拝啓 先生 【会社・職場での体験告白】

小龍先生!またまたコレクションが増えました!

全て、先生のおかげです。

今回は、先日、ご報告した私の会社の先輩です。

大勢の同僚たちから美和さんと名前で呼ばれ、社内で1番人気のある美しい女性です。

身長は私より少し高いくらいですから168cmくらいでしょうか。

今年40歳になってしまいましたが、スラッとしていて、品があり、若々しく感じるため、

23歳の新入社員でさえ毎晩おかずにしてるとのことです。

部署の男だけで飲みに行くと、必ずといっていいほど、美和さんの話題になります。

「ブラウスから白いブラが透けてたのが堪らないとか」

一応、役職者である課長でさえも、「あの足は芸術だとか、わが社の宝だ」などと言ってる状態です。

会議でペンを落として拾う時、美しい脚線美に見惚れて、机に頭をぶつけた奴も何人もいます。

部には他に5人女性(20代や30代)がいますが、彼女達の話題は全く出ずに、だいたい美和さんの話題になります。



そんな憧れの美女を念願叶って抱くことができたことは、、先週のメールで報告済みですよね。

そのことも非常に感慨深かったのですが、


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||

2015年3月23日 | 体験告白カテゴリー:会社・職場での体験告白

部下の嫁に罠をかけて巨根で堕としてみた 【会社・職場での体験告白】

私は今年で40歳になった。まだ結婚はしていない。と言うか、結婚に興味が持てない。女性のことを信用できないという気持ちが強いからだと思う。



私はそれなりにルックスも良く、男性器の性能も良かったので、若い頃から遊びまくっていた。そして、普通の女性とのセックスでは刺激が足りなくなり、人のモノ……彼女だとか、人妻にしか興味を持てなくなってしまった。

そんなセックスをしていると、女性があっさりと伴侶を裏切る姿をイヤと言うほど目の当たりにする。そんな刺激を求めた背徳的なセックスを繰り返したツケが、いまの私の女性不信に繋がっているのだと思う。



そして、見ず知らずの人妻などを落とすことにも飽きてしまった私は、身の回りの知り合いの人妻に興味を持つようになっていた。



私は小さいながらも広告代理店を営んでいて、早いタイミングでスマートホン対応をしたおかげでそれなりに収益も上げる事ができ、従業員も80名を超えた。



そんな中で、営業部の部長を任せている間宮という男の妻に目を付けた。間宮はとにかく真面目で勤勉な男で、まだ35歳という若さにもかかわらず、彼が部長をしていることに社内でも誰も異論は無く、誰もが認めるエースという感じだ。



そして、彼は社内結婚をしていて、私の秘書が彼の妻だ。名前は美帆といい、見た目からしてザ・秘書という感じの上品で清楚な感じの女性だ。年齢は29歳で、女盛りの最盛期、色気とフェロモンが過剰分泌されているようないい女だ。

彼女はスレンダーな身体をしていて、一見ほっそりとした印象だが、よく見るとスーツの中の胸はブラウスのボタンをはじき飛ばしそうだ。



膝丈のタイトスカートからのぞく足も美脚で、会社の看板という言葉がピッタリと来る。実際、業界紙で美人秘書という紹介のされ方をしたことが数回ある。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||

2015年3月20日 | 体験告白カテゴリー:会社・職場での体験告白

首筋にあてたナイフを思い切り押し込みました。 【寝取られた体験告白】

私は37歳。父から引き継いだ祖父の代から続く工場を経営しています。

妻は31歳。学生の頃、彼女の家庭教師をしたことが縁で結婚しました。

妻は夫の私が言うのも変ですが、美形です。

アナウンサーの大江麻理子さんに似ていると、何度も言われている私の自慢の妻です。

工場経営と聞くと、昨今の不況で、大変だと思われるかもしれませんが、

当社は世界的企業である(伏字にしますが)○○自動車の仕事を直接受注しているため、無事に営業ができています。



先々月、私はストレスと糖尿病から網膜剥離になり、何度か手術をするために入院しました。

そして、私の入院中は妻が工場を切り盛りすることになりました。

妻に任せてから数日後、突然、数億円規模の大きな仕事が舞い込んできました。

妻から詳しく話を聞いたところ、新製品に使う部品で当社の技術がどうしても必要だとのことでした。

私は入院中で1ヶ月程度は目が見えないため、この仕事を請けるかどうか迷いました。

しかし、○○自動車の担当者である佐藤さんとは3年の付き合いで信頼関係が築かれており、

また、この度の新製品の資材関連の担当者は妻の学生時代の同級生である清水さんという人で、妻も安心しているようだったため、

何より大きな仕事が欲しいという気持ちが優先してしまい、この仕事を請けることにしました。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||

