2回チェンジしたら上に住んでる奥さんがきたでござる【風俗での体験告白】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/10(火)10:53:48.99ID:/YxJUOiu0<>



のまっき!





<>2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/10(火)10:56:09.69ID:v7gEGkEF0<>



違う。

んのまっき!





<>3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/10(火)10:56:32.20ID:/YxJUOiu0<>



んじゃ訂正。




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||

2014年2月4日 | 体験告白カテゴリー:風俗での体験告白

人妻肉奴隷【浮気・不倫の体験告白】

出会い系サイトでの体験談なのだが、出会い系で出会った女との話。



俺が何気なく登録した掲示板に来た女がメールのやり取りをしていると、家が近いことを知った。



それから直メをしだしてメールを交換していく中、写メまで交換する間柄になった。



年齢は俺の3才上の27歳の主婦。



見た目は悪くない、むしろ美人のママさん



最初の方は何度も断られたが、何回かの挑戦で、ついに会う事に。

駅で待ち合わせして、居酒屋に二人で入った。



メールを通じてお互いの事を知ってるため、意気投合も早い。

気を許した彼女は、芋焼酎をロックで飲みだし、ほどなくベロベロに。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||

2014年2月4日 | 体験告白カテゴリー:浮気・不倫の体験告白

【テレコミ16】18歳・フリーター・初めてのバイブ・初めての絶頂【出会い系での体験告白】

1996年5月6日の記録です。

16時55分 18(プー、高校は卒業してる)二子玉川から。渋谷においでよ

といい携帯教える。



17時15分 *6×2 カラオケでもどう、と聞かれ一応アポ。Sさんと共

同出撃のありかと思い打診すると、難色を示す。怪しい。一応行く。一人は

ちょっと子ギャル入ったテレ上。もう一人はテレ中。Sさんに「すっぽん

しようかなーと思うんですけど」と相談。しかし、良識派のSさんに諭さ

れ、「二人じゃだめ?」と交渉。即決裂。ばいばい。



17時25分 ガチャ切り



17時35分 1分でガチャ切り



17時45分 和久井に似ているという20。アポ場所が私にはよくわからず、変


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年2月3日 | 体験告白カテゴリー:出会い系での体験告白

千恵子の事【友達との体験告白】

千恵子、36才。163cm.B.86.W56.H96

お尻の大きな日本女性離れした、ボン、キュ、ボン体型。

独身で男性経験は少ないが従順で献身的、清楚で真面目な雰囲気ではあるが、男日照は間違いない。

背が高く、ウエストがキュッと括れ、それと不釣り合いなくらいボンと突き出したヒップ、タイトスカートの

後姿はもう、むっちむっちで下着のラインもはっきりと分るくらいだ。

顔はちょっと佐藤寛子に似ている気がするが、私だけって感じもする?

まだ、調教中だが私の性欲と性癖を満足させてくれる、最高の雌豚性処理奴隷だ。

当時、禁煙と分煙とか言われ始めてた頃で、うちの課の男子は8割がた喫煙者、

女子社員は逆に喫煙者は少なく、喫煙が少々社内問題化していた。

そんな中、彼女から男子営業社員の事務所内禁煙を進言して欲しいと相談された。

彼女の相談を受け、私は上司に進言、事務所内は禁煙となり、

喫煙は休憩時間に喫煙コーナーで吸う事になっていた。

彼女には、遠まわしに誘うよりは単刀直入に取引を申し込んだ

上司に進言し、認められた場合は成功報酬として私に一晩抱かれる事。

彼女は少しの間、下を向いて考え「良いですよ、それから課長もタバコを止めて下さい」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年2月3日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

美由紀様【出会い系での体験告白】

一年程前に合コンなどと言われるものに小生は先輩方に

お誘いを受けまして、めんどくさい感を前面に押し出しながらも

うきうきと胸を弾ませていた時のお話で御座います。

三人のお嬢様方とお会い致しまして、場末の安居酒屋の

照明にキラキラと輝くお三方を拝見し、期待から不安に

転じる事は、少々の時間を要するだけで御座いました。



その中でも特に輝いていらしたのは美由紀様で御座いまして

先輩の貴重な男女の交わり話を遮り

美由紀様のご友人の銀座に出来ました新しい装飾店の

お話をも遮り、美由紀様はご自分の恋愛論を延々と長時間に渡り

お話になられ、男女の交わりについて、殿方とはどうあるべきか、

また、ご自分の過去の殿方との赤裸々なご体験をお話になり

小生あいた口が塞がりませんでした。




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||

2014年2月3日 | 体験告白カテゴリー:出会い系での体験告白

彼はスカトロが好きなようです の後日談【スカトロの体験告白】

彼はスカトロが好きなようですの後日談





 今回は、すごいショックなことがあったので、みんなにも聞いて欲しいので、そして、それで少しでも気持ちを鎮めたいので、投稿させてもらいます。



 今、私は、世界一可愛そうな女の子です。誰か、慰めてください。なんで、私のようにマジメにやってる女の子がこんな思いをして、あの例の性悪女が幸せを掴むのでしょう?

