憧れの清楚で優しい優子先輩が、男達3人に 【寝取られた体験告白】

僕には、憧れの先輩がいる。大学のサークルの、二つ上の優子先輩だ。大学に入学して、右も左もわからない僕に声をかけて、サークルに勧誘してくれた人だ。

サークルは、夏は海でサーフィンと山でクライミング、冬はスキー、スノボという、オールシーズンスポーツサークルみたいな感じだ。



遊んでいるような、リア充っぽい人ばかりのサークルで、僕はちょっと浮いているような気がしているが、優子先輩会いたさになんとかやめずにいた。



週末は色々と出かけたりすることが多いサークルだが、普段の日はとくに何もすることなく部室で雑談している。今時は部室のないサークルが多いけど、結構大きな部屋を使わせてもらっているので、いつ行っても誰かしらいる感じだ。





誰にもなかなか話しかけることも出来ずに、ポツンとしていることが多い僕だったけど、勧誘した責任感からか、優子先輩がよく話を振ってくれた。そうしているうちに、僕も皆と打ち解けることが出来て、友達と呼べる人間も出来た。



本当に、優子先輩には感謝しても仕切れないくらいで、いつしか感謝が憧れに変わっていった。



優子先輩は、桐谷美玲を垂れ目にして柔らかくした感じのルックスで、サークルの中でもアイドル的な存在だ。噂は色々と聞くが、特定の彼氏はいないようだ。

とは言っても、僕なんかでは絶対に付き合うことなど出来ないとわかっているので、見て楽しむだけという感じだ。




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年6月16日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

うちで雇った同級生の妻【浮気・不倫の体験告白】

これは私が経験した?本当の話です。まあ、ネタと思っても構\いませんが。

千秋が私の会社に事務員として来たのは、彼女の夫が私の同級生だったからです。

前の事務員が、家庭の都合で辞めたいと言う事で捜していたところに、彼、津川が

ひょっこりやって来ました。

「誰かパートでもいいから、居ないかな?」と言う私の問いに

「もし良ければ、うちのカミサン使ってよ。」と言う申\し出が有りました。

元銀行員と言うので、一度会うことにしました。

思ったより綺麗な人で、(今の女優で言うと国仲涼子にそっくり)頭もきれそうでしたので、すぐ採用を決めました。

はっきり言うと私は、津川が嫌いでした。高校の時から。

でも津川は私がそう思ってるなんて知る由も無く、ワイフを私に預けたのです。



千秋は取引先からの評判も良く、すぐ仕事にも慣れました。

彼女が私に好意を持ってるみたいだな と言う事は、すぐ分かりました。

土曜日の昼からはよくビールを買って来て、2人で飲みました。

勿論、他の社員が居ない時に限ってですが・・・。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年2月9日 | 体験告白カテゴリー:浮気・不倫の体験告白

