他人妻と合体【浮気・不倫の体験告白】

1:名無しさん@ピンキー:2010/04/23(金)02:05:17



他人妻との合体



2:名無しさん@ピンキー:2010/04/23(金)02:17:51



2げっ?



3:名無しさん@ピンキー:2010/04/23(金)14:48:29



昨夜しましたよ!

他人の妻への中出しは気持ちいいわ

旦那お気楽に風呂入ったメール送る呑気な男!



暫くはお借りしますね!


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月12日 | 体験告白カテゴリー:浮気・不倫の体験告白

コミュ力と行動力あるのに食われるんだな【浮気・不倫の体験告白】

リンクの三つの投稿は雨風呂のあるブログに粘着してるストーカーの妄想w

これ見た粘着されていたブログ主がぶち切れてブログで全裸公開旦那以外としたことないとカキコして妄想と判明。

ストーカーが二つめのリンク米欄で必死の自演しているあいだに、コミュ力あるデカちんがブログ主に連絡とって東京でセックルw

ブログ主が公開していた全裸写メの別バージョンとメアドの一部公開wストーカー涙目

公開されていた画像うぷしてたイメピタで発狂wwwwwwww







デカちんが公開したブログでのセックルコピペしたw









会った女の下の名前Mさん。漢字でもひらがなでも二文字。年は27つってた。ネカフェで待ってるの暇だったからツイッターてので絡んだ。




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年2月12日 | 体験告白カテゴリー:浮気・不倫の体験告白

妻の妹と【浮気・不倫の体験告白】

結婚して2年目に妻(留美子)が妊娠した。

無事に男の子が産まれ、1週間後退院し、そのまま実家に帰った。

留美子の実家は、俺の住んでるF市から車で2時間くらいかかる所にある。

だから最初の日は泊まったが、仕事を休む訳にもいかず、自宅で独身生活を

始めた。独身生活は久し振りだったが、別に不自由も感じなかった。

10日くらいしてかなぁ、留美子の妹の紀子から電話がかかって来た。

紀子は留美子の3つ下、23になるOL。



「アニキ、大丈夫?独りで淋しくない?食事とか どうしてる?」と質問責め。

俺は「ああ、久し振りで楽しんでるよ。留美から電話は毎晩あるし、

淋しくなんかないよ。それより何?」「アニキが淋しがって泣いてないかなぁ

と思ってさ。それより、なんか食事作ってあげようか?私、アネキより上手いよ。」

確かに、妻の実家に行った時は紀子が料理を作ってた。美味かった。

「そうだな、頼みたいけど俺の家に来るのはマズイだろが。妹とはいえ、義理だからな。

留美よりも、義母あさんが変に思うからいいよ。気持ちだけは有り難く受け取るよ。」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||

