チャイナドレスの美和【恋人との体験告白】

<>239名前:こぴーくん投稿日:03/01/0311:31ID:9QHjFNf0<>

美和はチャイナドレスで立っていた。

「どう?興奮する?」と足を伸ばす。

「う、うん」と寝転んでる俺。

「こう?」と足で俺のモノを優しく踏んでくる。

「ねぇ、何でこんなに硬くしてるの?」と更に足でいじめてくる。

「だ、だって、、、」

「こういうの期待してヤラシイ目で見てる癖に」

「ご、ごめん、、そういう目で見てた、、」我慢できなくなり美和を押し倒した。チャイナドレスの上から胸をまさぐる。

「はっ、、んん、」と美和は息を漏らす。そして首、耳、口に激しいキスをする。服の上から乳首を舌で探しながらフトモモを触る。

「あん、、、駄目っ」と美和は体を起こし俺の上に乗っかる。そして玉に1本の指で優しく撫でてくる。

「どう?じれったい?」と優しく撫でる。

「ああ、、、もう早くしごいてくれよ、、、」

「んふっ、おもしろいからだーめ」といじめてくる。

「あれ?撫でてるだけなのにヌルヌル出てきたよ、何で?」と激しく玉を掴む


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||

2014年2月10日 | 体験告白カテゴリー:恋人との体験告白

石ころ帽子【アニメキャラの体験告白】

俺は、セントラル大学の2回生。最近まで合唱団に入っていて、同じクラブの同級生の彼女、望美(のぞみ)と最近までつきあっていたのだが、4回生の先輩で団長のヒロシに目をつけられ、望美は俺と別れた。

その後、望美はヒロシとつきあうようなり、さらに、つまらないミスを理由に俺は合唱団から追い出されてしまった。ヒロシの手が回っていたのだろう。



今日は学園祭。本来なら合唱団員としてステージに立つはずだったのが、思いがけず暇になってしまった。むしゃくしゃしていた俺は、キャンパスの裏山をうろうろしていたが、道ばたに白い半円形の布が落ちていた。22世紀の四次元ポケットだ・・・・

試しに「タケコプター」と言うと、中からそれが出てきた。頭につける前にスイッチを入れてしまったので、飛んでいってしまったが。

 

俺は『石ころ帽子』を取り出してかぶると学園祭の会場に向かった。

 

【石ころ帽子の使い心地】

キャンパス内は人でごった返している。知り合いとすれ違ったが、皆俺のことを無視している。本当に効果があるみたいだ。俺は、思い切って女子トイレに入ってみるが、誰にも咎められない。仕切りの上から中を覗いても咎められない。

和式便器の個室の中に、いつもツンツンと威張っている学生課の女子事務員(24?)が入ってきた。俺も一緒に入る。アイボリーのスカートをまくり上げ、白くて地味なおばさんショーツを下ろす。しばらくして、放尿が始まったので、俺は局部に手を当ててやった。本来なら便器に直行するはずのなま暖かい小便は、俺の手に跳ね返り、当たり一面に飛び散る。おっと、自分にかからないように注意しないと。

「キャーッ」突然、自分の小便でスカートやショーツが濡れていくのだからびっくりしない方がおかしい。でも、一旦出した小便は止まらず、あたり一面小便まみれ。

小便が止まった頃、俺は戸を開けて中から脱出した。事務員は更に呆然としている。突然、扉が開き、小便でびしょびしょのスカートや足が、トイレを利用している女子たちに丸見えとなったから。

こんなすばらしい眺め、女子だけに見せるのはもったいない。俺は『片づけラッカー』を取り出すと、トイレの壁一面に吹き付けた。隣は男子トイレ。

トイレにいる男子生徒たちは、突然透明になった壁に驚いていた。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年2月6日 | 体験告白カテゴリー:アニメキャラの体験告白