2:どうみてもMです。本当に(ry【友達との体験告白】

前編:どうみてもMです。本当にありがとうございました。





おなかに白いモノが勢い良く吹きかかった。

ハアハアという2つのリズムが、交わることなく響く。

あたしの下半身は、まだ痙攣・・・ビクビク



冷静に考えると、服を着たままえっちしてるや・・・。

キャミがめくれて、スカートが上にずれて・・・ずれて露出した、へその下の辺りに飛び散ってるのが・・・・

『なるちゃん?だいじょぶ?』ともさんの顔が目の前にいきなり現れた。

急に我に帰って、逃げるように急いでベッドの枕元へ・・・ティッシュをゲット。

『ああ、俺ふいてあげるから』

「いえ、いいんです!いいんです!」

『なるちゃん』

「はい?」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||

2014年1月31日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

一度だけ【人妻の体験告白】

去年の夏、主人と上手くいかなくて、他の男性を探し、メールをしていました。

その中で、一人、比較的家が近くて4歳年上の男性と親密になりました。

主人に対する不満や、イヤなことを彼にぶつけて、彼はいつもそんな私をメールで慰めてくれました。

私を女に戻すような言葉もいっぱいいってくれたし、主人との間のことでヤケになっていた私。

その彼と出会い、10日ほどで会う約束をしました。実は、主人以外のモノを入れたことがなかったので、罪悪感に襲われながらも期待

でいっぱいで、彼に会いに行きました。

彼に会ったとき、少しガッカリしました。私、面食いなんですけど…

ちょっとへちゃむくれな顔つきで、唇が物凄い分厚くて、タコ?っていうくらいの口でした。

でも…それが後々私を今までにない快楽に導いてくれました。

「やっぱりやめる」と言おうと思いましたが、彼が手を握ってきたので、それだけで感じた私は

声を抑えるだけで精一杯でした。・・・もう逃げられないな・・・・と諦め、彼とホテルに入りました。

部屋に入り、ソファに座り、初めてのことにドキドキと少し緊張していた私に、彼がいきなり

私の左胸を押さえ、「心臓どきどきしている…?」といい、「少し…」と答えた私。

彼は、私を力いっぱい抱きしめました。185cmある彼はとても力強く、息苦しくて顔を

上に向けるだけで精一杯でした。その時に彼を見上げ、彼が私を見つめたので、思わず


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||

2014年1月27日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

友人の娘をおもちゃに・・・【友達との体験告白】

私は40才を回った妻子持ちの男です。

自分で言うのも何なんですが、年齢よりもかなり若く見られる方で、若い女の子にも一応モテル方・・・・?と信じています。



少しこちらの掲示板とは趣旨が違ってしまうかもしれませんが、

話は変わりますが、日本のこの不景気はいつまで続くのでしょうか?

私自身も、長年勤めた会社から2年前にリストラされてしました。

妻・子供を抱えて途方に暮れた私でしたが、少ない退職金で心機一転,個人事業を始めました。

最初始めた頃は家族食べていけるかどうかという状態で、朝・昼・夜と休む間もなく無我夢中で働きました。

そしてある程度起動に乗ってきた頃に、友人からその娘さんの事で相談されました。

高校に入学した後、遊び回ってほとんど学校にも行かず、結局すぐに退学してしまって、今無職でプー太郎をしているから、何とか私の所で雇って欲しいとの事でした。

私自身の仕事も少しずつ儲かってきた事もあり、そろそろ事務員でも入れなくてはと思っていた所で、

友人の頼みでもあるので、一応友人の娘を面接する事になりました。

その娘には気を使わせては可愛そうなので、私が父親の友人であることを隠しました。

名前はみきちゃん、年齢は1○才で、私の娘よりも1才だけ年上の年齢でしたので娘の友達と会うような気持ちで面接しました。




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||

2014年1月27日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

どうみてもMです。本当にありがとうございました。【友達との体験告白】

都道府県名は言えないけれども、ちょっと田舎から大阪に出てきて一人暮らし中の「なる(仮名)」です。

衝撃的なほどに見た目はドS、中身はどう見てもドMです。本当にありがとうございました。

校正にあたり、自分スペックも書いてみます。159、5○。今まで付き合った男性の人数は両手で納まるくらい。

その歴代の彼氏に必ず言われた言葉は、真性ギャッパー。

ツンデレだけどスイッチが切れた途端に猫になっちゃう。

でも昔から目が悪くて、眼鏡&コンタクトを愛用してるんだけど、数年前からの眼鏡ブームのお陰で、いろんな眼鏡を買い、今一番のは赤い縁の賢そうな眼鏡。愛用しすぎてちょっと歪んでる・・・しょんぼり。

