なおぼんは見た 前編【マニアックな体験告白】

私は、双葉(ふたば)家政婦協会に所属する家政婦です。

家政婦などというものは、お金持ちの奥様などがお雇いになるというのが相場でございます。

決してお安い利用料ではないからです。家政婦というお仕事をしておりますと、ついつい、その御宅の秘密などを目にするものでございます。

まあ、秘密のない御宅など探すほうが難儀(なんぎ)ではございますが。つい先だっても、ある御宅にご縁があって、お世話をさせていただくことになりました。

その時の奇妙なことと言ったら・・・私は都心から小一時間はかかる、高級住宅街の会社役員をされていた御宅に向かいました。

協会から渡された地図を頼りに、坂を上り、また下り、またまた上って小高い丘の上の一軒家にたどり着いたのです。

たいそう古い洋館建てのお家で、高い屏で囲まれ、頑丈な鉄扉(てっぴ)が備えられた、まったく外からは中が窺(うかが)えない御宅でした。表札に「京極(きょうごく)」とありましたので、間違いございません。

私は呼び鈴を押しました。

インターホンというものはなく、昔ながらの呼び鈴だったのです。

このような古い御宅では珍しくございません。中から、五十絡みの品のよいブラウス姿の奥様らしき女性が出ていらっしゃいました。

「私、双葉家政婦協会から参りました、横山と申します」

鉄扉の上の隙間から目だけを出して、そう伝えたのです。

「ようこそ、いらっしゃいました」

そう言って、女性は鉄の重そうな扉を開き、私を招き入れてくれました。彼女はやはり、この家の奥様で、京極妙子(たえこ)と言い、ご主人はあの有名な京極興産会長の京極為次(ためつぐ)です。応接間に通され、私にしばらく掛けて待つようにと奥様が申されました。

アールデコ調の上品な調度品で飾られたお部屋は、趣味のよいものでした。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||

2018年1月20日 | 体験告白カテゴリー:マニアックな体験告白

両親のセックス、そして姉と姉の彼氏のセックスを見てしまった。【盗撮・覗きの体験告白】

私は、高校2年の女の子です。

この前、両親のセックスを見てしまいました。

父と母はともに45歳です。夜中にトイレに起きたとき、両親の寝室の襖が開いていて電気がついていたので、「まだ起きてるのかな」

と思い、何の気なしに覗いてみました。

すると上半身裸でオッパイ丸出しで下はパンティ1枚の母が父の顔にオッパイパンチをしながら「ねえ、セックスしようよ」と誘っている

ところでした。父は「一昨日もしただろう。本当にお母さんは好き物だな」と言いながら母のオッパイを揉み乳首をチューチュー吸い始めました。母は「ああーんっ。気持ちいい」と言い、自分でオッパイを動かしながら交互に舐めさせています。

母のオッパイは私が記憶していたよりも大きくFカップはありそうでした。乳輪が肥大して大きく、乳首も大きいし黒っぽくてイヤラしいです。少し垂れ気味ですが、それがますますイヤらしく見えました。しばらくの間、オッパイを舐めまわしたあと、父は母の両足を

広げ性器を全開にしました。「いやんっ」と母は嫌がるそぶりを一瞬見せましたが、本当に嫌がっているわけではないようです。

こんな煌々と電気のついた部屋でセックスするなんて、なんてイヤらしいんだろうと私はそんなことを思っていました。

母は自分で性器を広げ「おまんこ、たくさん舐めて」と言います。父は「よっしゃっ」と言い、母の足の間に顔をうずめクリトリスや穴の

周りを一心腐乱に舐めています。母は「ああんっ、いいっ、クリトリス感じるー」と言って悶えています。

「そろそろ欲しくなっちゃった」母は言い、起き上がると父のアレをしゃぶりはじめました。その間、父は母の乳首をいじり、おまんこを

触っています。母は父のアレをしゃぶりながら「ううっ、あっあん」と声を出しています。そして気が済んだのか、口を話すと

「おちんちん、おいしかった」と言って父の上にまたがり、ゆっくりと父のペニスにおまんこをあてがい、挿入していきました。

根本までズッポリ入ったところで母はゆっくり腰を動かし始めたかと思うと、急に今度は上下にかなりの速さで腰を振りはじめました。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2017年12月31日 | 体験告白カテゴリー:盗撮・覗きの体験告白

