ランドセル(FAINAL)【妹との体験告白】

<第一章 夜明け>

年が明け、新緑の季節を迎えようとする3月の終わり、私達兄妹に転機が訪れようとしていた。

父が仙台支店へ転勤を命ぜられたのだ。

当初は子供達の転校を理由に、父一人で単身赴任を考えていたようだったが、直紀たっての

希望が通り、家族全員で仙台に行くことが決まった。



母は今まで働いていたアルバイトの仕事を急遽辞め、私達兄妹は新たな学校へ転入届を提

出し、そして、直紀は担任に自分が転校する事と、転入先の場所をクラスメートには絶対知ら

せないように頼んだ。

勿論、その理由は鈴木達に知られたくない為であったが、担任も直紀が虐めにあっていた事を

薄々知っていたのか、一年の終了式を迎えた最後の日にも直紀は別れの挨拶をする事なかった。



また、ユリも直紀と同様に友達と別れの言葉も交わさないまま、最後の屈辱を迎えようとしていた。

9ケ月にも渡る忌まわしき日々。

いつものようにユリは幼い体を鈴木達に貪られ、そして、白濁色のドロドロした液体を全身に浴


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||

2014年2月8日 | 体験告白カテゴリー:妹との体験告白

大学生のときOGの依頼でAV出演したんだが、聞いて欲しい【大学生との体験告白】

<>529 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2009/06/15(月) 09:54:11 ID:oxXrVquq0 [1/5]<>

大学3年の時、OGの依頼でAVに出た。女性向けのAVとのことでゼミの男6女7人で撮影所(普通のオフィス)を訪れた。男優オーディションに参加してくれと言われ断れない雰囲気に興味本位だったみんなの顔がひきつった。女性は面接官役や記者役で私服のままで脱がなくていいのなどと和やかな雰囲気だった。自前のパンツ1枚で男優たちと並んだ男たちを最初は囃し立てていた女たちもカメラが回り男たちにパンツを脱ぐように監督が言うと緊張が走った。



<>530 名前:529[] 投稿日:2009/06/15(月) 10:29:23 ID:oxXrVquq0 [2/5]<>

手で隠すことを禁じられ縮んでいるちんこを知り合いの女性に見られる恥ずかしさ。女性の視線を撮りたいとの意向から目をそらせず、並んだちんこを至近距離で見てチェック表に記入する女性の中に同じゼミのU子とK里とM実・・・。 この状況に私ともう1人が勃起し始めてしまい女監督になかなかいいと言われ笑いが起こったが一斉にオナニーして勃起させるように指示がでた。



<>531 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2009/06/15(月) 10:32:32 ID:JdpG2UvfO<>

支援



<>532 名前:529[] 投稿日:2009/06/15(月) 10:58:55 ID:oxXrVquq0 [3/5]<>

面接官に扮したAV嬢が服を脱ぎ全裸になりそれを見てみんな自慰をはじめた。私はU子の顔を見てしごいた。私は皮がむけ反り返るほどになったが何人か勃たず監督が面接官に手伝う様に指示。手コキをしてもらっていた。



<>533 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2009/06/15(月) 11:14:00 ID:dmEY8jieO<>

支援




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||

2014年2月5日 | 体験告白カテゴリー:大学生との体験告白

ローカルのバラエティ番組【芸能人との体験告白】

4年ほど前、俺はお金が全くなくアルバイトで何とか食っていたが

ある日そのバイトをクビになった。途方に暮れていると電柱にチラシが。

それによると俺の地方のローカルテレビが行うバラエティ番組のオーディション

ということで俺は行ってみることにした。(前からテレビに出たかった)



会場は怪しい感じのビルの中。怖いんで帰ろうかと思ったがチラシが

カラーで説得力のある感じだったんで入ることに。

そこには俺のほかにおばさんが1人とかわいい女の子が一人。

その女の子っていうのが沙織(仮名)っていう子。

沙織は首元までスラッとした黒髪でロリ系だと思う。

近くにはサラリーマン風の男がいてマネージャーらしい。

バラエティ番組と沙織の容姿からしてどこかのアイドルだと思った。



席に座っていると2人の男がやってきてしばらく俺らを見つめると

俺と沙織を指した。するとアイマスクを渡された。俺も沙織も


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||

2014年2月3日 | 体験告白カテゴリー:芸能人との体験告白

男優デビュー!天海祐希似の手コキがマジやばすぎるww【露出の体験告白】

529 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2009/06/15(月) 09:54:11 ID:oxXrVquq0 [1/5]

