スロットにはまった若妻を罠にはめた【おっぱいの体験告白】

俺が昔、スロットで生活してた頃の話だけど、けっこう良い思いをしてた。

今となっては信じられないかも知れないけど、昔のスロットは、技術介入とハイエナ狙いで、確実に食えた。

閉店間際に天井近い台をメモして、次の日の朝一狙いをするだけの簡単なお仕事なのに、なぜみんなやらないのかと不思議に思うくらいだった。そして、負けてるヤツを見て、正直心の中で笑っていた。フラッと店に来て、適当に台を選んで、ジャブジャブお金を解かしていく姿は、勝っている人間から見ると、俺の養分wて言いたくなる感じだった。

そして、そんな負け方をする人間に、若い女性が多いのもあの頃の特徴だった気がする。

5号機になってからは、俺はスロットは打たなくなったけど、たまに1パチとかで遊んだりする時に、スロットの島を見ると、本当に女性というか、打つ人間そのものの数が減ったと思う。

確かに、今のスロットはストレスしかたまらないw

当時は、アホみたいに金を溶かし続ける女の子を見て、止めときゃ良いのにと思いながら、俺はマジで出しまくっていた。

あの頃は、負けてるヤツは額もハンパではなくて、死んだ魚のような目で打ってて怖かった。レギュラーボーナスが確定しているのに、必死な顔で、すがりつくようにビッグを目押しし続けるヤツとか、溶かしすぎて震えながら打つヤツ、台を壊れるまで殴り続けるヤツ、ホールのトイレで自殺するヤツまでいたような時代だった。

そして、俺が箱を積んで打っていると、たまに女性に声をかけられた。トイレに立った時や、飲み物買いに行った時に、後ろから声をかけられるパターンが多かったけど、ストレートに”買ってくれ”と言うヤツだった。

初めはけっこう驚いたけど、1万で口、2万で最後までとか、風俗より安上がりだったから、ちょくちょく買ってたw

とは言っても、向こうも早くスロットを打ちたいばっかりで、とにかく早くイカせようとするし、移動の時間がもったいないからか、駐車場の隅とか、車の中とか、トイレの中がほとんどだった。

なので、ムードも何もないんだけど、けっこう若い女の子も食えたし、驚くほど可愛い子もいたりで、それなりに良い思いはしていた。

そんなある日、環奈に出会った。

後でわかったことだけど、環奈は26歳の人妻で、結婚して2年も経っていない、ほぼ新婚さんだった。

俺がいつものように、朝イチで並んだ台で打っていて、宵越しのハイエナが上手く行き、1G連も引いて幸先良いなと思っていた時、隣の台に座ったのが環奈だった。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月24日 | 体験告白カテゴリー:おっぱいの体験告白

性欲処理に使える人妻 【出会い系での体験告白】

人妻不倫案内SNSに「年上女性の色気が好きです」と書き込みをして、コメントしてくれた人妻が近所だという事を知って、メールや写メまで交換する間柄になった。俺は24歳のフリーターで彼女は31歳の主婦。

夜の11時に駅で待ち合わせして、焼き鳥屋に二人で入った。掲示板サイトでお互いのプロフィールを見ていたから、家庭の話しや趣味の話しなど意気投合して会話も盛り上がる。彼女は芋焼酎をロックで飲みだしアルコールが入った彼女は、顔を赤くして活舌も悪くなっていた。

「今日は何と言って出て来たの?」と聞くと「高校の友達と…」語尾がほとんど聞き取れないほどヘロヘロだった。日付が変わる頃には目が虚ろになり視線も定まらなくなった。「送って行こうか?」なんて声をかけても反応は薄い。



「しっかりしないと、ホテルに連れ込んじゃうよ」って言うと何故か体を寄せて来た。食事代は俺が負担し、彼女を抱えてタクシーに乗り許可も無くホテルへ向かった。部屋に入るまでは何とか歩けるくらいだった彼女は、ベッドに寝せると呼びかけにも反応が無い。



顔を軽く叩いたり、体を揺さぶってみたが、無反応でこれじゃ何をやっても面白くなかったので、彼女を下着姿にしてそのまま寝せる事にした。翌日、朝の8時に彼女を起こす。最初は状況を把握できてなかった彼女も、俺の顔と自分の下着姿に気づきベッドを出ようとした。



俺は彼女の腕を掴みベッドに引き戻して上に重なった。うつ伏せで寝ていた彼女に強引なキスをして、彼女は必死で口を閉じていたがキスしながら愛撫を始めると力が抜け、抵抗が緩くなった。舐めまわすようなキスを続けながら、愛撫を続けていると彼女の体がピクッとなり、そしてグッタリと倒れこんだ。



「イッた?」と聞くと顔を背けた。「じゃあ、今度は俺をイかせて」と言って彼女の体を起こし、顔の前に仁王立ち。最初はずっと顔をそらしていたが「自分だけ気持ちよくなってずるいね」と鎌かけると嫌がりながらも咥えだした。



