家に帰ると妻が襲われていた話【寝取られた体験告白】

私の妻の裕子は、鶴田真由に似た、明るく聡明な女性であった。

○○大学で古文を研究し、その経験を生かすため

私立高校の国語教師という仕事に情熱を傾けていた。

結婚して2年、裕子が25歳になって間もないあの日まで、

私たちは人も羨む仲むつまじい夫婦として暮らしてきた。

あんな悪夢のような日の出来事さえなければ・・・。あれは1年前の3月26日だった。

3日前に卒業式を終え、春休みで裕子が家にいるので、

私は取引先からそのまま直帰し、7時前に帰宅した。

買ったばかりのマンションのロビーで呼び鈴を押したが返事がない。

仕方なく解除番号を押して5階に上がった。

玄関でもう一度ベルを押したが中に人の気配があるのに返事がない。

不審に思った私は鍵を開けて、玄関に男物のスニーカーが

複数脱ぎ捨ててあるのを見て、ハッとした。

その時、奥の部屋の方から、「ムグゥ~」と言う、

くぐもったような女の声が聞こえてきた。「裕子、どうした。」思わず声のした方に駆け寄った私は、突然部屋の影から飛び出した人影に


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||

2017年12月21日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

両性具有 一人二役 【レイプの体験告白】

校舎から離れたの体育倉庫に、テントや体育用品と捨てきれなかった備品が積んである。辺りは薄暗く、部活の生徒たちは帰宅した時間だ。



その体育倉庫の中で、一人の小柄な男子を、他の3人が、広げた古い体操マットに押さえ付けていた。



「やめろ! 離せっ!!」



小柄な男子は叫ぶ。

しかし、体育倉庫の裏は、山林で叫びはどこにも届かない。



「本当かよ、伊藤が女だって」

「あぁ。伊藤と同じ小学校だったやつから聞いたんだ」



押さえ付けている生徒たちが、そんなことを話している。



「ふざけんな、俺は、男だっ!」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||

2015年5月4日 | 体験告白カテゴリー:レイプの体験告白

すり替え 【レイプの体験告白】

日本兵が凌辱して殺した女性の写真。むごい。だが、ふくよかな感じ。これって敗戦後、満州で凌辱された日本女性の写真ではないのか?


体験告白関連タグ

|

2015年2月26日 | 体験告白カテゴリー:レイプの体験告白

性同一性障害の災難 【レイプの体験告白】

高校グランド奥の体育倉庫。テントや授業用の体育用品と捨てきれなかった備品が積んである。辺りはもう真っ暗で、全く人気はない。部活の生徒たちも、皆帰宅した時間だ。



そこに、制服のジャケットにズボンの男子生徒が4人。



一人の小柄な男子を、他の3人が、広げた古い体操マットに押さえ付けていた。



「やめろ! 離せっ!!」



小柄な男子は叫ぶ。

しかし、この学校のグランド裏は、山林で叫びはどこにも届かない。



「本当かよ、伊藤が女だって」

「あぁ。伊藤と同じ中学だったやつから聞いたんだ」



押さえ付けている生徒たちが、そんなことを話している。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||

2014年7月29日 | 体験告白カテゴリー:レイプの体験告白

巨根セックス【複数・乱交体験告白】

私は、関西で小学校教諭をしている32才です。



名前は香織(仮)としておきます。



今年の夏は一つ年下の同僚の美奈(仮)と二人で海に行こうという話になり、彼氏がいない女二人、車で日本海を目指したのです。

場所は夕日ヶ浦温泉。

ホテルは海岸から歩いてすぐの所に予約していたので、先にチェックインを済ませ、水着になって砂浜へと直行。

昼間は海で過ごし、ナンパされながらも適当に無視しながら、楽しみました。

海は遠浅で凄く綺麗でした。

海から上がってホテルに備え付けのシャワーで砂を落とし、夕飯までの間に温泉に浸かろうという事になりました。

ホテルの大浴場に向かうエレベーターの中で、あるポスターに目が止まりました。



【絶景外湯!露天風呂、源泉かけ流し!フロントで入浴チケットお渡ししております】



ポスターの写真はとても綺麗で大きな露天風呂と、女性限定のエステ等も紹介されており、私達はその外湯へ行く事にしました。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年2月14日 | 体験告白カテゴリー:複数・乱交体験告白

