年上の彼女【大学生との体験告白】

俺は今大学1年生で、サークルで知り合った、3つ年上の3年生(彼女は1浪してる。)のCと言う女性とつき合っている。

 Cは168cmの長身で、とても大人な感じの女性なので、俺は友達に、「どうしてCが年下で163cmしかないチビなおまえとつき合っているのか不思議だ」といつも言われている。

 俺は、つきあって1ヶ月ぐらいした3回目のデートの帰り、思い切ってCをラブホに誘った。

 彼女は、そんな事は慣れているといった風で、別に何の驚きも無い様子だった。

 俺たちは部屋を選び中に入った。俺は、ドアを閉めると、いきなりCを抱き寄せディープキスをした。彼女とはそれまで何度もキスをしていたのだが、いつも上手いものだと感心させられていた。

 服を脱がせベッドに押し倒すと、シャワーも浴びずに、俺は先ずCの上半身を撫で回した。次に首筋に舌を這わせると、感じているのか、彼女は顎を突き出すようにして、「アアッ」と軽い吐息を漏らしていた。

 それから、彼女の小ぶりなBカップの胸を思いっきり鷲掴みにすると、激しく揉んでやった。

 感じて勃っている彼女の乳首をきつく吸ってやると、彼女はマジで感じている様だったが、なぜか声を上げないように必死に我慢しているようだった。

 そのまま下半身へ行きクリを攻めてもクンニしてやっても、体はビンビンに反応していて、アソコも充分すぎるほど潤っているのに、なぜか声だけは押し殺そうとしているように見えた。

 もうそろそろ良いだろうと思い、俺はCを見つめ、「挿れるよ」と言うと、彼女は本当に小さな声で、「私、初めてなの。優しくして・・・」

 俺は驚いて思わず「マジ?」と聞き返した。こんなに大人っぽくて、キスも上手い彼女が、22歳でバージンだなんて・・・。

 俄かには信じられなかった。

「私、本当は、男の人とつき合うのR君が初めてなの」

「でも、いつも俺に経験豊富みたいな事言ってたジャン。それに、キスだって上手いし・・・」

「だって、R君年下だし、経験無いなんていったら引くかもしれないから・・・。それにキスは雑誌の特集を見て勉強したの」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||

2014年1月30日 | 体験告白カテゴリー:大学生との体験告白

りえ2【恋人との体験告白】

いつものようにドライブデートをした後、彼とホテルへ入りました。そして私はいつものように、設備チェック(笑)。

 彼は、疲れたのかごろんとベッドに寝転びました。

私がそっとベッドの端に座ると、彼がぐっと私の肩を引き寄せたの。

(つまり、私が彼のそばに寝そべった形。)

 私はその時、ランチに付いてたワインが回って、ちょっとフワーっと気持ち良くなってて。彼に「酔っちゃった」と言いながら、しなだれかかっちゃいました。



 彼は、微笑みながらぎゅうって強く抱きしめてきた。私もぎゅうって抱きしめたら、彼が私の髪を撫でて、頬から唇へキス。彼の唇は、柔らかくって気持ちいいの。だんだんキスが激しくなって。彼の手が、胸に伸びてきた。さらに、裾をまくってブラの上から。そして、ブラを下げて乳首を触るの。でもブラをはずそうとはしないの。乳首を舐められて、私も小さかった声がどんどん大きくなって。