大学3年の時、OGの依頼でAVに出た。女性向けのAVとのことでゼミの男6女7人で撮影所(普通のオフィス)を訪れた。男優オーディションに参加してくれと言われ断れない雰囲気に興味本位だったみんなの顔がひきつった。女性は面接官役や記者役で私服のままで脱がなくていいのなどと和やかな雰囲気だった。自前のパンツ1枚で男優たちと並んだ男たちを最初は囃し立てていた女たちもカメラが回り男たちにパンツを脱ぐように監督が言うと緊張が走った。



530 名前:529[] 投稿日:2009/06/15(月) 10:29:23 ID:oxXrVquq0 [2/5]

手で隠すことを禁じられ縮んでいるちんこを知り合いの女性に見られる恥ずかしさ。女性の視線を撮りたいとの意向から目をそらせず、並んだちんこを至近距離で見てチェック表に記入する女性の中に同じゼミのU子とK里とM実・・・。 この状況に私ともう1人が勃起し始めてしまい女監督になかなかいいと言われ笑いが起こったが一斉にオナニーして勃起させるように指示がでた。



531 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2009/06/15(月) 10:32:32 ID:JdpG2UvfO

支援



532 名前:529[] 投稿日:2009/06/15(月) 10:58:55 ID:oxXrVquq0 [3/5]

面接官に扮したAV嬢が服を脱ぎ全裸になりそれを見てみんな自慰をはじめた。私はU子の顔を見てしごいた。私は皮がむけ反り返るほどになったが何人か勃たず監督が面接官に手伝う様に指示。手コキをしてもらっていた。



533 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2009/06/15(月) 11:14:00 ID:dmEY8jieO

支援




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||

2014年1月24日 | 体験告白カテゴリー:露出の体験告白

★五輪記念★4年ぶりの新記録【芸能人との体験告白】

【第1部】

その日、私は仕事で、役者のG君とタレントのみなみさんと一緒でした。

みなみはタレントといっても、深夜のお笑い芸人が司会をする番組にたまにチョロッと出る程度の、まぁ、業界の端の方で活動してる女の子です。

ショーコンパニオンやモデルの仕事もしていて、たまに広告の仕事もしています。

顔は黄タクシーの○林恵美という子にソックリで、身長165〜168センチ、後から知るのですがバストはDcupです。

G君はバイトの傍ら舞台を中心に活動している役者で、たまにオーディションを受けて、決まれば広告にも出たりしているようです。

彼は顔もスタイルも抜群なうえ、同い年の私にも敬語を使う、礼儀を弁えた好青年です。

ちなみにみなみは私に対してタメ口ですw



仕事後にテレビで観戦した五輪にも飽き、その後の流れで、私が彼等を途中まで車で送ってあげることになりました。

途中でメシでも食べようかという話になり、青山のモン○ーンに行きました。

終電の時間も近付いた頃、みなみが場所を変えて飲みたいと言い出しました。

しかし翌日仕事のあるG君は帰らなければならないと言います。

彼女もそれなら帰ると言うかと思いきや、予想に反して「じゃあ二人で行こっ」と誘ってきます。

この辺から、私は今夜は何かが起こると期待し始めたように記憶しています。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年1月23日 | 体験告白カテゴリー:芸能人との体験告白

女優の彼女が濡れ場相手に…【寝取られた体験告白】

俺の寝取られエロゲみたいな体験を聞け

かなり前、俺が若気の至りで役者やってた頃の話の話

当時のスペック

俺  19才

   役者としてはヤンキー系デブマッチョキャラ

   実際は気弱デブ

彼女 19才

   役者としてはショートヘア&スレンダーな強気系

美人

   実際は強気だが甘えん坊で泣き虫

高校出て声優になろうと上京して、うっかり俳優になった

声優系でも舞台系でもなく映像系の事務所に所属し、レッスンを受けながらオーディションを受け続ける日々

彼女とはそこで出会った

彼女は高校から演劇部に所属していて、自分なりの演劇論を持っていた。

美人ではあるのだが気が強い、というか言い方がキツいところがあり、


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||

2014年1月23日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

大学生時代に俺が女優の卵【友達との体験告白】

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/06(金)01:34:40.60ID:Ux8834Sn0

