女教師から受けた罰【マニアックな体験告白】

小学六年生の冬の日、担任だった女教師から呼び出されましたまだ昼休みで他の生徒も残っており

怒られるには変な時間だなと思いながらも

たぶん怒られるんだろうなという覚悟はしていました職員室でなく音楽室に呼ばれたのも初めてで

クラスの子に気付かれないようこっそり教室を出て

いざ音楽室の扉を開けると、そこに担任の姿はありませんでした

「こっちよ、入って来て」

いったん拍子抜けしたところで準備室から声がかかり、気持ちが緩んでつい笑ってしまいました

担任はそれが気に障ったらしく

「怒られに来たのに随分余裕じゃないの」と少し不機嫌そうに扉を閉めます

さらにその手でガチャリと施錠したので

ああ、今日は”違う”んだと感じました

普段なら十分、十五分ほど説教されて終わりです

大声で怒鳴りつけられる覚悟もして待っていると

「キミは口で言っても無理みたいだから、お尻叩きます。お尻出して」と係の仕事を言いつけるくらいの気軽さで言うのです

もちろん「絶対いやです」と反論しました


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||

2018年1月10日 | 体験告白カテゴリー:マニアックな体験告白

女性センターの悪夢③【レイプの体験告白】

 沙耶さんが、ジーンズで僕の腹にまたがりました。乗馬のようです。 「はい、あ~んしてごらん」

 沙耶さんが言いました。脱がしたてのパンツを、僕に食べさせて、猿ぐつわにしようとしています。

 僕は、最後に残されたプライドで、それを拒みました。 すると、彼女、フルスウィングで僕の顔面を叩きました。

 何度も。 いたい痛い!!やめて、ゆるして・・・・ 「どうせ、逆らっても、無駄なのに」

 女子高生の奈津子さんが言いました。完全に人を見下したセリフです。 全身があわ立つような屈辱感ですが、確かにどうすることもできません。

 「ほら、口開けて」

 沙耶さんの二度目の命令には逆らえずに、僕は自分のパンツを口の中に押し込まれた上、ガムテープで封印され、声も出せずにしくしくと泣きました。 女性たちは、キャアキャア言いながら僕の下半身に群がっています。

 お願いだから、これ以上ひどいことはしないで・・・・。 その僕の希望をあざけるように、沙耶さんが言いました。

 「さぁて、ここから、どうやってイジメてやるかな」

 彼女の二人の子供が、目をきらきらさせて、僕を見ています。 「二度と、痴漢行為を出来ないようにする必要があるわ」

 女子高生の奈津子さんが言いました。 「それじゃ、オチンチンを、切る、とかね」

 若い母親の一人が言いました。 「麻酔なしで、ちょきん!!」

 指ではさみの形を作って、言います。 「アハハ・・そりゃ残酷だわ」

 「だって、ここまで脱がしておいて、当然おちんちんを責めるつもりなんでしょ」

 「そうだけど、おしっこが出来なかったら、死んじゃうわよ」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2017年12月30日 | 体験告白カテゴリー:レイプの体験告白

