公園での出来事①【友達との体験告白】

もう何年も昔の話です。

私がまだ高校生だった頃、放課後数人の仲間たちと団地にある公園でタバコを吸うのが習慣だった。

お互いのバイク(原付)を自慢しあったり、改造してみたり、たき火を焚いてスルメ食べたりして周囲の住民からは「あそこは不良のたまり場だから遊んではいけない」と子供に言い聞かせているようだった。

我々は不良かというとそうでもなくて進学校の連中やら底辺校の連中やらごちゃまぜで「一緒に悪いことをしよう」というより「一緒に楽しいことをしよう」といった集団だったように思える。

楽しくなれそうなことだったら何でもやった。それこそブランコでどれだけ遠くに靴を飛ばせるかなど実にくだらないことばかりしていた。

私は長いことサッカーをやっていたのである時拾ったボールでリフティングを披露した。するとみんな暇なもんだから結構ムキになってやり始めてどんどんうまくなっていった。毎日、公園に行って4~5人でリフティング。汗をかいたらコーラがうまい!いつの間にか「不良グループ」から「スポーツ少年」になってしまった。この団地は県が運営しているところで低所得者や片親などが主に入居しているところだった。

子供は夕方遅く親が帰ってくるまで遊んでいる。大きなお兄ちゃんたちがボールで楽しそうに遊んでいるところをみて興味を持ったのか、毎日数人の子供たちが集まるようになってきた。そのうちベンチをゴールに見立てて小さな試合形式のサッカーなんかやり始めたりして、そのころには私の呼び名は「コーチ」になっていた。男の子が集団で集まると女児たちも自然と集まる。サッカー以外にも夏には虫取りいったり、近くの河原で水遊びなんかもした。

数人の女児の中で特に私に懐いてくれたのが、みどりちゃん(5年)だった。私がベンチに座ると必ず膝の上に乗ってくる。5年生ともなるともう結構大きいから正直言って恥ずかしかった。後ろから抱きつかれたときには膨らみかけた胸が背中にあたるし、ベンチで座ると真上から見る形になるのでノーブラでキャミソールの無防備な胸元は完全に見えてしまう。

私の反応をみてその子はますますエスカレートしていく。当初、膝にちょこんと座るだけだったのが、深く座るようになってきてそのうち膝を動かして振り落してみろなどという。(説明しにくいが、ロディオのような感じ)向い合せに座りだし対面座位のような恰好になったときなどパンツが直に私の股間に密着している。血気盛んな高校生であった私が勃起しないはずもなく、股間はぱんぱんに盛り上がっていた。当然、その子も気付いていたはずでその反応を楽しむかのように股間を押し付けてくる。

そんな毎日が続く中、私もその子に会うのが目的で土日もその公園にいくようになった。いつもの仲間の姿はなく、私の顔を見た子供たちが大勢集まってくる。あの子もいる。今日はこちらから少しいじってみようと早速私の膝に座った彼女の膝に着ていた上着をかけてその下で太ももをさわさわしてみました。くすぐったい素振りをみせていましたが、直ぐに大きくなった私の股間を感じて何となくこれからすることをわかっているようでした。少しずつパンツに触れてパンツ越しにスリットに触れるとそこでしばらく手を止めて柔らかな感触を味わっていました。しっかり感じているようでパンツは次第に湿ってゆき、吐息も熱くなっているようでした。ふにふにと指を動かしていくとますます感じ始めて声が漏れるようになってきました。他の子供たちが周りで遊んでいる中での事ですから、その日はそこまでで止めました。終わるともっとしてほしいというような目で私をみつめてからいつもの対面座位の恰好になってギュッと抱きついてきました。彼女は濡れたあそこを私のいきりたったものに押し付けて焦れったくもぞもぞと動いてきます。上着が落ちて他の子供たちにも丸見えなので名残惜しかったですがお姫様だっこして立たせました。

