単身赴任の間に妻が・・【人妻の体験告白】

私は44歳のサラリーマンで現在単身赴任中です。

妻は42歳の専業主婦で高校2年生の息子と二人で留守を守ってくれています。単身赴任で転勤になってもう2年余りになりますが、半年ほどで本社に帰れる手はずになっています。

最初は妻と息子だけ残して転勤というのは心配でしたが、息子の高校進学もありましたし、

妻は柔道2段の段持ちで曲がったことが大嫌いな真面目な性格でもあり信頼して家を後にしました。ところが息子が高校に進学して間もなく、妻からのLINEで息子がイジメに遭ってるようだと知りました。

仲間外れにされてるようで、落ち込んでいると知らされ私も悩みました。しかししばらくして妻から自宅に友達が遊びに来るようになったと報告があり安堵していました。

妻からは毎日LINEで報告があり、息子も明るくなったとか、学校が楽しいようだということで安心していたのです。

AくんBくんはイケメンだとか少し嫉妬しそうな情報も送ってくるようになりました。(笑)

毎月とはいきませんが私も有給とか取りながら妻や息子の待つ家に帰るようにしていました。ところが昨年の秋頃からだったでしょうか、息子の友達たちが遊びに来てくれるのは良いのですが

我が家が溜まり場のようになってきてると心配するような内容になってきました。

でも私は友達が多いことは良いことだからとあまり気にしてなかったのです。

それに進学校ですし、不良みたいな生徒がいない学校でしたから余計に油断したのです。しばらくして突然、妻からのLINEやメールが来なくなったのです。

こちらからしても『大丈夫』『何も変わったことはない』との短い内容でした。

心配で気になっていたのですが、10日もしたら普通になってきたので、そんなことは忘れていたのです。我が家に帰っても特別変わったこともありませんでした。

ただ私が帰ると息子の友達は全く我が家に来ないのです。

妻は私が帰る時には息子の友達に『主人が帰ってくるから』と言ってるので気をつかって来ないのでは?


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||

2017年12月21日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

やりきれるの? 縦セタママとためちゃう息子4 【近親相姦の体験告白】

慶太は、ネットで入手した”魔法の薬”で、ずっと恋い焦がれていた母と思いを遂げることが出来た。



そして、エスカレートした慶太は、薬の量を調整して、半分意識のある状態の母と禁断のプレイをすることを決めた。そしてそれは、最高のスタートを切ったようだった。



『凄いのね……。康太の、パパのより大きくて固いわ#9825;』

母は、慶太が顔の横に持ってきた子供とは思えないサイズのペニスをくわえた後、うっとりとした声でそう言った。

彼女の目はほとんど閉じていて、彼女がハッキリとは起きていないことを示していた。慶太は、母がさっきまでのあえいでいる時と違い、かなりハッキリとした口調で話をしたので、一瞬ドキリとした。でも、その薄くしか開いていない目を見て、ホッとして笑った。



「母さん、俺のチンポ、美味しい?」

慶太は、我慢しきれずに話しかける。

『んっ、美味しいわ#9825; んンッ! 大きすぎて、歯が当たっちゃうわね。ゴメンね』

本当に寝ているのか不安になるほど、ハッキリとした受け答えだが、やっぱり目はほとんど開いてない。



「父さんのより大きい? 固い?」

母に恋心を持って以来、慶太は自分の父親に対して嫉妬心やライバル心を持っている。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||

2015年6月10日 | 体験告白カテゴリー:近親相姦の体験告白

気の強い年上の女 【寝取られた体験告白】

私は44歳のサラリーマンで現在単身赴任中です。



妻は42歳の専業主婦で高校2年生の息子と二人で留守を守ってくれています。





単身赴任で転勤になってもう2年余りになりますが、半年ほどで本社に帰れる手はずになっています。



最初は妻と息子だけ残して転勤というのは心配でしたが、息子の高校進学もありましたし、



妻は柔道2段の段持ちで曲がったことが大嫌いな真面目な性格でもあり信頼して家を後にしました。





ところが息子が高校に進学して間もなく、妻からのLINEで息子がイジメに遭ってるようだと知りました。



仲間外れにされてるようで、落ち込んでいると知らされ私も悩みました。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||

