最高のSEXの虜になった私 【寝取られた体験告白】

今から3年程前の出来事です。



私は当時30歳、小さめのIT企業に営業職として勤めていました。

結婚して2年目になり、そろそろ子供を作りたいなと考えていたので、

妊娠したら今の会社は退職し、家庭に入ろうと思っていました。



旦那は29歳と年下でしたが、そこそこ稼ぎも良く生活には不自由していませんでしたし、

出世コースを進んでいた事もあり、将来の結婚生活は安泰な状態でした。



そんな折、中途入社で1人の男の子が入社して来ました。

名前はS君といい、長身でスラッとしていて今時のイケメンといった感じで、歳は3つ年下の27歳という事でしたが、どこか大人びた雰囲気もある不思議な子でした。



「○○さん、よろしくお願いします」

「あ、はい・・こちらこそよろしくお願いします」




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||

2014年10月6日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

人妻の体って萌えない? 【浮気・不倫の体験告白】

32才人妻と土曜日に会った。写メは交換済みなのでルックス・体型は問題無さそうなのだが



昨日のメールで私のアソコ、ビラビラが大きいんだけど大丈夫?



と聞いてきた・・大丈夫だと返信したが、どんだけ大きいのだろうか。



見た目は清楚そうなんだけどな・・待ち合わせ場所へ車で向かうと、



ジーパンにダウンジャケの女。顔を確認すると写メ通りだったので声をかけた。



 実物は色白の清楚そうな感じでイメージ通り。例えると、永作博美みたいな感じか・・



しばらく車内で話をしていたが、「子供がいるからあまり時間がないの」という事で早速ラブホへ。



着くなりベロチューをしてきたのでフル勃起した俺はそのまま押し倒し服を脱がせた。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||

2014年10月5日 | 体験告白カテゴリー:浮気・不倫の体験告白

セフレの若妻にアナルの快感を仕込まれた 【浮気・不倫の体験告白】

今年で29歳になるが、ここ2年ほどで、まったく女性に興味を持てなくなってしまった。理由は、アナニーにハマったからだ。

そこそこイケメンだった俺は、10代の頃から結構女とやりまくっていて、二十歳になる前までに色々な経験をした。

何人かいた人妻のセフレが、ほぼ全員アナルセックスが好きだったこともあり、俺もアナルの快感に興味は持っていた。



でも、セフレに舐めてもらったり、アナルに指を入れてもらっても、少しも気持ち良くなれなかった。人妻のセフレの中には、アナル責めが得意な淫乱ビッチもいたけど、なんか大きいのが出そうな感じになるだけで、気持ち良くも何ともなかった。



なので、興味を持っては色々試し、気持ち良くなくてやめる。そんな事を繰り返しながら二十代後半になった。



そんな中、サイトを参考にエネマグラとかいうグッズを試してみた。太さも全然なくて、不思議な形状をしているそれを、サイトのチュートリアルに従って、ある程度お腹の中をスッキリさせてから挿入してみた。



すると、ほぼ抵抗感なくアナルに入っていき、ある程度の所まで行くと、勝手に吸い込まれていった。その時に、一瞬だけどゾクッとした。今まで、なにをしても気持ち良くなれなかったのに、一瞬とは言え快感が走り、テンションが上がった。





だけど、そこからが長かった。一瞬気持ち良くなっても、すぐに何ともなくなる。気持ち良いポイントを探り探り、催眠オナニーなんかも取り入れたりして、なんとか感じるようになってきた。




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年10月4日 | 体験告白カテゴリー:浮気・不倫の体験告白

全裸ゴーグル 【レイプの体験告白】

高校時代に水泳部に所属していた私は、毎年恒例の夏合宿に参加するため海近くの合宿所に3泊4日で泊まることになった。



水泳部といっても男子4人、女子3人の小さな部。



顧問の先生は夕方にみんなで食事をとると、自動車で隣町に買い物にでかけて就寝時間まで帰ってこなかった。



海が近くにあるのに昼間は練習で泳げない。このままだと一度も海に入らずにおわってしまう。そこで3人で相談して2日目に食事が終わって、顧問がいなくなった後、合宿所を抜け出した。みんなお尻を半分以上さらけだしているSpeedoの競泳水着にTシャツを羽織って、自転車で海へ向かった。男子にばれないように持ってきたのは、握りしめたスイミングタオルとゴーグルだけだ。



彩香と千夏と私の3人は前の日に目をつけていた誰もいない浜へ着くと、Tシャツを脱いで海に入って泳いだ。



プールと違って今なら男子の目を気にすることもない、競泳水着がお尻に食い込んだっておかまいなしに泳ぐのがこんなに気持ちいいものだとは思わなかった。



競泳水着を遊びで着るのはこれが始めてだった。



彩香は突然水着を脱ぎ始め、腰あたりまで脱いで上半身胸をさらけだした。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||