大学入って帰国子女なこともあり、英語の講義とってる奴から人気者だった

んで、ある日中のいい奴らと飯に行った時(その女優の卵もいた)にみんなでメアド交換しようてなった

俺はその女優の卵(こいつをミキとする)がかわいーなって前から思っててメアド手にいれた時はすげーうれしかった



ミキ

身長167くらい

体系割とナイスバディ、胸はお察し

顔ハーフ顔





身長178

体系レスリングやってたから割とマッチョ

顔ラテン系の顔(4分の1ブラジリアン)




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||

2013年11月12日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

陽子のおもいで  第4章 オーディション合格・・・【友達との体験告白】

暫く車が走ってから運転手が「本当にラブホテル街に行って良いんですか?」と聞いてきた。

「はい、お願いします。」と躊躇せずぼくは答えた、それを聞いていた陽子の手がコートの前を掻き分けて、ズボンの上からぎゅうぎゅう詰めになってその形をはっきりと理解できるようになったチンポを指先で形を確認するように撫で始めた。

快感が伝わってきて益々ギンギンになってくる。自分でもどこまで大きくなるのか解らないほど興奮してきた。陽子は酔ったふりをして、ぼくの方に大きくもたれかかり、ズボンの上から場所を確認した亀頭部分を口で含もうとしてきた。ぼくは陽子が何をしたがっているのかが次の瞬間ハッキリと解った。陽子はズボンの上から容赦なくギンギンになっているチンポにかぶりついた。お陰で見る見るズボンの前が陽子の唾液でベトベトになってしまった。その湿り気がチンポに伝わってくる。次に、陽子の左手は躊躇することなくファスナーを開けに掛かり窮屈な空間にいたギンギンチンポを開放すると、湧き出る先走り汁を舌先で掬い取り味わっていた。

運転手が「お嬢さん大丈夫ですか?そうとうお飲みになってるようでねぇ・・・」と声を掛けてきた。わたしは「大丈夫です。今薬飲んでますから」と答えておいた。陽子はぼくの先走り汁を飲み続けている。

先走り汁を堪能した陽子は身体を起こし、今度は左の太ももを惜しげもなく私の股間に乗せてきて私の右手を自分の熱くなった部分へもっていき、パンティーストッキング越しに擦りつける仕草をした。私は刺激を送り込んで欲しいのを察知して陽子の手が離れた後も手のひらを使って愛撫した。右手に焼けるように熱い陽子の本性を感じながら、上半身を擦り付け来る陽子の唇に口を合わせた。「気持ちよさそうですねお嬢さん!」と野次ってくる運転者に返事もせず、私たちはお互いを求めてまさぐり合いました。

そのうちタクシーが一軒の白いラブホテルの駐車場に入っていった。千円札ばかりで支払いお釣りをチップにあげて目を瞑った陽子を抱えるようにロビーへ入り、空いている適当な部屋のキーを貰ってエレベーターに乗った。

いきなり、またキスをせがんできた。手は当然ズボンの前をあっちへ行ったりこっちへいったりして常に快感を送り込んでくる。

エレベーターが音と共に止まった。陽子が先に降りた。

「5階かぁ、じゃあ5回したいな・・・」ぽそっと呟いた。エレベーターから比較的近い部屋だった。

部屋に入って背中でドアの閉まる音がするやいなや陽子はまたまた唇をもとめてきた。今度はキスをしながらわたしの服を脱がせに掛かります。キスをしたままで服を脱がせながら自分は後に下がり始めます。

わたしも陽子の服を脱がせてやります。ダウンの下はタートルのセーターその下はもうブラジャーだけの陽子です。

今日のこのことを計算して、枚数少なくしてきたのかな、などと勝手な想像をしてしまいました。

スカートは比較的薄くて柔らかいシルクのようなミニでしたから後のファスナーとホックを外すとスルリと床に落ちてゆきます。

すると下半身には小さな小さなレースのパンティーしかありません。

「あれ~っ、パンティーストッキング履いてたよね。タクシーの中で確かに見えたよ?」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||

