28歳人妻と……  【人妻の体験告白】

今日の出来事です。暇だったのでテレクラで時間をつぶすことに。

 待つこと数分で電話が。好みではなかったのでパス。次は援助目的だったのでパス。

 3本目にかかったきた電話が28歳人妻のH。暇だったからかけてきたとのこと。

 まずは普通の話から入ることに。よくしゃべる明るくて楽しそうな女性でした。仕事のこと、ダンナのこと。。。

 ダンナの話が出たので話をエッチ方向に。するとダンナは年上で精力減退気味で1ヶ月半ご無沙汰だそうで。

 これはいける! と思い口説きモードに(笑)

「俺のは大きいよって言われてるから試してみる?」の言葉で彼女のオンナ心に火がついたらしく会いたいと。

 もちろん俺はOKし、待合場所へ。

 そこにはちょっと太めだけどかわいらしい女性が。28、しかもとても人妻には見えない。。。

 そそくさとホテルに入りまずはお風呂に

 お風呂でもいろいろ話して楽しめました。

 そして、いざベッドへ。

 俺のものにおもむろに手を伸ばしてくるH。触るなりあえぎ声を上げ「ほんとすごーい」と一言。

「もうすぐこれがHの中に入るんだよ」と言うと「想像しただけで体が熱くなっちゃった」と。

 触ってみるともうすでにトロトロ。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||

2014年2月9日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

淳子【人妻の体験告白】

何年ぶりだったろう。

大学を卒業してかれこれ10年、お前も32〜33歳になっているはずだ。

 けれども、少女を思わせた細りとした華奢な肢体も、パッチリとした瞳の愛らしい笑顔も、少しも変わっていなかった。

 むしろ大人の女の落ち着きと、清楚な品の良さは、俺を欲情させるに充分な魅力となっていた。

 俺の愛を受け入れず、会社の同僚のつまらない男と結婚して、転居していった淳子。

 しかし、運命はこうして再びお前に巡り合わせてくれた。

白いカーデガンにロングスカートという質素な出で立ちで、近所の主婦仲間と笑顔で語り合いながら、商店街を歩く淳子。

 お前が連れている幼子は、俺には触れさせもしなかった唇をあの男に委ね、優しく抱擁されて裸身を開き、愛ある営みを重ねた末の結晶か・・・。

 「私には生涯を誓い合った大切な人がいます。これ以上私に付きまとわないで下さい。」

 執拗に交際を迫った俺を、「キッ」とした視線で睨み付け、あの軟弱な男との生活を選んだ淳子。

 だが、お前も思い知ったことだろう。

 お前がセックスだと思っていた愛のある営みなど、ほんの戯れ事でしかないことを。

 圧倒的な力強いセックスの前では、女の貞節など、紙切れのようなものでしかないことを。

 強いオスの種を残すという動物の本能の前では、女は一匹のメスでしかないことを。

 宅配便を装った俺から幼い子供を守るために、震える指で、歯を食いしばるようにして服を脱ぎ始めた淳子。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||

2014年2月9日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

変になっていく【人妻の体験告白】

結婚10年を過ぎ少し倦怠期かなと感じている36歳の主婦です。

ぎこちなかったセックスも今では淫乱かしらと思うほど感じるようになっています。

それなのに逆に主人の要求が少なくなって欲求不満気味なんです。

だからと言って浮気や不倫はしておりません。

今年の夏のことです。

猛暑の所為か真夜中に喉が乾き下の台所の冷蔵庫に冷やした麦茶を飲みに降りました。

主人の両親との同居なんです。 子供はいません。

舅達は一階の和室を使っております、私たちは二階を。

階段を忍び脚で下りると和室の襖が30cmほど開いていてスタンドの灯りが漏れていました。

こんな時間に起きていらっしゃるんだと思い更にこっそりと台所に向おうとしたんです。

和室から艶かしい義母の喘ぎ声や息遣いが聞こえてきました。

65歳の義母がと思うと金縛りにあったように動けませんでした。

「たっぷり舐めておかないと濡れが少なくなったからな」と義父の声が・・・。

「ああっ、、、いいわ、たっぷり舐めて」と甘えた義母の声。

「さぁ、お前も俺のチンポを舐めておくれ」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||

2014年2月9日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

母乳妻と【人妻の体験告白】

5年くらい前だけど、出会い系で知り合った子が産後3ヶ月。

子供ができてからダンナが子供しか相手にしないんで、なんか欲求不満みたいな書き込みしていたので(一応、エッチはなしとか書いてたけど)、これはイケルかなと。

そうです、何に期待したかというと・・・母乳です。

メールしてすぐに子供の写真と本人の写真送ってきたんで、子供もカワイイけど、君のほうがかわいいって書いたらすぐノッテきた(実際、目が大きくて結構かわいかった)