楓の体の産毛を全て剃った私。【友達との体験告白】

歌舞伎町の上海ホステス楓。もうれっきとした俺の女だ。この間は、楓の花芯の黒毛を剃ってパイパンにしてしまった。

そして昨夜は楓の「体中の産毛」を首から足のつま先まで剃ってしまった。もう裸体すべてが、スベスベでツルツルで悩ましく色っぽく、俺を奮い立たせてくれる。

その楓の秘密を知ってるのは、楓と私だけ。お風呂に一緒に入ってボディシャンプーしてあげてローションを塗る楽しみ。

その度に楓の気持ち良さそうな喘ぎと裸体のウネリがある。楓との週に三回は交尾を欠かさない。

楓のマンションには俺の下着と寝間着も置いてある。お店でのチャイナドレスの楓の容姿も色っぽくお客の人気者だ。

チャイナドレスの大きく割れた裾から、楓のスラリとした生足が見える。

産毛の無い生足が凄く色っぽい。俺はあの楓の素晴らしい体を独り占めにしているのだ。

この間の日曜日は寒かったので、朝昼と、楓と抱き合ってベットの中でエッチした。

楓はスレンダーな裸体を海老のようにクネラセ、俺との交尾を楽しんでいた。口に咥えたり、入れ込んだり、逆さまになったり、後ろから前から。

疲れたら楓を抱きしめて休む。とにかく体全体の毛を剃ってしまったから抱いていても気持ちが良い。

Tバック姿の楓の鏡に映る姿態に、俺は楓の腰を持ち上げて後ろから挿入した。最近はそんな楓との毎日が続く。

体験告白関連タグ

||||||||

2013年11月9日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

歌舞伎町の中国人ホステスのパパになった私。【友達との体験告白】

俺もついに歌舞伎町の中国人クラブの美人ホステス、楓のパパ(彼氏)になった。

毎月のお手当+アルファ。そして週に最低2回は同伴なのだ。週に2回の同伴の時は、仕事が終わってから夕方6時には楓の東中野のマンションに行く。

前もって電話してるから、楓はお風呂を沸かして待っている。

そして一緒に入ってからセックスをするのが義務だ。中国人特有のスラリとしたスレンダーなナイスバデイーの楓。

乳房や腰付きも良くってお店では売れっ子なのだ。

以前、彼氏が居たらしいが経済的な事情でおさらばしたとか。

俺はその後釜だ。でもいい女だからそんな事気にしない。セックスのテクニックも上手で、疲れてる私の体調に合わせて交尾してくれる。

楓の「あの時の声って、やたらと甲高い」隣人に聞こえるじゃないかと気を揉む。交尾が終わった後は髪を整えて歌舞伎町のお店の近くの料理屋さんへ。

大体、寿司、焼肉、中華、タイ料理等を交互に食べる。そして21時に楓と手を繋いで、お店に同伴出勤する。

お店での楓は人気者故、指名が結構入る。

チャイナドレスを纏った楓の美しさと美脚が光る。

そこはパパとしての我慢どころ。

20分位指名したお客の座席で接客して楓が戻る。そんな繰り返しで23時45分のには余程の事が無い限り帰る。

時には他のお客が食事に行こうとか深夜クラブに行こうとかの誘惑が入る事もある。

でも楓はサラリと上手に断る。そしてタクシーで楓をマンションに送る。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||

2013年11月8日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

中華料理店【友達との体験告白】

で、パートを始めて3週間。母親は46才だけど背が低く、貧乳だけど尻と太ももには張りがあるからか皆に若く見られてます。

パート始めて三日目に父と一緒に店に行って食べてきました。その時の母の姿は真っ赤なチャイナドレスで合うのがなかったみたいでサイズが大きくてスリットも気にならなかったけど、脇から貧乳を抑えている白いブラジャーが丸見えでした。

その事を帰宅した母に伝えると、父には内緒にしてねと口止めされてから、ブラジャーは見えないものにするか着けないでと初日に店主から言われてたそうで、実は僕らが行く前までは着けないでいたそうです。

僕らが行くことを知っていたので、その時だけ着けていたそうです。

店は元々暇で客も疎らなので客足を見てもう一人いるパートを帰すことが多く、母は遅いシフトで最後までというパターンが始めから定着していました。

あの服でノーブラでいたら、完璧にテーブルに水や食べ物を置いていく度に脇から乳首まで見えてしまうことを母はきづいていないみたいでした。

母が働きだして一週間が過ぎたあたりに、もう一人のパートが辞めて母は店主と二人でいることが多くなったとぼやいていました。

もう一人が辞めた後すぐに店主は母が使ってるチャイナドレスを仕立てなおしにだして、戻ってきたのを着るように言われて着てみたら、スリットが腰近くまで上がっていて腰まわりはフィットしてるのに脇は開いたままだったそうで、あんなの着てられないから辞めると言っていたのに、今では家でぼやいてるのを聞いてません。

そればかりか、さきほど店を外から見ていたら、店には二人きりでいて笑顔で何か会話をしてて、厨房から店主がでてきて、フロアにいた母を呼び厨房の入口で母を抱き寄せて脇から手を入れながら中に入っていくのをみました。

体験告白関連タグ

|||

2013年10月10日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

妻の再就職Ⅵ【人妻の体験告白】

5枚目のDVDをセットした。

再生ボタンを押し、映像が始まった。

”ガチャ”まさかのタイミングだった。

妻が起きて来て、映像を見てしまった。

妻「あなた・・・それ」

私「・・・何て言っていいのか?