2014年10月1日 | 体験告白カテゴリー:レイプの体験告白

韓国人は皆猫きらいダカラー 【外国人との体験告白】

韓国人留学生が「韓国人は皆猫きらいダカラー」と猫を窓から投げ捨てた





<>945:おさかなくわえた名無しさん2014/01/15(水)19:24:08.55ID:nIU5yiZW<>



うちの大学の寮はキッチンが共用で3階にしかなく、その日は韓国人留学生のL君が先客だった

雑談しながら食事の用意をしていると、キッチンに野良猫が迷いこんできた

学生達が総出で甘やかすもんだから非常に人懐こい野良猫達だが、さすがに3階まで上がってくるのは珍しい

何か餌になるもんはないかと物色してると、L君がおもむろに猫を抱き上げた

「猫好きなんd」くらいまで言いかけたあたりで、L君窓の外に猫を思い切りスローイング

うおおおい!と叫びながら外を見ると、器用に捻りを入れて回転しながら地面に着地しそのままダッシュで逃げていった

口をあんぐりさせてる俺にL君が一言、「韓国人は皆猫きらいダカラー」

何かのCMで韓流スターが「あなたガーちゅきダカラー」という度にあの日の衝撃がフラッシュバックして困った






この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|

2014年9月30日 | 体験告白カテゴリー:外国人との体験告白

消えた女房と送られてきたDVD 【浮気・不倫の体験告白】

妻のまりやが、ある日いきなりいなくなった。

結婚して6年過ぎ、子供も小学校に上がって幸せな毎日だと思っていた。それが、一枚の書き置きだけを残していなくなってしまった。





まりやは29歳の専業主婦で、170cmと長身だが、童顔というかちょっと眠たい顔をしている。モデルの西内まりやに似てると言われることがちょくちょくあって、本人も意識して同じような髪型にしたりしていた。

僕と知り合ったのは病院で、バイクで事故って入院した病院にいたのがナースのまりやだった。



背が高いので、普通のナース服がちょっとミニスカっぽくなっているのと、胸のところが凄く盛り上がっているのが強烈な第一印象だった。



ただ、見た目はマイルドで童顔なのに、中身は結構キツくて、入院しているおっさんや若い子達にセクハラっぽいことを言われると、汚物を見るような目で、

『奧さん(お母さん)に警告しときますね』

と言い、本当に実行する強気な女だった。



僕は生まれつきの弱気が功を奏し、変なことを言ったり、手を握ったりしない”良い患者”という地位を獲得した。

入院していた1ヶ月弱の間で、かなり親しくなって、雑談とかもよくしたが、番号の交換やメルアドの交換などは出来なかった。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||

2014年9月28日 | 体験告白カテゴリー:浮気・不倫の体験告白

看護婦はやっぱりエロい女の集まりだったw 【看護婦との体験告白】

先日、出会い系サイトで知り合った38歳の男性に会いました。

別に金銭目的でも、欲求不満だったからでもありません。

本当に何となくなんです。

そう、暇潰しです。

仲のいい同僚がみんな結婚退職して、会社帰りに遊んでくれる子がいなくなったからです。





トモのスペック:29歳看護師、身長155cmくらい。



誰に似てるとかないな…顔は普通、タレ目が可愛かった。



肌が真っ白で、ショートの明るめの髪によく似合ってた。



この人はなかなか会ってくれなかった。




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||

2014年9月21日 | 体験告白カテゴリー:看護婦との体験告白

旦那ラブの牝犬をダブルフィスト調教した 【露出の体験告白】

まだ進行中の話だけど、人妻を飼ってる。人妻と言っても、まだ23歳の若妻で、下手したら大学生くらいに見えるルックスだ。

牝犬の名前はめい。160cm45kgのかなりの痩せ型で、胸も小さいのがちょっと不満だけど、とにかくなんでも言いなりなので飼い続けている。



童顔の顔は、劣化前のYUKIに似てる感じで、俺のセフレの中では一番可愛い。でも、俺が一番気に入っているのは、ダンナのことが大好きというところだ。ダンナのことをとにかく愛していて、超ラブラブなのがとにかくたまらないと思っている。



そのくせ俺に呼び出されると、子供を近所の実家にあずけてまで、すぐに抱かれに来るw



俺はめいのことを、かなり強烈に調教している。めいも、ダンナに内緒で自分が塗り替えられていくことに、強い興奮を覚えるようだ。





今日も仕事が早く終わり、昼過ぎに暇になったので、めいを呼び出した。メールとかは面倒くさいので、直接電話をかけると、ほとんどワンコールで電話に出た。

『ご主人様、抱いていただけるんですか?』

めいの発情した声がする。電話には、子供のはしゃぐ声も聞こえてくるので、すでに子供が家にいるのがわかる。それなのに、ご主人様とか言いながら電話に出るめいは、本当に良い牝犬だと思う。