 もちろん、電気もついたまま。なんて格好してるんだろうって、すごく恥ずかしかった。 そしたら彼は、スカートの裾から、アソコを触ってきたの。

「だめぇ!おフロ入るの・・・」って言ったら、「入らなくていいの」って言って、ムリヤリ下着を下げようとするの。抵抗したけどダメで。

「やあん!」って言ってるのに、下着だけ脱がされちゃった。ブラも、上の服も、スカートも、靴下だってそのままなのに。

 もちろん彼だって、服を全部着たまま。

 恥ずかしくて横を向いても、グイっと引き戻されて。そのままクリを触ってくるの。

「あっ・・・や、ああん!」

 カラダは正直で、もう抵抗もできなかった。音がするくらい濡れちゃってて・・・。クリちゃんばっかり、いっぱい触られて。

「んんっ、あん!やあん!」って、いっぱい声が出て。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||

2014年1月30日 | 体験告白カテゴリー:恋人との体験告白

会社の上司と【人妻の体験告白】

会社の上司とセックスして帰ってきました。お互い既婚、私24、彼は40。



上司とは去年の秋辺りからちょっとずつ親密になってました。

きっかけは二人きりの日帰り出張。

そのときはエロ話に花が咲いて、お互い若干興奮気味の状態で「今度時間が会ったら会いましょう」

と約束しました。仕事が終わったのが遅かったこともあってその日は何もせず終わり。



それから、年末に初めてデート>エッチして、今回が二回目のデート。



頭からつま先まで服も下着も新調して、準備万端で仕事後に待ち合わせ場所へ。



彼の車に乗り込んで、これから御飯かな?と思ったら

「腹減ってないだろ?飯より先ホテル行くぞ〜」

と、そのままラブホへ直行。




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||

2014年1月30日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

人妻いじり【人妻の体験告白】

俺(26才)は人妻が大好物だ。若い子、まして処女なんかにはまったく興味がない。色白でたっぷりと脂がのった中トロの人妻に目がない。以前図書館でナンパして三回目のデートでベッドに連れ込んだ友美(仮名)の話をしよう。友美は36才で旦那は公務員らしい。子供はいない。できなかったらしい。顔は熟女の川上麻衣子に似て少しタレ目でポッテリした唇がエロい。色が抜けるように白く乳は小さめだが、腰から尻、太ももにかけての肉付きが圧倒的でちょうど磯山さやかの乳を小さくした感じ。始めて裸にした時は思わずヨダレがでた。その友美が先ほど帰ったところ。一週間に一度くらい必ず平日の昼間に俺のワンルームマンションにくる。そんな日は俺もバイトを休んでお小遣いをもらってる。俺は友美がくる前は必ず入念にオナニーして、寸止めを繰り返しチンポ汁を止めどなく垂らしておく。こうすると射精した時の快感が倍増する。お待たせ。今日の友美との痴態を話そう。友美の今日の服装は薄手のオレンジ色のワンピに生足、膝上10cmくらいか。体の線がくっきり見える俺の好みだ。俺と友美はローソファーに座りビールを飲みながらY談を始める。友美を後ろ向きに膝の中に抱いて…

「奥さん、こんな昼間っからうちにきて何するの?教えて。」

「……」

耳たぶを甘がみしてやる。友美はここが弱い。

「ねえ〜教えて。何するの?」

「くん…ふぅんん…や、やらしいこと…いっぱい…して…」

「そうかあ〜奥さんはやらしいことされるのが好きなんだあ〜」友美の顔を覗きこむ。友美は上目遣いで俺を見てこっくり。首筋に舌を這わせながらワンピの上から乳を揉む。小さいと言っても両手に余るボリュームだ。十分に揉みしだいてから胸元から乳をつかみ出す。友美の乳は乳うんがプックリ膨れてその上に大きめの乳首か乗っている。いわゆる三段乳で俺の好みのやわ乳だ。色が白いので血管が浮いてみえる。既に勃起している乳首を指で挟んでコキコキしてやる。

「いや…ふぅぁ〜…もう〜す、吸って…」友美の体の向きを変え抱っこちゃん座りをさせて、乳にしゃぶりつく。ヨダレをたっぷり出して。ブラの上につかみ出した乳はつきだされエロい。乳首をくわえて上下左右に振り回す。両手は尻たぶをつかんで揉みたくる。俺は乳首をくわえながら

「奥さん…スケベな人妻は服を脱がずにやるんだよな…見つかった時に誤魔化せるように…そうだろ?チュバッ〜ジュル〜」

「いゃあ〜やらしぃ〜」友美がのけぞる。俺は乳首から口を離し、ぼってりした友美の唇に吸い付く。直ぐに友美が舌を絡めてきた。ヨダレを垂らしながら舌を吸い合う。友美が自分の股間を半勃ちしてきた俺のチンポにこすりつける。急速に血液がチンポに集まる。亀頭が熱い。