苦しそうに咥える彼女の顔のエロさに興奮し。フェラと同時に根元をしごかせ先っぽは、咥えさせたり舌で舐めさせたりした。射精感が迫ってきたので先っぽを加えさせたまま、亀頭を激しくシコシコさせた。



「あっ!イク!」と射精の合図を出すと「んん!んー!」と首を振ったりして口から離そうとしたが後頭部を掴んで口内射精。出した後も口に突っ込んだまま、しばらく余韻に浸っているとゴクンと彼女の喉が鳴り、咳き込みだした。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||

2015年12月27日 | 体験告白カテゴリー:出会い系での体験告白

19歳の童貞がこんな女と出会った 【出会い系での体験告白】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/22(水)01:06:30.51ID:8vZci8RF0<>



まあ立たないとは思うがな





<>4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/22(水)01:07:44.34ID:3GqipBaOP<>



代わりに俺のチンコが立った





<>5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/22(水)01:08:42.22ID:8vZci8RF0<>



まあ立っちまったもんはしょうがない

成り行き云々を書いていこう




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||

2015年12月13日 | 体験告白カテゴリー:出会い系での体験告白

先輩が自分の嫁さんを抱いてくれとお願いしてきた完 【寝取られた体験告白】

会社の先輩に頼まれて、その奧さんのミクさんとセックスをした俺。先輩の希望通り、ミクさんを俺色に染めていった。



その背徳感に、俺は夢中になっていった。でも、俺がミクさんにしているようなことを、先輩は俺の嫁の恭子にしていた……。



前回、先輩に渡された動画には、恭子の黒人とのセックスが記録されていた。動画の中で、信じられないくらいの極太で狂う恭子を見て、巨根だと自負していたプライドがガラガラと音を立てて崩れていった……。

そして、もう自分でもコントロールすることが出来ないほど興奮してしまった。



愛する嫁の過去を知り、そして本当の姿を知った俺は、ミクさんのことを考えていた。先輩の嫁で、驚くほど美人なミクさん。でも、無菌室で育ったのかと思うほど、ウブで天然なミクさん。

ミクさんだけは、俺のペニスが一番であって欲しい……俺のペニスでだけ狂って欲しい……そう思った。



でも、動画には、ミクさんも映っていた……。



ミクさんは、ケビンの極太を握りながら、

『順番だよw 私から!』

と、好奇心でキラキラした目で言う。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||

2014年11月21日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

セフレの若妻にアナルの快感を仕込まれた 【浮気・不倫の体験告白】

今年で29歳になるが、ここ2年ほどで、まったく女性に興味を持てなくなってしまった。理由は、アナニーにハマったからだ。

そこそこイケメンだった俺は、10代の頃から結構女とやりまくっていて、二十歳になる前までに色々な経験をした。

何人かいた人妻のセフレが、ほぼ全員アナルセックスが好きだったこともあり、俺もアナルの快感に興味は持っていた。



でも、セフレに舐めてもらったり、アナルに指を入れてもらっても、少しも気持ち良くなれなかった。人妻のセフレの中には、アナル責めが得意な淫乱ビッチもいたけど、なんか大きいのが出そうな感じになるだけで、気持ち良くも何ともなかった。



なので、興味を持っては色々試し、気持ち良くなくてやめる。そんな事を繰り返しながら二十代後半になった。



そんな中、サイトを参考にエネマグラとかいうグッズを試してみた。太さも全然なくて、不思議な形状をしているそれを、サイトのチュートリアルに従って、ある程度お腹の中をスッキリさせてから挿入してみた。



すると、ほぼ抵抗感なくアナルに入っていき、ある程度の所まで行くと、勝手に吸い込まれていった。その時に、一瞬だけどゾクッとした。今まで、なにをしても気持ち良くなれなかったのに、一瞬とは言え快感が走り、テンションが上がった。





だけど、そこからが長かった。一瞬気持ち良くなっても、すぐに何ともなくなる。気持ち良いポイントを探り探り、催眠オナニーなんかも取り入れたりして、なんとか感じるようになってきた。




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年10月4日 | 体験告白カテゴリー:浮気・不倫の体験告白

私の借金の尻ぬぐいをする妻 【寝取られた体験告白】

今、私の目の前で、嫁が目隠しをした状態でベッドの上に座っている。

32歳の嫁がセーラー服を着て、髪をツインテールにしている。



これが、二人のセックスでのプレイだったら良いのだけど、そうではない、、、





嫁の横には、バスローブを着た男が立っている。

男は、嫁の昔の知り合いだ。

40歳半ばくらいで、かなり大きな会社を経営している人物だそうだ。





「ほら、心美(ここみ)ちゃん、口開けてごらん」

男が優しい口調で、馴れ馴れしく嫁に言う。



目隠しされたままの嫁は、大きく口を開ける。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||

2014年9月30日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

嫁とカップル喫茶に見学に行ったら3 【寝取られた体験告白】

嫁の希とは、結婚する前からの長い付き合いで、セックスレスになりそうになっていた。ネットでオナネタを探すウチに、”NTR使える寝取られサイト”や”禁断の体験エッチな告白集”などのサイトでオナる事が多くなっていた。