そういうことはどうでもいいねw東京に仕事で出ることがあって、東京に住む友達に連絡してみた。

「今日飲み会あるんだよう〜・・・あ、そうだ!なるもくれば?」

正直あんまり乗り気じゃなかった・・・何故なら気を使ってしまうし。

あと切れ長の目と、眼鏡のせいで第一印象が悪い。そうやって、第一印象を悪くするのが趣味かと言わんばかりに!でも東京の夜が寂しすぎて行っちゃったんですよね〜。



女の子3人に、男性が5人という飲み会。

アタシ以外はものすごく全員が仲良しというキツい仲間飲み。

ああ、こんなことなら一人で過ごせば。。。なんて思いつつ。どうにか終了。気を使って胃がイタスwww

面子といえば、バラバラで、女の子はあたし以外は可愛く、男性も男前のレベルに入るのが3人。フリーターもいれば会社員も、大企業社長秘書なんかもいたんです。その時に、流れのせいか、当然のように一応全員とメアド交換したのでした。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||

2014年1月24日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

☆ハッピーニューイヤー♪でも、やらかしちゃいました><☆ 【露出の体験告白】

あけましておめでちょ☆w



えーメグはとんぼ帰りでおばぁちゃんに会いにいきました。



最近、全然だったからね><



いつも、親戚一同集まってどんちゃん騒ぎとはこの事w



どこから持ってきたのかカラオケ…



近所迷惑なんて関係なしの演歌大会がスタート^^;



メグはいつもおばぁちゃんの家の近くの神社で甘酒を飲みに行きます^^



おいちー☆


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||

2014年1月9日 | 体験告白カテゴリー:露出の体験告白

母子家庭だが母親とセクロスしてるが質問ある? 【近親相姦の体験告白】

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/12(木)00:07:39.61ID:u3HwXjSIO



ネットだけで告白しようと思った



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/12(木)00:08:01.42ID:VmpRS2wa0



腹筋じゃないだと



4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/12(木)00:08:49.09ID:/PZu4W+50



何歳?



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/12(木)00:08:55.86ID:/KbL3kWui



かーちゃんのスペック


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||

2013年12月14日 | 体験告白カテゴリー:近親相姦の体験告白

泥酔美女をタクシーの中で【痴漢の体験告白】

友人同士の飲み会、その中のひとりYちゃんはスタイル抜群で色白。その日の出で立ちは鮮やかな色のスパッツに超ミニのワンピ・・・男ども全員のイヤらしい視線を集めてました。会は楽しく、酒もたっぷり入り、もう電車も終電間際・・・・ちょうど僕とYちゃんともうひとりの女性Mさんが(彼女もイイ女ですが^^)同じ帰り道方向だったのでさっさとタクシーを呼んで乗り込みました。自分は一番奥にすわり、隣はYちゃん・・・・酔った勢いもあり、あらわな太ももを冗談ぽく触ってみると、Yちゃんは少し驚いたようなおどけたような表情でこちらを見た後、反対に座っているMさんの方をちらっと見た。俺も彼女を見たが既に眠っているようだ(笑)・・・悪戯はそこで一旦収めて他愛も無い話をしているうちにYちゃんも寝てしまった。目の前には綺麗なアンヨをむき出しにして寝ている・・・我慢できずに触ってみると何の反応もないので、そのままワンピをまくって手を股間にあげて行くと、スパッツが超ローライズでまさに手を中に入れてくれと言わんばかり(笑)・・・そーっと手を中に入れるとパンティがこれまたエロいヒモパンだった。ここまで来てもぴくりとも動かない・・・暗い半密室のタクシーの中で密着状態で美女のおマン◯到達まで後一息・・・・俺は興奮がMAXで手が震えていたと思う。パンティの中は薄い陰毛の感触・・・到達した割れ目は締まタクシーの到着時間も迫りだした。我慢できずそのまま、左手は指を穴にいれ、もう片方の右手で自分のチンコをしごきだした。セックスは色々経験しているが、こんな経験は初めてだ。あっという間に大量の液体を下着に出して果てた(笑)・・・高速を降りるとMさんがタイミング良く目を覚まし、ほどなく家の近くに来たのでMさんにお金を渡して自分は先に降りた。その時点でYちゃんはまだ熟睡中(笑)・・・あの時、Yちゃんが寝たフリであそこがグチョグチョだったら・・・また違う展開になってただろうな^^;

