家庭教師の教え子に調教された 【M男な体験告白】

<>75名無し調教中。2014/07/27(日)03:10:22.62ID:WQXQ6Q+u<>

私が大学生の時です。

女子中学生の家庭教師をしていました。

今の中学生と違って、そのころの中学生は、本当に素直で純真な感じでした。

週に3回ほど行きました。

最初は部屋もきれいに片付けられていたのですが

そのうち部屋に入ったときにベッドの上に可愛い下着が脱ぎすてられているようなこともありました。

何かの用事で階下に下りていったときに、ついその下着を手にとりました。

パンツのちょうどそのところは薄く色がついていました。

思わず、そこに口をつけてしまいました。

それだけで、若い男の体は、ギンギンに固くなっていました。

<>76名無し調教中。2014/07/27(日)03:12:06.88ID:WQXQ6Q+u<>

5月から家庭教師をはじめて、やがて8月の夏休みとなるころにはずいぶんと親しくなっていた。

その年の夏は猛暑だった。

タンクトップやランイングシャツが流行っていたので、その子もそんな姿で勉強をしていた。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2015年6月11日 | 体験告白カテゴリー:M男な体験告白

♂1♀3 +SM  その六【M男な体験告白】

前編:♂1♀3 +SM  その伍





「♂1♀3 +SM  その伍(タイトル,ジャンル未設定)」の続編







結婚式前夜の件です。

この頃には、ビデオカメラも購入してあったので、

時々撮影してあり、あまり事実とはかけ離れてはいないはずです。





当時の私は地元に戻っており、

しばらくAさん達とは離れて暮らしていたので、

2〜3カ月おきに行ったり来たりして、遊んでいました。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月10日 | 体験告白カテゴリー:M男な体験告白

ヘルニア入院日記【看護婦との体験告白】

2006年の夏、建設現場で日雇いのバイトをしていました。日給1万円もらえる仕事だったのでそれなりにキツイ内容です。マンションなどを建てる際に必要な資材の石膏ボードをひたすら運び込むというものです。

 新入りの頃は一枚持つのがやっとでしたが、作業を重ねるに従い、一度に運べる量が二枚・三枚と増えていき、貧弱な僕もだんだん体力がついていくのが実感できてそれなりにやりがいを感じていました。

 僕はあまり体力に自信のあるほうではありませんが、1人暮らしを始めたばかりでお金が必要なこともあり、ほぼ毎日仕事に出てがんばっていました。

 その仕事に就き出して三ヶ月めの06年8月2日、仕事中から腰に違和感があり、今まで経験したことのないようなだるさ・重さを腰に感じていました。夕方、仕事を終えてバスで帰る道中、腰の違和感ははっきりとした痛みに変わっていました。座席に座っていることができません。まだ立っているほうがましです。

 部屋に帰ってもその痛みはますます酷くなり、激痛といってもよい程になっていきました。

 ただの腰痛だと思っていたので、とりあえず横になって痛みが引くのを待つしかないと思い、次の日の朝まで寝るつもりでした。

 ところが夜中になるにしたがい痛みは増していき、もう我慢できるレベルを超えていました。

 それでも、油汗をかきながら朝まで我慢し、トイレに立つこともできない僕は救急車を呼ぶ決心をしました。

 なんだか恥ずかしかったです。生まれてはじめて救急車を呼びました。担架で運び込まれる時、近所の人が野次馬になってじろじろ見ていました。

 近くの総合病院に着き、ストレッチャーでとりあえずレントゲン室まで運ばれました。

 技師が仰向けの僕に向かって脚を曲げろだの横向けになれだのいろいろ指示をとばしてくるのですが、どんな体勢でも激痛が更に増し、無理でした。仰向けで脚を上に上げようとした僕は身体全体をつらぬくような鈍い痛みに思わず叫び声をあげてしまいました。

 技師もあきらめたのか仰向けのレントゲンだけ取って終わっようです。

 レントゲン室を出ると、若い看護師が僕の叫び声を聞いたようで、

「なんでこんなになるまで放っておいたの?」

 といわれてしまいました。それに答えることもできない僕の手を、その看護師が握って、


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||

2014年2月6日 | 体験告白カテゴリー:看護婦との体験告白

ビデオ撮影【看護婦との体験告白】

<>421名前:ero投稿日:02/01/0522:09ID:aWyrqAvb<>



私は産婦人科に勤める看護婦ですが、自分の職場の検診台で股を広げ子宮

検査は恥ずかし〜ですね。



先生や同僚・後輩が私の性器を広げ見ていると思うと変な気分!