2015年3月18日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

王者2 【寝取られた体験告白】

「正直に話すけど」

「まぁ話の流れ的に、あなたもうすうす気付いてたでしょ。」

「そう、私の目に飛び込んできたのは間違いなくサヤカだった。」

「裸にひん剥かれ

「ベットをギシギシ軋ませながら、寝バックの体制で龍也に激しく攻められ、

私が今までに見たことのないような悦楽の表情で喘いでいるサヤカだった。」

「すっごく激しいSEXで私が勝手に部屋に入ってきたことなんて二人とも全く気付いてなかったわ。」

「サヤカはサヤカで口では龍也との行為をダメダメ言ってるんだけど、身体は正直よ。」

「私が見る限りその顔はやっぱり完全に蕩けきった女の顔になって龍也に身体預けてた。」

「とてもじゃないけど他に彼氏がいる女の顔とは言えなかったわ。」

「その可憐な身体も龍也の激しい抽挿とスパンキングに、これでもかってぐらいよがり狂わされてた。」

「龍也に真っ赤になるまでお尻を叩かれて、

これまた口ではその乱暴な行為を拒否するんだけど、やっぱり体は快楽には正直なのよ。」

「叩かれるたびに、いっそう気持ちよさそうなエッロイ声だすの。」

「んーー!!あん!あーーああああ。。。んんーああーん、あっあっあっあっ〜〜〜〜〜!!!


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||

2015年3月18日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

中2の夏休みプールで 【露出の体験告白】

中2の夏休み。

友達5人で花火をしようと近くの公園へ。

一通り公園でキャーキャー遊んだんだけど

テンションがあがってしまって学校に忍び込もうという事に。



もう、探検みたいですごく盛り上げってて、

そしたら一人が暑いしプールに入っちゃおう!ということに。

今なら絶対やらないけど、中学生だったし

夜に友達とはしゃぐなんてあまりなかったから

みんなテンション上がってたんだろうな。



全裸になってプールに飛び込んでキャーキャー楽しんでた。

少し経った後だったと思うけど、

突然「コラー!!!」という声が。

ビクッとなって固まったよ。。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||

2015年3月15日 | 体験告白カテゴリー:露出の体験告白

ウブな人妻が知った肉の喜び2 【寝取られた体験告白】

麻由香は、夫に抱いてもらえない欲求不満を”大人のおもちゃ”という、はしたないまがい物の淫棒で解消した。それは、夫しか知らない麻由香にとって、セックスへの固定概念を覆されてしまうほどの衝撃的なものだった。



それがもたらすあまりの快感に、麻由香は夫への罪悪感を覚えるほどだった。そして、純真で貞操観念の強い麻由香は、そのまがい物の淫棒を包丁で輪切りにして処分した。





麻由香は、晴れ晴れとした表情で夕食の準備を始めていた。まがい物の淫棒とはいえ、それにより欲求不満をある程度解消された麻由香は、今まで何をクヨクヨ悩んでいたのだろう? と思うほどに気持ちがリフレッシュされていた。





(今日は、私の方から抱いてもらおう。私が襲っちゃえば良いんだわ)

麻由香は、そんな風にある意味で開き直るように考えることが出来るようになっていた。

(あんなはしたないおもちゃでも、役に立ったわね)

麻由香は、キッチンの隅に置かれたビニールを見て笑った。あの中には、無惨に輪切りにされたまがい物の淫棒が収っている。もし、誰かが袋を開けたら、一瞬猟奇事件か? と、勘違いするかもしれない。



麻由香は鼻歌を歌いながら、楽しそうに夕食の下ごしらえを終えると、着替えを始めた。

(もっと、浩介さんに興奮してもらわないと)


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||

2015年3月15日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

王者 【寝取られた体験告白】

最近彼女の様子が何かおかしい。

僕には高校の時から付き合っている「さやか」という彼女がいるのだが、最近その彼女が全然僕と会ってくれない。

久々に会えると思っても、急に用事が入ったり、体調を崩してしまったりとかで、ここ数か月は本当に会えない日が続いている。

ちなみに僕も彼女も今年の春、大学に入学したばかりの大学1回生なのだが、残念ながら通っている大学が違う。

僕としては彼女と同じ大学に入りたかったのだが、向こうの親の方針で彼女は女子大へ行くことになり、それは不可能となってしまった。

しかし、お互いに大学には通いで、家もさほど遠くなかったこと、一番はお互いにラブラブだったこともあり、彼女と話し合った結果、もちろん大学に入っても恋人関係を続けていこうと言うことになった。

僕も彼女の行く大学が女子大だったこと、また彼女が本当にしっかりした性格だったこともあり、安心して今まで通りの関係を続けていけるだろうと何の気兼ねもなく思っていた。