妻が接待で体験した超肉食絶倫3Pセックス 5 【寝取られた体験告白】

前回↓









早朝、菜穂は家族のために1人早起きして朝食を作り、夫のネクタイやカッターシャツを用意する。



そして夫と子供達を起こし、家族皆で一緒に朝食を食べる。





「ほら、お腹空いてなくても朝ごはんはしっかり食べなきゃ駄目よ。一日のエネルギーになるんだから。」





食卓の席に座ってもまだ眠そうな子供達。




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||

2015年6月23日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

王者2 【寝取られた体験告白】

「正直に話すけど」

「まぁ話の流れ的に、あなたもうすうす気付いてたでしょ。」

「そう、私の目に飛び込んできたのは間違いなくサヤカだった。」

「裸にひん剥かれ

「ベットをギシギシ軋ませながら、寝バックの体制で龍也に激しく攻められ、

私が今までに見たことのないような悦楽の表情で喘いでいるサヤカだった。」

「すっごく激しいSEXで私が勝手に部屋に入ってきたことなんて二人とも全く気付いてなかったわ。」

「サヤカはサヤカで口では龍也との行為をダメダメ言ってるんだけど、身体は正直よ。」

「私が見る限りその顔はやっぱり完全に蕩けきった女の顔になって龍也に身体預けてた。」

「とてもじゃないけど他に彼氏がいる女の顔とは言えなかったわ。」

「その可憐な身体も龍也の激しい抽挿とスパンキングに、これでもかってぐらいよがり狂わされてた。」

「龍也に真っ赤になるまでお尻を叩かれて、

これまた口ではその乱暴な行為を拒否するんだけど、やっぱり体は快楽には正直なのよ。」

「叩かれるたびに、いっそう気持ちよさそうなエッロイ声だすの。」

「んーー!!あん!あーーああああ。。。んんーああーん、あっあっあっあっ〜〜〜〜〜!!!


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||

2015年3月18日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

お仕置きされた【おっぱいの体験告白】

2年前のこと。

会社を辞めることを上司に告げ、有志だけが集まる夜の送別会に備えて駅の裏口(風俗街)で時間を潰していました。

何とはなしにそこから少し離れた中古や新品のアダルトDVDを販売しているお店に入り、タイトルをチェックしながらぼーっと店内を散策していました。かなり品数が豊富で、マニアック系のものも充実しており、パッケージを見ているだけでそそられ、股間は半立ち状態になっていたと記憶しています。

10分もたった頃でしょうか。店内の5列ほど並んだちょうど真ん中の棚の奥に女性がいるのを発見しました。こんな時なんとなく緊張するものです。

その場を離れようとしましたが、変な勘が働き、わざとらしくない様にその女性に近づいてみました。

身長は160センチくらい。20代半ば。どちらかというとぽっちゃり目で服装は地味でした。

「どんなビデオを選んでるんだろう」と手元を盗み見ると、驚いたことにスパンキングものを2点もっていました。

俄然興味が湧き、彼女が精算を済ませて店外にでたところで思い切って声をかけました。

自分の声も緊張のため少し上ずってました。

聞くと、「SMには興味はないがスパンキングが大好き」「小学生のころからの性癖」「量販店みたいなところで責任者をしていて、出来の悪いバイトの男の子のお尻を叩いて興奮している」「スパンキングはしないけど、そこの上司のおじさんと援助交際している」とのことでした。

どちらかというと地味(に見えた)な外見から発せられる刺激的な言葉に妙なリアリティーを感じ、股間は張り裂けんばかりになってしましました。

警戒されているのはわかりましたが、自分がMっ気が強いこと、(今日は)セックス抜きにすること、今買ったばかりのビデオを一緒に鑑賞するだけ、というのを条件にホテルに誘うと少し迷いながらもOKしてくれました。

その日は一緒にビデオを観て、少しお尻を叩いてもらいました。

ビデオで観るのと実際叩かれるのでは当たり前ですが大違いです。

ホテル備え付けのスリッパと靴べら、そして素手でお尻を叩かれました。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||

2014年2月8日 | 体験告白カテゴリー:おっぱいの体験告白

セックス依存症の女子大生まい【出会い系での体験告白】

スペック:19歳大学生、身長は155cmくらい?

