念願の友達の奥さん【友達との体験告白】

イギリス人の友達の妻は超美人。スリムでプロポーション抜群、二児の母親でありながらフェロモンたっぷり。読者モデルでもある彼女はファッション通でいつもお洒落、特に彼女のスカートにハイヒールはたまらない。というわけで、何年か前から彼女には興味があり、チャンスさえあればパンティーを盗むなり盗撮するなりしたくてたまらなかった。しかしながら、なかなかそのチャンスはなく、我慢するしかなかった。。。

僕は都内の飲食店で働いてるのだが、トイレが共同で一つしかない。そこで、オーナーが帰宅した後は、ちょくちょく隅っこにカメラを設置して、数多くの女性のトイ

レを録画していた。そこで、先日。深夜1時。2時に閉店で客もポチポチ。閉め時と思い洗物をしていたら、彼女が女友達4人とまさかの登場!「一杯だけ!」もちろん。彼女の友達も3人はママモデル、一人はスタイリスト。みなかわいい、というか、美人。ヤベー!冷静に彼女らのドリンクを作り、速攻トイレに行ってカメラ設置。後は待つのみ。もう結構飲んでるみたいで、皆陽気。これはいいサイン、飲めばトイレにも行く。最初に立ったのは、黒いトップスにグレーパンツ、黒のヒールというスレンダーな黒がみのママモデル。いいね〜その後1時間ほど時間があき、僕はイライラしていた。トイレいけよ!すると。。立った!彼女は赤いシャツに黒いピタジーンズ、ブーツ。

頭には珍しく黒いバンドをして、オールバックにしていた。僕の心臓はドキドキしすぎて破裂しそうだ。思い出すだけであの時の緊張感はすごかった。成功しますように!わりとすぐ彼女は戻り、その足て彼女らは会計をし出て行った。僕はトイレへ小走りで入り、カメラをとって戻った。震える手で動画を再生、長い動画の最後まで早送りした。早送りすると最初の女性が登場。ばっちり撮れてる。それは後回しで。。。登場!!!!!!木のドアが「キィー」となり、彼女が入ってきた。

まず、トイレットペーパーで便器を拭きだした。前屈みになると、かすかにパンティーラインが見える。

手際よく拭くと、くるりと振り向きずぼんのボタンをとりはじめた。くるぞ勢い良く両手でズボンをおろした。赤いシャツの隙間からは、黒くて小さなマン毛が見える。すると彼女は拭いたにもかかわらず中腰で勢い良くオシッコをはじめた。片手でシャツをヘソあたりで押さえているため、終止股間は丸見え。膝上には、おろした黒いパンティーの股間部分が浮き上がって見える。もうこれ以上は。。。爆発してしまう。

体験告白関連タグ

|||||||||||

2017年12月21日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

露出の想い出(公園散歩) 【露出の体験告白】

りん様との露出な想い出は結構あるんです。。。

特に公園での露出は。。。

その最初の最初の想い出を書かせていただきます〜



妄想「りん様の記憶:露出の想い出(公園散歩)」



その秋のある日、まよとりん様は、当時の職場のそばの公園に散歩に出かけました。。。

そばといっても、車で無いといけないんですけどね。

りん様の車に乗せてもらって、公園の駐車場へ。

車から降りる前に、「じゃ、下着はここで脱いでいこ〜ね〜」って言われてしまったんです;;



駐車場には人気がなかったけど、誰かが急に来るかもしれないし。

土曜日の公園なので人も絶対いるからあぶなくて。。。

まよは「え〜見られちゃったらどうするんですかぁ?;;」って言ったのに;;

りん様からは「大丈夫。脱げ!」のひとことで。。。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||

2015年5月6日 | 体験告白カテゴリー:露出の体験告白

全裸コートでコンビニ 【露出の体験告白】

沙織の場合



[1]沙織 全裸コートで

沙織です。ずいぶんとご無沙汰してしまいました。

暑い。暑い。と言っていたのにいつの間にか、すっかり寒くなってしまいました。

冬もすぐ目の前まで来ているようです。

それでも、日中はまだ暖かいのですが、朝晩はめっきりと冷え込んできました。

お家にいる時はもちろん、会社でお仕事をしている時も暖房を使っているのでいいのですが、

裸でお外に出るのが辛い時期になって来ました。

これからが冬本番になるというのに、早く暖かい春が来ないかな。と待ち遠しい沙織です。



ベンジーさま。

今月の課題「全裸コートでコンビニに行き、エロ本を立ち読みする」を実行してきました。



出かける前に自分の体を見ました。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2015年1月13日 | 体験告白カテゴリー:露出の体験告白

今から浮気しますw 【浮気・不倫の体験告白】

結婚してから刺激がない。

毎日退屈。

嫁さんの事を嫌いになったわけじゃないけど、

なんだかなぁー。



こいつらって・・・・。

何考えて生きてるんだ?

バカか?アホか?それともこれが正常なのか?

そう思ったが暇つぶしにイタズラで返事を送ってみる。



「いくつ?」

「17」

「どんなことしてくれるの?」

「手とか口ならいいよ」

「いくら?」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年8月13日 | 体験告白カテゴリー:浮気・不倫の体験告白

今から浮気します・・・ 【浮気・不倫の体験告白】

結婚してから刺激がない。

毎日退屈。

嫁さんの事を嫌いになったわけじゃないけど、

なんだかなぁー。



そんな感じの毎日だった。

ふと暇つぶしに出会い系サイトをやってみた。

エンコーの書き込みばかりが目に付く。



こいつらって・・・・。

何考えて生きてるんだ?

