夏休みに初対面の大学生とやりまくったったwww 【出会い系での体験告白】

※宣伝防止のため画像・サイト名・URLを規制しています。

 規制無しverが見たい方は出典から飛んで下さい







<>1:出会ってしまった名無し2014/07/29(火)15:27:57.70ID:kCXddRlQ0<>







結構溜まったから晒してくwwww

おまえらも晒してけwwww







<>3:出会ってしまった名無し2014/07/29(火)15:31:03.94ID:lmwt1kbN0<>


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||

2015年12月24日 | 体験告白カテゴリー:出会い系での体験告白

社会人ってどこで出会うの 【出会い系での体験告白】

1:(‘∀)2013/02/1213:06:52.87

マジでわからんのだが



出会い系やカップリングパーティーはあるが、最終手段という感じがしてしまう。

普通の人はどこで彼女を見つけてるんだ?



2:12013/02/1213:20:13.91

ちなみに俺は職場では同年代の女の子とは緊張してなかなか話しかけられないので

(そもそも部署が違うからわざわざ話しにいきづらい)

今のところ出会いは出会い系やカップリングパーティーに頼ってる状態です

後者でカップルになれたけどデートしたあとメール無視されるようになって終わった

前者では何人かと会ってるけど、顔が微妙な子ばかりで一回会って冷めてしまう

(俺の理想が高すぎる?)

可愛い子もたまにいたけど、会話が弾まなくて、だめだった




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||

2015年12月11日 | 体験告白カテゴリー:出会い系での体験告白

嫁には3人の恋人がいた 【寝取られた体験告白】

嫁の優香とは、結婚してもう17年も経つ。まだ20歳だった優香を妊娠させてしまった私が、責任を取って結婚した形だった。



優香は、大きな総合病院のナースだった。当時30歳の私は、その2年前に独立起業して、自分でも驚くほど順調に業績を伸ばしていた。そんな中、趣味のフリークライミングで指を酷く脱臼してしまい、治療に行った先の病院にいたのが、優香だった。



まだ見習いみたいな感じだった優香は、あまり上手とは言えない手際で、私に包帯を巻いてくれたものだった。

思っていた以上に重傷だった私は、結局半年以上も病院に通い、優香とはすごく親しくなった。

頼りなかった優香が、どんどんしっかりしていき、ナースとして成長していくのを見て、若干親心みたいなものを感じていた。



優香は、おっとりした顔をしていて、優しそうなイメージだ。でも、色々と話していると、芯が通った負けず嫌いの頑張り屋さんだった。

優しそうな雰囲気で、ルックスもかなり可愛く、おまけにけっこう胸も大きかったので、ちょくちょく他の患者さんにセクハラめいたことをされたりもしていたみたいだけど、けっこう強烈に反撃したり説教したりして、病院でも怖いナースとして有名になってきていたようだった。