体験告白関連タグ

|||||||

2013年9月10日 | 体験告白カテゴリー:痴漢の体験告白

母との夫婦生活【近親相姦の体験告白】

私が、母を意識しだしたのは オナニーを覚えたばかりの中学生になってからです。

その当時のオナネタは、洗濯機の中の母の下着がもっぱらの上物で、パンティのあの部分のオリモノ、匂いを嗅いでは、、母の厭らしいオマンコを想像しながらペニスを扱き上げて果てていました。母との2人暮らしで、周りにも女っ気もなく

私の性欲の対象はもっぱら母だけでした。 高校に入ると、Hな情報も増えましたが、同年代の女性には興味がわかず

自分も自身の性癖がちょっと変だという認識が出てきましたが、どうすることも出来ません

夏場でしたら、母の胸元からはみ出たブラジャーや、そのはちきれんばかりの乳房に興奮したり、母が洗濯物を干している時のはみ出た厭らしい お腹や、腰周りを見て勃起したりと母を厭らしい目で見て犯していました。

母は近くの飲食店で働いており、酔って帰宅することもしばしばで、帰宅すると同時にベットへ倒れこみそのまま寝入ってしまうこともありました。 高校2年生の夏でしたが、何時ものように、母が酔っ払って帰宅し、その日はベットにまでたどり着かず 居間ソファーに倒れこみ 寝息を立て始めました。胸元は肌蹴て、ブラジャーからは今にもはみ出しそうな白い乳房が見えており、スカートの裾は肌蹴て捲くれ上がり、パンティが見えています。 その奥を覗き込むと小さなパンティが母の秘部に食い込み、黒い陰毛も見えていました。私は興奮を抑えきれず、母のパンティの上からですが、そっと撫でてみましたが、反応はありません、母を揺り動かしてみましたが、やはり反応はなく熟睡していました。 私は理性を抑えくれなくなり、恐る恐るですが、ゆっくりとパンティをずらしてゆき、食い込んでいたパンティを足首まで下げ、片足からパンティを抜き取りました。

片足に引っ掛かったままのパンティはピンクのパンティで小さく片足の足首で丸まっています。

捲くれあがったスカートからは、母の陰部がはっくりと見えています。黒々として陰毛の中央からは、赤黒いビラビラが見えていました。私はそっと陰部に指を押し当てて、ゆっくりとマッサージするように擦りながら、母の顔をみましたが、相変わらず寝息えおたてたままです。そして指を奥へと挿入してみると暑さのせいか湿気を帯びた秘部は以外にも指を容易に迎え入れました。1本、2本と指で掻き回しているうちに眠っている母の秘部からは、愛液らしきものが湧き上ってきてきます。

母の陰部に鼻を近づけると 汗のすいっぱい匂いと、いつもの母のパンテーの部分の匂いがしており、舌と唇で陰部を愛撫していると愛液が溢れだし、黒い陰毛の中に赤黒い陰部がぱっくりと厭らしく口を開けており、皮がむけたクリトリスが大きく勃起して眠っているのもかかわらず体だけは興奮しているのがわかります。

しかし それ以上すると目を覚ましそうで、勇気がなくそのままパンティを上げて自室に戻り自慰に耽りました。

その日のオナニーは今までにない興奮で、何回逝ってもすぐの勃起するペニスを持て余す程でした。

翌日 昼ごろ母は起きてきましたが、今までの母とは違い、気のせいか何となくセクシーで厭らし表情をしていました。

この日を境に 母が酔っ払って帰宅した際、頻繁に母へ悪戯するようになりました。

悪戯を繰り返しているうちに、何となく若返ったような感じがしました。そして一つ気がついたのは、悪戯をした翌日は明らかに何時もと違い、目元が潤み、顔は紅潮しており、態度も何となく落ち着かない様子でした。

たぶん 眠っているとはいえ、愛液が溢れるほど感じているのですから欲求がかなり溜まっている様子でした。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2013年9月1日 | 体験告白カテゴリー:近親相姦の体験告白
1 / 3123

このページの先頭へ