生保レディと【友達との体験告白】

九州は博○在住です、保険加入と言う職権を乱用致しました。色気のある生

保レディを物色していましたが会ったのは中年のN性レディでした。積極的に

売り込む女性ではありませんでしたが中年の割りにスリムで背が高く好みの

顔でしたので何度か話を聞きました。しかし出来そうな感じの女性ではなか

ったので別の会社を探そうと思い断ったら、「もう計算に入れていて断られ

ると困る」と言って来たのです。

駄目でもともとと思い「エッチしてくれたら入るよ」と言うと案の定、それ

ではお断りしますと話は終わったかに思いました、しかし一ヶ月が経ち久々

に連絡が来ました。

「エッチは出来ませんが入って頂けないか?」との事で再度会うと困った顔

で、「年末で苦しいんです、お願いします」と言うので「じゃー、フェラし

てくれたら入るよ」軽い気持ちで言いました。

すると少し考えてから、「ではそれでお願いします」と言うのです。私は驚

き、あっさり契約に応じました。

約束の日にホテルに誘うとホテルは困るとの事でカラオケBOXで合意してくれ


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||

2013年10月2日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

ノルマのために体を開く女【会社・職場での体験告白】

 よく、保険外交員やセールスレディーが「体」を使って契約を取ったという話があるが、

私にも、似た様な経験がある。

 それは「バブル」がはじけた直後の話。

私の会社には毎月、ある銀行の渉外担当の女性行員が定期積金等の集金に来ていた。

一般に、渉外担当は男性行員なのだろうが、この銀行は女性行員だった。

ちなみに窓口にも美人が多く、私の同級生の男の間でも結構評判だった。

 そんなある日、両親が旅行に行っていて留守の時に、担当者・りつ子が来た。

りつ子は私の1学年下で、当時24歳だ。

いつもは玄関先で用件を済ませるのだが、この時のりつ子は、いつもと様子が違っていた。

 ここで話を少し脱線させると「玄関先」と言うのは、会社に隣接している自宅の玄関だ。

そこにしゃがんで集金の金額を数えたりするのだが、時々スカートの奥が見えたりする事も

あり、密かに私は「集金日」を待っていた。

 さて、この日は休業なので、私は誰もいない会社の事務室で電話番をしていた。

りつ子は、深刻な顔をして

「あの…、お話があるんですけど…」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||

2013年8月23日 | 体験告白カテゴリー:会社・職場での体験告白

やまもとひろみ【友達との体験告白】

投稿者:やまもとひろみ

日 付:2001/9/14 14時37分

E-Mail:

内 容:

はじめまして26歳の主婦です。

不倫の彼がいます。

堅い家庭環境で生活して親が決めた婚約者と結婚して・・・

結婚前のSEXなんて汚いもの、結婚後のSEXは子孫を作る神聖なものとまじめに思っていた私にとって、初めてイクことを教えられて、気づかずに一生を過ごしたかもしれない内に秘めていた淫乱性を引き出してくれた彼を私は好きになってしまいました。

彼の勤める保険会社のセールスレディーをしながら主人にばれないように露出やSMプレーや野外調教をするという我慢できない性癖があります。

普通のHじゃ生きていけないんです。

多くの男の人の前でおしっこしたりオナニーしたり、とにかく恥ずかしい事をいっぱい見てもらいたいんです。男の人の前でHなことをしてはずかしい自分をさらすのが快感なんです。

お仕事に行く前に彼の指示で着替えます。きょうは乳首のすぐ上のところから股下5センチまでのワンピースにブルーのパンツです。全部アダルトショップの通販で揃えたものです。

濃い化粧をして首に鎖を二重に巻いた姿がきょうのひろみです。

会社周りが担当なんですけど、わざと胸を見せたりパンツ見せたり、電車の中で揺れに任せて倒れる振りして男の人の股間を触ったり・・・見られるのが嬉しい。

女子高生のかっこうして、下着を着けないで自転車で露出するのも最近の好きな行動です。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年8月12日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

28歳新妻詩織に強制中出し。 【レイプの体験告白】

  



6月9日(土)に、現愛車の契約に家にやって来たセールスレディーの新妻詩織に

強制中出しを決めてから5ヶ月がたった。

俺は人妻を犯る時は必ず危険日で、そいつを妊娠させる事を常としてきた。

が、諸々の事情で詩織はそうではなかったのだ。

そのときの事をこれから書こう。



レイパーの俺にとって、自分の下で快楽に溺れて啼く女は嫌いではないが物足りない。

やはり抵抗し、拒絶の言葉を吐き、挙句の果てに意志とは裏腹に

無理矢理絶頂を迎えさせられ、羞恥と被虐と絶望に涙を流す様子を

鑑賞しながらでないと今一盛り上がらない。

まっ、レイパーの本能というやつかね(笑)

で、狙いを付けたのは車のセールスレディーの詩織。28歳で細身の美人だ。

人妻フリークの俺としては手出しするつもりは無かったのだが、


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||

2013年7月1日 | 体験告白カテゴリー:レイプの体験告白

このページの先頭へ