でも、普通に接している分には、本当にいい子で、私は多少下心を持ちながら、食事に誘ったりするようになった。



最初は、

『高橋さんは、そういうキャラじゃないですよ! セクハラしたら、私怖いからw』


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||

2015年1月3日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

遠距離恋愛している間彼女が喰われる話 3 【寝取られた体験告白】

21



「じゃあ果歩、バイト頑張ってね。」



「うん、じゃねぇ知子ちゃん。」



大学を終えた果歩は知子と別れて、アルバイト先のトミタスポーツへ向かった。



トミタスポーツの仕事にも慣れてきた今日この頃。



いや、慣れるというか、トミタスポーツでの仕事は今のところ受付だけで、高い時給のわりに楽な仕事。



高い時給はもちろん嬉しかった果歩だが、遣り甲斐(やりがい)という面では若干物足りなさを感じていた。






この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||

2014年10月3日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

女子大生 果歩 5 【浮気・不倫の体験告白】

36





・・・ハァ・・・



カチコチに硬くなったペニスの茎部分を果歩の白く柔らかい手が上下にリズミカルに扱きあげている。



富田 「慣れてきたな、果歩ちゃん。」



果歩 「・・・ちょっとは・・・。」



しばらく続けていると、富田のペニスの先端部分から透明な液体がトロ〜っと溢れてきた事に気付いた果歩。



秋絵 「フフ・・・果歩ちゃん、その先っちょから出てきたの、何か知ってる?」




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||

2014年5月10日 | 体験告白カテゴリー:浮気・不倫の体験告白

渡辺さんとFカップな彼女3【寝取られた体験告白】

喧嘩して怒った彼女が403に書いた通りの状況になった後、その話しを聞きました。

それから9月中は気まずい関係が続いていて、彼女の方でも関係を修復しようと色々考えた結果、

渡辺さんにこんな関係は学校にいる間だけにしましょう。と。

渡辺さんは抵抗したそうですが「渡辺さんにはこんなことより就職とかもっと他にすることがあるでしょ。

それに仕事をしていない人と付き合うのは無理です」とハッキリ告げたそうです。

10月に入って少し元の関係に戻りつつあったんですが、自分の仕事が色々詰んでいて、一人になって仕事のこととか

考えたい時間も欲しくて、彼女と少しだけ距離を置く時期がありました。

自分自身でまだ人間として未熟だと自覚しているので、そんな時に彼女が傍にいたら当たってしまうかもしれない。

そう思い、自分なりの優しさのつもりでした。

そんなある日、彼女から電話があって、10月15日の金曜日に前の生徒さん達と飲み会がある、と聞かされました。



ちょうどその時まだ残業していて、支店長にひどく叱られた後で、そんなどうでもいいことで電話してくるなよ!

って感じで「いちいち言わなくていいよ」と冷たくしてしまったんです。

でも反射的に「その飲み会、渡辺さんも来るの?」と聞いている自分がいたんですが、彼女からの答えは

「たぶん、来ないと思う」で、ほんの一瞬どこか安心したような、残念なような複雑な心境だったのを覚えています。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||

2014年2月10日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

女子高生-征服輪姦【学校での体験告白】

「援助の女子校性みんなで輪姦(まわ)さへんか?」



小汚いアパートの一室で酒を飲みながら一博がふと口走った。

6畳ほどの部屋で輪になって飲んでいた7人の男達の目が一瞬ギラついた。



男達は全員30代前半だが女性とはここ何年か無縁で、

女子校性なんて夢のまた夢である。

しかし事あるごとに

「女子校性いいよなぁ」

「制服着たままやりてぇ」とかなわぬ夢を嘆いていた。



「そおやなぁ!会社も潰れたことやし1回勝負しよか!」

コップ酒飲み干し一番年上の英樹がニタつきながら軽く叫んだ。



実の事いうとこの7人みんなある会社の同僚だった。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年2月9日 | 体験告白カテゴリー:学校での体験告白

クッキー缶のビデオの続き教えて!【人妻の体験告白】

誰かこの話の続き教えて!オルフェノクさんの「クッキー缶のビデオ」です。

妻の留守中に、ふと昔の写真を見たくなり、当てずっぽで、ここら辺かなとクローゼットルームのタンスの奥を探していた。そして、写真などが入れてある見覚えのある箱を見つけた。その通り中には、整理されていない写真が撮影の時期別に、写真サイズの小さなポリ袋に細かくまとめられてあった。いくつかポリ袋を物色し、目的の写真を見つけて満足していると、さっき開けた箱の下に、もう一つ黒い紙袋に包まれたクッキー詰め合わせギフトの「缶箱」があるのに気が付いた。ちょっとした好奇心に中を開けて見ると、1から10までの番号がラベルされたVHSタイプのビデオテープが10本入っていた。すべては、このビデオテープを偶然に発見してしまった事から始まる。

<1本目>

このビデオって、昔俺が持っていたエロビデオかなんかかな?だとすると裕美子の奴に、結婚前にこんなビデオ見て、センズリばっかしてた事バレたかな。やばいな、確か俺が持っていたのって、当時は真面目ぶってたけど、エロエロな陵辱系とかだったよな。アイツに軽蔑されそうなの一杯持ってたんだよなー。これがそれだったら相当キツイ。俺の変態趣味、知ってて黙ってたって事になるのかー。まあー仕方ないけど、今日は当分、裕美子の奴は帰ってこない予定だし、この際こっそり処分しておこうかな。あ、でもまず、ちょっとだけ鑑賞してからだな。なんだか…、少し楽しみだな。さーて、じゃあー、早速。【再生】っと。

