での体験告白】

先日、インターネットで知り合った女性とのエッチの話をします。

その女性は、とある会社の研究に携わっている女性で、会う前までは「かなりインテリの女性だろうな・・・。

もしかしたら牛乳瓶のふたの様なめがねを掛けているのかな?」等と、まじめな女性を想像していました。

でもエッチなチャットで知り合った女性でしたから、正直言うと会うまでは非常に不安でした。

でも実際あって見たら何処にでもいる、普通の女性でした。

凄い奇麗とか、凄い可愛いとか、そういう人ではなかったですが、それなりに普通の女性でした。



待合せは上野の丸井の正面玄関。

40分ほどして予め連絡しておいた携帯電話に電話が掛かってきました。

「遅れてごめんなさい。仕事がなかなか終わらなくて・・・。」

「いいよ! 今どこにいるの?」

「丸井の正面玄関の公衆電話から電話してるの。」

「じゃ、そこに歩いて行くから、このまま話続けて!」

そういいながら、公衆電話のあるところに歩いていき、ようやく彼女と対面できました。

「じゃ、これからどうする? 何処行こうか?」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||

2015年12月21日 | 体験告白カテゴリー:出会い系での体験告白

ネカフェの女がクソビッチだった件 【出会い系での体験告白】

この前掲示板使って、すげー間抜けな女の子と会ってきた。



その女の子はネカフェ難民、いわゆる神待ち少女で、



俺が使っている掲示板にたまたま現れた。



最初は本当かどうか半信半疑でメールを送った。



返事が返ってきて、それから何度もやり取りをしたが実際に会ってみない限りは



なにも信用性がなかった。



その時掲示板にその少女が書き込んでいた内容はこうだ。



「ネカフェで泊まってたけど、ネカフェを出るお金を持ってないので助けて」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||

2014年3月7日 | 体験告白カテゴリー:出会い系での体験告白

メガネデブ戦隊【寝取られた体験告白】

もう5年前の話です。

僕が大学4年、彼女のマミは違う大学(N女子大学)の2年生でした。

マミとは提携サークルで知り合いました。



マミはサークルに入った時には18才。誰から見ても若々しく、美しい女でした。

今で強いて言えば、吉岡美穂タイプ(違うといえば違うけど、雰囲気は)

身長159センチで、サイズは上から89-61-90といったナイスバディでした。

当然、先輩、同期、後輩含めてみんなが狙っていたのは明らかでした。

マミは1年生の時にはほとんどサークルにも顔を出さない子だったのですが、

(会ったのは新歓コンパの時だけ)

2年生になってから、積極的に参加するようになりました。



彼女と付き合いだしたのは、忘れもしない彼女が2年目のコンパの時。

ダメもとで酔った勢いで「今度映画に行こうよ」と誘ったら、

マミは意外にも「いいですよ」と言ってくれたのです。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||

2014年2月11日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

眼鏡屋の店員【泥酔状態での体験告白】

<>361えっちな21禁さんsage04/03/2411:17ID:1q+2N+NN<>

私が二十歳の時のことです。(数年前)

就職、一人暮らし、夏に初めて彼ができ、三ヶ月で別れ、といろいろあった年の冬の事です。

目が悪い私は、ひとりでメガネを買いに行きました。

大きなデパートのめがね屋さんで見ていると、後ろからソフトな声で

「どんなタイプをお探しですか?」



<>370えっちな21禁さんsage04/03/2411:25ID:1q+2N+NN<>

店員さんです。スーツを着て清潔な雰囲気の30歳くらいの人。

買うつもりですから、いろいろ相談にのってもらいます。詳しいし、話がうまい

まあそれが仕事ですもんね。私の目はかなり複雑で、コンタクトもあわないし、苦労してました。

視力はそんなに悪くは無いんですが、そうしたら、機械じゃなくて、直接測りましょうと

三つ並んだ検眼室の一番奥へ、案内されました。入って遮光カーテンをシャッと



<>377えっちな21禁さんsage04/03/2411:33ID:1q+2N+NN<>


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||

2014年2月10日 | 体験告白カテゴリー:泥酔状態での体験告白

コスプレが切欠で【恋人との体験告白】

コスプレが趣味でナルトのカカシとかのコスプレをやってたら

自分のブログの画像をみてレスしてきた高校生の女の子とメールするようになった。

話してみると自分の住んでる地域の子で頻繁にメールするうちに

自分もコスプレデビューしてみたいみたいな話に



周りにそういう趣味の友達が居ないので

僕が色々と準備の相談に、初めてなので露出は少ない方が言いという本人の希望と

めがねを外すと顔が似てるという事で日向のコスプレに決定

僕が良く頼んでる衣装製作が上手い友人に頼んで作って貰う事に

材料代とかは正直痛かったが僕が自腹でプレゼントする事にした。



衣装も完成して初のコスプレイベントに2人で待ち合わせ

自分は今回は日向にあわせてナルトで

日向になった彼女は凄いかわいかった。

少し控えめな雰囲気と初めてという緊張感が表情に出てて


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||

2014年2月8日 | 体験告白カテゴリー:恋人との体験告白

石ころ帽子【アニメキャラの体験告白】

俺は、セントラル大学の2回生。最近まで合唱団に入っていて、同じクラブの同級生の彼女、望美(のぞみ)と最近までつきあっていたのだが、4回生の先輩で団長のヒロシに目をつけられ、望美は俺と別れた。

