息子と泊まった温泉宿は若女将と黒ギャル白ギャルがいる混浴温泉だった5 【温泉での体験告白】

結局、あまりにも真っ直ぐな景子ちゃんの気持ちに、少し怖くなってしまった私だったが、この歳でこんなにも若くて可愛い女の子に惚れられて、嬉しくないわけがなかった。



結局、昨日の夜は景子ちゃんのお尻の中でイッて終わった。そして息子は、一度も起きることなく寝続けていた。寝ている間に、早すぎる童貞卒業をしたことや、フィストファックで明奈ちゃんを失神するまで追い込んだことも知らず、無邪気な寝顔を見せる息子。昨日のスキーの疲れもあるのか、まったく起きる気配がなかった。



私は、せっかくなので朝風呂に行くことにした。大浴場は、早朝ということもあり誰もいない状況で、私は身体を洗い、髭を剃った後で外の露天風呂に入った。そして、昨日のことを考えていた。まさか、この歳になってモテ期が来るとは思っていなかった。景子ちゃんが、どこまで本気かわからないが、私はトキメキを感じていた。そして、女将さんに子種をねだられたことも強烈な経験だった。



景子ちゃんは、私などでは土下座してお願いするレベルの良いオンナだ。でも、嫁も息子もいる私が深入りしてはいけないと思っている。そして、彼女も旅先で開放的になっているだけだと思う。冷静になれば、私のようなおっさんに本気になるわけがない。



そんなことを考えながらも、昨日のめくるめくセックスを思い出していた。一晩であんなに射精したのに、私はまた勃起してしまっていた。我ながらあきれてしまったが、まだまだ自分も若いんだなと思った。



すると、女子風呂の方から人の気配がした。私は慌てて湯船につかり、勃起したペニスを隠すようにした。誰だろう? そんな風に思っていると、

『おはようございます。よく眠れましたか?』

と、女将さんの声がした。そして、身体にタオルを巻付けた格好で歩み寄ってきた。私は、昨日何度も体を交わした相手なのに、妙に緊張して声を裏返らせながら挨拶をした。髪をアップにして、おそらくノーメイクの彼女は、それでも充分に美しかった。

彼女は、身体に巻付けたタオルをスッと外すと、なにも隠すことなく堂々と温泉に入ってきた。CSの”温泉へ行こう”と違って、際どいところが上手く隠されているわけでもなく、丸見えだ。




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||

2015年7月6日 | 体験告白カテゴリー:温泉での体験告白

息子と泊まった温泉宿は若女将と黒ギャル白ギャルがいる混浴温泉だった2 【温泉での体験告白】

息子と二人でスキーに行き、泊まった温泉宿は、金田一耕助の物語に出てくるような、秘境の隠れ宿みたいなたたずまいだった。

そして、そこを切り盛りする若女将は、和服のよく似合う色気あふれる良いオンナだった。

それだけでもこの宿にした甲斐があると思っていたが、お客さんとして泊まっていた女性二人が、最高にエッチな白ギャルと黒ギャルだった。二人とも美容師で、スノーボードのために来ていたとのことだったが、混浴風呂でその素敵な裸体を見せてもらえた。



そして、キャバクラ状態で彼女たちと食事をし、夜には若女将のスペシャルマッサージまでしてもらえた。





『じゃあ、マッサージ続けますね#9825;』

若女将はそう言うと、スッと立ち上がり、着ていた作務衣を脱ぎ始めた。そして紫のセクシーなブラジャーも脱ぎ、全裸になると、

『たるんでて恥ずかしいです……』

と言った。確かに、38歳という年齢なので、明奈ちゃんと比べると垂れてしまっているが、それでも抜けるように白い餅みたいな胸は、私の欲情をかき立てた。



肌の白さは、景子ちゃんと同じくらい白いと思う。でも、加齢のせいか、それとも経験数の違いからか、彼女の乳首は親指ほどの大きさがあり、なおかつ色素も沈着していた。そして、少し大きめの乳輪も、同じように少し色素が沈着していた。癒やし系の上品な顔からはギャップがあるエロい体に、私はイッたばかりなのに、先ほどからずっとカチカチのままだ。

そして彼女は、ポーチから小さなプラスチックのボトルを取り出すと、中身を手の平に垂らし、私の身体に塗り広げ始めた。それは、良い香りのするオイルだった。

『オイルマッサージしますね』


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2015年4月26日 | 体験告白カテゴリー:温泉での体験告白

