遠距離恋愛している間彼女が喰われる話 8 【寝取られた体験告白】

60





自ら秘裂の柔肉を開き挿入を待つ果歩。



早く入れてと言わんばかりに、膣口からは涎が垂れていた。



富田 「ハァ・・・いくぞ・・・」



富田は屈曲位の体勢で、腰を前に進めた。



粘液で淫らに濡れ光る肉棒は、一段と激しく勃起していたが、もはや挿入に手間どることはなかった。



グチュゥ・・・・




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||

2014年12月31日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

僕の幼馴染 【寝取られた体験告白】

私は17歳の高校2年生です。

高校生と聞けば、皆さんはどの様なことを頭に思いうかべるのでしょうか。

やはり、恋愛や部活や勉強のことを思いうかべるのでしょうか。

とりあえず、卒業した方も、まだ入学していない方も

ほとんどの人たちが楽しいイメージを持っていると思います。

では実際にはどうなのでしょうか

高校生は皆が皆、楽しい生活を送っているのでしょうか

私の周りを見てみたところ

確かにほとんどの者は楽しそうに高校生活を送っています。

皆さんのイメージ通りです。

しかし皆が皆が楽しい生活を送っているかどうかとなると

それは違うと思います。

なぜなら僕がそうだからです。

楽しんでいる者達の裏で

地味にひっそりと学生生活を送っている者達が少なからず存在します。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||

2014年12月6日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

バイト先の男達に… 【レイプの体験告白】

某大学の食堂…二人の女子大生がいつものように窓際の席に座ってランチセットを食べながら話をしていた。



「今日のお米なんか固いなぁ、結と同じそばにすればよかったなぁ」



「あ〜あのおばちゃんが作る日はお米固いよね(笑)」



長谷川結と山本和美、2人は大学一年からの親友だ。



「それよりさ、結にちょっと聞きたい事あるんだけど。」



「ん?なに?」



「あのさぁ結ってさぁ…今まで誰とも付き合ったことないんでしょ?男に興味ないの?」



二人は普段あまり恋愛の話はしないがこの日は和美が恋愛の話を切り出してきた


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||

2014年11月29日 | 体験告白カテゴリー:レイプの体験告白

遠距離恋愛している間彼女が喰われる話 7 【寝取られた体験告白】

54



富田 「じゃあ果歩ちゃん、俺の首に腕をかけて・・・そう・・・。」



ソファの上で正上位の体位で繋がっている2人。



上半身を近づけた富田の指示通り、果歩は富田の首に腕をかけて、富田に抱きつく様な格好になる。



富田 「しっかり捕まってろよぉ・・・よっと。」



果歩 「え・・・キャアッ!」



富田は、果歩の脚を抱えると、そのまま果歩の身体を持ち上げてソファから立ち上がったのだ。



性器を結合させたままの立位、いわゆる駅弁と呼ばれる体位になった富田と果歩。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||

2014年11月24日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

幼馴染みにフェラの練習させてと言われた3 バッドエンドルート 【寝取られた体験告白】

僕には幼馴染みがいる。

小学2年の時に隣に引っ越してきた涼子を、一目見たときからずっと好きだった。そして涼子も、僕のことを好きなはずだと思い込んでいた……。





それが、涼子に彼氏が出来たと報告され、しかも彼氏のための練習台になってくれと言われた僕は、自分の優柔不断さを呪った。でも、僕はあきらめないことを決めた。







『二人で遊園地なんて、久しぶりだね。昔はよく行ったのにね』

「何でだよw 去年のクリスマスに行っただろ?」

『そっかw なんか、恒例行事みたいな感じだから忘れてたw』

「はいはいw でも、確かに昔はよく行ったよな。夏休みなんて、毎日どっか行ってたもんな」

『懐かしいね』

「あぁ……」

アトラクションの列に並びながら、そんな話をした。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||

2014年10月30日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

社長夫人の意見 ざっくりまとめると 【会社・職場での体験告白】

「私は商社のOLからCAに転職したんです。もともと憧れていたこともあって、外資系の航空会社に転職しました。ファーストクラスが担当で、そこによくいらっしゃるコンサルティング会社の役員が主人でした」