「あぁ、すぐ来れるならな。30分で来なかったら、他呼ぶから」

と、それだけ言って電話を一方的に切った。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年9月18日 | 体験告白カテゴリー:露出の体験告白

不妊に悩んだ末の、究極の選択7 【寝取られた体験告白】

結婚後、嫁のみな実と長い妊活を経て、結局赤ちゃんを授かれなかった私たち夫婦。実家からのプレッシャーや、周りの友人達がどんどん子供を授かっていくのを見ながら、追い詰められていきました。



そして、思い余った私たちが取った手段は、私の友人の章雄に、みな実を妊娠させてもらう事でした。

そのとんでもない手段もなかなか上手く行かず、心身共に壊れそうだった私たち夫婦……。



私にとって、屈辱的で絶望的だった、ハワイでの章雄とみな実の結婚式……。帰国後、今までの苦労がウソだったみたいに、あっけなく授かることが出来ました。



可能性はほとんどないとわかっていながら、授かった命は私の種によるモノだと思い、3人で幸せに生きていこうと思っていました。

それなのに、あの夜、見聞きしてしまった事は、あまりにもショックが大きすぎました。

薄く開いたドアの隙間から、その一部始終をのぞき見て、私は完全に興奮の頂点にいました……。



それからというもの、章雄が頻繁に遊びに来るようになりました。妊娠して、日ごとにお腹が大きくなるみな実。それを気にする事もなく、章雄は遅い時間まで遊んでいくようになりました。



そして食事が終わり、章雄と私が飲み始めると、いつの間にか私が寝落ちしてしまうという流れも、当たり前になっていました……。




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||

2014年9月17日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

デカチンを妹に生挿入 【妹との体験告白】

『「お兄ちゃんってさぁ…デカイよね」と言ってくるので「は?何が?」と聞き返すと「チンポの事だよ(笑)」』と…



そんな会話があったのが去年の夏の終わる頃の事、俺は26歳リーマンやってる…妹23歳フリーター…

で、親父が5年前に転勤で青森勤務になって、お袋も一緒について行って横浜の自宅は俺と妹の二人暮らし…

ま、そのうち帰って来ると思っていたのだが、どうも永転…左遷って言った方が合ってるのか?早期退職を蹴った親父に対する会社からの嫌がらせだな…

で、退職まで残り僅かなのに転勤先が豪く気に入っちまったのか、向こうで安い中古住宅を買っちまって今は退職してお気楽な隠居生活を土いじりしながら楽しんでる…

時々採れた野菜を送ってきたりする…

それで、こっち…横浜の自宅は俺が譲り受ける事になってさぁ…この歳で家持ちになっちまったってワケ〜(笑)

だけどそれが色々大変でよ〜電気ガスの光熱費やら町内会費やら何やかんや…その殆どが俺の支払よ…

妹は毎月の食費程度しかよこさねぇーから大変だよ…(涙)

ま、フリーターじゃ仕方ないけどな…

で、話戻すと、そんな妹との二人暮らしも4年ともなると結構自由気ままで、家族で暮らしてた時もそうだったけど妹は更に大胆?オープンな振る舞いをするようになって、夏なんか風呂上がりに全裸で自室に戻る事が多々有って、それが俺に見られても平気らしく「お風呂先したよ〜」なんて、何処も隠さずに擦れ違い様にタオルで髪を拭きながら言ったりしてさぁ〜こっちは目のやり場に困る訳よ…(苦笑)

そうなると俺も真っ裸でウロウロするのに抵抗が無くなり、同じ様に風呂上がりは妹の前でもフニャチンぶらぶらさせてウロウロし出す始末…妹も気にする事無く普通にしてたけどね…(苦笑)

それが夏も終わる頃、夜が若干涼しく感じ始めた週末の事、何時もの様にブラブラさせて部屋に戻ろうと、浴室から居間の横を通って行くと、ソファーに座って携帯を弄っていた妹の姿が見えたから「風呂空いたぞ〜」と声を掛けると、こっちを向いて「うん…」と返事をした後「お兄ちゃんってさぁ…デカイよね」と言ってくるので「は?何が?」と聞き返すと「チンポの事だよ(笑)」と恥かしげも無く(まぁ全裸でウロウロする仲だから…)言ってきた(苦笑)

そこで「そうか?」と自分のブラっと垂れ下がってるチンコを見ながら言うと、妹が傍に寄って来て「平常時でこの大きさは私はお目に掛った事無い(笑)」と言うので「それは、凛子が経験少ないからだろ?」と言うと「そうかなぁ…これでも両手両脚指分のチンポは扱って来たけど、ここまでのサイズの人は居なかったよ」と平然と言って来た(苦笑)


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||

2014年9月14日 | 体験告白カテゴリー:妹との体験告白

このページの先頭へ