その後、望美はヒロシとつきあうようなり、さらに、つまらないミスを理由に俺は合唱団から追い出されてしまった。ヒロシの手が回っていたのだろう。



今日は学園祭。本来なら合唱団員としてステージに立つはずだったのが、思いがけず暇になってしまった。むしゃくしゃしていた俺は、キャンパスの裏山をうろうろしていたが、道ばたに白い半円形の布が落ちていた。22世紀の四次元ポケットだ・・・・

試しに「タケコプター」と言うと、中からそれが出てきた。頭につける前にスイッチを入れてしまったので、飛んでいってしまったが。

 

俺は『石ころ帽子』を取り出してかぶると学園祭の会場に向かった。

 

【石ころ帽子の使い心地】

キャンパス内は人でごった返している。知り合いとすれ違ったが、皆俺のことを無視している。本当に効果があるみたいだ。俺は、思い切って女子トイレに入ってみるが、誰にも咎められない。仕切りの上から中を覗いても咎められない。

和式便器の個室の中に、いつもツンツンと威張っている学生課の女子事務員(24?)が入ってきた。俺も一緒に入る。アイボリーのスカートをまくり上げ、白くて地味なおばさんショーツを下ろす。しばらくして、放尿が始まったので、俺は局部に手を当ててやった。本来なら便器に直行するはずのなま暖かい小便は、俺の手に跳ね返り、当たり一面に飛び散る。おっと、自分にかからないように注意しないと。

「キャーッ」突然、自分の小便でスカートやショーツが濡れていくのだからびっくりしない方がおかしい。でも、一旦出した小便は止まらず、あたり一面小便まみれ。

小便が止まった頃、俺は戸を開けて中から脱出した。事務員は更に呆然としている。突然、扉が開き、小便でびしょびしょのスカートや足が、トイレを利用している女子たちに丸見えとなったから。

こんなすばらしい眺め、女子だけに見せるのはもったいない。俺は『片づけラッカー』を取り出すと、トイレの壁一面に吹き付けた。隣は男子トイレ。

トイレにいる男子生徒たちは、突然透明になった壁に驚いていた。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年2月6日 | 体験告白カテゴリー:アニメキャラの体験告白

犬とやってしまいました・・【マニアックな体験告白】

私が中学生の時です。

実は家でボルゾイ(だったと思います)という犬種の犬を飼っていたんですが。

これが超大型犬で、なんというかセントバーナードみたいなタイプじゃなく

ちょっと筋肉質で痩せ型の鹿のような犬でした。

もともと外で飼う犬だと思うんですが、父が愛犬家だったので家の中で飼ってたんですね。普段はすごく大人しい犬なんですが、すぐに小動物を追い回したり、散歩中に他の犬を追い掛け回したり、かなりのヤンチャでした。

ある時、母と父が結婚記念日だといって二人で出かけて、まだ小さい弟は親戚のおばあちゃんの家に泊まらせてましたが。私はもう中学生で一人でお留守番できるということで家でユウキの面倒を見ていました。ユウキというのはその大型犬の名前です。

中学生といっても、私は元々背が高いほうでもなく、体は体質的に痩せ型で力もないのでとても一人じゃ散歩になんて連れて行けませんでした。それくらい力の強いワンコで。

夜中にお風呂に入って、あがって音楽番組を見ている時でした。

家には自分ひとりしか居なくって、季節も7月だったので、あつくって(笑)

そのまま下着もつけるのも面倒なので、裸のまま上がってきてTVを見ようとめがねを探していたんですが、落としちゃってメガネを拾おうとしたんですね。

そして丁度四つん這いの体制になっちゃって・・・

その時、いきなりユウキが覆いかぶさってきて、あまりの重さに倒れこみそうになったんですが下にメガネを落っことしちゃったので、踏まないように頑張って目の前のテーブルに手を着いて中腰の形で踏ん張ってました。

「ユウキ〜、重い・・重いよちょっと・・」

って感じで払いのけようとしたんですが・・そのときのユウキはすごい息してて

しかももの凄い力で後ろから前足をつかって押さえつけてくるんです。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||