 神様のイタズラ? 私に課せられた試練? 私はこれを乗り越えてもっといい女に生まれ変われってことなのでしょうか?

 ホントに辛いです。誰か助けて欲しいです。



 あの女にアフターフォローをして以来、私はコンパとかバイトとかサークルの男の子たちとのお付き合いもあって、彼に会うのは週1〜2回になっていました。

 私が忙しいから、彼が拗ねて態度がそっけなくなっていたのだと思っていました。

 Hの時も、淡白だし、ラブホテルでも普通のHだけで、大砲発射もしないし、アナルだって回数が減り、私から求めると仕方なく、まるで事務手続きのようなHしかしてくれなくなりました。



 私は、彼が赤ちゃん返りしたのだと思い、優しいお母さんの気持ちで彼に機嫌を直して欲しくて、いろいろと悩んでいました。

 そんなある日、彼を喜ばしてあげたくて、たくさん夕食の買い物をして、彼がお気に入りのミニにピンクのブラウスで、しかも彼をその気にさせるために、ブラもパンティもつけずに彼のアパートを尋ねました。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||

2014年2月3日 | 体験告白カテゴリー:スカトロの体験告白

香奈【寝取られた体験告白】

今週の土曜、香奈がご主人様の元に奉仕にいってきました。

その時カメラ持ってってもらったんで…需要あります?



とりあえず経過報告。

現在香奈は本格的にFさんの奴隷になってきています。

Fさんはやりたい時に香奈を呼び、香奈も時間のある時には必ず応じているそうです。





この2週間で4回程Fさん宅に奉仕に行き、そのうち2回は夜通しだったとのこと。

完全にFさんの性欲処理係になってしまいました…(まあ、それに興奮してるんですが…)





とりあえず写真の流れを簡単にレポ



Fさん宅に着くなり、ベッドで10分ほどディープキス。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||

2014年2月3日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

修羅の家【修羅場の体験告白】

6:名無しさん@HOME:2009/02/02(月)07:31:210

父と母が結婚してない。

父は別に家庭を持っている。だから自分の母はいわゆる不倫相手。

母に育てられたけど時々父が家に来ていた。

でも父が帰ってくる度怒鳴られ殴られてたから大嫌い。

3年ぐらい前から父をみかけなくなった。

今はどうしてるんか知らない。知らなくてもいいやと思ってる。



「愛人の子」っていうのがすごい嫌。





8:名無しさん@HOME:2009/02/14(土)01:01:260

父・・・元ヤクザ→スナック経営→大工

母・・・バツ1で前夫との間に息子1人。元ホステス




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||

2014年2月3日 | 体験告白カテゴリー:修羅場の体験告白

日米超大作 エピソード2,3【外国人との体験告白】

     エピソード2



衣服を直して、バスルームから出た僕たちは

再び2階の姉妹の部屋に戻るつもりだった。

しかし、階段の途中で、ジェシーが

「静かにね」と囁き、忍び足でそぉっとドアを開けた。



真ん中で部屋を仕切っているカーテンは閉じられていて。

中からは、ゴソゴソという粗っぽい絹擦れの音と、

明らかに、異様な「ハゥハッ・・オッ・」という息遣いが聞こえてくる。



信じられないことに、

ジェシーはカーテンの傍にある自分のベッドにそっと寝そべって、

カーテンの横裾をめくって、静かに覗き込んだ。

ジェシーはニヤつきながら僕の方を見た。手の甲を下にして、


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||

2014年2月3日 | 体験告白カテゴリー:外国人との体験告白

ランドセル(x-day)【妹との体験告白】

第一章…プロローグ…

「何だ。本当に来たのかよっ」

誰もいない静まり返った日曜日の校庭。鈴木は突拍子もない声を上げた。

しかし、そんなうわずった声に微笑することなく、ただジッとうつむいたままの少女。



「まぁ、いいや。ここに来たって事は全てのことを承諾したってことだろうからな。

じやぁ、行こうか」

鈴木はそう言うと、ほとばしる若き欲望を必死に抑えながら校舎の奥にある体育館横

の体育倉庫に向かって歩き始める。そして、その後ろを鈴木より40cmも背の低い

少女、ユリが足早に後をついていく姿がそこにあった。



再会

「ちぇっ、6時限目体育かよっ。俺、早退するから、後ヨロシク」

「おい、待てよ。鈴木」

5時限目終了後の休み時間。鈴木は委員長にそう言うと学校を抜け出した。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||

2014年2月2日 | 体験告白カテゴリー:妹との体験告白

このページの先頭へ