ギシッー、ガタン、ガガガガガガ、ジジジジジジ…。

ん、んんーと、映った映った。

『…じゃあホントすいませんが、よろしくお願いしますね。もう裕美子さんしか頼める人いないんです。僕達を助けると思って…』

あ、え、何?裕美子って?妻と同じ名前だ。

『うちのフィットネスクラブでは、毎年女性会員さんをモデルにしてビデオコンクールがあって、各店から絶対に一人は出さないダメなんです。実際、会員さんへは当たってはみたものの、全員に断られちゃって。会員さんでしょ、あまり無理には言えないし。こういう事って、僕達みたいな若手のインストラクター社員が押しつけられて、応募出来ないなんて事になった場合、僕達の責任にされて、会員さんとのコミニュケーション不足とか言われて、社員査定0にされちゃうんです。査定が上がらないとプログラムクラスとかメイン担当させてもらえないし、永久に雑用係になっちゃうんですよねー。だ、だからホント困っているんです。なあ、おい、田中!お前からも、ちゃんとお願いしろよ。』

『あ、はい。僕は今年入ったばかりで、よく解らないんですけど、飯田さんの言うように、大変な事になってしまうらしいんです。僕からも、この通り…お願いします。』

なんなんだ、このビデオ?フィットネスクラブって何?

『あのー、なんだか恥ずかしいわ、私なんてダメだって。もう30のおばさんだし、結婚だってして子供もいるのよ。無理よ、絶対無理だわ。あー、田中君が持ってるビデオカメラ、赤ランプ点いてるー。やだっ、もう撮ってるの?やめてよ、恥ずかしいから。』

あ、あ、あ、…裕美子!!!なんでお前が…?このビデオって一体何!画面の右下にカウンターがあるぞ。え、何、これって、3年前に、撮影されたもの…。そう…フィットネスと言えば…たしか、裕美子が子供の小学校入学を機に事務のパートに入った、あのスポーツクラブの事なのか?たしか、あれって3年前くらいだったような。

『大丈夫です!僕が保証します。裕美子さん綺麗だし、スタイルだって、ここに通ってくる女性会員の誰より、いいじゃないですか!絶対大丈夫です。おい、田中、黙ってないでお前も何か言えって。』

『ええ、ホントにホント、北川さんは素敵です。綺麗です。お付き合いしたいくらいです。』


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月5日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

私のせいで痴漢された友人の母【人妻の体験告白】

私の小学校時代の体験談を投稿します。

当時、友達の母親で、T子さんと言う方がいました。

男の子も小学校も高学年になると、少しずつ女性に対する興味が芽生えてきますが、私もいつしかT子さんを性的な目で見るようになっておりました。

T子さんは当時30代半ば位だったでしょうか。とりたてて美人と言うわけでもありませんでしたが、今から思うと何となく男好きのする顔立ちをしており、スイミングスクールのインストラクターをやっているだけあって、無駄な肉の無い身体つきをしていました。ただ、胸は小さく、身体の線が出る服を着ているときなどは、殆んどまっ平でした。

さて、ある夏休み。私はT子さんと二人で近所の市民プールに行く事になりました。本当は友人と3人で行く予定だったのですが、風邪気味だと言うので、二人で行く事になったのです。車でプールまで行くので、私はT子さんの家に行きました。友人は自室で寝ています。T子さんは、「ちょっとお隣に行ってくるから待っててね」と言い残して、出て行きました。居間のソファーに座っていると、傍らにビニールのバックと一緒に、水着やバスタオルが置いてあるのが目に入りました。水着は白い競泳水着で、以前一緒にプールに行った時に、T子さんが着ているのを見たことがあります。その時は、子供心にむらむらといやらしい感情が沸き起こったものでした。何故なら、水に濡れた水着は透け、胸元やおへそが薄い水着越しに丸見えになっていたからです。ただ、サポーターを着けていたので、肝心な部分は透けておらず、サポーターさえなかったら、おっぱいやあそこも透けるのになあと思ったものでした。

見ると、薄いベージュ色のサポーターも水着と一緒においてあります。ブラジャーとパンティーの様な形をしていました。私は、その時悪戯心とスケベ心が沸き起こり、反射的にサポーターをソファーの下に隠してしまいました。サポーターを持って行かなければ、T子さんの透け透け姿を見られると思ったのです。同時に、子供ながらの戦略もありました。更衣室でサポーターがない事に気付いても、取りに戻るような事はしないだろうし、家に帰ってソファーの下からサポーターが出てきても、こんな所に落ちてたと思うだけで、私が隠したとは思わないだろうと。