2014年1月31日 | 体験告白カテゴリー:マニアックな体験告白

ぎりぎりの初体験【小中学生での体験告白】

これは8月16日の午後。僕は中3、妹は小6。妹は決してかわいくないが、めがねが良く似合い学年の女子では1番背が高く、そのためかおっぱいが小6にしてはでかい。小さいころはまったく興味がなくなかもわるくてよくけんかした。でも中1になってよくいたずらするようになった。僕の家はマンションなので家族5人で和室で寝ている。そして寝ている妹のズボンをそっとずらしてアナルの僕のちんこをこすりつけたりした。

昨日親はでかけていて、午後は妹と二人っきりになった。妹は受験勉強しているので夜に勉強するため昼寝をしていた。最近では仲も良く寝る前もちょっとからかったりして遊んでた。だから横でごろごろしててもとくにもんだいない。そしてぼくは妹の服を起こさないようにずらしておっぱいをもんだ(妹は家ではオープンなのでブラジャーとパンツだけ)。すると妹がびくっとなって目を覚ました。すると妹が「お母さんにゆうからな。」といったので冷や汗をかいた。ぼくは妹を説得したがぜんぜんきいてくれない。ふと僕は「気持ちよくしたら許して」などと言ってしまった。妹はよけいに怒ってしまった。でもちくられるのだけはいやと思うと僕を警戒して着替えようとしてる妹のおっぱいを後ろから思いっきり揉みまくった。当然妹は思いっきり抵抗してきたが、かまわず揉み続けた。途中から嫌がる妹をみて罪悪感がわいてきて、妹から手をはなした。すると

「お父さんにゆう」

とマジギレ状態。僕は血の気が引いた。お父さんはやくざみたいでとても医者には見えない。子供のころからのトラウマで反抗期でも父だけにはさからえなかった。このことがばれたりしたら家にいれないと思うと体が勝手に動いた。僕は妹を床に押し倒し再び胸を激しく揉み始めた。

「お兄ちゃんやめてって」

と大声で叫び抵抗してきた。でも僕は父にばれたときのことを思うとここは強行突破しかないとおもいかまわず揉み続けた。5ふんぐらいしてとうとう妹が

「ンッ」

と声を出した。ぼくはいままでにないくらいうれしかった。

このまま一気にいってやると思い妹のパンツをぬがそうとした。すると妹はさっきとはくらべものにならないくらい暴れた。(人間死ぬ気になればすごいなあとのんきに感心してしまった)そしてやっとのことでパンツを膝あたりまでぬがせたが・・・

これは実話なのでAVや体験談などのようにそううまくはいかず妹はぜんぜん濡れていなかった。鳥肌がたってきた。

でもやすむ余裕はなくそっこう妹のまんこをクリトリスが何処とか考えずただ夢中で舐めまわした。妹は必死に抵抗していたがなめ続けてからしばらくたってとうとう

「ンぁっ」

と声を出しこれと同時に抵抗もほとんどしなくなったとゆうより諦めていたのかもしれない。僕はやっとのことで少し落ち着きをとりもどした。さっきまでひっしだったため今になってちんこがビンビンになっているのに気付いた。妹のマンコにも少しヌルヌルした汁が混じってたのでそろそろと思い指をマンコに入れようとした瞬間諦めていたと思っていた妹が僕の指をけってきた。かわいそうに思ったが引き下がるわけにはいかないので妹をどなりちらしがんめんをひっぱたくと同時に指をすばやくマンコにいれた。以外に簡単に入ったが、中でゆびを締め付けていた感じがした。まずは中指を上下に動かしたがぜんぜん声をださない。しゃーないのでクリトリスの皮?をむきやさしく吸ってあげた。

「アッ うぅーん アンッ」

と小さな声で喘いだ。僕は実の妹を犯していることも忘れてなんかうれしくなって妹に


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||

2014年1月30日 | 体験告白カテゴリー:小中学生での体験告白

女子医大生二人と野湯【温泉での体験告白】

<>696名前:693投稿日:2005/05/12(木)22:21:03ID:A8d/FiKN0<>

<>134えっちな21禁さんsage2005/05/08(日)00:46:18ID:4bkJ8GXu0<>

バイクで北海道をツ−リングした時の話し。

いわゆる野湯というところに入ったのだが、女性もはいる結構人気のある温泉だった。

水着OKなのだがバスタオル巻きの人もいる。真っ裸はいなかったけどw



そこで、関東から車で観光している二人組の女子大生と一緒に入った。

朝一番で入ったので地元のご夫婦と5人で入ったのだが、

奥さんはタオル巻き二人組は水着。

男は丸だし。旦那さんが隠さなかったので、俺も隠さなかった。

女子大生二人組は、見ようによってはカワイイが、ふつうにぶす。

男の裸に免疫があるようには見えなかった。



風呂につかりながら、地元ならではの観光ポイントなどを聞きながら

みんなで話していたら。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年1月30日 | 体験告白カテゴリー:温泉での体験告白
1 / 612345...最後 »

このページの先頭へ