美少女【学校での体験告白】

美少女・手鏡&盗撮記? 投稿者:悪徳塾講師 投稿日:2月15日(金)0時34分25秒削除



 私は32才の独身男です。ある地方都市で小さな学習塾をやってます。私一人が英

語と数学だけを教えるまったくの個人塾で、生徒は中・高校生の男女あわせて8人

しかいません。さいわい私の親がちょっとした資産家なので、生活に困ることはな

く、まあ気楽にやっています。

 実は生徒の中に、とてもかわいいというか美形の女の子が一人いまして、ここ一

年半ほどずっと、私の趣味の手鏡や逆さ撮りの餌食にしています。それがエスカレ

ートしてしまい、夏休みにはちょっと特殊な逆さ撮りで、スゴイ映像をゲットしま

した。今後どうしようかと思案中のこともあり、下手な文ですが読んでいただけれ

ばと思います。

 彼女は高校1年生で、名前を○○○雅美といいます。誕生日が3月末なのでまだ

15才です。そのままテレビCMにでられるくらい整った顔立ちで、本当に「美少

女」ということばがピッタリです。国仲涼子によく似ていますが、はっきり言って

間違いなく彼女より美人です。すらっとした腕や脚、ウエストもギュッとしまって


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年2月10日 | 体験告白カテゴリー:学校での体験告白

年末年始【人妻の体験告白】

年末年始は実家に帰らず、学生時代にバイトをしていた屋内プールの支配人に頼まれごとをお願いされていた。

年末年始の休業中に一日一回、施設を見回って欲しいとのことだった。

バイト代は出ないが、プールで泳いでも構わないというから、経費を考えれば、かなり高額のバイトでもあると思った。

早速29日の午前中に部屋の大掃除を済ませてから、午後にプールに行ったが、

さすがに一人でプールにいるのは、寂しくなった。

併設されている小さなジムもやったが、それも虚しく器具のカチャカチャという音が響いて余計に寂しさを感じさせるものになった。

適当に見回って、ボイラーも最後消して施設を出て、引き受けてしまったことを少し後悔した。

誘えるような友達はみんな帰省してしまったか、仕事にはまっていて、帰省すればよかったと後悔した。

ところが、近所の子供で以前転んだところを助けたこともあって、遊んであげるような仲になった子供を

コンビニで見かけた。

母親も知っているが、家庭の事情が複雑そうで、挨拶程度しか話したことはなかった。

と言うのも、子供の父親は浮気相手の家に入り浸っており、母親は酒に溺れてしまった時期もあって、

それが嫌になった子供が突然夜に俺の部屋に泣きながら来た事があった。

子供から聞いたそういう話だから、内容はかいつまんだ感じだろうが、嘘はないと思った。

それを知ってから、母親の存在自体が俺の中で踏み込んじゃいけない領域になったような気がした。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||

2014年2月7日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

レイプ犯のたわごと【レイプの体験告白】

レイプしてみたけど・・・投稿者:たそがれ助平◆9NKKN4nIXk投稿日:9月8日(土)18時48分15秒

みんなここで、よくレイプした談話を投稿してるのを見てると、大体が簡単にレイプしたように書いてるけど、実際にレイプを実行して散々な目に合った俺は、あんな簡単にレイプ出来ないし、少し違うと思うな・・・。

 

 

二ヶ月程前・・・その日会社の飲み会でビヤガーデンに行った俺は、少し酔って家に向かって歩いていた。 

すると前から、白いワンピースに紺色のカーディガンを着た娘とすれ違った。 

その娘は眼鏡をかけ、短めの髪で、まだ二十歳そこそこの、大人しそうな女の子だったが、その娘も少しお酒が入っていたのか、顔を赤くして、少し足元をふらつかせながら歩いていた。 

その娘が気になった俺は、針路を変えて後をつけた。もちろんあんな娘と一度やってみたいなと思いながら・・・・

 

少し後をつけると、やがて河川敷の家庭菜園の付近に来て、酔っていた俺は辺りは真っ暗だし、顔も分からないだろうと思い、ここであの娘をレイプしようと決めた!!