さて、プールに着くと、私は期待に胸を膨らませながら、ささっと着替えてプールサイドでT子さんを待ちました。やがて、T子さんが更衣室から出てくると、私は期待通りの成り行きに満足しました。やはり、T子さんはサポーターを付けずに現れたのです。ふくらみの無い胸には、ポチっと乳首が浮き上がっています。その大きさに私は驚きました。見た感じ、私の親指の先ほどもあるのです。また、下腹部にはうっすらと黒い茂みが見えております。(これで水に入ったらどうなるんだろう)私の期待はますます膨らみます。T子さんが、準備体操をするのを横目で見ると、サポーターが無い為か、水着がお尻に食い込み、尻の肉は半分以上はみだしていました。

水に入ると、とたんに白い競泳水着は透け、目の前にT子さんの乳首が丸見えになりました。初めて見る大人の女性の乳首に私は大興奮です。色は茶色く、こりこりと尖ったような感じでした。私はT子さんに水泳をコーチしてもらいながら、間近でじっくりと乳首を眺め回しました。

しばらく泳いだ後、一休みしようと言う事になり、T子さんはザバアとプールサイドにあがりました。プールサイドに立つT子さんの姿の凄かった事!!たっぷりと水を含んだ水着は完全に透け切り、肌色になっています。乳首はつんと浮き出て、大きな乳首に対して小ぶりな乳輪も完全に見えています。ペッタンコの胸に、巨大な乳首がそそり立つ様は、とてもいやらしく思えます。下腹部も黒々と透け、毛の一本一本まではっきりと見えています。しかも、動いたせいか、割れ目に水着が食い込んで、股間にはくっきりとした溝が刻まれていました。今では透けにくい素材の水着もあるようですが、当時はそんなものは無く、T子さんの水着はぴったりと身体に張り付いて、あらゆる所がほとんど何も隠されないまま露になったいたのです。

さすがにここまでになるとは思っていなかった私は、心中では大喜びをしていました。

(おばさん、素っ裸同然だぁ!!)

しかし、T子さんは元々おおらかな性格の為か、自分がどんな格好になっているかに全く気付いておりません。飲み物を買いに行こうと言うので、透けきって食い込みまくっているT子さんの尻を見ながら後についていくと、すれ違う中学生や高校生の男達が食い入るようにT子さんを見るのが判りました。その頃はこんな言葉は知りませんでしたが、T子さんは大勢の男の子達に視姦されまくっていたのです。中には、私達の後をついてくる子も何人かおります。無理もありません。大人の女の身体なんか見たことも無い少年にとって、今のT子さんは刺激的過ぎるのです。

プールの中でコーチしてもらいながら、嬉しい事に私の肩や腕に何度か乳首が押し付けられ、こりこりした感触を味わう事が出来ました。

そして、事件が起こりました。

私がT子さんをプールに残してトイレに立って戻ってくると、T子さんが、高校生くらいの男達4・5人に囲まれるような形になり、首まで水に浸かって目を硬く閉じ、口を食いしばっていました。先程から人の迷惑も気にせず、ぎゃあぎゃあと騒いでいた連中です。ちょっと不良っぽい高校生の集団でした。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年2月4日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

母と娘【レイプの体験告白】

大学生のとき、中学2年生の女の子を家庭教師で教えていたことがあった。

半年ぐらいたってからバレンタインの時にチョコもらって、それからなん

となく付き合うようになった。

といっても、授業中にキスしたり、服の上から胸をもんだり、ま、遊び半

分だったね。

中学生だからとってもウブで、太ももは触ってもOKだけど、手が滑って太も

もの付け根のパンティの所までいくと、NG。膨らみ始めた胸も、ブラの上から

揉むのであればOK。それでも中学生相手だから、とっても萌えた。

で、あるとき、いつもみたいに休憩時間、その娘のベッドの上でキスして、

スカートに手を入れてすべすべした柔らかい太ももを堪能してたんだ。

初めのころはくすぐったがってたけど、この頃は片手で胸を揉み片手で太もも

を愛撫し、首筋に唇這わすと、「はあ……」なんて悩ましい吐息を出すまで開発されていた。

そしたらその娘の母親がいきなり部屋に入ってきて、「なにしてるの!」

なんて、金切り声上げやがって。

なんだか怪しいって、気づいていたんだろうな.


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||

2014年2月2日 | 体験告白カテゴリー:レイプの体験告白
1 / 612345...最後 »

このページの先頭へ