2013年9月19日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

陽子のおもいで 第2章 オーディション【友達との体験告白】

次の日、収録が近づいてきた年末特番の打ち合わせが午前中会議室であって、担当プロデューサーやコナー担当ディレクター連中が集まってああだ、こうだと言いたい放題で、出たアイデアを昼食の前に整理しておこうと一人会議室に残ってメモを清書していると、「失礼しま〜す。」と陽子が顔を覗かせました。

「あれ〜?一人だけ?じゃあ、会議の後片付けさせてもらお〜っと。」と言いながらテーブルの上に乱立しているコーヒーのコップやジュースを飲んだ紙コップなどと集めて回った。

「お疲れさん」と、陽子にいつもと変わりない言い方で声を掛け仕事を続けていると、トレイにコップを積み重ねながら一辺が3卓位ずつ四角くセッティングされた会議机の内側を私の方へ近づいてきた。

そして、もう一寸でぼくの正面に来るという寸前のところで、何かにつまずいたのかトレイを引っ繰り返してしまい、比較的小さな声で「きゃッ」と叫びました。

「どうした?大丈夫か?」と声を掛けて、顔を上げましたが陽子の姿が見えません。

それもそのはずです。散らかったコップをしゃがみ込んで拾い集めていたのです。

私は、疲れもあって、座ったまま背筋を伸ばしながら「良かったね、割れない空きコップばかりで・・・」と足を伸ばして前へ放り出すように力を抜いて休憩体勢をとりました。

机の影で何処に居るのか判らなかった陽子がぼくのちょうど正面に来ていて、放り出した両膝の内側にしゃがんでいます。

コップを集める音は続いていましたが、空いていた方の手(ぼくに近い方の手)がズボンの上を這いながら上へ。

そいして内側の縫い目に沿って、中央部分にやって来ると、ぼくのチンポの形をズボンの上からそっと確認するように、五本の指先でなぜ手、直ぐに離れていったのです。

私は一瞬びっくりしましたが、昨日の飲み屋でのこともあって、声を出さずに陽子のするままにさせた。

ぼくのチンポの大きさを測り終えた陽子が机の上に顔を出し、「私踊りに行きたい!」とぽそっと一言いうと、にっこり笑って投げキッスをして、集めたコップをトレイに乗せて部屋をでていった。

そのあと、ぼくは自分のチンポが陽子の感想が気になってしかたがなかったので、ダメ元で直接聞く機会を探した。

午後7時を過て、夕方のデイリーニュースも終わり報道フロアーがぐっと静かになりかけたとき、「お先で〜す」という陽子の声がフロアーに響いた。

私は声のする方に走り寄り陽子の肩を後からポンっと軽く叩いた。陽子は一人だった。しばらく誰に聞かれても差し障りのない話をしながら駐車場まで出た。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||

2013年9月19日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

はるな愛 弱点も生かせば「強み」 【芸能人との体験告白】

タレントのはるな愛さん 弱点も生かせば「強み」 隠し続けた「男性」芸に取り込む



 タレントのはるな愛さん(40)は男性として生まれたことに強い違和感を覚え、ホルモン注射や手術などにより女性に変わろうとしました。しかし、本物の女性にはなれず、周囲の冷たい視線の中、仕事も恋も行き詰まっていました。そんな状態を打破しようと、悩み抜いた先に見えてきたものとは…。



(竹岡伸晃)



 



自分をさらけ出す





 11月29日夜、大阪市浪速区のライブハウス。約750人の観客を前に、ドレスやミニスカートを身につけ、ステージ狭しと駆け回る。歌手、松浦亜弥さん(26)の振りをまねする「エアあやや」など、2時間で約20曲を披露した。



 初の単独ライブでは、自身の中の「男性」も表に出した。男性の服装、男性の声で「夜空ノムコウ」などを熱唱。客席のニューハーフ(女性として生きる男性)や、おなべ(男性を装う女性)らからも熱い声援が送られた。




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||

2013年9月12日 | 体験告白カテゴリー:芸能人との体験告白
1 / 3123

このページの先頭へ