由香 放課後の進路相談室 【学校での体験告白】

396:由香1:04/02/1200:56ID:7+iK1e/b

放課後、進路相談室に呼ばれた。

向かいに座るなり、先生は唐突に尋ねた。

「藤村、N大志望だったよな?」

私は黙って下を向いてしまった。

「今の成績だと、正直・・・、難しいんだよな。。」

突然、涙があふれてきた。

「おい、藤村、泣くな。」

先生は立ち上がると私の隣に座った。



397:由香2:04/02/1200:57ID:7+iK1e/b

遠くでチャイムの音がした。進路相談室は別棟で静かだ。

「どうしてN大なんだ?」

先生はメガネをはずすと眉間をさすった。

私は先生のメガネをはずした顔が好きだった。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||

2013年3月24日 | 体験告白カテゴリー:学校での体験告白

面接試験【人妻の体験告白】

真理は、朝から心が弾んでいた。24歳で結婚して5年、29歳になる今日まで、ずっと家で主婦家業をしていた。それがパートの仕事を探しはじめたのが半月前。20社以上、面接に行ったのだが、どれも門前払いも良いところだった。





それが、今日はかなりの手応えを感じていた。数店舗あるスーパーの売場の仕事なのだが、手違いで、給料を一桁少なく出していたのだ。いくら不況で、職を探すものが多いとはいえ、時給80円では、何か怪しい仕事と思われても仕方がないのだろう。





ところが気になった真理が、試しに電話してみて、そういった事情がわかったというわけだ。





不況の中、特に特技のない真理が職を見つけるのは無理だと夫には笑われていたが、その鼻をあかすのも、もうすぐだ。





職場は、デパートの下着売場だった。






この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||

2013年3月22日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

僕の初エッチ【人妻の体験告白】

僕が小学校6年生のときでした。





いつものように学校から帰り自宅でお菓子を食べながら大好きな刑事物のドラマを見ているときでした。





母が’正樹君から借りていたファミコンのソフトを返しにいっておいで!’といわれてそういえば約束していた2週間が過ぎていたことを思い出しました。





家はそう遠くなかったのですが、森の奥の高台にあって自転車ではきつい坂を登らねばならず、ちょっと行く気にはなれませんでした。





でも行こうかなと思ったのは正樹君の母親でした。正樹君の父親はパイロットをしておりいつも家にいません。






この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2013年3月20日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

会社で気になってた巨乳っ子が喰われてた話【寝取られた体験告白】

とある地方の中小企業に事務員として入社。

中々女性社員のレベルが高かったんだが、その中でも群を抜いて巨乳の可愛い人がいた。

顔は今流行の篠崎愛をちょいブサにした感じ。

それでも身体のムチムチっぷりは素晴らしくて、篠崎愛に勝るとも劣らない。(以下、愛先輩)



割と厚手の生地の制服を着ていても、歩くだけでおっぱいがぷるぷる揺れてた。

タイトなスカート越しにパンツラインが見えたり、ムチムチの白い太ももを見せつけてくれたりで、入社当初はひっそりオカズになんてしてたw

で、一緒に仕事をすることも多かったので自然と親しくなり、他愛のない世間話をすることも増えていった。

以外と下ネタOKな人で、彼氏とのプレイなんかを話してくれることもあった。

俺にも付き合ってる彼女はいたので、そういう話になるとかなり過激な事も聞かせてくれて、中々興奮した。

「男の人ってなんで口に出したがるかなー。あの味嫌いだから、する時いつもジュース用意しとくもんw」

「俺君は彼女とする時ちゃんと着けるでしょ?最近うちの彼氏適当でさー。こないだなんか危ない日って言ってんのに生でしようととか言い出して大ゲンカ。」

まあ、こんなわがままボディを好きにできるんだから、彼氏もやりたい放題だよなあ…と、また想像してオカズにする日々。

もちろん、彼氏からじゃなく、社内でも色々とセクハラまがいの事はされてたみたい。

特に営業のN先輩って人が酷くて、事あるごとにボディ(てかパイ)タッチを試みたり、「最近彼氏とヤってる?」なんて言葉でのセクハラも多くしてたらしい。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||

2013年3月19日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白
165 / 165« 先頭...102030...161162163164165

このページの先頭へ