患者の気持ちが分ります。



見習い看護婦の経験のため膀胱・直腸検査を見せたいと言うことで泣く泣く

承諾、性器の説明、尿道・膀胱・膣・子宮口・直腸・S状結腸を目視、見習

い全員が浣腸と膀胱へのカテーテルの挿入を学習、ビデオを撮影し終了しました。



今では、この時のビデオを勉強用として私が若い看護婦や見習い看護婦に

指導をしています。

体験告白関連タグ

|||

2014年1月28日 | 体験告白カテゴリー:看護婦との体験告白

看護婦さんに剃毛されて【看護婦との体験告白】

入院して膵臓炎の精密検査を受けることになった。

その検査で血管造影による検査で、それは股関節にある動脈にカテーテルを入れて造影剤を入れるという

検査の前日「ばい菌予防に剃毛します」と云われ、呼ばれて処置室に行くと看護婦さんが

「そこの寝台に仰向けになって寝て下さい」

「脚はだらりと下げて下さい」

言われる通りに措置台に仰向けになる。だらりと下げた足下に看護婦さんがしゃがみ込んで

「下着をずらして下さい」

パンツをずらす、妻にしか見せたことのないチンポが看護婦さんに曝された

そんなとこを平常心の時に見られるのは男でも恥ずかしい

意識しないようにする

やがて柔らかい女の指先がチンポに触れその周りに石鹸が塗られる

意識しないようにと思えば思うほどに意識してしまう

まだ柔らかいチンポ… それが右に左に振られ石鹸が塗られた

毛がじゃりじゃりと剃られはじめたが、じゃまなのだろう…。

看護婦さんがそれを軽く掴んだ 


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||

2013年9月14日 | 体験告白カテゴリー:看護婦との体験告白

屈辱の診察(4) 【露出の体験告白】

大学時代(10年近く前ですが)、友人らと鎌倉に泳ぎに行った。プールではよく泳いぐのだけど海水浴は大人になってからは久しぶり。友達のワゴン車で行き、駐車場で着替えていざ、海へ。

他の友達はみんなサーフパンツみたいな海パンだけどボクだけいつもプール泳ぐときのSPEEDのミニタイプの競泳パンツだったので、ちょっと恥ずかしかった。

でも、そんなことはその日の恥ずかしさの序の口でした。



1時間くらい泳いだ後、体が少し冷えて小便したくなり、公衆トイレを探しに砂浜から裏の道路の方に探しに行ったんだけど、なかなか見つからない。

じゃどこかで立ち小便でもしなけりゃ・・・なんて思いながら、なにげにコンクリートの階段みたいなところに腰を下ろしたところ、アイテッ!! 尻から火が出るような激痛。

見ると割れで尖ったビンみたいなもの上に思いっきり座っちゃったのでした。



海パンが尻のところでざっくり切れ、尻の割れ目のあたりから血がどくどく・・・。



回りの人たちがこっちを見てる。これが恥ずかしいの第2章でした。でも・・・まだ序の口。



ボクの異常に気づいた友達がやがて駆けつけて来てくれたけど、砂の上に血が流れて止まらないので、けっこう大怪我だと判断。タクシーを止めて「近くに病院はありませんか!」。



血で座席が汚れるのを防ぐためバスタオル何枚も尻の回りに巻いてタクシーの後部座席に横になり、病院へ。友達2人が同乗。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||