奥手の嫁と友人夫婦で、少しだけ刺激的な経験をした14 【寝取られた体験告白】

嫁のユキと、ケイスケさん夫妻との衝撃的な3Pを見せつけられて以来、ケイスケさん達との少しだけ刺激的な経験は、かなり過激でただれた経験に変わっていきました。

僕もケイスケさんも、基本の部分は寝取られるのを好む側だったので、4人で集まり、3人がプレイをするのを1人が見ているという基本スタイルが確立しました。



僕が見ている時は、ユキとケイスケさん夫妻がプレイをして、ケイスケさんが見ている時は、僕とユキとマコさんでプレイをするという感じです。

ケイスケさんはSな部分もありますが、マコさんが寝取られるのを見て、僕と同じように手も触れずに射精してしまうくらいの、重度の寝取られ好きです。



僕は生粋のMだと思っていましたが、ケイスケさんの目の前でマコさんを抱くうちに、自分の中にもSがあるのを発見したりしていました。



今日は、いつものように4人で集まり、ケイスケさんと僕がじゃんけんをしました。負けた方が見学という流れなのですが、微妙に僕もケイスケさんも後出し気味で、負けようとします……。



今日は、運悪く僕が勝ってしまったので、ケイスケさんが見学でした。



「ちくしょ〜 負けちゃったよ〜w」

ケイスケさんは、言ってることと表情が真逆な感じで、笑顔です。

【またわざと負けてw でも、ちょうど良いかも。昨日あたりが排卵日だから、今日ならバッチリ妊娠できると思う】


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年6月2日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

初めての射精【学校での体験告白】

【 性教育 : 前編 】



——————————————————————————–



「どうしたの、明君?」

さっきまでみんなと暴れまわっていた明君が私のところへ駆けてきて、手を引っ張り廊下へ連れ出したんです。

ここは養護施設、みんな事情があって親元を離れて預けられている子供たちや、中には両親を病気や事故などでなくし、引き取ってくれる親類もなく預けられている子供たちもいます。

明君も4年前に交通事故で両親を亡くし、ここに預けられています。

生まれつき耳が悪くて、そのため言葉もうまく話せず、私や友達とは手話を交えての会話になってしまいます。

私の名前は、美樹。

この施設の幼年組で保母をしています。

明君はさっきも言った通り耳があまり聞こえないため、ほかの子供たちになかなかとけ込めないみたいなんです。

もう、5年生にもなるというのに親離れ出来ないというか、私のそばから離れようとしません。

最近は、私もなんだか母親みたいな気になって、明君がそばにいないと落着かないようになってしまいました。

「何、どうしたのよ?」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||

2014年2月4日 | 体験告白カテゴリー:学校での体験告白

嫁が、息子の同級生(巨根)と4Pしていた、、、3 【寝取られた体験告白】

セックスが好きで、求めてくる回数も多かった嫁の明美の、セックスのおねだりが目に見えて減った。

加齢によるものと思いながらも、疑念はつきずに、隠しカメラでの家庭内盗撮をしてしまった。



そこに映ったものは、息子の同級生達と、嫁主導で4Pをしている姿だった。

通常の浮気ではない、異常なシチュエーションに、私は怒りよりも驚き興奮した。



4Pをしていた内の一人の兄と、嫁は完全に出来ていた。

私とのセックスよりも10倍気持ち良いと叫びながらイキまくる嫁を見て、私は手も触れずに射精した、、、、





私は、動画の続きを見る事が出来なかった。





そして、放心状態に近い感じで帰宅した。




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||

2014年1月8日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

妻の由紀恵が、巨根の松田に壊された 【寝取られた体験告白】

嫁の由紀恵と、私の会社の社員の松田が、私公認で温泉1泊旅行に行った。

もともと、ペニスの小さい私が、コンプレックスから始めた寝取られプレイだったが、それは想像以上に興奮をもたらしてくれて、夫婦仲も今まで以上に良くなった。





だが、巨根の松田に、心まで寝取られ始め、焦りと後悔が生まれていた。

その上、由紀恵の過去の奔放すぎる性遍歴まで知ってしまった私は、途方に暮れていた。







温泉旅行の様子は、松田が録音してくれた音声で聞くことが出来た。

だが、1日目の途中で聞くのをギブアップしてしまった。





そして、頭を冷やすために、昼食に行くことにした。

すると、松田がニヤけながら近寄ってきた。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||

2013年10月24日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた3 【寝取られた体験告白】

嫁の麗子が、部長と一泊で温泉に旅行に行って以来、ただでさえ男女逆転していたウチの家庭は、より逆転に拍車がかかっていた。



嫁に寝取られ性癖を見抜かれてしまったこともあり、麗子はそれを巧みに刺激して俺を興奮させてくれる。



今日も甲斐甲斐しく嫁のために夕食を作っていると、嫁が帰ってきた。

同じ社内で、どんどん出世していく嫁に対して、出世を諦めている俺は、毎日こんな風に嫁よりも早く帰って夕食や家事をする日々だ。



「ただいま。わぁ、良い匂い!あんたは本当に良い嫁だよねw」

「それほどでも、、 もう食べる? 先に風呂入る?」

「wwそれとも、わ・た・し は?w」

「えっ?良いのっ!?」

「ウソだよw じゃあ、食べよっかw」

「は、はーーい、、」

あれ以来、麗子はセックスをさせてくれない、、 

この自宅で、部長が嫁を抱くのを俺が覗く、、 そんなプレイをするのを嫁と約束している。それが終わるまではセックス禁止だそうだ、、


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2013年10月23日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

