妻と田舎へ旅行【人妻の体験告白】

妻との結婚式を終え、僕らは2人で北海道内のド田舎へ温泉旅行へ行きました。

とにかく美味しいご飯と、気持ちのいい温泉という条件で選んだため、まわりに観光名所など皆無の山の中です。

何もする事がなく、僕らは晩ご飯の時間までSEXしまくりました。

けっこう肉付きがよく、ムチムチの太ももやEカップのおっぱいをはだけた浴衣から覗かせる妻はとても色っぽく、僕はふだんよりも燃えました。

僕らは結婚前から常にコンドームは使っておらず、その日ももちろん生挿入です。

まだ仲居さんが布団を敷いてくれるような時間ではなく、自分達で敷くと仲居さんが敷きに来てくれた時に「自分達で敷いちゃって、SEXでもしてたのかな」と思われるのも恥ずかしいので、小さな座布団を何枚か並べました。

もちろん、セックスが始まってしまえば座布団など吹っ飛んでしまうのですが…

妻を正上位やバックで突きまくり、僕がそろそろ出そうになると、妻の反撃が始まりました。

僕を仰向けに寝かせると、ちんちんの上に自ら腰を沈め、ヌルンっという感触と共に僕のちんちんは妻のおまんこに咥えられました。

その時点で僕は出そうだったのですが、妻はM字開脚の体制になって、ちんちんがおまんこに入っているのを僕に見せつけるのです。

この体制の時の妻の動き方は腰を使うような動きではなく、膝を使ってお尻を上げたり下げたりして、ちんちんの根元から先っちょまで深くちんちんを咥えこむのです。この体制だと妻の体と僕の体が触れている箇所はちんちんとおまんこだけなので、意識がちんちんに集中して、とても気持ちいいのです。

この時の妻の格好をわかりやすく例えるなら、カエルのような体制と言えばわかりやすいでしょうか。

僕が「だめ、出そう。このままだと中に出ちゃうよ」と言うと、

「まだいっちゃだめ」と微笑みながら言い、下半身の動きを止めるのです。

僕が寸前で止められてハァハァ言うのを見ると、またすぐに下半身を動かして、浅く深くちんちんを咥えこむのです。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||

2014年2月6日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

酔った友人の彼女とラブホ【浮気・不倫の体験告白】

<>240:手抜きは(・A・)イクナイ!:2005/03/27(日)02:08:02ID:Ygmkkwrg0<>

2件目はちょっとおしゃれな感じのバーへ。

「いつもS(友達)とこういうとこ来るの?」と聞くと

「いや、一回も来た事無いから、ドキドキする」とM(友達の彼女)は言う。

このとき、「酔わしてみようかな?」と悪戯心が・・・

Mは付き合いがよく、こっちがドリンクの注文をすると、あわててメニューを見て

でも、すぐ決まらないので「じゃあ、一緒のもうひとつ」という。(かわいいw)

この調子だとすぐ酔わせることができるかな〜と思ったが、よく考えたら

俺ぜんぜん酒に弱かった_| ̄|○ガックリ



<>241:手抜きは(・A・)イクナイ!:2005/03/27(日)02:08:33ID:Ygmkkwrg0<>

で、気づいたら、2人とも「気持ちわるい・・・」

終電に走れば間に合う時間だけど、走るなんてとてもできないし

ましてや正常な判断ができなかったため、2人で

「休憩できるところ行こう」ということで漫画喫茶に行くことにした。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||

2014年2月6日 | 体験告白カテゴリー:浮気・不倫の体験告白

伸枝【人妻の体験告白】

話は2、3ヶ月前の話になります。その日は仕事帰りにいつも使っている出会い系サイトで良い子を探していました。

するとMなのでたくさん突いて欲しいと書き込みを行っていた伸枝という子からメールが返ってきました。

わずか1時間位やりとりをしてアド&写メ交換をして逢う約束をしました。伸枝は29歳で銀行行マンの妻でした。

平日の昼間に待ち合わせ場所に行くと、写メよりも数倍可愛い子が立っていました。

俺は心の中で小さくガッツポーズすると、その子に「伸枝ちゃん?」と聞くと「うん」と答えてくれました。

車に乗り込み1時間位ドライブをしてから近くにあったファミレスで遅めの昼食を取りました。

そこで話を聞くと3ヶ月位旦那とはレス状態で、旦那は出会い系にハマってると話してました。「

これからどうしよっか?ホテルでも行こうか?」と聞くと小さく頷きました。

再び車に乗り込みホテルを探してました。俺はどうしても早くしたくなり、車を運転しながら伸枝の胸を軽く触り始めました。

それから伸枝の服を捲くりあげてブラをずらし胸を露出させました。運転をしていたのでチラッとしか見えなかったけど、Cカップ位の美乳でした。

手探りで乳首を探して軽く摘むと「はぁぁ」と気持ち良さそうな声を出しました。

しばらく胸を堪能したあと、ワレメの方に手をやりました。足を開かせてゆっくりワレメを指でなぞると、既にお湿り状態。

パンティーの横からすっと指を滑り込ませ、軽くクリトリスを刺激すると「あっ、あっ……」と何とも可愛い声をあげました。

「もっと触ってあげるから、下着脱いでみて」と言うと伸枝は腰を上げてパンティーを脱ぎました。

軽く指を舐めてあらわになったオ○ンコに人差し指をゆっくり挿入しました。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年2月6日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