次会ったときにはどうなってしまうのか・・・。自分がどうしてしまうのかわからなかった。物凄くドキドキしていて気が付いたらいつの間にか射精していた。

体験告白関連タグ

||

2013年11月6日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

双子の姉妹を性的にいじめ その3【友達との体験告白】

三年の春。この日は私らと姉弟は朝早く学校へ来て教室に入った。

まず姉弟の服を脱がせて全裸にして、

姉に弟のちんちんに前にアダルトショップで買わせた媚薬を

丹念に塗らせると、弟のちんちんはあっという間に大きくなった。

それから、弟に姉の性器の中、特にクリトリスに丹念に媚薬を塗らせた。

その状態で姉弟を抱き合わせ、姉の性器の中におとうとのちんちんを入れさせる。

この頃にはだいぶ大きくなっていた姉の胸が弟の胸にぴったりとくっついて、

弟も姉も顔を赤くしていた。いつもセックスしているのに、

どうしてここで恥ずかしがるのか不思議だった。

それから、ずっと抱き合っているように命令して、教室の掃除用具入れに閉じ込めた。 私らの学校の掃除用具入れは広くて、人二人ぐらい余裕で入る。

姉弟が掃除用具入れに全裸で体を密着させ、

性器を挿入したまま閉じ込められているのを知っているのは私らだけだ。

普段姉弟をいじめている他のクラスメートも知らない。

姉弟に授業中にクラスメートや教師の前に全裸で繋がっている姿を晒け出さないよう、

性器に塗られた媚薬の刺激に耐えつつ、放課後まで我慢させようと言うのだ。 裸の姉弟がロッカーの中で悶え苦しんでいる姿を想像しながら、


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年11月5日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

1/3の年齢の子に負けた【友達との体験告白】

自分は真性包茎です。でもそんな事33年間、些細な事と気にも留めていなかったのですが、先日、仕事先から直帰りを許され何時もよりも早い時間帯に銭湯に行く事が出来たのですが…そこで驚くモノを目撃した…小学生高学年位の子のチンチンが完全な剥けチンだった!しかもその子の平常時のサイズが自分の勃起したサイズと遜色が無かった。この時初めて自分のチンチンを“恥ずかしモノ”と認識した。その事を自覚した時、入浴客がいる浴場で勃起してしまい慌てて勃起してしまったチンチンを隠す様に身体を洗った。身体を洗いながら勃起したチンチンが静まるのを待っていると剥けチン少年とその友達の会話から彼らが小学五年生と知る。自分のチンチンは1/3のしか生きていない子供に劣っている事を知り恥ずかしくて堪らなくなり湯船に浸かる事無く銭湯を後にした。童貞歴33年…下手したら件の少年の方が先に童貞喪失するので?っと色々と危機感を覚え包茎手術やソープランドのサイトで色々調べています。…ソープは別としても包茎手術だけでも真剣に考えた方が良いのでしょうか。

体験告白関連タグ

||||||||

2013年11月5日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

従兄弟【友達との体験告白】

私と小学校4年生のかずくんと1年生のゆうくんで海で遊んでました。

家が海の近くなので水着のまま家に帰ったんですが、

「みか、かずくんとゆうくん洗ってあげて!」と母がいうので

風呂につれていきました。2人とも砂だらけ。ゆうくんは海パン履いてなくて

オチンチンまで砂まみれでした。私も裸になってかずくんを裸にしました。

先にゆうくんを洗ってあげました。小指の先くらいで可愛かったです。

ゆうくんはずっと私のオッパイ触ってました。ずっとそうしていたかったんです

けど、もう一人いるので、急いでゆうくんの体を拭いて「ゆうくん上がったよ」

とおばさんに渡して今度はかずくんの番。私の前に立たせて洗ってるとゆうくんのまねをしてオッパイ触り始めました。

Hな子。ゆうくんと違ってオチンチンがちょっと大きいのでスポンジだと

洗いにくくて手で洗ってました。洗ってると、えっと思う間にムクムク大きく

なってきました。握るようにしたらツルっと皮がむけてピンっと立っちゃった

んです。当時処女だったのでそうゆうのを見たのも触ったのも初めてでした。

そうゆう知識はあったんですけど。




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||

2013年11月4日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

家庭教師で性教育&性欲処理【友達との体験告白】

 男前でがっちりした筋肉質の彼は、見かけによらず、うぶ。

 実はそう思っていたのはわたしの勘違いで、彼はネコをかぶっていたの。というより、年上の女にどう接していいかわからずに、大人しく授業を受けていただけなんです。でも、そんなこととは知らない私は。 いつものように家庭教師に出かけました。いつもは夕方から夜にかけてなんだけど、その日は夏休みで、私の都合もあって、時間を変えてもらったんです。だから、彼の家を訪ねたのは、お昼間。後両親は共働きで、弟は遊びに行ってしまっているし、彼とは二人きり。 このことは前からわかっていたし、彼が奥手だと思っていた私は悪戯心で、タンクトップの下はノーブラで出かけたんです。しかもわたしはDカップあるし、彼の横に座って前かがみにテキストなんかをのぞきこんでいると、当然胸の谷間も、乳首も、彼からは見えてしまいます。うぶな彼がドギマギしている姿を楽しもうかな、とか思って。でも、甘かったなあ。彼も、立派な男。