妻「どうして?・・・許してあなた」 妻が膝間ついて謝ってきた。

私「俺もビックリしたんだ!俺から話すよ」

私は、高橋さんと言う方から連絡が来て、色々教えてもらいDVDを渡された事を告げた。

そして、DVDを見た事も全て話した。

妻は泣きながら、”どうしていいか分からなかった”と一言発した。

何時間話したんだろうか?結局、妻は、翌日辞表を提出。

私も同席すると、社長が土下座をして来た。

社長「この事は、内緒にして貰えないかと・・・」

私  「あなたもズルい人ですね。犯罪ですよ」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||

2013年9月14日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

仲良し組と新年会【人妻の体験告白】

今年の1月、私の家で新年会が開かれた。

毎年恒例で、同じ職場の仲良し組(5人)で、交代で自宅新年会を開催していました。

今年は、私の番だったんです。

私は入社10年目の33歳、妻(志穂)30歳、子供4歳

仲良し組は、35歳(伸二)の先輩を筆頭に34歳(武)、31歳(人也)、30歳(徹)+私の5人です。

みんなは、同じ職場で7年位の付き合いになり、趣味や性格が合っているメンバーでもありました。

恒例の新年会もちょっと変わっていました。それぞれ、持ち回りも意味があったんです。

それは、場所提供者の妻も必ず参加し、しかも服装もちょっとエッチな感じ…まぁコンパニオン代わり

みたいな感じです。だから、妻に服を着せるのも結構大変なんです。

元々は7年前に徹が入社して仲良し会の歓迎会と言う事で始まったんですが、5年位前にみんな結婚

すると、先輩の伸二さんが俺の家でやろうと言いだし、その時に奥さんがミニスカートだったのが始まり

でした。もちろん全員エッチ大好き!妻が他人に…なんてシュツエーションも好きでした。

そんな事から、毎年エスカレートして行ったんです。

私は、数日前から妻に話をして準備を進めていました。普段からスカート姿で、ミニも履くので交渉には

時間はかかりませんでした。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||

2013年9月13日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

親睦旅行が心配【会社・職場での体験告白】

私は、入社して3年になりますが、毎年恒例で親睦旅行があり皆参加します。

私も入社してから毎年参加してるのですが、毎年温泉と決まってるようで、温泉にのんびりしにいきます。

今年も11月末に行ってきました。

やはり、そこでの宴会では、いろいろとゲームが用意されてて、新入社員は、絶対に野球拳となってます。

でも、上司から指名がかかれば何年目であろうと参加です。

私は、結構胸が大きい方なので3年目なのに毎年参加してます。

まず、1年目のときは、同期の男子とやって、上はブラまで下はスカートでした。

2年目は、なんと、負けに負け下着姿までなり、ギブアップしたかったのですが、許しがでず、ラスト勝負で負けてブラを取りショーツ姿になりました。

それに、その後そのままでお酌して回りました。

今年は、採用が女性ばかり5人でそれに3名の指名された女性が加わりやる事になりました。

今年は、今までとは少し違い、用意された服に着替えてから開始というふうになってました。

服は、ナース、女子高生姿、職場の制服(夏バージョンと冬バージョン)、チャイナドレス、浴衣、ミニスカートとキャミソ、リクルートスーツでした。

わたしは、浴衣姿でした。

着替えは、まだ問題無しでしたが、枚数が他の人より少ない3枚です。

結局、負けで今年もショーツ姿でした。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||

2013年8月30日 | 体験告白カテゴリー:会社・職場での体験告白

喫茶店でデリ嬢ナンパしたら人生はじまった話 【風俗での体験告白】

5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/11(水)22:53:10.91ID:3PXnH+Y10

スペック

当時20歳

大学生

フツメンだと思いたい

M字ハゲ



去年の5月頃、大学が終わった後ひまだったから友達と駅前をぶらぶらしてたんだ。

ひとつ上の空間()で優雅なひと時を過ごそうとか言って某駅構内にあるサン◯クカフェに入った。

客の数はまばらで一番奥にある席に座った。隣ではキャバ嬢とオッサンが同伴の約束していた。

俺「暇だね」

さとちゃん「暇だね」

さ「ゆうくん、なんか面白い事やってよ」

俺「無茶ぶりやめてよ」

こんな会話をしてたかな。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||

2013年8月23日 | 体験告白カテゴリー:風俗での体験告白

若ママ29歳。 【レイプの体験告白】

10代前半から40代後半、今まで幅広い層の女をレイプしてきた。



10代や20代の若い体を犯すのも楽しいが、俺が最も好きなのは30前後のちょうど

女として熟れだした時期の体だ。



休日、趣味のカメラを持って隣町にある大きな公園に向かった。



着くとそこらじゅうに、子どもを連れた若いママたちが大勢いた。



近ごろはママサーと呼ばれる母親たちが集まるコミュニティがあるのだ。



まったく良い時代になったもんだ。



野鳥や草花を撮るふりをしながら、彼女たちを写真に収める。




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||

2013年8月18日 | 体験告白カテゴリー:レイプの体験告白
1 / 3123

このページの先頭へ