「転職先のベンチャー会社の上司と結婚しました。そのとき、彼は社長ではなく部長だったんです」



「私と主人は以前に勤めていた銀行の同期でした。しばらく社内恋愛をして、彼がMBA留学したときに結婚しました」





「部長として赴任してきて以来、彼には“仕事がデキる”という評判がありました。それに彼には何か“品”みたいなものがあって、ピンときたんです」



「夫は新卒のときから“優秀だ”という噂はありましたね。あとやっぱり誠実な人柄だという評判もありました。MBA留学も借金で行ったのですが“この人なら大丈夫”という直感がありました」






体験告白関連タグ

|

2014年10月29日 | 体験告白カテゴリー:会社・職場での体験告白

遠距離恋愛している間彼女が喰われる話 4 【寝取られた体験告白】

26



「はぁ・・・・。」



ため息をつきながら自分の部屋でアルバイトに行くための準備をする果歩、鏡のまえで身なりを整える。



鏡に映る自分の顔は前より少しだけ痩せて見えた。



この2日間まともな食事を摂れなかったのだ。摂れなかったというより、ごはんが喉を通らなかったというべきか。



あれから2日間、果歩は大学とアルバイトを休んでいた。



友哉の携帯に電話したあの夜は、涙が枯れてしまうほど泣き続けた。



次の日、大学に行く時間になっても、体と心が重く感じてとても行く気にはなれなかった。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||

2014年10月6日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

昔付き合っていた彼女とのハメ撮りが流出した結果・・・。 【恋人との体験告白】

昨日発売の週刊SPA!に載っていた人だが・・・



そんなに簡単にハメ撮りって撮らせてもらえるの?



いぜん前カノとエッチの時に撮影しようとしたら

猛烈拒否られて凹んだ俺。



この人のやり方というのが

もし本当なら自分もハメ撮りしてみたい!





でもこの人の実力はガチなの?

教えて大人のエロい人!



以下記事貼り付けます。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||

2014年10月4日 | 体験告白カテゴリー:恋人との体験告白

遠距離恋愛している間彼女が喰われる話 3 【寝取られた体験告白】

21



「じゃあ果歩、バイト頑張ってね。」



「うん、じゃねぇ知子ちゃん。」



大学を終えた果歩は知子と別れて、アルバイト先のトミタスポーツへ向かった。



トミタスポーツの仕事にも慣れてきた今日この頃。



いや、慣れるというか、トミタスポーツでの仕事は今のところ受付だけで、高い時給のわりに楽な仕事。



高い時給はもちろん嬉しかった果歩だが、遣り甲斐(やりがい)という面では若干物足りなさを感じていた。






この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||

2014年10月3日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

だいぶ痛かったけど・・・ 【修羅場の体験告白】

私が以前勤めていた会社は言葉には出さないが社内恋愛禁止で、ばれるとどちらかが飛ばされるので、みんな必死になって隠してた。

かくいう私も、24から30まで同じ人とずっと内緒で付き合ってた。



30になった時気を付けてたけど妊娠してしまい、彼に妊娠してしまったことを話すと、彼に

「わざと妊娠した」

と責められて、帰る時駅の階段でわざとぶつかられて階段から落ちてしまい、流産した。

会社の最寄り駅だったので、流産したことが会社にばれたうえ、彼が苦しんでる私を助けたヒーローになってた。

彼はそんな時に冷静に対応できたってことで、上司に目をかけられ、逆に私は結婚もしないのに妊娠するゆるゆるな女ってレッテルを張られた。



それからは引き受けていた仕事のチーフを外されたりと散々だった。

それでも、私は会社を辞めても何の解決にもならないし、正社員の職を得るのは難しいだろうってことで歯を食いしばって頑張ってた。

彼からは

「子供もいなくなったし俺たち別れたほうがいいよな。」

のメールが一通が来ただけだった。

正直もうその時には彼のことが怖かったし、好きではなくなってたので、


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ



2014年10月1日 | 体験告白カテゴリー:修羅場の体験告白

このページの先頭へ