女の色気をムンムンだしてるイギリス人とのセックス体験談【外国人との体験告白】

俺は親の仕事の都合で中学の途中からオーストラリアに来て、それ以来こちらで

暮らしているが、大学生だった19歳のとき、41歳のイギリス人女性と関係を

もっていたことがある。彼女は俺が高校に通っていたとき、俺のクラスを担当していた

英語教師で、ある日偶然、卒業以来初めて街角で再会したのがきっかけだった。彼女は

目尻や口のまわりに少し小じわがあるものの、なかなかの美人で、背が高く、知的な

雰囲気を持ち、本物のブロンドの髪と高い鼻が印象的だった。体型はスリムだが、

胸とヒップは豊かに盛りあがり、成熟した女の色気を発散させていた。俺は高校時代から、大人の女性の魅力にあふれる彼女のことを意識していたのだが、

ひさしぶりに再会すると、彼女も俺のことを覚えていてくれた。そしてお茶を

飲みながらいろいろ話をしてみると、年の差をあまり感じず、なぜか気が合い、

彼女も俺のことがまんざらでもなかったようで、その後、よく一緒に食事をしたり、

飲みに行ったりするようになった。彼女はオーストラリア人の夫と別居中で、

一人息子は親元を離れ全寮制の高校に通っており、彼女自身、主任教師として高校で

教えながら、フラット(アパート)で一人暮らしをしていた。そして、ある晩、

彼女のほうから俺を部屋に誘い、そこで俺は初めて年上の女と交わった。女として

熟しきった彼女の体とセックスには、それまで俺が体験した若い女性のそれとは別の、


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||

2017年12月24日 | 体験告白カテゴリー:外国人との体験告白

女性センターの悪夢①【M男な体験告白】

 うちのアパートから徒歩4~5分のところに、公共の施設があります。 名称は、“女性福祉センター”とか、“女性総合教育センター”とかそんな感じで、僕のような男の独身者が足をふみ入れていい 場所ではありません。(過去にトイレを借りようとしたら、受付のお姉さんに「ここに男性トイレなんてありません!」と言われて追い払われたことがあります) この中でなにが行われているのか・・・・平日の昼間に、こんな施設を利用するのは、もっぱら近所の 奥さんたちであるように思います。

 ある夏の午後・・・・センターの前を通りかかると、近所の奥さんたち三~四人がコンビニ袋をさげて 建物の中に入っていきました。夏休みのせいか、母親につきしたがう女子生徒の姿も見えます。 こども会かなにかの会合でしょうか。

 ・・・ところが違いました。隣のアパートに住み、たまに挨拶するぐらいしか面識のない、主婦の 凉子さん(37歳)が、話しかけてきたのです。それも、尋常ではない命令口調で。 「あら、◎◎くん。いいところで会えたわね。いまから、あなたのうちまで迎えにいくつもりだったのよ。 まったく、ナイスタイミング・・・・ってやつね」 あ、あの・・・・・・なんのことでしょうか?? 「いいから、来ればわかるから。でも、一応簡単に説明てあげると、このあいだの、わたしの、 ベランダの洗濯物の件・・・・と言えばわかるかしら?」 げえっ!やっぱり、ばれていたんだ・・・・。実は、一週間ほどまえに、凉子さんのベランダから、風で 飛ばされた下着を一枚、頂いたことがあるのでした。 これで僕はすっかりしどろもどろになり・・・・・・鋭い目で睨む凉子さんの命令を拒むことはとうてい許されず、 気がつけば、他にも三~四人の主婦に取り囲まれ、半ば強引に、“女性センター”の中へ 引きずり込まれたのでした。



 怖ろしいことに、センター内には、たくさんの女性が待ち受けていました。大半は、地元で小学生の娘を持つ、 比較的年齢の若いお母さんたちです。娘とペアで座っているのがそうで、制服を着た女子中高生の姿もあります。 スーツを着込んだ女性がふたり。小学校と、中学校の教師であることが、女性たちの会話からうかがえました。 あっ、前に僕にトイレを断った受付の女性(三十前半くらいで、茶髪で、背が高くて、こわそう)も加わっています。 僕は、凉子さんにぐいぐい引っぱられて、茶髪の受付嬢に背中を押され・・・・女性たちのいる会議室に姿を 見せると、そこでは大ブーイングの嵐が巻き起こりました。 みんな、僕のことを、凉子さんの下着を盗んだ、とんでもない変態野郎だと聞かされているのでしょう・・・。

 「ヘンターイ!!」 「最~低!!」 「ありえな~い」 「帰れ、帰れ~!!」などの野次が飛びます。 あの、帰っていいなら帰りますけど・・・。 小声でつぶやいてみたところ、凉子さんがとんでもないことを言いました。 「ダメよ。ここにいる女性たちが、こんな暑い日に、なんでわざわざ集まってくれたと思うの?最低の痴漢であり、 変態野郎のあんたを、みんなでお仕置きするためにやって来たのよ。それも、痴漢の被害に遭いやすい女の子たちの目の前でね」 あまりのことに、僕は呆然としてしまいました。 お、お、お仕置きって・・・・・・い、いったい、なにするんですか? 凉子さんは答えませんでした。ただ目を細めて・・・鮮やかなルージュの口元をゆがめて、 笑ったのだけは、僕の目にはっきりと映ったのでした。

 そのための舞台は、すでにととのえられていました。

 女性教師と、数人のお母さんたちが指導的な役割を果たし、他の二十人近い女性を上手く まとめています。 僕は会議室の一番奥、一段高くなったところに、正座させられました。

 指導者のひとり、今瀬梨津子という四十代の女性 (この人には高校生の娘がいて、この集会にも加わっている)が、低い声で言いました。

 「正座の前に、服を脱いで」 僕は、最初、なにを命じられたのか分からず、まじまじと彼女の顔を見てしまいました。 「聞こえなかったの?正座する前に、服を脱ぐの!下、パンツだけはいていいから」

