3年A組の男子達の災難②【盗撮・覗きの体験告白】

授業の合間の休み時間、稔の机の上に剛司がどっかと乗っかって何やら話している。



「しっかし、こないだは参ったよ。プールの授業終わった後 更衣室で着替えようと思ったら、服がないんだよ。 それであちこち探してるうちに次の授業の時間になっちゃって、 海パンのまま教室戻ったんだよ。女子も見ている中、仕方なく ジャージに着替えたんだけど、さすがにあれはハズかった……」「で、結局服は見つかったの」「教室のオレのロッカーの中に入っていたよ」「へぇ、こないだ覗き見した仕返しされたんじゃないの」「だとしか考えられない。現にあの連帯責任取らされた日から、 あいつら調子乗ってるからな」「ホームルームでチクれば?」



「ああ、オレもそのつもりなんだけどな」

3年A組の教室では、いつものように授業の後、ホームールームが行われていた。

「……明日の予定は以上です。では、ホームルームをこれで」「ちょっと、待ったぁ」

教壇でホームルームを務める三橋を遮るように口を開いたのは、剛司だった。



「剛司くん?何ですか」

「昨日、プールの授業の後、オレの服が盗まれました。で、その 後探したら教室のロッカーの中に服が入っていました」「そうですか、それは一件落着ですね」「一件落着じゃねぇ。犯人はこのクラスの女子に決まってる」「それは、どうして分かるのですか」「どうせ、こないだ覗いた仕返しだろ」「その件は、男子が連帯責任の罰を受けたことで終わっています」「表面的にはな。だけどあの時から調子に乗ってる女がいんだよ」

「それは具体的に誰のことですか」

剛司はチラッと横目で被害者面している奈緒とその一派の方を見た。しかしこの剛司の暴論に、奈緒たちも黙ってはいない。

「何の証拠もなしに私たち女子を犯罪者扱いされちゃたまんないわ」「そうそう覗いた分際で、濡れ衣まで着せてくるなんてサイテー」「自分で蒔いた種じゃない、当然の報いじゃない」「静かにしてください。剛司くんの言い分は分かりました。しかし、 犯人が分からないことには、どうしようもありません」




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2018年1月7日 | 体験告白カテゴリー:盗撮・覗きの体験告白

会社の陽子先輩と後輩久美【会社・職場での体験告白】

<>208えっちな21禁さんsage04/09/0921:19ID:dV+12zfV<>

話は2週間ほど前になりますが、ちょっと有名なお祭に参加することになり

我々の職場で6名(男4人、女2人)出ることになりました。

正直、かなり面倒だったのですが、女子の間で久美が出ることになり、必然的に

同じ部署である、我々ヘタレ3人(A,B,C)と新人1人(D)が選ばれました。

(ちなみに私は、ヘタレ「C」です。)