かなりスレンダー。おっぱいはぜんぜんなかった。



ハッピーメールの今すぐ掲示板で「これから会える人」との投稿を見て、メール始めてから一

時間後にはもう新宿で待ち合わせ



よく考えたらメンヘラじゃなかったですね

「SEX依存症」てやつです



新宿のドンキで待ち合わせ。昼の1時くらいでした

夏だったのでまいは真っ青なワンピースを着ていた

会った印象は「真面目そうな女の子、すぐにやれないかも」てな感じ

マック食べたいというのでとりあえずマックへ



まあ見た目は普通の子の印象でしたが、マックでの会話


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||

2014年2月7日 | 体験告白カテゴリー:出会い系での体験告白

千恵子の事【友達との体験告白】

千恵子、36才。163cm.B.86.W56.H96

お尻の大きな日本女性離れした、ボン、キュ、ボン体型。

独身で男性経験は少ないが従順で献身的、清楚で真面目な雰囲気ではあるが、男日照は間違いない。

背が高く、ウエストがキュッと括れ、それと不釣り合いなくらいボンと突き出したヒップ、タイトスカートの

後姿はもう、むっちむっちで下着のラインもはっきりと分るくらいだ。

顔はちょっと佐藤寛子に似ている気がするが、私だけって感じもする?

まだ、調教中だが私の性欲と性癖を満足させてくれる、最高の雌豚性処理奴隷だ。

当時、禁煙と分煙とか言われ始めてた頃で、うちの課の男子は8割がた喫煙者、

女子社員は逆に喫煙者は少なく、喫煙が少々社内問題化していた。

そんな中、彼女から男子営業社員の事務所内禁煙を進言して欲しいと相談された。

彼女の相談を受け、私は上司に進言、事務所内は禁煙となり、

喫煙は休憩時間に喫煙コーナーで吸う事になっていた。

彼女には、遠まわしに誘うよりは単刀直入に取引を申し込んだ

上司に進言し、認められた場合は成功報酬として私に一晩抱かれる事。

彼女は少しの間、下を向いて考え「良いですよ、それから課長もタバコを止めて下さい」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年2月3日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

幼い日の悪夢【レイプの体験告白】

10年位前の事です。私の家は、母子家庭で、弟がいます。冬休みの事です。



 母が勤めに出ていたので、いつもの様に、四つ違いの弟をつれ、近所のス−パ−

 に、買い物に行った時の事です。私は小学校の4年でした。其処で、弟が、

 お菓子を、ポケットに入れそのまま、レジで支払いを済ませ、家に帰ろうと

 したとき、50メ−タ−程、行った所で、二人のおじさんに呼び止められ、

 弟の、取ったお菓子の事で、厳しく問いつめられ、弟は泣き出しましたが、

 おじさん達は、情け容赦無く、警察に連れて行くから、お母さんを、呼んで

 来なさい、と言われたので、



   「お母さんは、会社で、夜まで帰ってきません。」と、言うと、



   「それじゃ、君が連れて来たんなら、君が、保護者なんやな?」

 私は、弟のした事が、本当に大変な事のように思えて、何としてでも、弟を、

 助けなければと、


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||

2014年2月2日 | 体験告白カテゴリー:レイプの体験告白

生まれて初めてテレクラいったった【複数・乱交体験告白】

登場人物

自分 A :男。27歳。スターウォーズ大好き

後輩 B :男。23歳。エロに貪欲。

話は、去年の年末にさかのぼる。

暇で暇で仕方がなかったおれは、

某板の忘年会に参加することにしたんだ。

忘年会に参加した理由は

とりあえず酒を飲む口実がほしかったから、

あと本当にやることなかったから。

たまにはリアルを忘れて

ねらー達と酒を酌み交わすのも一興とおもったわけで。

忘年会は、7時くらいからはじまって、9時には終了したのかな。

自分的には

「2次会とか、カラオケとかなんかあるのかな?」

って思ってたんだけど、とりあえず解散って流れになって。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||

2014年2月2日 | 体験告白カテゴリー:複数・乱交体験告白

セックス依存症の女子大生まい【出会い系での体験告白】

スペック:19歳大学生、身長は155cmくらい?

かなりスレンダー。おっぱいはぜんぜんなかった。

の今すぐ掲示板で「これから会える人」との投稿を見て、メール始めてから一

時間後にはもう新宿で待ち合わせ

よく考えたらメンヘラじゃなかったですね

「SEX依存症」てやつです

新宿のドンキで待ち合わせ。昼の1時くらいでした

夏だったのでまいは真っ青なワンピースを着ていた

会った印象は「真面目そうな女の子、すぐにやれないかも」てな感じ

マック食べたいというのでとりあえずマックへ

まあ見た目は普通の子の印象でしたが、マックでの会話

まい「ねえ、会ったとき私のことどう思った?」

俺「えっ?」

まい「合格点?」

俺「合格て…かわいいと思うよ」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||

2014年1月29日 | 体験告白カテゴリー:出会い系での体験告白
1 / 512345

このページの先頭へ