それも、立ち盛りの中学生。(しかも、後で聞いたら、女性経験有りだって言うんだから、びっくり。まあ、もてるのは納得できるけど) 彼はすぐに私がノーブラなのに気がついて、上半身を不自然に動かすの。おっぱいをのぞきこもうとしているのよね。私は身体の位置をずらしながらわざといじわるして・・・  彼のズボンの前はビンビン。

(大きい・・・・)

 我慢すればよかったんだけど、どうしても触ってみたくなっちゃった。

「どうしたの? こんなになって」

 手を伸ばすと、彼はびっくりしたような顔になったわ。

「どうして・・・・」

 私はこのとき、もうその気になっていたんですよね。立派な彼のものが欲しい! そんな感情に支配されていたの。彼は私のことをどんな風に思ったかしら。

 私はズボンのファスナーを下ろして、トランクスのボタンを外し、彼のおちんちんを引っ張り出して。・・・口でしてあげたの。 んぐんぐんぐんぐ。

 次から次へ出てくる彼のお汁を舌で拭い取りながら・・・・ あっという間に彼は理性を無くしてしまって、私は思いっきり押し倒されました。

 やば。やられる。

 口の中で出すぐらいはいいやと思っていたんですが、もともとはちょっとした悪戯心。どうせ最後までやる勇気なんて無いだろうし、ってそんな風に思ってたんです。私も彼がいる身だし。

でも、押し倒された時点で、もういいや、って気持ちになっていたのも事実。だって、私ももうベチョベチョになっていたし。 彼は私の胸をもみくちゃにして、顔をうずめたり、乳首を吸ったり。ああ、気持ちいい。私は恋人に「お前は前戯のいらない便利な女だよ」って言われるくらい、すぐに感じちゃうんです。彼が私のスカートに手を伸ばして下着を剥ぎ取る頃には、完全に受入オッケー。私も彼も服を着たままでやっちゃいました。 もちろん彼にはコンドームをつける余裕なんて無くて、中で思いきり出されてしまった・・・・多分安全日だから大丈夫だけど。 それからの私は、6つも年下の男の子にいいようにされるだけ。すっぱだかにされ、彼もいつの間にかすっぱだか、正常位で2回、力任せにガンガン突かれて、へとへとになった私は、うつぶせになってぐったり。そしたら彼、私の腰を引っ張り上げて、今度は後ろからガンガン突かれ、もう1回。最後は「また、口でして」ってせがまれて、なんと口で2回、私の中に3回も発射しました。それからふたりともずっと裸で抱き合っていました。彼は「先生の体最高気持ちいい。」と言ってました。私も彼の無駄な肉のないカラダは最高でディープキスしながら抱き合っていたら、いつの間にか眠ってしまい、夕方になって、弟が帰ってきたようで、あわてて彼と私は服を着ました。 でも、私だってまがりなりにも家庭教師。起きてから「ちゃんと避妊しなさいよ」って教育してあげました。だって、彼には恋人がいて、いつもそのままやっちゃうって言うから。 それからは、彼との2時間の授業のうち、勉強は30分ほどで、あとは保健体育の実技というか性教育と名を借りたエッチばかりでした。そんなわけで、相変わらず中学生のパワーセックスに、身体は満足しています。 いつも彼の家に行くとき、わたしはノーブラ、ノーパンで行きます。そしてエッチが終わってから、ブラとパンティをはきます。もちろんジャケットはおっていきます。すると、彼は目がギラギラして、まるで獲物か美味しいものを見るような感じでした。わたしもわたしで生理のとき以外は、彼が居るのに、生徒の彼とやる気満々。

体験告白関連タグ

||||||||

2013年11月4日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

小学生の女の子をおかずに【友達との体験告白】

昨日の夕方に電車の中で、黒いパンストを穿いた小学校高学年の女の子を見て萌えました。

俺は休みであるにもかかわらず先輩に呼び出されて大学に言ってました、夕方家に帰るのに電車に乗っていたんですが、俺が乗った時点では車内はガラガラだったので、4人掛けで向かい合わせになってるボックス席を占領してました。