「奥さん、俺もう勃ってきたよ。いつもみたいに一週間溜めた濃いやつをしゃぶり出してくれる?」

俺はいつも一発目は必ずしゃぶらせて呑ませる。スッキリして落ち着いたところで、次、勃つまでの間、女の体をいたぶって蛇の生殺し状態にしてからゆっくりとはめてやる。友美が俺の膝から降りて股間に入る。半パンの上から、俺の勃起の形をなぞるように指を這わせる。

「こんなのでやられたら女はひとたまりもないよねぇ〜」友美が上目遣いで言う。目の奥が光っている。俺のチンポは太さは普通だと思うが長さが自慢だ。どんな体位でも抜けることはない。奥を突かれて悦ぶ女には評判がいい。友美はそのタイプだ。友美はクンクンと匂いを嗅ぐようにしながらイエローブリーフに映るシルエットに舌を這わせる。友美はたっぷりとヨダレを垂らしながら舐めあげる。瞬く間にブリーフはベトベトになりチンポの形が透けて見える。友美はブリーフの脇から玉をつかみ出す。

「ねぇ、俊クン、溜めといてくれたのぉ〜」玉を転がしながら言う。

「友美さんのために一週間溜めたから、もうタプンタプンだよ。」「ホント?調べたらわかるのよ。」友美が玉を全部口に放り込む。根元を軽く締め付けながら舌で玉をコロコロ転がしている。唇の端からヨダレが絶え間なく垂れている。玉を全部呑み込んでいる友美の顔はすげぇブスに見える。ぷはーと玉を吐き出した友美は


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||

2014年1月30日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

杉本彩似のドSお姉さん。【会社・職場での体験告白】

二十歳そこそこで就職して三流企業。

でも仕事は楽しく別にイヤじゃないし

だんだんと面白く感じる年代になり二十二歳。



小さいクレームで出向いた中企業の応接室。

すいませんでした。と頭を下げるが

お相手の会社は怒り心頭でガミガミと小うるさい。

けれど誠心誠意の謝罪とそれに伴う対応で

(もちろん俺一人だけじゃなくみんな手伝ってくれたおかげ)

相手先社長も

「まぁまぁちょっと熱くなってしまったよ、わはははは」

と笑い終えたころ…



応接室にお茶を運んできた女性に思わずハッ!!っとなった。

容姿はすらりと伸びた脚、胸は大きくなくバカっぽさもない


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月30日 | 体験告白カテゴリー:会社・職場での体験告白

愛しい姉貴【姉との体験告白】

俺が姉貴への「恋心」を自覚したのは、

高1のときだった。



姉貴は当時大学1年。高校まで女子校だったせいか、

家に男を連れ込むことはもちろん、彼氏の存在すら

感じさせない人だった。

それが大学に入って交際相手ができたらしく、休日には

「いかにもデート」という感じでお洒落して出掛けたり、

男が運転する車で深夜に帰宅したこともあった。



弟の俺から見ても結構な美人(鶴田真由系)だし、

スタイルも性格も良かったから、かなりモテたはず。

週末にボーイフレンドと出歩くのも、ごく普通の

大学生活といえばそうだ。




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||

2014年1月30日 | 体験告白カテゴリー:姉との体験告白

愛子さんの思い出【浮気・不倫の体験告白】

<>651えっちな21禁さんsageNew!04/09/1223:56:55ID:H/uFWW4F<>

もう10年以上前のことなんだけど、この板のスレを見ているうちに、

年上の人妻とつきあっていたことを、よく思い出すようになった。

アク禁くらっている間、書きためたら、やたら長くなったが、

少しずつアップしていきます。

書いているうちに、ずいぶん細かいことを思い出せるもんですね。

まあ、自分の記憶を蘇らすためという感じだから、面白くなかったらゴメンね。





<>652651sageNew!04/09/1223:57:46ID:H/uFWW4F<>

その人は、森下愛子(古いか?)を、きりり&清楚にした感じだったので、愛子さんとしときます。

愛子さん28才、おれ24才でした。



共通の知人(女性)を通じて、おれに、あるバイトをやらないかという話がきたのが、知り合うきっかけ。

その頃、おれは新卒後に勤めた会社を一年未満でやめて、もう一度美術系の専門学校に通っていた。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年1月30日 | 体験告白カテゴリー:浮気・不倫の体験告白