職場には女子も数人いるのですが、どうも久美は立場が弱く、無理やり選ばれたようです。

そして、女子のもう1人はちょっと地味なブランド好きの陽子先輩(32)です。

でも、結果的に陽子先輩のおかげで、我々はひと夏の最高の思い出を作れました。



<>209えっちな21禁さんsage04/09/0921:20ID:dV+12zfV<>

お祭の当日、送迎バスが出るので一度会社に集まり、そこから会場に向かいました。

会場に到着後、我々の参加チームは300人ほどに達しておりました。

そして、本番まで2時間もあったので、控えの広間で集まり、全員で踊りの

リハーサルをし、景気付けの乾杯をしました。それも、大量に・・・


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||

2014年2月10日 | 体験告白カテゴリー:会社・職場での体験告白

ツーリング【風俗での体験告白】

<>644:名無しさん@入浴中:2008/01/21(月)23:27:00ID:fMQ67C3H0<>

口直しに、オレの脱童報告をしたいと思う。

記念日は先週の水曜日。

このスレを発見したのは卒業後なので、もっと早く知っていればと後悔しているが、こういう人間もいるってことで。



とりあえずオレのスペックから。

29歳、童貞。来月で魔法が使えるようになる予定だった。

身長170cm、体重45kg。典型的なガリ男。着痩せするタイプが口癖。

見た目は自分ではそこまで悪いとは思わないんだが、とにかく人見知りが激しく、女の子と私生活で会話などまともにしたことはなかった。

ちなみに年下、妹タイプ、低身長の子が好みで、重度の尻フェチ。



以前からソープで脱童は考えていたものの、いまいち踏ん切りが付かなくて実行出来ないでいた。

しかしその契機はあまりにも突然やってきたのだった。

一人旅が趣味のオレは休みが取れる毎に日本中を旅してきたのだが、一人で景色を見ている時って何故かエロなことばかり浮かんでくるんだな。

で、その日は神戸市内を観光していたオレはふと思い立った。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||

2014年2月9日 | 体験告白カテゴリー:風俗での体験告白

予備校通いの浪人生と【友達との体験告白】

<>202194sage04/04/0217:59ID:g6QFozel<>

多分3年くらい前の話です。細かいところがちょっとあやふやですけど。

当時私、大学受験の為に個人塾に通ってたんですね。予備校に行こうかとも

思ったんですが、知人からの紹介でしたし、人数が少なめなのもどっちかと

言うと予備校よりもいいかと思いました。

同じ受験生クラスの人が確か全部で9人で、私の元々の友人も一人いました。

大学で言うとゼミみたいな、仲のいい雰囲気で楽しかったですね。



<>204194sage04/04/0218:01ID:g6QFozel<>

で、その中に、浪人生で私よりも一つ上の人がいました。名前出すとまずいかな、

皆に宮さんとかみゃーちゃんって呼ばれてた人なんですけど。

顔はかっこいい感じなんだけど、県でもトップの男子校に6年間通ってて、あんまり

遊んだことないなこの人、というのは良く分かりましたw 

私とも、仲良くなってからもかなり長い間さん付け&丁寧語で話していましたし。

でも話は面白いし趣味も合うし、当時地元で良く演奏していたインディーズバンド


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||

2014年1月30日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

田中美保とエッチした話【芸能人との体験告白】

<>190:790:2005/06/18(土)02:17:07ID:rioUtw1f0<>

モデルの田中美保ちゃんとならしたことあるけど、

彼女のこと知ってる人おる?





<>191:190:2005/06/18(土)02:22:55ID:rioUtw1f0<>

名前がなぜか790になってた。





<>192:えっちな21禁さん:2005/06/18(土)05:29:05ID:7S8K2IKW0<>

192

知ってるから詳細ヨロ





<>193:190:2005/06/18(土)19:12:28ID:rioUtw1f0<>


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年1月28日 | 体験告白カテゴリー:芸能人との体験告白

【見せあいっこ】同僚の妻と自分の妻の裸 ついでに俺の裸【温泉での体験告白】

12 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2009/12/17(木) 15:03:09 ID:gG+ew0I50 [7/10]

社会人になってからの話。俺と彼女と知り合い夫婦の4人で温泉に行くことになった。相手の奥さんは俺と彼女の職場の元同僚で、旦那は俺の幼馴染。露天風呂が混浴になっていて、友達とふたりで行ってみると、地元のおやじが一人。しばらくしておやじが上がって二人きりになったころ、女湯の扉が開き、彼女と奥さんがタオル一枚で入ってきた。おやじが出たら混浴に行ってみようと思って待ってたらしい。俺はまさか混浴できるとは思ってなかったのでびっくり!奥さんは元同僚だからね。彼女には悪いが、元とは言え、同僚の裸を見られるかもって思うとめちゃめちゃ興奮した。



13 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2009/12/17(木) 15:11:28 ID:+/D4HL+rO

紫煙



14 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2009/12/17(木) 15:14:03 ID:gG+ew0I50 [8/10]