で、メールでもちょいHな話したけどOK。

1週間後(平日)、子供と一緒に父親になったつもりで動物園でデートして、帰りに子供つれたままホテルへ。

期待していた通り、母乳は・・・産後3ヶ月だけあって飲みきれないほどの量でした。

でも、子供が肝心なときに泣き出してちょっと萎えたけど、おっぱいあげて(自分も一緒に飲んだ)寝かしつけて、なんとか1発。

その後も、何度か母乳デートして、1年くらい付き合った。

母体の神秘を感じたのは、子供が泣きだすと、何もしていないのに、母乳がポタポタ垂れ始めたことがあったり。

水分補給&食後は、張ってくるのが早かったり。

デートはいつもH&母乳付き。なんでも、ダンナは母乳に興味ないらしい。

一度、彼女に頼んで、濃い色のTシャツに母乳の染み作らせて、子供を背負わせてデートした。

背負い紐?が食い込んで、ただでさえ授乳中で大きくなっている胸はバッチリ強調されて。

子育て中の女性とはいえ、すれ違う男達はやっぱり強調された胸元が気になるようで、結構注目浴びた。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||

2014年2月9日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

関西の中小企業で・・・【会社・職場での体験告白】

 数年前の出来事です。

 当時、私は関西で中小企業の総務部長をやってました。夏頃、事務の女の子が結婚で

急に辞めるようになり、その子の補充をすることになりました。

求人をしたところ、何人かの応募があり面接しました。その中に、新婚3ヶ月の新妻

がおりました。スタイル抜群で名前は恵里子と言います。



 スケベ心を刺激され、恵里子を2ヶ月の試用期間を経て雇うことにしました。

もう少しで試用期間が終了するという時期の休日に仕事があるからと恵里子に休日出勤

を命じました。もちろん、仕事なんか有りません。

恵里子は会社で出勤しているのが自分と私だけなので怪訝な顔をしていました。

すぐに応接室に呼び「大人の関係をしませんか?」と切り出し、現金の入った封筒を

差し出しました。



 すると彼女は驚き、封筒を見つつ「夫がいるからダメです」と答えました。

私は対面で座っていた位置を彼女の隣に変え、制服の上からバストを触りました。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||

2014年2月9日 | 体験告白カテゴリー:会社・職場での体験告白

上司に無理やり【人妻の体験告白】

26歳の会社員です。私は,結婚していて夫がいます。でも,いつも,男の人たちは,私が結婚していることを知っていて誘おうとします。「人妻」というのは,一つのブランドなのですか?男の人たちは,若い子が好きだと思っていましたが,「人妻」というのは後腐れなく遊べるという,そんな気楽さの対象なのですか?

私は,上司に犯されました。部長は,私が結婚しているのを知っていて,私に関係を迫り,犯したのです。

私は,仕事で新しいプランを提出することになっていました。自分が中心になるのは初めてで不安だらけだったときに,その隙をつかれたのです。わらにもすがる思いだった私は,「相談に乗る」という声に,疑いもなく出かけ,そして犯されてしまいました。最初は,きちんと仕事の話をしていたのです。でも,部長は必要以上に私の身体に触れだんだん妙な動きをするようになりました。そのイヤらしい動きに,私が堪えきれなくなって立ち上がってお茶をいれようとしたとき,私は後ろから抱きすくめられていました。

私は悲鳴を上げました。でも,抵抗しようにも腕も動かせず,身体をねじろうと暴れてみても部長の腕に私の身体はしっかりと抱きしめられていました。そして部長は,「仕事,上手くいきたいんだろ。絶対上手くいくようにしてやるぞ」と言ったのです。

「俺の力がいるな。この書類を完璧にして,口添えしてやってもいいんだぞ」私は,その言葉の意味を理解したとき,一瞬迷ってしまったのです。どうしよう・・・こんなのいやっ・・でも・・・私は,本気で抵抗することが出来なくなっていました。見透かしたように,部長は私の耳を舐め始めました。手は服の中に入ってきて,ブラの上から胸を揉み始めました。

気持ち悪い・・・私は総毛立つ思いでした。ひたすら嫌悪感に堪えるのに懸命でした。部長の手が,身体中を這い回りました。首の周り,胸,脚・・・その間,部長の舌は私の耳や首をなぶり続け,私はジットリと汗ばんでいました。服を脱がされ,ブラのカップを剥かれました。とうとう露出させられた私の乳首。あぁ・・・見られてしまった・・そうショックになったのもつかの間,部長の口に乳首を含まれていました。口の中で,乳首の先にチロチロと舌が這い回るのが分かりました。