この前ソープにいってきた【風俗での体験告白】

<>1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/02(水)16:34:39.24ID:l8SWG2l00<>



素人童貞にクラスチェンジした





<>3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/02(水)16:35:04.61 ID:7n/YZiZf0<>



クラスダウンな







<>6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/02(水)16:36:08.53ID:uOUJ9yiL0<>

クラスダウンだよばーかwwwwwwww






この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年2月6日 | 体験告白カテゴリー:風俗での体験告白

レイプ犯のたわごと【レイプの体験告白】

レイプしてみたけど・・・投稿者:たそがれ助平◆9NKKN4nIXk投稿日:9月8日(土)18時48分15秒

みんなここで、よくレイプした談話を投稿してるのを見てると、大体が簡単にレイプしたように書いてるけど、実際にレイプを実行して散々な目に合った俺は、あんな簡単にレイプ出来ないし、少し違うと思うな・・・。

 

 

二ヶ月程前・・・その日会社の飲み会でビヤガーデンに行った俺は、少し酔って家に向かって歩いていた。 

すると前から、白いワンピースに紺色のカーディガンを着た娘とすれ違った。 

その娘は眼鏡をかけ、短めの髪で、まだ二十歳そこそこの、大人しそうな女の子だったが、その娘も少しお酒が入っていたのか、顔を赤くして、少し足元をふらつかせながら歩いていた。 

その娘が気になった俺は、針路を変えて後をつけた。もちろんあんな娘と一度やってみたいなと思いながら・・・・

 

少し後をつけると、やがて河川敷の家庭菜園の付近に来て、酔っていた俺は辺りは真っ暗だし、顔も分からないだろうと思い、ここであの娘をレイプしようと決めた!!

そしてポケットから携帯を出すと、ハンカチで包み、そしてダッシュして女の子の背後から抱き着くと、携帯を女の子の口に強引に突っ込んで、家庭菜園の中へと引きずり込んだ。

家庭菜園の中は真っ暗で、しかも青々と生い茂ったトマトや、トウモロコシらしき植物のおかげで車道から中は、全然見えなかった。

 

俺は、女の子を地面に押し倒すと、楽にレイプ出来るだろうと思っていたが、それは甘い考えだった事にすぐ気付かされた・・・。

 


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||

2014年2月6日 | 体験告白カテゴリー:レイプの体験告白

万引き【人妻の体験告白】

会社を早期退職し(サセラレタ?)現在は、大型ショッピングセンターの警備員を

いてるんです。警備員を始めて概1年なんですが、驚くばかりで万引きが多いんで

すね。年齢層も子供から爺婆多岐に亘っています。

 昨日も中学生の女の子を調べていると、3ヶ月前にも同じ内容で取り調べそして

母親に引き取って貰ったのです。今回も母親を呼んでお金の支払と今度やったら警

察に連絡する旨を伝え、始末書を書いて貰いました。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 母親が帰る時、メモ用紙を渡され暫くたって読んで見るとなんと今晩逢ってお詫

びしたいので、8時に直ぐ近くのレストランまで来て欲しいとの内容でした。行っ

て見るとなんと男の性欲を誘うようないでたちで待っているではないか。声を掛け

ると何度も頭を下げ又メモをくれました。読んで見ると今晩お付き合いをするので

是非、先程書いた始末書を処分して欲しいとのことです。前職は教育委員会の仕事

をやっていましたので、この手の事は十分理解出来ますのでうなずきました。

 この母親のテクニックは大変な物で、理由が直ぐに判りました。娘が問題を起こ

す度に男にセックスのサービスを提供してるんですね。したがって男が歓ぶ様に生


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||

2014年2月6日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

大学吹奏楽部で4人の先輩先輩と(リンクで画像付き)【学校での体験告白】

結婚前のずいぶん前の話になってしまいますが・・・。

M大学の吹奏楽部の合宿の飲み会で、私と男4人でお酒を飲んでいて、

いきなり襲われました・・・。



「A先輩、なんで?」

「イヤ、だめです・・私・・・」

「池上、お前どんな男とも寝ちゃうんだろ・・夜のドライブとか誘われると断らないらしいじゃん。学部内でも部活でもウワサ立ってるよ・・・

池上は誰とでもセックスしちゃう淫乱女だって。

見た目は大人しくてすげーマジメに見えるんだけどなー。

大きいお尻だな。揉みがいあるよ・・・Hなカラダしてるなぁ・・・」



残りの3人の先輩が私の腕を押さえつけてきました。

床に押し倒され、上の服(白いTシャツ)をまくられました。



「いやぁっ、やめてくださいっ」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||

2014年2月6日 | 体験告白カテゴリー:学校での体験告白

友達の美香子【友達との体験告白】

<>804名前:えっちな21禁さん:04/10/0820:46:19ID:WQ49JXMg<>

中学3年のとき技術の授業で隣だった子と音楽話で意気投合しちゃって(HR教室と席順が違う)