そしてそれもエスカレートして、実際にリアルで出会える寝取られ掲示板などを見るようになって行った。



そんな中、思い切って嫁の希にカップル喫茶に行きたいと持ちかけ、予想外にトントン拍子に話が決まった。



1回目の訪問で、常連のみっちゃん夫妻と仲良くなり、すぐに2回目の訪問をすることになった。





そして今目の前では、みっちゃんの極太イボペニスをくわえる希と、みっちゃんの乳首を責める京香さんがいた。

京香さんは、ヒモだけのブラに、パックリ穴の空いたショーツを身にまとっている。そして、そのパックリと開いた穴からは、毛のないツルツルのアソコが丸見えで、そこから流れ出てくる白い精液がよく見えている。



希は、全裸で異形のペニスに口での奉仕を続けている。こうやって見比べると、全裸よりもエロいランジェリーを身にまとっている方が、数倍エロく見える。



「オォぅ……気持ちいよ……ヤバい……」

みっちゃんが、早くも限界を訴える。京香さんとのセックスでは、余裕たっぷりなみっちゃんなのに、今は早漏気味だ。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年9月24日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

いかにも 【ゲイの体験告白】

東京に出張した際、兼ねてから足を運んでみようと思ったハッテン場の○○に行ってみた。

人数が多い分派手に盛り上がっていて、あっちこっちの暗がりからよがり声が丸聞こえだ。



その中でも一番大きい声を出している男をちょっと見てみたらスゲエ!短髪マッチョの「いかにも」な雄臭い野郎が、

股広げてブッ太い拳をケツま○こにガンガンぶち込まれてチ○コビンビンにオッ勃ててヨガリ泣いてる!

こんな雄野郎がフィストされてんのか?!この体は相当鍛えているだろうし、顔も男臭いから、

普通にしてても十分もてるんじゃないのか?近づいてよく見ると、ケツも前もツルツルに剃り上げられている。

チ○コはそこそこでかくて、根元にコックリングが三重に仕込んであって、それで締められているもんだから、

萎えようにも萎えられないし、いきたくてもいけないって仕組みだ。



しばらくそいつのチ○コしごいたり乳首責めたりして遊んでいたら、奥の方に人がどんどん吸い込まれていくのが見えた。

何だろうと思って行ってみると、こっちの方がもっとスゲエ!短髪マッチョの「いかにも」な雄臭い野郎が、股広げて

ブッ太い拳をケツま○こにガンガンぶち込まれてチ○コビンビンにオッ勃ててヨガリ泣いてる!

こんな雄野郎がフィストされてんのか?!この体は相当鍛えているだろうし、顔も男臭いから、

普通にしてても十分もてるんじゃないのか?近づいてよく見ると、ケツも前もツルツルに剃り上げられている。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||

2014年9月9日 | 体験告白カテゴリー:ゲイの体験告白

メールで知り合ったオラオラ系 【ゲイの体験告白】

仕事柄、男しか居なくてボクからすればハーレムだ。しかも今日は上司に褒められて機嫌がいい。

でも、上司はノンケだし迷惑かけるわけにはいかない。



ボクのケツま○こと雄マラを慰めてくれる兄貴は居ないかなーって掲示板に載せたところ、すぐ1通のメールが着た。



「オラァ!お前の種壷に雄マラ突っ込んで雌泣きさせてやるよ!」



と、普段は敬語でしか来ないメールに、いきなりオラオラ系のメールが着ていた。まったく同じものが大量にある中、そういったものが1つあると目立つというやつだ。

ボクは興味半分でそのオラオラメールに返信をしていた。



返信してみると、まさか返信が来るとは思わなかったと返ってきた。

面白い人なので、メールを続ける事にしたのだが彼は早く会ってボクのケツま○こを掘りたいと言っていた。



彼は毎日雄マラと自分の顔を写した写メを送ってくる。そうして何度かやり取りしているうちに会う日が来た。




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||

2014年9月7日 | 体験告白カテゴリー:ゲイの体験告白

二番でも良いと言って結婚した嫁と5 【寝取られた体験告白】

大学生の頃、他の男のことが好きだった麻衣に、しつこくアタックし続けて、なんとか付き合い始める事が出来た。

ただ、麻衣はその時僕に、”ずっと元カレの事が忘れられない。あっくんはずっと二番だけど良いの?”というような事を言ってきた。

必死だった僕はOKして、絶対にいつか一番になってみせると宣言した。



そして結婚して、最近ではそろそろ子供でも……そう思っていた。麻衣も元カレの先輩の事はすっかり忘れたようで、僕も気にしなくなっていた。



幸せな生活……これがずっと続くものだと思っていた矢先、先輩に偶然再会してしまった。





そして、あっという間に巻き戻されてしまった麻衣の気持ち……やっぱり消えていなかった先輩への想い……。

でも、絶望的な状況だと思っていたが、麻衣の僕への愛は、僕が想像していたよりも大きかった。







目の前にある、とろけた麻衣の顔。目はトロンとして、口はだらしなく半開きになっている。そして、僕に抱きつき、


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||

2014年9月5日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白
1 / 612345...最後 »

このページの先頭へ