2014年2月12日 | 体験告白カテゴリー:浮気・不倫の体験告白

親友の彼女と【浮気・不倫の体験告白】

<>82親友の彼女とsage04/12/1017:40:00ID:XsRuk0BI<>

高校3年の頃の話し。

俺と彼女(ゆき)とゆきの友達(愛子)と愛子の彼氏(知史)は同じ学年では

知らない奴がいないほど仲が良かった。始めはまず俺とゆきが一緒のクラスと

いうこともあってか,お互い仲良くなり自然と付き合う様になった。

愛子とは高校2年で同じクラスだったので仲は良く、ゆきの相談話とかエロ話で

盛り上がっていた。それから俺の友達の知史は俺と音楽、ファッションの趣味が合い、

いつも一緒にいたので自然とゆきと愛子とも仲良くなった。

知史は俺とゆきに触発されたかはわからんが、

愛子との仲が急に深まりだし、いつのまにか付き合っていた。

それからはWカップルで遊ぶのがすごく楽しくて、いつも4人でいた。



<>83親友の彼女とsage04/12/1017:41:00ID:XsRuk0BI<>

幸せな日々が続き、学生待望の夏休みになった。

がっ、俺たちには受験のせいでうざい夏だった。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||

2014年2月12日 | 体験告白カテゴリー:浮気・不倫の体験告白

棚からぼたもち【浮気・不倫の体験告白】

これは不思議だけど ほんとうの話私の前に 突然 人妻が降ってきたようなめぐり合いなんです。

日曜日の昼間、女房はデパートに行き、私はボ〜〜っとテレビをみてましたその時、家の電話が鳴りました。

「もしもし、○山△男さん?」ぜんぜん 心当たりのない声です。でも たしかに 私の名前。

「わ〜 ひさしぶりね〜 私よ私 わすれちゃったの〜?」キツネにつままれたような気分です。

「あの〜 誰でしたっけ?」「私よ ○○中学で 一緒だった あけみよ」ここで気づきました。

敵は だれかと完全に勘違いしてる。こうなりゃ、ばれるとこまで つきあってやれ。

うまく Hまでいければ めっけもん。できなくったって、もともとだ。でも 共通の話題なんてなにもありません。

長電話してりゃ ばれるだけv「あのさ 今ちょっと手が離せないんだ。明日の夕方でも 会おうか」

「うん、 じゃー駅前のトント(仮名)で 6時に待ってる」さ〜 どこの駅だかわかりません。

「どこの駅だっけ?」「五反田よ 五反田」「あ〜 あそこね わかった」こうして電話を切って 翌日を待ちました。

「これで 会えるんだろうか」とにかく 翌日の6時に五反田にいきました。トントという喫茶店はたしかにありました。中にはいりました。

一人でいる女性に声かけりゃ なんとかなると 思ってたけど店内には一人できている女性が4人ほどいましたしょうがなく 

トントの電話番号を109で調べて、電話をかけ あけみを呼び出してもらうことにしました。ウエイトレスが出て

「お客さまで あけみさ〜ん お電話で〜〜す・一人の若い女性が レジまで たってきました。それがきっと 

あけみです私は彼女に声をかけました「あけみさん? わたしが ○山△男です」え?? っという顔つき


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||

2014年2月12日 | 体験告白カテゴリー:浮気・不倫の体験告白

私は後悔している(1)【学校での体験告白】

先日、不思議な光景に遭遇しました。

小学生くらいでしょうか、男子3人vs女子1人が喧嘩をしていて

驚くことに、女の子が優勢で男子達3人はやられていました。

暇だった私は「何をしてるんだい?」と

1人の男子の脇腹に蹴りが入ったところで声を掛けてみました。

近くで顔を見ると、その中に2人知ってる子がいました。

一人は、蹴りが入ったばかりで蹲っている健太君です。

当社に資本参加もしている大得意先、○○自動車 部長の息子さんです。

そして、もう一人は蹴りを入れてる方の女の子です。名前は花ちゃん、

先日、不況のため取引を停止した下請け工場の娘さんです。

さらに花ちゃんの母親である美和と私は不倫関係にあり、花ちゃんとは何度か会ったことがありました。

たしか、2人とも小学5年生だったと思います。

花ちゃんは顔見知りの私に気づくと、ぺこッとお辞儀をして、すぐにその場から去ってしまいました。



外回り営業中の時間つぶしで暇だった私は男子達に喧嘩の理由を聞いてみました。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年2月12日 | 体験告白カテゴリー:学校での体験告白

元彼の子を育てる夫【浮気・不倫の体験告白】

<>206名前:可愛い奥様2007/02/20(火)15:59:04ID:bbuJrbBF0<>



子供2人とも旦那の子じゃない

どっちも父親は元彼

結婚後もずっと続いてて、旦那の出張中に彼と4人で家族ごっこしてた

そのうち元彼をパパと呼ばせようと思ってます

私にとってはこっちが理想の家族だし

旦那には悪いけど、もうATMとしか思えない

いっそ浮気してくれたら慰謝料たっぷりもらって離婚出来るのに

私にベッタリだから余計腹が立つ





<>215名前:2062007/02/20(火)16:37:40ID:bbuJrbBF0<>



そんなにえげつないかな?


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||

2014年2月12日 | 体験告白カテゴリー:浮気・不倫の体験告白

ドムのような女【会社・職場での体験告白】

643:なまえを挿れて。[mailto:sage]:03/10/1902:14ID:???

先々週の金曜の夜の事なんですが、うちの会社で大きな仕事を終え

出張で来てた人が土曜に帰るという事で打ち上げになったのです。

で、うちの会社には4人事務員がいて、自分は前回の飲み会で

そのうちの一人(結婚してる)と寝ました。いわゆる不倫ってやつです。この人を仮にY子とします。

で主役の事務員H子。イメージでいうなら頭部は(まっかな〜バラと〜白い〜パンジ〜の人)そっくり。

機体はドムってよりも、ジオとかドーベンウルフかな。

ドーベンウルフが黒セルの眼鏡をかけてると思って下さい。

年齢36歳、独身、身長160前後。体重?。想像の範疇外です。

Y子にサイズを聞いてみたら、よく分からないとの事。前に社内旅行で同室した時に

何気に置いてあったH子のスカートを自分の腰に巻いてみたら2周したそうです。

ちなみにY子はウェスト57です。

で金曜の夜七時にスタートになりました。俺の席は右にY子、左にH子でした。

終始Y子と話をしていたんですが、なにかに付けて話に加わるH子。

十時前に、そろそろ終わりというところでトイレに行きました。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||