ところが途中にある沿線でも比較的大きな駅で急に混んできたので俺は窓際に詰めました、俺の向かいに10代前半ぐらいの女の子が友達2人で座ってきて、俺の横は70歳ぐらいの爺さんが座りました。

女の子は買い物の帰りらしく買った服とかが入ってる紙袋を持ってました、2人ともキュロットで1人は黒タイツだったのですが、俺の斜め向かいに座った子はなんと黒いパンストを穿いていたのです、あの薄さはどう見てもタイツではなく大人が履くパンストです。

2人とも中学生が通学用によく穿いてる白いスニーカーでした、高校生はあんなもの穿かないので最初2人は中学生だと思っていたのですが、女の子の会話に「算数のテストが・・・」とか「6年○組の担任は・・・」と聞こえてきたので2人は小学生だったのです。

タイツの子のスニーカーは真っ白でまだ新しいそうでしたが、パンストを穿いた子のスニーカーは新しい感じはなくうす汚れてたのでそこそこ穿きこなしたものだと思います。

大人が穿いてもエロく感じる黒パンスト、それを多少大人びた感じはするが小学生が穿いている、ロリの気がある俺にしてみればこんなにエロいものはありませんでした。

車内はかなり暖房が利いていて、しばらくすると女の子たちは会話をやめて居眠りしていました、隣を見ると爺さんもうとうとしてました、俺も寝た振りをしながら頭を下げ眼だけ開けてパンストを穿いてる子の脚元をガン見しました。

車内は暑いくらい暖房が利いていたので「女の子のスニーカーの中は蒸れているだろうな」「毎日穿いてるのだとしたら臭いかも」そんなことを考えながらパンスト脚を観察しました。

隣の爺さんは通路側に斜めに脚を出して伸ばしていたので、必然的に女の子2人の脚は寄り添うように俺のいる側に持ってきている、ほんの数センチで俺の脚と触れそうだった、俺はジーンズなので例え触れても感触などわからないのだが、それでもジーンズを通してでもあのパンスト脚と俺の脚が触れないかなと期待しました。

彼女たちは40分ほど乗って先に降りて行きました、俺はそこから3駅目の自宅に一番近い駅で降りました。

すぐ家に帰り部屋に入ってオナニーしました、つい今しがた見た黒いパンストを穿いた女の子の脚を思い出しながらです、ここ最近で最高のおかずでした。

体験告白関連タグ

|||||||||||||

2013年11月4日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

あの男の子、ちょっと可哀想【友達との体験告白】

いつか行ってみようと思ってた、近くの温泉街の健康ランドに行きました。

平日ですいてて、入浴客は5、6人くらいでした。

その日は小学4、5年生くらいの男の子が一人、女湯によくあることです。

大切なところ全然隠さないで、内湯と露天風呂を行ったり来たり、

無邪気にはしゃいでて、かわいらしいって思って見てました。

男の子はお母さんの左に並んで座って、スタッフさんに背中を洗ってもらってました。

3人で親しそうにお話ししてました。

私はその左横に一つ置いて座って、体を洗いました。

洗髪しながら、右のほうに顔を向けたときでした。

男の子がスタッフさんに後ろから抱えられるような格好になってました。

その格好でじっとしてて、なんか変でした。

スタッフさんが、とてもやさしい声で

 「動かないでねえ」

 「声出さないでねえ」

男の子にそう言ってるのが、何度か聞こえました。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||

2013年11月2日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

少女【友達との体験告白】

近くの、といっても30分くらいの川原で遊んでいる2人の小学生らしき女の子を発見し近づいていった。

たわいもない話をし仲良くなった。2人は小学3年生とのこと。

俺はさらっとした黒髪の清純そうなこの方がタイプだった。もう一人ももちろん可愛かった。

2人を見ているだけでちんちんは勃起し襲いかかりたくなった。

すると水遊びをしていたせいか、タイプなコがおしっこがしたくなったといいだした。

一緒にしようといい岩陰にむかい少女はしゃがみ、僕は立ち放尿した。

向かいに立てば良かったと勃起ちんちんから勢いよく飛ばしながら後悔した。

隣でシャアアアアといい音をさせながら少女は俺のちんちんを見つめていた。

パパのと違う!勃起したちんちんを見るのは初めてのようで、おもしろそうにみていた。

そして触ってみる?ときくと嬉しそうにちんちんをにぎにぎして笑ってた。

俺は我慢出来ずそのまま上下にこするよう教えた。ぎこちなさがさらに興奮しこのチャンスしかないと思い、少女に岩にてをつかせスカートをまくり幼いピンクのパンツに顔をうずめた。