二人ともタオルを胸から下にたらしており、胸とあそこは見えない。しかし後ろはマッパだ。尻フェチである俺は湯船から上がる一瞬を待った。しばらく4人で湯につかって話をしていると、のぼせて来たのか彼女が湯から出て涼みに行った。彼女が立ち上がり後ろを向いたら、当然のことながら尻が俺らの目の前に。友達はにやっと笑ってた。俺は彼女の尻を見られたことよりも、元同僚の尻も同様にもうすぐ拝めると思って興奮してた。しばらくして彼女が元同僚に「○○、ちょっとー(こっち来て)」と声をかけた。彼女ナイス!「何ー?」と言いながら元同僚が立ち上がる。向こうを向くと、真っ白な尻が。元同僚は隠そうともせずスタスタと彼女の元へ。尻がプリンプリン揺れる。



15 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2009/12/17(木) 15:22:53 ID:gG+ew0I50 [9/10]

彼女は木の柵の向こうを指差していて、二人で木の柵から外の景色を見ているようだった。尻が二つ並んでいる光景に俺と友達は無言でニヤニヤ。それぞれ別の女の尻を見て喜んでたんだろう。しかし、友達にとって俺の彼女は関係の薄い知り合いの女だ。それに比べて、俺にとって友達の奥さんは元同僚。得をしてるのは圧倒的に俺だなどと考えていた。最終的には胸やあそこは見れなかったが、元同僚の尻を見れたし、チンコも見てもらえたので大満足だった。



16 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2009/12/17(木) 15:27:19 ID:gG+ew0I50 [10/10]