2013年9月8日 | 体験告白カテゴリー:露出の体験告白

ウロダイナミック 【露出の体験告白】

泌尿器科の体験談です。

うーん、最近下半身の病気の体験ばかりです。

恥ずかしくて嫌ですね。

約、半年前から、残尿感と夜間頻尿が多くなりました。

小さい時から、かかりつけの内科医に(別の持病があるため)相談はしてました。

やはり専門科医でないと難しいく、何かあってはと勧められていたのだけど躊躇してました。

しかし、一昨日の夜間頻尿(飲み会の後)が辛く&残尿感で相談しました。

「○○さん、泌尿器科で見てもらいましょうよ」

「確かに気分の良い科ではなく、恥ずかしいけど、あとで何かあっても困るよ」

ということで了承しました。

手続きを取り(大学病院)、簡単な問診を別室で看護婦に取られました。

はじめに尿検査へ行って来ることになりました。

その後、初診専門の科の前の待合所で座って待ちました。

ドアの上はガラスになっており、照明やカーテン&カーテンレールが見えます。

自分の前に5人ほど電光掲示板で居るようです。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||

2013年9月7日 | 体験告白カテゴリー:露出の体験告白

娘にもえ【近親相姦の体験告白】

私には19歳の自慢の娘がいます。

かなり親ばかかもしれませんが、綺麗なほうだと思います。

娘が高3の時、自転車通学してたんだけど、転んで膝を骨折して

手術するときのことです。

主治医の話では、下半身麻酔ということを聞いていたんだけど

麻酔のききが悪く、急遽全身麻酔に切り替えたようです。

手術自体はそんな難しいものではなく、傷もそんなにのこらない

とのことでした。

手術当日、俺は急遽休みが取れたので娘に付き添うことにしたん

ですが、手術は30分~40分程度だったと思います。

娘も年頃ということもあって、保険も入っていたので入院は

個室をとってやりました。

娘が部屋にもどってきたときは、完全熟睡状態。

あたりまえですが。

部屋にもどってくるなり、看護婦さんがカテーテルとかいったの


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||

2013年9月7日 | 体験告白カテゴリー:近親相姦の体験告白

泌尿器科の体験(痛がりさんは見ないで) 【看護婦との体験告白】

泌尿器科の体験談です。

うーん、最近下半身の病気の体験ばかりです。

恥ずかしくて嫌ですね。

約、半年前から、残尿感と夜間頻尿が多くなりました。

小さい時から、かかりつけの内科医に(別の持病があるため)相談はしてました。

やはり専門科医でないと難しいく、何かあってはと勧められていたのだけど躊躇してました。

しかし、一昨日の夜間頻尿(飲み会の後)が辛く&残尿感で相談しました。

「○○さん、泌尿器科で見てもらいましょうよ」

「確かに気分の良い科ではなく、恥ずかしいけど、あとで何かあっても困るよ」

ということで了承しました。

手続きを取り(大学病院)、簡単な問診を別室で看護婦に取られました。

はじめに尿検査へ行って来ることになりました。

その後、初診専門の科の前の待合所で座って待ちました。

ドアの上はガラスになっており、照明やカーテン&カーテンレールが見えます。

自分の前に5人ほど電光掲示板で居るようです。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||

2013年8月25日 | 体験告白カテゴリー:看護婦との体験告白

入浴介助で若い看護師にチンコみられた 【看護婦との体験告白】

事故で片腕骨折、手術のため入院することに

手術前日、入浴時間になると看護師が呼びに来た

「一人で入れる?」と聞かれたので、最初は「大丈夫、入れます」と介助を断った

そのまま一人で脱衣所で風呂に入る準備をしようとしたけど、やっぱり片腕だとなかなか服が脱ぎにくい

もたもたしてるとさっき呼びにきた看護師が突然、脱衣所の扉を開けて入ってきた

まだシャツすら脱げてないオレをみて一言、「やっぱり手伝うわ」

そしてあれよあれよとシャツもズボンも脱がしてくれた

最後にパンツも「脱がしてあげようか?」と聞かれたが、なんとなく「大丈夫です」と言ってそれだけは自分で脱いだ

全裸になり看護師と2人で風呂場へ



俺はイスに座ると、看護師が後ろからシャワーを浴びせてきた

頭は自分で片手で洗った

体の前面は自分で、背中は看護師が擦って洗ってくれた

その間、軽い雑談を交わしながら、少し笑いもありつつ楽しい雰囲気が続いた

次に看護師が「前は?」と聞いてきたので、後ろから見守られる中、自分でチンコを洗った


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||

2013年8月24日 | 体験告白カテゴリー:看護婦との体験告白
1 / 212

このページの先頭へ