だめだめ男と家庭教師【教師との体験告白】

<>135名前:だめだめ男投稿日:02/04/1216:56ID:85Mlo5YC<>



高校時代(っていうか一昨年)学校行っていなくて無理やりカテ教師つけさせられた。

1人目は男で大学生でゲームの話で盛り上がったんだけどいいヤツだったけど就職

決まったとかでいなくなった。

かわりにセンターから紹介されたのが意外にも女子大生。

教え方は一生懸命っていうのが伝わったけど、結構俺に引いてたみたい。

部屋にアニメのポスター貼りまくってたし。

<>136名前:だめだめ男投稿日:02/04/1217:01ID:85Mlo5YC<>



俺の親から何か色々聞かされてたみたいで(「学校いかないんですよ」とか)

休み時間とかにお茶のんでる時に「なんで行かないの?」とか

「楽しいよ」とか色々言ってきた。

結構まじめに相手になってくれてたから俺も普通に思ったこと話してて。

たまに2時間のうち、1時間くらい話に費やされた時もあったけど。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||

2014年1月30日 | 体験告白カテゴリー:教師との体験告白

従妹の裕美【従姉妹との体験告白】

従妹の裕美削除依頼

1: 投稿者:taka ◆kMUdcU2Mqo 2009/12/05 15:13:42(KexFvZWz)

投稿削除



裕美は二つ下の従妹で、小さい時からよく遊んでいた。

中学校くらいから互いに意識して遊ぶことは少なくなったけど、好きという

気持はずっとあった。

東京の大学にいくことになった俺は、裕美から好きだと告白された。

この時初めてキスをして、その後時々帰省してデートを重ね、

夏前にセックスするようになった。 裕美は高二、俺は大一で二人とも初体

験でなかなか上手くは出来なかったけど嬉しかった。

その後は、若いしお互い興味もあったので色んなことを試しながらセックス

をしてきました。 お互いに感じるスポットを探したり色んな体位を試した

り。 俺もだいぶ射精を我慢出来るようになり、裕美も声を出して逝くよう

になりました。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||

2014年1月30日 | 体験告白カテゴリー:従姉妹との体験告白

好きだった子がトイレで会社の同僚にパイズリしてた【寝取られた体験告白】

<>762:760[]:2013/01/01(火) 18:37:08.20 ID:PPDKAzy+0<>

新入社員の時の出来事です。

泊まり込みの合同研修で出会った子が好きでした。例えるならグラドルののような顔と体。

誰に対しても明るくて元気な子でした。

(なので、仮で「まいちゃん」と呼ぶようにしますね)

研修時に同じテーブルで、隣の席になってから話す機会が多くて、新入社員同士ということもあり連絡先を交換して、宿泊部屋で携帯で連絡したり仲良くなりました。

そのうち恋愛感情が芽生えて、付き合えたらいいなと思うようになりました。

研修の休憩時間は二人でお茶したり、大学時代にどんな人と付き合ったり、とかプライベートなことまで聞いて、彼氏がいないことも把握。

週1で研修お疲れみたいな飲みがあるときは、ほろ酔い加減なまいちゃんの表情がエロくて、たまに谷間が見えたりと、ドキッとすることもあり、早く付き合いたいと思ったので、今度デートに誘ってみようと思いました。 メール麻衣ちゃんに「今度、買い物にいかない?」って連絡、「いいよー、どこいこっか?」と返信、その日に告白しようと決めました。

研修がない週末土曜日にデート設定。メール後の金曜日は毎週恒例の週末飲み会。

同期同士で10名くらいが安い居酒屋に集まるんですが、男子6名、女子4名といったところ。

男子の中に、話が面白くてイケメンの部類に入るOがいて、たまに下ネタ入れ込んだりで、盛り上がっていた。

酒も入ってきて、男女ともにボディタッチが多くなってきた気がした。

麻衣ちゃんも隣の男子の腕触ったり、「ぷにぷにだね」って隣の男子にまいちゃんの二の腕触られて、軽く嫉妬。酔いもかなりまわり、麻衣ちゃんが「トイレ行く」と離席。

俺は目の前の別の子と結婚だ、仕事だ、など人生相談みたいなどうでもいいことを聞き入っていた。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||

2014年1月30日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

このページの先頭へ