女子トイレでの汚物箱オナニーの過ち【レイプの体験告白】

私は女子トイレに入って汚物箱の中に捨ててある使用済み生理用品で私の童貞の汚いイチモツをシコシコオナニーを女子トイレ内で行っていました。ある日私は女子トイレに入って来た女性に気付かずにオナニーを激しくしてしまい逝き果てて我に返った時おもいっきりドアをノックされ結局私は男だとばれてしまいました。汚いイチモツ隠さずに多分私は声を発していたんだと思います。その女性は凄く睨んでいて、大声で叫ぼうとせずにいたので私は謝りながら童貞だと正直に言って、少しだけ興味があった女装と生理やおりものやおしっこを私の身体にぶっかけたりして私を汚便所の肉便器にして許して下さいと告げると女性は笑いながら女子になるなら処女のおまんこもそのいやらしい童貞の汚い物もダブル喪失してから、私の他の女性や時には男の汚いちんこも挿入して公衆トイレの汚便所の肉便器になり輪姦され私の女になりなさいと言われ許して頂けるのなら身体を売ります。

連絡先を言わされ女子トイレの個室で女性の生おまんこを舐め綺麗にして私のイチモツは弄ばれて我慢出来ずに射精し続けて裸にされビンタやヒールで踏まれイチモツに使用済み生理用品を自らシゴいて罵声を浴びながら逝ってしまいました。女性は鞄の中からポーチを取り出してポーチからピンク色のデカイバイブを取り出して私の口に入れスイッチを入れ口の中で激しく動き回り私は一瞬にして私のおまんこにこのデカイバイブが挿入され処女喪失する事が分かりました。私はもがいて口のバイブを出して許しをお願いしました。これは私が女になるなら初潮を迎えさせて欲しいとお願いしました。その女性が生理中に経血を取り貯めて私のおまんこに浣腸器等で経血をタップリ中出しして貰い初潮教育を受けたのちにその女性に立派なペニスバンドで私の処女のおまんこに挿入されレイプされて処女喪失したいですと、私の想像を言うと本当に女子になりたいんだと言われて許して貰い生理日がもう直ぐだと言われ私も承諾しその日は解放されました。そしてその女性から連絡が入り生理になったと言う事で私は過ちを悔やみながら女子トイレに向かい女性を待ちました。

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月30日 | 体験告白カテゴリー:レイプの体験告白

家庭教師先のJKに調教された僕2 【M男な体験告白】

大学4年で就職も決まっている僕は、暇つぶしと旅行費用を貯めるために、家庭教師のアルバイトを始めました。



そして初日、圧倒的にデカい家と、駐車場に止まる高級車に圧倒されながら、高校生の美帆ちゃんと出会いました。小脇にヴァイオリンケースを抱えた黒髪の美少女は、絵に描いたようなお嬢様でした。



ちょっと掘りは深めながらも正統派の美人顔の彼女を見て、僕は緊張しながらもラッキーだと思いました。でも、彼女の部屋に入った1分後には、ラッキーなどどこにもないことに気がつきました。



彼女に無理矢理童貞を奪われたあと、彼女は制服を着たままペニスバンドを装着して戻ってきました。そして、それを口に突っ込まれ、女の子がイラマチオをされいてるように犯されてしまった僕は、美帆ちゃんに足でペニスを踏みつけられ、なおかつビンタまでされたあと、爆発するように大量に射精してしまいました。



そして、美帆ちゃんはニコッと可愛らしい笑顔を見せると、

『じゃあ、そろそろ入れてあげるね#9825;』

と、僕の方を見もせずに言いました。





僕は彼女に促されるままに四つん這いになると、一番恥ずかしい場所を、まだ高校生の美帆ちゃんに全て晒しました。そして、命令されて全裸になりました。

『先生ド変態だねw こんな格好させられてるのに、なんでこんなになってんの?』


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2015年7月16日 | 体験告白カテゴリー:M男な体験告白