こんな感じで、恋愛対象でない知り合いの女の子との体験を書いてもらえるとうれしいです。

体験告白関連タグ

||||||||

2014年1月26日 | 体験告白カテゴリー:温泉での体験告白

もう一人の俺【友達との体験告白】

一時期お気に入りの居酒屋が出来て半年くらい頻繁に通ってました。

その時の話です。





とにかく週に2〜3回、調子いい時は毎日のように行って飲んだくれてました。

そうこうしているうちに店員とも仲良くなったし、

カウンター席の隣に座った知らない客ともよく話した。





ただ俺自身、数年前から酒飲むとすぐ記憶がとぶようになっちゃって、

実はその居酒屋での事は、いつも決まって途中からの記憶がありません。

10回行けば8回は後半覚えてないぐらいです。

昔はこんな事なかったんだけど、変な癖つけちゃったなあ。






この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||

2013年9月26日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

俺の彼女【友達との体験告白】

俺は今28歳、彼女は39歳。不自然なはず。それは彼女には小学5年生と中学2年生の子供がいるそうだ。2年前に、子供を連れて

離婚したと聞いている。俺も彼女も正社員にはなれず、パートとして同じ職場で働いている。俺が最初に彼女を気に言ったのは

胸とお尻がプリンと大きく、顔立ちも男好きする容姿だった。最初は俺とは歳も離れているし、彼女としてなどと思ったわけではない。たまたま昼食の時俺の横に座って来たことから始まる。彼女はいつも身体にフィットしたシャツで、ジーンズの股上が短いものを穿いている。時に彼女がしゃがんだ時などはお尻の割れ目が見えたり、シャツから両方の乳首がポツンと飛び出しているのはちらちらと見ていた。そのことを彼女の口から告げられた。「Y君、彼女いないの?いつも休みの日はどうしているの?」と聞かれ、「今の俺は車が恋人だよ」と言うと「土曜日、日曜日は子供がいるから外に出られないけど、平日の休みの日は暇だから、どこかへドライブに連れてって」と言われた。でもその時彼女が離婚していたことなど全く知らなかった。でも所詮一人でドライブするより、胸の大きい、お尻の丸く大きいのが見られるとOKした。それから1週間ほどして、子供が学校へ出かけた後、二人でドライブした。車の中ではそれぞれの自分の境遇を話した。彼女が「Y君、彼女がいないと寂しいでしょう?エッチ本やアダルトビデオばかりみているんじゃないの?」とまるで見透かされたように言った。それに「Y君、よく私のお尻や胸をみているでしょう?知っているのよ」とたたみかけられ、しどろもどろになってしまった。隠しきれず「貴方の丸くて大きい柔らなそうな、胸とお尻が気になって・・・それに俺、お尻フェチなんだ」と言うと「やっぱりそうなのね。もしよければ、触ってみる?」と言われ、思わず胸がドキドキしてしまった。広い路からそれで空き地に車を停め、キスをした。彼女もこばむことなく、舌まで入れて来た。もう俺のペニスはぎんぎんになっていた。彼女はそれに気づいてかどうかわからないが、ズボンの上から触って来た。俺はシートを後ろに倒し仰向けになった。彼女は俺のズボンのファスナーを下し、ブリーフを下げて、俺のペニスを取り出し、パクリと咥えてくれた。初めての体験だった。溜まっていた俺はすぐに射精してしまった。それを彼女はすべて飲みほしてくれた。そして彼女は言った。「二人きりになれるところに行きましょう。Y君の想像していたものがみたいんでしょう?」と。俺はすぐにラブホテルを探し中に入った。彼女はバスルームに行き、シャワーを浴びた。俺もその後シャワーを浴びた。出てみると彼女はすでにベットに入っていた。布団をめくるとなんと全裸姿だった。大きな二つの乳房があった。俺はむしゃぶりつくようにそれを吸って舐めた。彼女は俺の背中を撫ぜたり、頭を撫ぜてくれた。俺は「あなたのお尻が見たい」というと、よつんばになってくれ、俺はその後ろに身体を移動した。そこに見たものは、今まで、ジーンズの腰から見えていた大きなやわらかいお尻とその間からは陰毛ぬ黒々とした間からパクリと割れた秘部、そしてアナルまでは目の前にあった。おれはお尻の全部と二つの股の間に顔をうずめ、吸ったり舐めたりした。彼女は大きなお尻を左右に動かした後「入れて・・・」と言った。備え付けのゴムに手をかけると「いいの、生のままで、2人の子供を産んでから避妊したから大丈夫よ」と。それを聞いた俺はずぶりと一気に根元まで挿入した。それからは彼女の卑猥な言葉が次々に出て来て、先ほど射精したにも関わらずあっと言う間に射精してしまった。その後もフェラをしてくれたり、手でしごいてくれて、またまた大きくなったペニスを見ると俺を仰向けにしてその上に彼女が乗って、自らの手で彼女の中に誘導してくれた。ホテルを出てから別れるまで車の中でフズボンの中に手を入れずっと握ってくれていた。それから会社出会うと誰もいない時にはそっとズボンの上から俺のペニスを握ってくれている。賃貸マンションでは彼女と子供が寝ただろう時間にメールが入って来てやりとりをしている。

「今、どうしているの?もしかして、又アダルトビデオを見ながら、しごいているんでしょう?」と。俺は「これから写メールで勃起したちんぽを送るよ」と返信した。しばらくして彼女から上半身裸の大きなおっぱい丸出しの写メールが届いた。それには「これを見ながら、しごけば・・・」と。俺は射精した後。その精液が写った写真を送った。」「もったいないなあ、そばにいたら飲んであげるのに・・・」と、次第にエスカレートした俺は「これからでも会えない。お○○したいよ」と送ると「私だって一緒。でも今日は駄目だよ。私も今夜は我慢してオナニーをして寝るわ。その代わりにそのまま私の愛液がしみついたパンテイーを明日会社であげるから・・・」と。翌日彼女に会うとにやにやしながら人のいない時、袋包みを渡してくれた。昼休みに車の中で開けると、ピンクのビキニパンティーのクロッチの部分が白くなっていた。そこに紙切れが入っていて「あれからY君の大きな勃起したちんぽを想像しながらパンティーを穿いたままオナったの。でその後、ティッシュでしょりしないでそのまま寝たの。だから、そこについているのは私の昨夜の愛液よ」と。今では彼女の股間には陰毛は少しもなく、ツルツル状態。ホテルで剃ってしまって、その陰毛は俺が袋に入れて持っている。今度ホテルに言ったら俺の陰毛を剃ってあげる、そしたらフェラをしている時口に毛が入らないからいいわ・・」と言っている。こんな関係になったある日「どうして、ふたりは結婚するわけでもないのに、続いているんだろう?」と聞くと、「実は私、離婚して2年少々になるけど、恥ずかしいけどやはり男性の身体が恋しいの。でもかといってすぐに結婚出来る相手など見つからず、貴方と同じように一人エッチをしていたの。だから貴方と付き合うようになって、それも解消されているの。あなただってそうでしょう。セックスって男性はあからさまに言う人がいるど女性はそれって出来ないし、昼間は子供や会社の仕事でなんとかなるけど、お風呂に入ったり、お手洗いに行ったときや、一人お布団に入るとすごくしたくなってどうしようもなかったの。だから、これからもお互いの性欲を満たす為におもっきりしましょう」と。俺は先日ホテルに言った時、「アナルセックスをさせてほしい」と言うと、あそこはバイ菌が多いから、貴方の大切なペニスが病気になるから、先に浣腸をしてかあrでないとそれにゴムをつけてなら、いいよ。でもすぐには入らないから、徐々にさせてあげる」と。結局その日は、アナルをなめさせてくれて、彼女の化粧品の乳液をアナルに塗って人差し指を少し入れて終わった。これからが楽しみだ。