2014年2月11日 | 体験告白カテゴリー:会社・職場での体験告白

不倫する女の思考【浮気・不倫の体験告白】

580名無しさんといつまでも一緒2006/07/16(日)21:57:030

婦人科系の病気の検査はわざわざレスの夫に相談しないで受ける。

でも私も鬼彼とやりすぎてヒリヒリしてて病院行ったりした。

ゴムはお互いいつでもできるように財布に入れてたよ。

旦那が見るわけないし、お金出す時も気をつければ人に見られることも無いから安心だし。

結局旦那が陰でちょろちょろ動いてて、彼と借りてたアパートに探偵と乗り込んできてバレ。

やり直したいって旦那に言われたけど、こんな形で乗り込んできたり陰でこそこそ調べて探偵に報告してたみたいで

そんなやり方でやり直せるわけ無いってひたすら拒否。

結局旦那の方からお前とは暮らせないって離婚。

彼と暮らすため子供も置いていくことに。

本当にやり直したいならコソコソされるのが一番嫌。

しかも最後に何もかも奪って慰謝料まで持っていくんだよね、そういう人。

男らしくない。






この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||

2014年2月11日 | 体験告白カテゴリー:浮気・不倫の体験告白

不倫相手を寝取られて(征服)【寝取られた体験告白】

申し遅れましたが私は政夫で、T氏の名は田嶋と聞いています

ここからは彼女の話です



とりあえず政夫と相手2人が先に居酒屋に入り、田嶋と私がすり傷の治療のためコンビニに消毒薬類を買いにいくことになったのですが、買い物の最中田嶋は冗舌な話術でいろいろなことを話してきました、田嶋「デートの邪魔をして悪かったね」、私「私達さっき実は喧嘩をしていたのわかったでしょ」、田嶋「まあ喧嘩するほど仲がいいと言うけどね」、私「さっきのことは私も誤るけど勘弁してね」、田嶋「あなた次第かな」「私の知る範囲の女性であなたほどの美人は見たことないよ」「タクシーから降りてきたあなたを見た時はビックリでしたよ」「あの彼氏では全然釣り合いがとれないなぁ〜満足させてもらってないんじゃない?」いろいろ話しかけてきたのですが、待てよ〜この人たち20分ぐらい前のタクシー降りた時から私達に目をつけてたんだぁ〜とムットきたので、私「あなたなら私を満足させてくれる自信あるの?」とわざと挑発するように切り返すと、田嶋「どう思います?」と瞬間に後ろに回られ腰の少し下あたりを両手でタッチしてきたのです。すぐに払いのけましたが、触られたのは一瞬なのに鳥肌が立っちゃって、しかもそのタッチは一瞬のはずなのに性的な感触を想像させるものだったのです。





その場はそれで納めて、コンビニでサビオを買って居酒屋に戻ったら、政夫は2人に説教されているようで、かなりお酒も飲まされている様子でしたが、少し先ほどよりは穏便な雰囲気なので安心し田嶋と奥の席に着き落ち着くことにしたのです。明らかに酔っ払っている3人を無視するように田嶋は「明らかに傷害だよね、彼氏も酔っていて話にならないようだし、ここはあなたに責任とってもらおうかな」とまじめに話してきたので私「冗談でしょ」とかわしたのですが、その時はすでに彼の手は私の太腿上にあったのです。顔に平手打ちをしようとも思ったのですが、今日の延長線でまた暴力行為ではまずいと思いしばらく好きにさせておくことにしたのです。





コンビニ前で腰をタッチされた時と同じでそれはソフトな感触でした。今までの経験した男達の脚への触り方は内太腿が中心で結構単調なタッチが多かったのですが、田嶋は一番私が感じる膝のウラとかそのちょっと上を巧みに触るのです。しばらくして、田嶋「警察呼ぶのが一番いいと思うけど、ここまできたら自分たちで解決しようか」「ホテルで話が出来たら水に流すよ」と切り出してきたので私「冗談でしょ私がやったわけじゃあるまいし」と逃げたのですが田嶋「まあよく男がホテルに行っても何もしないと言って誘うけど、俺は今日あなたに会ったばかりなんだから本当に話をするだけだよ」、私「ホテルじゃなくても静かな所だったらいいの」でも仕方なくここは私が犠牲になれば済むのであればいいかと思うようになってきた、政夫も寝てしまっていて早い解決にはとホテルに行くことを決心したのです





田嶋は嫌いなタイプの男でもなく、さっきからの彼の触りで私自信もちょっとその気にさせられていて、最低条件を誓約してくれれば、拒否する気持ちは少なくなってきていたのです。

そして三人を残して店をでて歩きながら

私「もしいやらしい事を考えているなら力ずくは絶対イヤ!だから約束だけは守ってくれる?」と条件をつけました


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||

2014年2月11日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

このページの先頭へ