自慢の彼女を元カレに抱かせてみたら3 【寝取られた体験告白】

俺と付き合い始めた時は、地味な眼鏡女子だった穂乃果。でも、俺と付き合い始め、俺が彼女にメイクさせたり可愛い服をプレゼントしたり、俺好みの女に変えようとした結果、驚くくらいに綺麗になった。



そんな、自慢の彼女と言っても良い穂乃果を、俺の些細な嫉妬心が元で元カレに引き合わせてしまった。



そして今、穂乃果のスマホを使って撮影された、元カレとの動画を見ながら、俺は穂乃果のオナニーを手伝っていた。



クロームキャストでスマホの画面を映すテレビには、全裸の穂乃果が、元カレのアナルにコンドームを装着した指を差し込んでいる。

『もう大っきくなった#9825;』

画面の中の穂乃果はイタズラっぽくそう言うと、さらにアナルに突き刺した指を動かし始める。





「うぅ……ヤバい……」

気持ちよさそうにうめく元カレ。そして、そんな動画を俺の横で見ながら、穂乃果は自分で乳首をつまんでいる。俺がクリトリスを指で刺激し、自ら乳首を触り続ける穂乃果。本当に、こんなにも淫乱な部分を隠していたなんて、想像もしていなかった。



画面の中では、慣れた動きでアナルを指責めする穂乃果が映っている。ある意味で、彼女がアナルをやられていたという過去があるよりも、ショックだった。まさか、元カレのアナルを指で責めていた……。そんな過去があるなんて、そうそうない話だと思う。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||

2015年5月16日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

婚約者を御曹司に肉体改造された完 【寝取られた体験告白】

僕には、学生時代にイジメの対象になり、イジメっ子の性のはけ口になった過去があった。僕は彼に雌としてしつけられ、身も心も雌になっていた。



でも、卒業を機にその甘い地獄から逃げ出し、普通に女性の恋人も出来た。そして、その恋人のさとみさんと、結婚することを意識するようになっていたある日、僕は新しい地獄に堕ちた。





#8212;#8212;僕は今、恋人のさとみさんに、正常位で責められている。さとみさんがはいている革のショーツには、直径6cmはあるペニスバンドが生えていて、その極太が僕のアナルに根元まで突き刺さり、容赦なくピストンをされている。



「ダメぇっ! おかしくなるっ! さとみさん、ダメっ! 死んじゃうっ! あぁっ! あぁーっ!!」

僕は、雌の声で叫ぶ。声帯も中須さんにいじられ、改造され、本当に女の子みたいな声になった。

僕は、もう見た目は完全な女の子だ。髪も肩よりも長く、ゆるふわなカールがかかった可愛らしい髪型だ。そして、整形手術によって、もともと女顔だった僕は、女の子そのものの顔になった。目もぱっちり二重で、アゴやエラなども、よりか弱い感じに見えるように削られた。



胸も豊胸手術をされて、Dカップはある。まだ日本では承認されていない素材を使った手術だそうで、見た目は豊胸丸わかりではなく、驚くほどナチュラルだ。

一度、胃腸炎を起こしてしまったときに、中須さんの病院で診察を受けたが、その医者に本当に驚かれた。医者の目で見ても、女の胸にしか見えなかったそうだ。



そして、全身を完全脱毛されて、睾丸まで摘出された。もう、家族にも会えない……そうあきらめている。でも、中須さんに抱かれると、そんな事はどうでも良くなってしまう……。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||

2015年2月12日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

セフレの若妻にアナルの快感を仕込まれた3 【ゲイの体験告白】

女とのセックスに飽きて、アナニーを始めた俺。セフレの人妻にアナルを責めてもらって、完全にメスの快感を知ってしまった……。



セフレの加奈子とは、相変わらず責めたり責められたりの関係を続けている。幼稚園の子供と、旦那がいる加奈子。家族をとても大切にしているくせに、俺の巨根に狂いまくっている姿を見ると、女って怖いと思ってしまう。