2014年12月16日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

吉岡美穂のヘアチェック【芸能人との体験告白】

<>88名前:新入りさん投稿日:03/03/3112:02ID:auBpxxKk<>

美穂は必死に笑いを我慢していた。

ヘアチェックに来る客の中には明らかに禿ている人も多かった。

心の中で「チェックの必要ないな、この人」などと思っても冷静に仕事をこなしてきた。

でも今日のこの客は見事に頭頂部が禿あがりジンワリ汗をかいていてチェックカメラがツルツル滑る。



その客が「ヤッパリ…もうダメですかね?」とつぶやいたのに対し「もうダメですね〜これは…プッ」と思わず気を抜いていたせいか本音をこぼした上に笑ってしまった…。

一瞬険悪な空気が流れたが笑ってごまかした。

そしてその男が帰り際に…「お…お前もかよ…っ!!」そう言いながら…



<>90名前:新入りさん投稿日:03/03/3112:23ID:NJduXAUy<>

振り向きざまに布切れを美穂の顔に押しつけてきた。

「ングゥ…ヤ…ヤメテ…ンアアッ…」

薄れゆく意識の中美穂は朝の主任の言葉を思い出していた。

−最近頭髪の検査後にチェックレディに暴行を加える輩がいるので不用意な発言や行動は慎む事、特に閉店間際に駆け込んで来る客には注意−


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||

2014年2月21日 | 体験告白カテゴリー:芸能人との体験告白

バイト先のA子さん 【学校での体験告白】

<>652名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2013/03/06(水)23:03:26.76ID:1+TulSe60[1/10]<>

大学1年の7月、夏休みを利用して生まれてはじめてバイトした。

小さな洋食屋で内容はファミレスみたいな感じ。皿洗いに掃除、ウェイター、調理補助なんでもやった。

ホールの仕事はA子さんという先輩バイトに教えてもらった。服飾デザインの専門学校に通う2つ上。

細身で胸デカくスタイルメチャいい。艶のある黒髪のポニーテール、小さい肩やくびれた腰とスラリと伸びた細い足、

いつも後ろ姿に見とれてた。小顔にあまり似合ってない眼鏡、少し唇が厚く美人ではないがかわいい印象はある。



<>653名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2013/03/06(水)23:04:43.39ID:1+TulSe60[2/10]<>

ある日、大雨で暇な日がありホールは二人きり。店長から閉店を2時間早めると言われた。

自分は電車通勤なので店長が車で駅に送ってくれることになりA子さんは徒歩通勤なので自宅まで乗せて行く

と言ってたが「駅でお茶して帰る」ということで一緒に駅で降りた。

それでは、とA子さんと別れたが3分ほどして直電。「お店が閉まってた。雨も酷いので一緒に時間つぶしできない?」

とお誘い。これが夢の世界の入り口でした。



<>654名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2013/03/06(水)23:05:28.98ID:1+TulSe60[3/10]<>


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年2月20日 | 体験告白カテゴリー:学校での体験告白

言いなり(完結編)【寝取られた体験告白】

前編:言いなり(第二部)





<>152:コピペ:2005/12/12(月)23:29:28ID:SDX4LUx6<>



あれからも、妻は、毎週のように抱かれてます。

部長は夏バテも無く、絶倫は健在ですし、妻も鍛えてますので同じです。

軟弱者の私だけ、夏バテしています。

妻は、毎週部長に抱かれる事が、もはや生活の一部で当然の行為と受け止めています。

しかもそれが、今では快楽をもたらしてくれる。

妻も望んでいるのでしょう、週3回も逢ってしまうところまで進んだ。

部長の飲み会の後に2回、週末のゴルフ練習の後です。

さすがにまずいと思い、私は部長にお願いした。

「部長、週3回はまずいです。今回だけにして下さい」

「それは言えるな、今後は気をつけよう。でもな、それは久美子も望んでいたからだ。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年2月13日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

ソープで童貞を卒業した人の体験談のテンプレ【風俗での体験告白】

<>1:名無しさん@入浴中:2007/07/05(木)08:12:23ID:PB3BCyaf0<>

このスレは童貞をソープで卒業した人の体験談を書いてもらい

これからソープへ足を運ぶ人の参考に、また、質問助言を行うスレです。

無事卒業してその後ソープとどう付き合って行くかは、

その人しだいですので、玄人童貞・卒業者・ソープ好きの方々は、

その辺を履き違えない様にしてください。



このスレでの童貞卒業の定義は、

男性器を女性器に挿入したのが童貞卒業になります。

(射精やNSの有り無しは無関係)