おしっこの強烈な臭いにクラクラした。何?何?と動こうとするのを少し我慢してといいパンツをおろし小学生のおまんまんを舐めた。

しょっぱかったが甘みのあるおしっこの味。

くすぐったいよと体をよじるのを手でおさえ、ちんちんを股にはさんで腰を振った。

挿入はさすがに出来なかった。30秒もしないうちにちんちんから放たれた白い液は岩にあたりトロトロと垂れていた。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||

2013年10月20日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

家庭教師の悪夢【友達との体験告白】

私も告白します。

わたしが、オナニーをはじめて経験したのは、大学1年生(19歳)のときでした。

わたしは、小学校時代から、まじめですこしおとなしい性格でしたから、男の人とデートしたこともありませんでした。

もちろん中学校時代、クラスでオナニーをしていた子もたくさんいましたし、オナニーのやり方も知っていましたが、なぜかしら、そんなことをするのはいけないことだ、破廉恥なことだとおもっていました。



ところがです。以下私の初オナニーというかを聞いてください。



大学1年の夏、私は、家庭教師のアルバイト先で、あまり熱心に勉強にとりくまない中学3年の男子生徒を教えていたとき、すぐに「先生、もう終わろうよ。」と言い出すのです。

私が、「この問題がとき終わったら、なんでも言うこときくから」と言ったとき、彼は急に真剣にやり始めたのです。ほとんどはその子の実力では、ちょっと解くのが難しいかなという程度の問題だったのですが、たまたまうまく解くことができたときがありました。



わたしは、「よくできたから今日はここで終わろうか。」というとその子は、「先生なんでも言うこと聞くっていったよね。」「今度来るとノーブラで来て」といいました。

当然、私は、冗談かと思い聞き流して、次回もそのままいつもの服で教えに行きましたが、そのとき、男の子が、私の胸の付近を執拗にもじろじろ見ていました。その時、私は初めて、先週男の子が言ったことがまじめに言ったことであることに気がつきました。



2時間の指導時間のうち、最初の1時間は、普通に教えました。その時も、視線が私の胸にいっていたのを覚えています。当然、勉強のやる気などみじんも見当たりません。仕方なく、わたしは、休憩時間のとき、トイレでブラをはずし、再び1時間指導することになりました。

男の子は、はじめは特に何も口には出しませんでしたが、以前にもまして、私の胸を覗き込むように見ていることが多くなりました。そのとき、私の「あそこ」が急に濡れてくるのを感じました。1時間が終わりのころには、パンティがびっしょりでした。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||

2013年10月20日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

変態熟女【友達との体験告白】

アタシは旦那もいる53歳のおばちゃんです。

旦那ともここ何年もセックスしてないし、旦那を欲しいともおもわない。

体もだいぶ肉付きもよくなりこんなおばさんだれも相手にしてくれないし、毎日昼間っからオナばかりしてますよ。

ふっといバイブ立ちがに股で激しく出し入れするのが大好き。年はおばさんでも体は女のまま。

べろべろになったマンコからは汁が溢れだし足と床を濡らせます。

おちんぽほしい・・・若いおちんぽが。中学生くらいの男の子がアタシにとってとても興奮するの。

この間、オナも途中で買い物に出かけた帰り近くの河で魚釣りをしている少年3人を発見。美味しそうな子供。

薄着でノーパンのままだったアタシは橋の上から様子を見ていた。もちろんスカートの中が見えるようにわざと。

まあ、こんなおばさんだしいらないか?と思っていたけどアタシが興奮するし開きぎみで見せつけた。

釣れる?なんて声をかけてわざと上をむかせてね。

はっきりとは見えないまでにも見てたわ、おばさんのマンコ。そしたらすぐに濡れて太ももに汁が垂れまくり。

河原に降りていきまた話しかけた。

何匹か釣れたよとバケツを見せてくれたので足を開きながらしゃがんであげた。今度ははっきりみえたのか凝視しまくりで

ズボンが膨らんでいたわ。もう可愛くて。

「おばさんのここ興味ある??」なんて聞いちゃった。もじもじしてじれったいからズボンの上からおちんちん触ってあげたの、そしたら


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||

2013年10月20日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

このページの先頭へ