俺は、加奈子を寝取る快感と、男の娘として加奈子に犯される快感に目覚めてしまって以来、性欲がヤバいことになっていた。エロ動画やテキスト系のサイトを見ては、毎日抜くのが日課になってしまった。加奈子や他のセフレともほぼ毎日セックスしているので、本当に猿みたいだ。



加奈子を責めるときは、体験談系のサイトの”NTR使える寝取られサイト”で読んだプレイを試し、俺が責めてもらうときには”エッチな体験談や萌えた体験談ブログ”に書いてあった男の娘モノのような感じで、言葉責めもしてもらいながらアナルをガン突きしてもらったりしている。



今日も、昼間に加奈子の家に宅急便のフリをして上がり込み、バックで生ハメしていた。

いつものように夫婦の寝室で、結婚式の時の写真の前で生でハメていると、

『パパぁ! ごめんなさいぃっ! カズ君のチンポ生で入れてるよぉ! ンヒィッ! ンアッ! アッ! アッ! パパのじゃ、届かないとこにあたるぅッ!』

加奈子は、その幼く見える顔を歪めて、あえぎ続けている。昼間の自宅で、他の男とセックスをしながら、こんな大きな声出して平気かな? と、いつも心配になるw

「ほら、旦那のとどっちが好きなんだ」

『カズ君! このおチンポが好きぃっ! これじゃなきゃイケないぃっ! あっ! あぁん! イクっ! パパ、イッちゃうぅっ! み、見ないでッ! イッちゃうッ! 浮気チンポでイクっ!!』

加奈子は泣きそうな声で叫びながら、結婚式の時の写真を伏せようとする。タキシードを着た旦那の横で、ウエディングドレス姿の加奈子が笑っている。童顔で、真面目そうと言うか清純そうな加奈子が、優しげな微笑みを浮かべる写真は、とても良い写真だと思う。でも、俺は写真を伏せようとする加奈子の手を掴み、さらに突き上げる。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月13日 | 体験告白カテゴリー:ゲイの体験告白

人妻体験【複数・乱交体験告白】

名前:人妻体験[sage]投稿日:<>02/11/2916:49ID:HDjzuJOk<>

もう、10年以上前の話です。

その頃僕は19歳でした。

ある日、車を車庫からバックで出していると、

お向かいのご主人の車と接触してしまいました。

とりあえず車から降りて謝ったのですが、

すごい剣幕で許してもらえず

夜、家に来いと言われました。



名前:人妻体験[sage]投稿日:<>02/11/2916:50ID:HDjzuJOk<>

夜になって菓子折りを下げて行くと、

ご主人は酔っており、上機嫌でした。

僕の隣家の奥さん(後家でした)の本田さんと5軒くらい先の真崎さんの奥さん

も来ており、

ご主人(山口さん)の奥さんと4人で飲んでいました。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年2月13日 | 体験告白カテゴリー:複数・乱交体験告白

小学5年生の時に森ねえちゃんにレズを・・・【レズビアンの体験告白】

十年くらい前の話になるのですが、小学3年から市の柔道教室に通っていて、5年生(11才)になった時の話です。

女子大生のお姉さん(森ねえちゃんとみんな呼んでいた)が、「真央ちゃんは体が硬いから寝技が上手にならないのよ。今度からだが柔軟になる方法おしえてあげる」と言いました。



私は当時、正直者だったので森ねえちゃんの家(大学の近くに下宿していた)に柔道着を着て、教えてもらいにいきました。



寝技の段階になり、森ねえちゃんは私のマタを触り始めました。「真央ちゃんここ触ったことある?」私はもうすでに一人Hを覚えていましたが恥ずかしいので言えず、「ううん、ない。」と答えると「ここを触ると気持ち良くなるよ」と指をパンツの中に入れてきました。