 二回目の彼女は、まゆげがつり上がり、とても怖い顔で言いました。 え・・・・・・な、なんで、服を脱がなきゃならないの? 僕はとまどい、唯一顔見知りの凉子さんを探しました。 大人と子供、あわせて二十五人ほどの女たちの中に、煙草に火をつける凉子さんの姿がありました。

 彼女は僕と目が合うと、ちょっとだけ笑い、

 「言うこと聞いた方がいいわよ・・・。梨津子さん怒らすと、お仕置きどころじゃ、済まなくなるわよ」

 そう言って、煙草の煙をはきました。 今瀬梨津子だけでなく、女性たち全員が、怖い顔で僕を睨んでいます。 会議室の扉が閉まり、内側から鍵がかけられました。窓には分厚いカーテンです。 「ほら、ぐずぐずしないで、早く脱いで!」

 三十代半ば、めがねの女教師が、僕の尻を叩きました。なんか見たことあるなと思ったら、中学のとき習った小菅美帆先生(音楽)です。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||

2017年12月22日 | 体験告白カテゴリー:M男な体験告白

女教師の自宅で尻を叩かれた【学校での体験告白】

5年生の時、担任だった美人教師に家まで連れていかれたことがある

というのも全く宿題をやらず、1学期の間ほとんど出さなかったので

夏休みの間に少しでも終わらせておくよう言われていたのだが

僕は1学期に溜めこんだ宿題はおろか、夏休みの宿題にさえ全く手を付けなかった「今日から先生の家でやりましょう」その年は始業式の翌日から連休があり

罰として勉強漬けにすると親にも連絡され、仕方なく宿題をするため先生の家へ

ただ泊まりがけというわけにはいかなかったようで

夜7時までという約束で勉強することになった

学校と違いエプロン姿の美人先生を見られるという特権はあったが

ひたすら宿題をさせられるというのは地獄だった

しかも1学期の宿題がまるまる残っているのだから簡単に終わるはずもない

僕が時計を気にしながら7時になるのを待っていると

先生が急に「6時半になったら、お尻をペンペンしますからね」と言いだした

学校で宿題忘れの罰として先生が尻をたたくことはよくあったが

いつもは教室にある大きな定規を使っていたので、ここでそんな罰を受けるとは思っていなかった

6時半まで真面目に宿題に取り掛かってみたが


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||

2017年12月21日 | 体験告白カテゴリー:学校での体験告白

嫁とカップル喫茶に見学に行ったら 【寝取られた体験告白】

嫁の希と結婚してまだ2年だけど、正直ちょっとセックスに飽き気味になってきた。結婚する前にも3年付き合って、5年もやり続けていたから仕方ないのかも知れない。



最近は、セックスよりもノートパソコンで色々なサイトを見ながら、自分で処理する方が多くなってきた。最初は動画系のサイト、エロマンガのサイトなどを使っていたが、もともと妄想好きな僕は、テキストだけのサイトに落ち着いた。

体験談とか、官能小説などのサイトの中で、NTR使える寝取られサイトという寝取られ体験談のサイトをよく見るようになっていた。

それがきっかけで、寝取られ系のサイトをよく見るようになり、実際のスワッピング相手募集のサイトまで見るようになった。



そこで、単独男性募集をする夫婦やカップルの書込みを見て、希が他の男とするとどうなるんだろう? と思うようになっていた。

それと同時に、夫婦でスワッピング相手を募集している人の書込みを見て、その奥さんの写真に凄く興奮してしまった。



目線が太めなので、顔はイマイチわからないが、黒髪の上品そうな奧さんだった。その奧さんが、両手にそれぞれの男のアレを握りながら、別の男にまたがっている写真が僕を異様に興奮させた。





そして、この奧さんとしてみたいと思ってしまった。この日から、希をどうやって説得しようかという事ばかり考えるようになっていた。希は、どちらかというとセックスは好きな方だ。最近では僕から誘うよりも、希からお誘いがかかる事が多い。



希は、僕と付き合う前に、男性経験は3人あると言っていた。詳しくは聞いてないが、それくらいなら今時のごく普通の女の子だと思う。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年7月15日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