また、彼女は誰にでも優しく、元気で、容姿も端麗で、僕からすれば本当に完璧な女性であった為、通う大学が違うからと言って、彼女を手放したくはなかった。

さやかは、顔もミタパンとかいうアナウンサーに似ており僕の好み中の好みで、本当に僕からすれば完璧の女性だった。

彼女とは高校の部活で知り合い、色々な苦難を乗り越え、切磋琢磨している内に自然と付き合うことになった。

彼女は男女いるうちの女子部長だった。もちろん僕は部長でなはい。男の部長は他の奴だ。

僕は特に運動神経が良いわけでもなく、しょっちゅう怪我をしてチームの足を引っ張ったりしていたのだが、そんな僕を毎回気にかけてくれたのがさやかだった。

僕は頼りなく、さやかは、おせっかいなぐらい責任感があり、今となっては情けないが、このお互いの特性の相性が良かったんだと思う。

彼女も僕と付き合ってくれた理由として、僕が危なっかしくて、ほっとけないし、過程はどうであれ接しているうちに僕が純粋で優しくていい人だとわかったから付き合ったと言ってくれた。

付き合えただけでも最高だったのだが、さやかの初めての人が僕だと知った日には本当に感極まって嬉しかった。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||

2015年3月15日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

【3P体験】合コンで知り合ったムチムチ巨乳の銀座OLと3P 彼氏より大きな巨根で2人ともイカせまくり 【寝取られた体験告白】

この間、かなり刺激的な体験をしたので投稿させてもらいます。



こんにちは、ヨシ(仮名)と言います。

いま28歳で、都内の外資系企業に勤めています。

勤めている会社が有名なせいか、合コンの誘いなんかがしょっちゅうあります。

それでいい思いをさせてもらうこともしばしば(笑)



今回は、この間参加した合コンであった話です。



人数は3対3で、相手は某大企業に勤めるOLで勤務地は銀座らしい。



こちらは、会社の同期3人組。ただし、俺以外の2人は彼女います(笑)

けど、そんなの気にせずにいつも女遊びしてる、そんな遊び仲間です。



ここで登場人物紹介を。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||

2015年3月12日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

ませた従姉妹とロリマンママとの一週間4 【妹との体験告白】

母の弟家族との、毎年恒例の別荘での1週間。すっかりとオトナになった愛花ちゃんと、衝撃的な初体験をしてしまった。それだけではなく、愛花ちゃんのママの千里さんとも関係を持ってしまった。



いつまでもおばさんにならない森高千里そっくりな愛花ちゃんママとのセックスは、愛花ちゃんとのセックスとはまったく違い、異様にエロかった。

千里さんとする直前に愛花ちゃんに二度も射精していたのに、立て続けにまた二回射精してしまうほど、千里さんはエロかった。



叔父さんがすぐ横で寝ているベッドの上で、たっぷりと千里さんの中に注いでしまい、罪悪感と焦りでドキドキしている僕のおちんちんを握ると、千里さんは、

『まだ出来そうね#9825; 次はバックでいいかしら?』

と言った。そして千里さんは四つん這いになる。背中をのけ反らせ、腰を突き出すようにするので、毛のないツルツルのロリマンが丸見えになっている。薄暗い中でも、そこからあふれ出る白いものがよくわかる。



僕は立て続けに何度もイッているのに、もう回復して勃起率120パーセントになっていた。

でも、僕の中の冷静な部分は、すぐ横でイビキをかきながら寝ている叔父さんにビビり倒していたので、

「でも、叔父さん本当に平気ですか?」

と聞いた。

『へーき、へーき!この人の眠りの深さはのび太君以上だからw』

と、千里さんは軽い感じで言うと、自分のアソコを指で押し広げた。毛のないツルツルのロリマンがクパァと開き、さらに白い僕の精液が流れ出てくる。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||

2015年3月9日 | 体験告白カテゴリー:妹との体験告白

やりきれるの? 縦セタママとためちゃう息子 【近親相姦の体験告白】

康太のズボンの上から、そのいきり立ったペニスを触る白い指。康太はまだ一年で、思春期の扉を開けたばかりの彼は、やっと毛も生えそろってきたというところだった。



そんな康太のペニスを優しく触りながら、

『最近してないでしょ? また、ためちゃわない?』

と、優しい笑みを浮かべながら聞いてくるのは、康太の母親だ。肩より少し長い髪で、童顔の彼女はまだ若々しく、女子大生の中に混じっても違和感がない感じだ。

いくら早くに康太を産んで、それほど歳がいっているわけではないにしても、異常なほど若々しい。

彼女は、いつものピンク色のエプロンの下に、薄い紫の縦に織り目の入った長袖のセーターを着ている。普通の主婦の格好だが、童顔の彼女がしていると、料理教室に通うOLのように見えてしまう。





そして、康太を母乳で育てた事で妊娠前よりも大きく育った胸は、エプロンの上からでもはっきりと存在を主張している。

そんな彼女が、椅子に座る康太の前で床にひざまずき、優しくズボンの上からペニスを撫でながらそんな事を聞くのは、恐ろしく背徳的で淫靡なモノに聞こえる。



「だ、大丈夫だよ! 一人でやるから!」

康太は、慌ててそんな事を言う。顔も真っ赤で、照れているのがよくわかる。

『平気なの? 一人でやりきれるの?』


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||

2015年3月6日 | 体験告白カテゴリー:近親相姦の体験告白

このページの先頭へ