体験告白関連タグ

||||||||||||||

2013年9月23日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

精液でヌルヌルになった彼女の手【手コキの体験告白】

大学の先輩にイカせてもらった。オレは19、彼女は25の大学院生。

同じ学部学科専攻だったのだが、1年生と院生はあまり接点が無いとのことで、

お近づきの飲み会をすることになった。その時オレの隣に座ったのが彼女だった。

髪はショート、身長はオレより少し高い(オレは165しかない・・・)。

男っぽい性格で、それが災いしてか今のところ彼氏はいないらしい。

酒もかなり強いらしく、泡盛を(大学絞られるな・・・)ロックで飲みまくる。

オレはあまり酒を飲めない体質なのだが、女に負けるのがいやで、同じペースで飲みまくった。飲み会が終わり、皆は2次会に向かっている。

オレは泥酔してほとんど意識が無く、2次会は遠慮することにした。

すると彼女が「私も遠慮します。この子を送り届けますね。」といって

オレとタクシーに乗り込んだ。

車の揺れでさらに気分を悪くしたオレは、吐き気をもよおしそのまま吐いてしまった。

「大丈夫?私の家の方が近いから、一度休んで行こうか?」運転手に平謝りしながら、

彼女のアパートの前でおろしてもらった。玄関先で倒れこんでいると、「さ、これに着替えて。」といってジャージを渡してくれた。

確かにオレの服はゲロだらけ。

しかしオレは自分で着替える気力は無い。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||

2013年9月20日 | 体験告白カテゴリー:手コキの体験告白

妻がこうなるとは…..。【人妻の体験告白】

「それでは、ご主人出かけます。泊まりになるかは、後ほど。」

そう言われて妻を、西本さんに貸し出しました。

妻:由梨絵45才160cm 50kg スレンダー体型。

西本さん:58才177cm 痩せ型 筋肉質。

二人が、乗った白い乗用車を不思議な気持ちで見送りました。

西本さんは、私達夫婦が、自営する店のお客様でありまた、西本さんの仕事が、

保険関係ということで日頃から、親しくさせてもらってました。

とはいえこのようになるとは、想像にもしてなかったです。

二人を送り出し仕事をしながらも、複雑な気持ちですごしました。

夕飯の材料を近くのスーパーで買い、自宅に戻る時携帯が、鳴りました。

西本「ご主人ですか。西本です」歯切れの良い声が聞こえました。

私「どうも....」

西本「今、奥さんと食事をしています。出来れば今晩は泊まりで御願いします。」

私「うちのは何といってるのですか?」

西本「ええ、了解していただきました。奥さんとかわります。」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年9月16日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白
1 / 512345

このページの先頭へ