奥手の嫁と友人夫婦で、少しだけ刺激的な経験をした14 【寝取られた体験告白】

嫁のユキと、ケイスケさん夫妻との衝撃的な3Pを見せつけられて以来、ケイスケさん達との少しだけ刺激的な経験は、かなり過激でただれた経験に変わっていきました。

僕もケイスケさんも、基本の部分は寝取られるのを好む側だったので、4人で集まり、3人がプレイをするのを1人が見ているという基本スタイルが確立しました。



僕が見ている時は、ユキとケイスケさん夫妻がプレイをして、ケイスケさんが見ている時は、僕とユキとマコさんでプレイをするという感じです。

ケイスケさんはSな部分もありますが、マコさんが寝取られるのを見て、僕と同じように手も触れずに射精してしまうくらいの、重度の寝取られ好きです。



僕は生粋のMだと思っていましたが、ケイスケさんの目の前でマコさんを抱くうちに、自分の中にもSがあるのを発見したりしていました。



今日は、いつものように4人で集まり、ケイスケさんと僕がじゃんけんをしました。負けた方が見学という流れなのですが、微妙に僕もケイスケさんも後出し気味で、負けようとします……。



今日は、運悪く僕が勝ってしまったので、ケイスケさんが見学でした。



「ちくしょ〜 負けちゃったよ〜w」

ケイスケさんは、言ってることと表情が真逆な感じで、笑顔です。

【またわざと負けてw でも、ちょうど良いかも。昨日あたりが排卵日だから、今日ならバッチリ妊娠できると思う】


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年6月2日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

奥手の嫁と友人夫婦で、少しだけ刺激的な経験をした10 【寝取られた体験告白】

嫁がパート先でお客さんのマコさんと仲良くなり、マコさんの旦那のケイスケさんと、僕と嫁の4人で遊ぶ事が多くなりました。



ただ食事をしてお話しをする程度だったのが、徐々に下ネタも混じり、色々あって、パートナー交換というとんでもないところまで行ってしまいました。





先日は、マコさんに呼び出されて、マコさんの家で嫁のユキがケイスケさんとセックスしている録音を聞きながら、マコさんとセックスをしてしまいました。



そして、録音の中では、ユキがケイスケさんに中出しをされていました、、

自分の嫁が、他の男に”中に出して”と叫んでいるのを聞きながら、異常なまでに興奮してしまった僕は、後戻り出来ないほど寝取られ性癖が育っている事を自覚しました、、、



だけど、それはケイスケさんも同じようで、僕とマコさんがしているのを、クローゼットからのぞいていました、、、





そんな事があったのに、僕とユキの夫婦仲は悪くなるどころか、最高レベルと言っていいくらいまで良くなっていました。




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||

2014年2月11日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

正しい子供の洗い方【教師との体験告白】

僕は先生の顔からヘッドマウントディスプレイを外した。

焦点の曖昧な視線はそのままに、彼女は宙を眺めている。

「では北條先生、僕が三つ数えて手を叩いたら、貴女は目を覚まします……

 1、2、3、はいっ」

僕は掌を叩き、彼女を催眠状態から戻す。

「あっ……」

「どうしたの?」

僕が甘えるような声(普段ならこんな声で話しかけたりはしない)で聞くと、

先生はこちらを向いて微笑みかけた。

「なんでもないのよ、たー君。ママちょっと居眠りしてたみたい」

(よし、成功した)



さて、現在の状況を説明しておこう。

僕は某高校に通う学生で、目の前に居るのは学校の教員である北條瑠璃子先生。

ここは北條先生のマンションだ。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||

2014年2月10日 | 体験告白カテゴリー:教師との体験告白

超美人教師【高校生との体験告白】

高校時代に、当時20才ちょっと過ぎ位の、

超美人教師がいて、俺とかグループでからかったりしてた。

俺は、すっごい彼女のことが好きで、

毎日昼休みとか話しに行ってた。

それで、今度みんなで飲み会(?)みたいなのをしよう、

ってことになった。



俺は、結構飲んでたけど、あんまり酔えなくてぼーーっとしてたら、

何か、他の男子がその教師に手を出してて、

何だかむかついて、ガンたれてたら、

その女教師が友達のこれまたカナーリ可愛い教師に、

「○○君ってかわい〜。食べちゃおっかぁ。」

とか言ってるのが微かに聞こえた。



俺は、童貞だったしかなり興奮してて、


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||

2014年2月9日 | 体験告白カテゴリー:高校生との体験告白
1 / 1012345...10...最後 »

このページの先頭へ