そしてポケットから携帯を出すと、ハンカチで包み、そしてダッシュして女の子の背後から抱き着くと、携帯を女の子の口に強引に突っ込んで、家庭菜園の中へと引きずり込んだ。

家庭菜園の中は真っ暗で、しかも青々と生い茂ったトマトや、トウモロコシらしき植物のおかげで車道から中は、全然見えなかった。

 

俺は、女の子を地面に押し倒すと、楽にレイプ出来るだろうと思っていたが、それは甘い考えだった事にすぐ気付かされた・・・。

 


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||

2014年2月6日 | 体験告白カテゴリー:レイプの体験告白

子供達のいたずら 〜ver5【複数・乱交体験告白】

優んちにいくのは楽しい。

優は僕よりふたつ年下の、小学校1年生。ひとりっ子の僕としては弟みたいで

すごくかわいい。

同い年の子とも遊ぶけど、やっぱり優んちで遊ぶ方が楽しい。



もちろん優がかわいいのもあるけど、おばさんに会えるのがうれしい。

おばさんというのは、優のお母さんのこと。名前は美由紀さんって言うんだ。

美由紀さんは綺麗で、やさしくてとっても素敵な人。

僕のお母さんとはずいぶん違う。優がとってもうらやましい。



優んちのインターホンを鳴らすと、は〜いといって美由紀さんがドアを開けてくれた。

僕は美由紀さんの姿を見て少しドキドキしてしまった。

だって美由紀さんはGパンに白のTシャツという格好で、下のピンクのブラジャーが透けて

見えてたから。




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||

2014年2月5日 | 体験告白カテゴリー:複数・乱交体験告白

ユーリ【友達との体験告白】

夏の日差しの中を大介は大学に向かう。

街中の学校だが、休み中だけあって人の数は少ない。休みも行く場のない生徒や、サークル活動の生徒が幾人かたむろしているばかりだ。正門を入っていくと、むこうから白い人影が駆けてくる。

「森君!」

結理だ。周りの男どもがざわめき、「文学部の川北だ」などと言う声が聞こえる。

パンツ型のテニスルックでラケットケースを抱えてきた結里は、盛夏の太陽のもとでもその場の温度が涼しくなるような、風が吹きぬけるようなすっきりした笑顔でいる。(本当にキレイな顔だなあ。もうちょっと若ければなあ)などとのん気に批評している大介の内心の声を知ったら、周りの男はただでは済ませなかったろう。

昔は少女モデルをしていたこともあるという結理は、流行っぽい髪型に化粧も上手で、大学での垢抜け具合は群を抜いていた。スタイルも歳のわりには細身だが、十分に出るところは出ている。まじまじと見直した大介は(こりゃ騒がれるのも当然だ)と納得する。

結理は見つめられて少し顔を紅くしたが、視線になんら異性への感情が含まれていないことを敏感に察して、大仰にがくりと肩を落としてみせた。

「なに?」大介の笑みにはまるで底意がなく、それだけに魅力的なところが憎らしかった。告白には慣れていたが、これだけ親しいのに関心を示さない男も結理には初めてだった。

「あ…」外から近づく3人組を見て、結理の美しい眉がわずかにしかめられる。

「川北さん、もう決めていただきました?」

この暑いのに長めの茶髪をきちんと後ろに流し、袖捲くりしたジャケットを羽織っている左側の日焼けした男が明るく声をかける。(バカ…)と小さくつぶやく結理の声が聞こえた。

「あの…」

「ほんの30分、出てもらえればいいんですよお。川北さんがいるだけでみんな喜ぶんですからあ」

「あたし、お断りしたはずです」

「顔だけでいいんですよ、顔だけ。そんなお手間は取らせませんから」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年2月4日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白
1 / 712345...最後 »

このページの先頭へ