前スレ

ソープで童貞を卒業した人の体験談part59






この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年2月12日 | 体験告白カテゴリー:風俗での体験告白

デリヘルの店長さん【風俗での体験告白】

前編:デリヘルの店長さん





<>200名前:1[2008/01/21(月)23:00:24ID:aomjDTXl0]<>

こんばんは。Hさんがいない間に書き込みます。



「8時間コースで朝までタフだったアメリカ人」



最初はアメリカ人とは分からなかったけど、ちょっと怪しい日本語で電話してきたので、国籍聞いたらアメリカ人。

でも旅行者じゃなく、自宅マンションで呼びたいということです。

と言うことで、とりあえず外国人OKと言っている女の子数人の中から1人選んで派遣しました。

現場に着いたら結構な高級マンション。

郵便ポスト見たら住民全部外国人のマンションでした。






この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年2月11日 | 体験告白カテゴリー:風俗での体験告白

慰安婦妻【人妻の体験告白】

10代の少年達は、1ケ月もすると妻の体に飽きてきたのでしょう。いくら若く見られる

と言っても40代の妻ですから。少年達の多くの精液を体内に受け入れ、性欲処理どころか精液処理のティッシュにのように口を使わされただけの妻でした。さすがに彼らには、40代の人妻を調教することまでは考えなかったようです。妻は、これから書いていく大学生達による調教により、自ら若い男に声をかけ、抱かれると言う淫乱主婦にさせられたのです。少年達は、妻の後始末を大学生のtとkに頼んだのでした。妻はいくらかのお金で大学生に売られたのでした。tとkによる妻への調教の開始です。学生達の慰安婦になる為、妻は心までも変えられていきました。撮られたビデオはsexのシーンが多く、これだけを文字にしても、全くストーリーとして成り立たないので、事実関係を曲げる事無く、一部は狂頭が現場に居たと仮定し、回想録風に書いてある部分もありますので、その点ご理解いただきたいのです。

———2人の大学生の奴隷として———

tとkは大学3年で21歳。この2人によって3ケ月にわたり妻は調教されたのです。

妻は2人と会った日に、tに早くも抱かれていました。tとkは大学に近い所に下宿しています。今風なワンルームマンションとは違い、プレハブ作りのアパートです。その部屋に連れ込まれた妻のsexビデオが多数あります。

しかしtとkは、妻に向かって卑猥な言葉を浴びせたり、すでに命令口調になっています。

tの方は妻好みの男です。妻にとっては、少年達による強姦に比べれば、tとのsexは、はるかにまともな事に思えたのでしょう。

———品定め———

かなり調教が進んだ頃と思われるビデオがあります。

珍しく、妻が着衣のまま写されています。これは、妻を学生達の見せ者にして、後で抽選をして妻を抱けると言う調教をした時のものです。

妻は大学近くにあるホームセンター入り口横の自販機コーナーのベンチに座らされています。

その様子を車の中から撮っています。妻は、白のニットの膝上15cm位のミニのワンピースに、ベージュのパンプスを履いています。ワンピースは前にボタンがついていますが大きくはだけさせられ、上から見ればブラジャーは丸見えでしょう。40代の妻には、ちょっと恥ずかしい服です。ミニから出ている脚を見ていると、つい太股に手を入れたくなってしまいます。学生達が2、3人ずつ自販機の缶コーヒーを買い、飲みながら妻を品定めしています。中には、妻の背後に回り胸元を覗き込んでいる者もいます。しゃがみ込んで下の方から見上げている者もいます。もちろん学生達ばかりではありません。私のようなスケベなおやじなんかは、横に座ったりして横目で妻をみています。

20人位の学生達に品定めをされた妻は、車の方へ歩いてきます。ちょっと太めの下半身

の熟女が好きな人にはたまらないですね。妻は、朝からこんなことされていたんです。

———変わり果てた妻は———


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月10日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

♂1♀3 +SM  その六【M男な体験告白】

前編:♂1♀3 +SM  その伍





「♂1♀3 +SM  その伍(タイトル,ジャンル未設定)」の続編







結婚式前夜の件です。

この頃には、ビデオカメラも購入してあったので、

時々撮影してあり、あまり事実とはかけ離れてはいないはずです。





当時の私は地元に戻っており、

しばらくAさん達とは離れて暮らしていたので、

2〜3カ月おきに行ったり来たりして、遊んでいました。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月10日 | 体験告白カテゴリー:M男な体験告白
1 / 1212345...10...最後 »

このページの先頭へ