バカか?アホか?それともこれが正常なのか?

そう思ったが暇つぶしにイタズラで返事を送ってみる。



「いくつ?」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年4月10日 | 体験告白カテゴリー:浮気・不倫の体験告白

剛毅な女上司【会社・職場での体験告白】

 つつき



仕事を手早く片づけて、30分前にはホテルに着く予定だった。

しかし、金曜日の夕刻のこと、新宿は人で溢れていた。

そのため、ホテルの前に着いたのは、19時5分前だった。



足早にロビーの前を抜け、エスカレータを登っていくと、

見慣れた華奢な背中が目に入った。



由紀!



私は声を掛けずに由紀より10段くらい下で足を止めた。

真っ直ぐ前を向く後姿をそっと見上げた、いい女だ。

長い足にロングブーツがよく似合っていた。

細身の身体を、ダークブラウンのトレンチコートで覆い、


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||

2014年2月14日 | 体験告白カテゴリー:会社・職場での体験告白

彼女が俺のためにビッチになる修行を始めた完 【寝取られた体験告白】

3年付き合った彼女のココロと、俺の一方的なわがままで別れた。

わがままと言えないくらいのくだらない理由だが、

・セックスが退屈。

・俺の希望を色々してくれるが、自主的にエロい事をする感じではない。

・俺は、もっとビッチが好き。

・不二子ちゃんのように、俺を裏切るくらいの方が良い。

・浮気の心配が全くないのがつまらない。

などと言う理由だ。



心は俺にありながら、他の男とつい浮気をしてしまう。

そんな女を求めていたと言う事だ。





ココロは、泣いてすがって別れたくないと言ったが、理由を説明すると”ビッチになる!”と、宣言をした。

黒髪に眼鏡という野暮ったいルックスで、性格もくそまじめなココロに、そんな事は出来るはずがないと思っていた。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||

2014年2月12日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

雪  の  朝【露出の体験告白】

2月の冷え込んだある朝の出来事、



その日は久しぶりに朝から青空が広がり放射冷却現象で気温が下がり、前の日の雪が僅かに残り、道路は所々が凍って車の運転はブレーキのは細心の注意が必要な朝だった。

単身赴任の俺は妻を車で朝の10時ごろに会津若松駅まで送り帰途へついた。

神明通りと言う、片側2車線の広い道路の左側を走っていた。



交差点の信号が赤になり私の前の軽自動車に続いて俺も2台目に停車した。

俺は中央車線に変更かる寸前で、前の軽自動車より右側に停車、横断歩道が目の前にあった。

左側の歩道より若い2人の女性が横断歩道を渡ろうと足早に歩いてきた。



年は十代の後半か二十代の前半の女性で二人とも申し合わせたように、黒のロングブーツを穿き、足首までありそうな長い黒のロングコートを着ていた。

二人ともかなりの目立つような美人であった、一人の女性は僅かに染めた茶髪で艶のある髪を肩の下まで伸ばし、鼻筋の通り目のアイラインもきりりとした美女であった。



もう一人の女性は目の覚めるような黒髪をサラサラと肩と腰の半ばまで泳がせ、目が二重まぶたで睫が長く、小さな口元とほっそりとしたあごが上品なわ美しさをかもし出していた。

 どこかへ旅に出かけるのか、旅の途中なのか、両手にハンドバックとボストンバックを持っていた。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||

2014年2月11日 | 体験告白カテゴリー:露出の体験告白

姉に惚れられてしまったんだが【姉との体験告白】

姉に惚れられてしまった。



大好きだった彼氏に浮気された上に、相手の女に彼氏を寝取られた姉

姉は仲間由紀恵似の美人で今時珍しくクソ真面目で一途な感じ

自慢の姉なだけに可愛そうで、弟としてちょっとした悪戯心とサプライズの気持ちで

慰めるパーティーをしたんだよね



姉が居ない間に俺の部屋を掃除して飾り付けして

ケーキを買ってきてさプレゼントも用意したりして

変な気持ちは一切無いの本当、照れ隠しというかね

振られた姉を茶化してすこし元気をつけて欲しかったからさ



初恋の相手は姉だったけどソレは小学生低学年の時の話しだし

女性として性的に意識した事は一切無い

実際下着姿とかで歩かれると微妙な感じさえするしね


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||

2014年2月11日 | 体験告白カテゴリー:姉との体験告白

俺のトラウマ Side A【浮気・不倫の体験告白】

俺と彼女は当時付き合い始めてすでに丸4年。

大学のサークルで知り合った2つ年下の本当に可愛い娘でした。

喧嘩はよくしていましたが、仲直りするのも早くて、

仲間内では結婚秒読みじゃん!なんて言われていました。

俺は本当に彼女を愛していましたし、彼女も愛していてくれていたと思います。



その日は彼女と食事に行く約束をしていました。

待ち合わせの時間を気にしつつ、仕事を片付けていると、

終業時間まであと少しというところで、トラブル発生。

泣く泣く彼女に約束キャンセルの電話をしました。

その当時は本当に忙しく、立て続けにドタキャンばかり

してしまっていたので、その日も凄く彼女に怒られました。

すでに怒りを通り越して、こんな俺と付き合っている自分を

心底哀れんでいるような、そんな呆れた感じの声で「またね」

と言われました。「また」なんて機会は無いのかもなぁ〜なんて


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||

2014年2月10日 | 体験告白カテゴリー:浮気・不倫の体験告白
1 / 1612345...10...最後 »

このページの先頭へ