妻のパート本当は・・・現実ver【寝取られた体験告白】

ここ最近4日間の出来事です実話ですので過激な内容は無いですがご了承下さい

僕は40歳、妻は37歳、子供は1人12歳、妻とは大学時代に知り合いそのまま結婚しました

妻は美人でしかも処女でした妻は淡白でSEXはあまり好きでは無いほうだと僕は思っていました

夜の夫婦生活は月に1回有るか無いかぐらいでした

去年から会社が業績不振に成りボーナスカット、残業無しになり年収が減りました今から3ヶ月位前の事です

妻が僕に夜8時から夜中の2時ごろまで工場のパートに行きたいと言われました僕は

少しでも家計の足しに成るなら良いよと言いましたなぜ夜なの?と言うと

妻は時給が昼の倍近く有るから、だから夜の部に行くと言いました

僕は何の疑いも無くOKしました、僕は妻が1日おきに夜工場のパートに行ってるとばかり思っていました

それは間違いでした本当は夜の11時か12時まで大阪の日本橋の人妻デリバリーヘルスで働いている様です

本当ですその根拠は 今日妻が家に携帯電話忘れて行きました僕の知らない機種でした

いけない事ですが何となくメール履歴を見てしまいました…

ここ2ヶ月の間300件ぐらい有り、相手は複数の指名してくれる男の人からみたいです

「客丸川」「タクさん」とか「お客清水」とか「池田さん」「和明君」と有りましたその内容は

「この店質が悪いから良いお店紹介してあげるよ」とか


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年10月8日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

再投稿 妻の不倫告白【寝取られた体験告白】

去年まで妻美紀37歳が不倫していました、

初めは離婚だー慰謝料だーと私も息巻いていたのですが

妻の不倫の告白を聞いていると段々と興奮している

自分に気が居る事に付きました・・・

妻の不倫相手の男、拡張.盗撮マニア男の川本にされた行為と

輪姦レイプ行為を妻に告白された通りに書きます以前のは

大げさにアレンジしすぎたので嘘っぽく成りましたが

今度は川本からも内容を聞いたのでリアルですこの時の

とは違うのですが川本の撮影した動画も全部見ました・・

それは今回の輪姦事件動画では有りませんが

バックで挿入されている動画や美紀が着替えている

盗撮動画等も有りました勿論中出しされていました・・・

酷かったのは川本が美紀のアソコを拡張して遊んでいる

動画でした・・・

指をクスコ代わりにしていたのでこの告白以前のSEXでしょう


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2013年10月3日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

妻との溝の理由【人妻の体験告白】

妻と私の溝は相当深く20年近くたった今でも埋まることがない

同居の他人でしかない

妻と私の溝の原因は妻の浮気だ

疑惑というより確信だ

妻はそのころ車で5分程度の工場にパートタイマーで勤めていた

その工場に勤め始めて1年くらいの間、数週間休んでは一週間、二週間勤めては休むという具合で

一年間のうち出勤した日は三分の一程度なのによくもクビにならばいものだなと思うくらいの勤務状態だった

大企業等ほどでもないのにクビにならないどころかボーナスまででるという不思議な状態だった

それがある日を境にして休むことなく毎朝出勤し、午後5時半ころに一度帰宅して残業があるからと会社に出かけるほどに変身した

もともと家事をきちんとするという妻ではなかったが、子供の世話もしなくなってきていた

私が会社から帰る途中山の中の近道をしていると、妻の車によく似たサニーがダム公園の道路沿いの駐車場に止まっているので

不審に思って、徐行しながらその周辺を見渡すと妻と男が二人でベンチに座って何やら話していた

その時は、「あの女・・・」と思ったが、知らん顔をして様子を見ることにした

妻も運が悪い女なのか、私の顧客の自宅を訪問して車で帰るときに顧客の家から100メーターほどのアパートから出てくる妻を見かけた

それも平日である。確か今日は会社に行ったはずだがと思い見ていると、ドアを閉める際に上半身を部屋のほうに入れてキスをしていた


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||

2013年9月23日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白
1 / 3123

このページの先頭へ