「んんぅっ!いやっ,いやっ!」叫んで,部長の顔を両手で引き剥がそうとしましたが,私の背中にまで手を回して,強く抱きしめられてしまうと,どうしようもありません。抱きしめられて,胸を舐められるがままになるしかありませんでした。私は・・・乳首がとても弱いのです。自分が弱いと分かっているところを,長い時間愛撫され続けるのは,この場合とても残酷でした。私は,濡れてきていました。左右の胸に,代わる代わる舌が巻き付いてきます。舌が乳首の周辺を這い回り,頂上の部分を突つかれ,唇で吸われると,アソコがジーンとしてくるのです。今まで,夫で覚えた性感が恨めしくなりました。

舌に乳首を転がされると,身体がピクンと反応してしまいます。身体に刺激を受けて,Hな気分が少しずつ,無理矢理高められていくのです。「あっあっ,ああぁっ」いつの間にか,イヤらしい声が出ていました。部長の手が,スカートの中に入ってきて,指をショーツの上からアソコに押しつけました。「いやっ!やめてっ!」身体をひねって抵抗しようとしましたが,指は簡単にアソコの溝の部分を探りつけ,グネグネと動いてきました。ヌチュッという音がしました。

「濡れているぞ。ユミ。そんなにイイのか」勝ち誇ったように私の顔をのぞき込んで,更にアソコをなぶってきます。ショーツの中に手が入ってきました。一瞬,私は身震いしました。ゾクゾクッとしたものが,身体に伝わってきたのです。

あぁっ・・だめっ・・感じてしまうっ・・身体をこわばらせて,感じないように頑張るのですが,部長の指はそんな私をあざ笑うかのように感じるポイントをソフトに探り,刺激してくるのです。私の,アソコの肉をかき分けて指は動き,かきまぜ,出し入れし,小刻みに震わせ,私の性感をいとも簡単に呼び起こして,更に高みに押しやるのです。私の頑張りも,もう限界でした。私は,部長の肩を掴み,握りしめ,悶えていました。「あっ,あっ,あっ」淫らに声が漏れるのも,我慢できなくなっていました。

部長は,私からショーツを抜き去りました。「ほーら,これがユミのアソコだ」そう言って部長は,私の脚を大きく広げ,アソコにむしゃぶりついてきました。唇が強く押しつけられ,温かい舌が私の部分を割って入って来るのを感じました。何という快感。強く脚を固定され,激しく舌が私の身体の中を掻き回します。

「ああぁぁぁーっ,あ,あぁぁっ」私は,かん高く自分でも恥ずかしくなるくらいの声で喘いでいました。どんどんHな声になっていくのが止められませんでした。部長の舌は敏感な部分をも探り当て,そこを押しつぶし,吸い付き,私は気も狂わんばかりの声を出していました。

もう,いきそう・・・いきそう・・・いってしまう!!そう思う間もなく,私はあっという間にイッてしまいました。でも,部長はやめてくれません。私の身体を徹底して探るように,奥へ奥へと舌を伸ばして入れ込んで,中を動き回り,やはり舌を激しく出し入れするのです。

今イッたばかりというのに,私のアソコはすっかり変になっていました。私はすぐに,部長から与えられる快感の波に飲み込まれてしまっていました。頭を振り,身体を,腰をくねらせ,淫らに声を出してヨガっていました。抵抗などとうに忘れていました。舐められれば舐められるだけ,私のアソコは際限がないかのように濡れていくのです。「いいぞ。ユミ。お前の反応は最高だ」部長に恥ずかしくなることを言われ,ピチャピチャと音を立てて吸いたてられ,そうして,また強烈な感覚が襲ってきて,叫びながらイッてしまいました。

30分から1時間ほどもクンニされ続けたと思います。何度,部長の舌でイカされたかわかりません。頭はボーッとして,何も考えられず,放心状態でした。ただ,身体が時折,ピクッ,ピクッと痙攣するのを感じていました。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||