プライベートでも会うような女友達(仮名・美香子)ができ、放課後や週末に暇ができては遊んでいた。

美香子はルックスもよく、はっきりいって俺のタイプだ。

しかし美香子には彼氏もいたし俺は、友達としてしか見れなかった。

今思えば好きになる気持ちを無理やりにでも封印していたのかもしれないが。

そして別々の高校に進学した時もたまに会ったりしてギターなどを一緒に演奏したりしていた。

もちろん音楽だけでなく恋話や暴露話、H話などもしていた。ちなみに、高校生になった今でも美香子には

中学の時とは違う彼氏がいた。俺は相変わらず彼女はいなく、童貞だった。







<>805名前:えっちな21禁さん:04/10/0820:46:31ID:WQ49JXMg<>

いつものように美香子とメールで遊ぼうと約束して、俺の家にやってきた。

さすがに友達といえど年頃の女の子を部屋に入れるのは抵抗があったので


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||

2014年2月6日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

ホームで吐いている【おっぱいの体験告白】

帰るために、改札を抜けて階段を下りる。

階段を降りた下には、誰かが吐いた後が。

気にせずにトイレに行こうと思うと、男子トイレなんだけど、フラフラしながら、戻ってくる女を発見。

ピンと来た。

「こ女が吐いたんやな」

女はヨロヨロと女子トイレの方に向かっていった。

「これは、オッパイくらい揉めるな」

と思い。出てくる女を待つ。

しかし、ホームで待っているから、駅員にとっては、少し不審者。

たまに、携帯のメールを誰かしらに送りながら、女が出てくるのを待つが、なかなか出てこない。

「もしかして、トイレで寝てる?」

そんな事を考えていた。

「こりゃ、意を決して女子トイレに入ってみよう!」

とトイレの方向に歩き始めたときに女が出てきた。

でも、階段の下でうずくまってしまう。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||

2014年2月6日 | 体験告白カテゴリー:おっぱいの体験告白

派遣社員と不倫【人妻の体験告白】

今、会社にいる派遣社員と不倫してます。彼女は千晶28才で顔はイマイチですがスタイルはモデル並で身長174cm体重49kgで脚は特に長い人妻です。

 そんな彼女が3月前から派遣会社からやってきました。当然そのスタイルには周りのOLからは飛び抜けてよくムラムラしてました。ある飲み会でいろいろ話してると結構ノリがよくHな話題にも対応してくれました。そしてその日はメアドを交換し家に帰りました。

 その後毎日メールでやりとりしながら1週間くらいして会社帰りに車の中で話をするようになりキスや胸をもみました。千晶はすごく嬉しそうに抱きついてきて私の息子を触りながらキスを求めてきました。当然お互い家庭があるので遅くならないうちに家に帰りました。

 そして先週、私か書類保管室で書類探しをしているときにメールですぐくるように命じると早速きました。なにも言わずに抱き寄せてキスをすると彼女の方からすり寄ってきたのでスカートの中に手を入れパンティの上からクリを触ると熱い吐息が漏れ始めたので中に手を入れるともうすでに濡れていました。

 しばらく千晶のあそこを触りながらキスをし、私の息子を千晶の触らせました。

 すでにビンビンでズボンとパンツ降ろして彼女に見せ、私の前に跪かせて舐めるように言うとものすごい勢いでしゃぶり始めました。千晶が欲しいと言うので壁に手をついて尻をこちらに向けるよういうと喜んで向けました。

 スカートを捲ってパンティを膝まで降ろしゆっくりと挿入すると「ウッ」っと声をもらし私の腰の動きに会わせるように腰を振ってきます。千晶は脚が長いので私が普通にたっている状態で挿入できます。

 私が深く挿入すると必死に声を殺しながら小刻みにふるえたました。10分くらいして私はなにも言わずに思いっきり千晶の中にザーメンを出し、抜くとすぐに千晶がしゃぶりついてきました。まるで綺麗に掃除をするように丹念でした。

 後で聞くとあの短い間に5回くらいいったそうです。

 彼女にはいつガーターストッキングを付けるように言うと毎日付けてくれます。今では会社帰りにホテルに行って千晶を軽く縛ったり週に1回は会社でSEXかフェラをさ奴隷のように扱ってます。一見女王様タイプに見られる千晶ですが本当はマゾでした。これからは人妻奴隷としてほどほどに調教しようと思ってます。

 今日も千晶には黒のガーターストッキングを付けて会社へ出社させて、例の書庫室で中出しをSEXしました。

体験告白関連タグ

||||||||||||||

2014年2月6日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

このページの先頭へ