森ねえちゃんは女子高からエレベーター式に女子大(女子のみ)に入ったらしく、女性が好きみたいだったのです。



「小学3年に入った時からおねえちゃん、真央ちゃんの事好きだったのよ・・オッパイも少し大きくなって・・うれしいよ・・」全裸にされ、胸やお尻の穴まで舐められました。

ちょろちょろっと生えた私のアソコの毛を、森ねえちゃんは口に含んで楽しんでいました。



森ねえちゃんはバイブを取り出し、私のビロビロの中へ・・・

細い方のバイブはおねえちゃんが唾をつけて私のお尻の穴へ何とか入れて、とどめにローターでクリトリスを愛撫してきました。



一度に電源を入れると私の一人Hとは比べ物にならないくらい感じて頭の中が真っ白になり、ブルブルブルッ痙攣しながら森ねえちゃんの前でイッてしまいました。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||

2014年2月7日 | 体験告白カテゴリー:レズビアンの体験告白

♂1♀3 +SM  その参【M男な体験告白】

前編:♂1♀3 +SM  その弐





けっこう昔の事で、私は記憶力が弱い方なのですが、書いてるうちにどんどん蘇ってきてしまい、どれだけの量になるか予測出来ません。

もうしばらく、お付き合い下さい。





夜明けに近かったので、続行するかを相談しましたが、

・やってみたい事はまだたくさん残っているので、11時のチェックアウトには間に合わない。

・延長料金を払うのはもったいない。(まだ資金は残っていたのですが、またもやBさんが却下)

・金曜の夜から飲んでたので、日曜の夕方までは全員が他の用事をキャンセル可能で時間が取れる。

・このホテルは繁華街から離れているせいか、週末でもフリータイム制を実施している。

・電池の補充が必要。

・おもちゃの消毒用にアルコールも追加購入したい。

ということで、一眠りしてから一旦チェックアウトして、朝飯を食べた後に改めてチェックインする事になりました。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||

2014年1月31日 | 体験告白カテゴリー:M男な体験告白

妹と妹の友達に無理やり犯された【M男な体験告白】

 体験談を書かせていただきます。小説風な語り口なのはご愛嬌ということで。。



 ボクが目を覚ますと、部屋には妹と、妹の同級生の優子が立っていた。

 なぜかボクは、猿ぐつわをさせられていたて、手足は紐で縛られ、その紐がさらに太股の付け根に巻き付けられ、

 ボクの両足は曲げられた状態で固定されていた。 まったくわけが分からない。

 しかも女装をさせられていた。 頭にはウイッグが、手足の爪には真っ赤なネイルメイクがされていた。

 どうしようもなく混乱してきた。 何故なんだ?!



 「わたしが写真を撮ってあげる。」

 優子はカメラを取り上げ、ボクに向けて言った。

 「さて・・・・」

 妹が優子の横に立った。

 妹が服を脱ぎ始めた。何をするつもりなんだろうと思っていると、妹は全裸になった上で腰に器具をつけ始めた。

 それを見てボクは驚きに目を見張った。

 「わかる? わかるでしょう? そうよ。ペニスバンドよ。これでお兄ちゃんを犯してあげるの。わかった?」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||

2014年1月31日 | 体験告白カテゴリー:M男な体験告白

杉本彩似のドSお姉さん。【会社・職場での体験告白】

二十歳そこそこで就職して三流企業。

でも仕事は楽しく別にイヤじゃないし

だんだんと面白く感じる年代になり二十二歳。



小さいクレームで出向いた中企業の応接室。

すいませんでした。と頭を下げるが

お相手の会社は怒り心頭でガミガミと小うるさい。

けれど誠心誠意の謝罪とそれに伴う対応で

(もちろん俺一人だけじゃなくみんな手伝ってくれたおかげ)

相手先社長も

「まぁまぁちょっと熱くなってしまったよ、わはははは」

と笑い終えたころ…



応接室にお茶を運んできた女性に思わずハッ!!っとなった。

容姿はすらりと伸びた脚、胸は大きくなくバカっぽさもない


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月30日 | 体験告白カテゴリー:会社・職場での体験告白
1 / 612345...最後 »

このページの先頭へ