2014年2月9日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

いつもの私じゃあないみたい【人妻の体験告白】

私は39歳、兼業主婦をしています。

私は、先日、初めて夫以外の男性とSEXをしてしまいました。そのときの様子をここに書いてみたくなりました。

先日のデートで私は今も酔ったような気分でいます。

いつもの自分とは違った感覚・・何もかも上の空のような状態、気持ちがフワフワしていて落ち着かない。

寝てもさめても、あの時の記憶しかありません。

当日私は社長に呼び出された場所へ行きました。

ホテルのロビーで待ち合わせをしていました。約束の時間より早く到着した私でしたが、その時に携帯が鳴って電話に出てみると社長からでした。

「ホテルに着いたら、○○号室にいるので、そのまま上にあがってきて」とのことでした。

何となく・・・出かける前から予感はしていたものの、でも、やはり気は落ち着かず、ドキドキしっぱなしでした・・これからの自分のことを考えると・・不安・・。

部屋のドアの前のドアに立ち、チャイムを鳴らしました。

部屋の中から歩く音が聞こえ、近づいてくるというのがわかりました。

ドアのロックが外される音、それだけでドキッとしました。社長が顔を出し私の顔を見るなり「大丈夫?」と聞いてきました。

「はい。何とか大丈夫です・・・」と答えると、肩をつかまれそのまま部屋のなかに導かれました。

「今日の仕事の話だが・・・・」と話し出す社長の言葉が、

私にはなかなか耳に入ってきません・・・私はかなり緊張をしていたと思います。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||

2014年2月9日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

会社の後輩N美と不倫【会社・職場での体験告白】

もう昔のことなのでカキコします

当時 N美26歳(×1 娘1)入社半年 俺35歳(既婚・子蟻)入社8年目

日帰りの出張を社員4人で出かけ(♀はN美だけ)

夜21時頃解散にした直後、突然N美からメールが・・。

(今まで彼女とは仕事の連絡で数回しかメールした事がなかった)

「私 ○○さんの事が好きです(^-^)」

ん??ドキッとして返信に戸惑ってたら、 

「やっぱり迷惑ですよね(__)」とメールがきた。

俺は 「凄く嬉しいよよかったら今から戻るから会う?」と返信。

何回かメールのやりとりしたあと 互いの車でスーパーの駐車場で待ち合わせの約束。





N美はおとなしい感じで仕事は黙々ときっちりこなすタイプ。

後ろから見ると制服のスカートから伸びる足がスラリとしていてなかなかスタイルはいい。

何度かひとりHでオカズにしたことはあった。この歳で・・・。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年2月9日 | 体験告白カテゴリー:会社・職場での体験告白

うちで雇った同級生の妻【浮気・不倫の体験告白】

これは私が経験した?本当の話です。まあ、ネタと思っても構\いませんが。

千秋が私の会社に事務員として来たのは、彼女の夫が私の同級生だったからです。

前の事務員が、家庭の都合で辞めたいと言う事で捜していたところに、彼、津川が

ひょっこりやって来ました。

「誰かパートでもいいから、居ないかな?」と言う私の問いに

「もし良ければ、うちのカミサン使ってよ。」と言う申\し出が有りました。

元銀行員と言うので、一度会うことにしました。

思ったより綺麗な人で、(今の女優で言うと国仲涼子にそっくり)頭もきれそうでしたので、すぐ採用を決めました。

はっきり言うと私は、津川が嫌いでした。高校の時から。

でも津川は私がそう思ってるなんて知る由も無く、ワイフを私に預けたのです。



千秋は取引先からの評判も良く、すぐ仕事にも慣れました。

彼女が私に好意を持ってるみたいだな と言う事は、すぐ分かりました。

土曜日の昼からはよくビールを買って来て、2人で飲みました。

勿論、他の社員が居ない時に限ってですが・・・。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年2月9日 | 体験告白カテゴリー:浮気・不倫の体験告白

人妻に子種を【人妻の体験告白】

私がアルバイトをしていた会社にパートで働いている主婦がいました。

彼女は何かと親切にしてくれましたが、当時まだキスしか経験がなかった

私は他人の奥さんと秘密の関係になるなど思いもしませんでした。

そんなある日、彼女から「今日、旦那がいないから家に遊びに来ない」と

誘われた時は夢のようでした。

さっそく、仕事が終わった夜に彼女の家に行きました。

しばらく彼女と話をしながら夫婦の事を色々聞き出しました。そして彼女

は旦那とはうまくいっていない事などが分かりました。

そんな話をしながら二人は自然と抱き合い、キスをしながら裸になりまし

た。まだ女を知らない私には、当時28才でまだ子供を生んでいない彼女の

体はとても眩しく写りました。

そして彼女は私のペニスを優しく自分の秘密の密壷に導いてくれました。

初めての私はあっと言う間に終わりました。

彼女がティシュで拭いている間に若い私の体は直ぐに2回目の挿入に入

りました。今回は少し余裕が出来、私の腰がピストン運動をすると彼女


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||

2014年2月9日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

このページの先頭へ