女性センターの悪夢③【レイプの体験告白】

 沙耶さんが、ジーンズで僕の腹にまたがりました。乗馬のようです。 「はい、あ~んしてごらん」

 沙耶さんが言いました。脱がしたてのパンツを、僕に食べさせて、猿ぐつわにしようとしています。

 僕は、最後に残されたプライドで、それを拒みました。 すると、彼女、フルスウィングで僕の顔面を叩きました。

 何度も。 いたい痛い!!やめて、ゆるして・・・・ 「どうせ、逆らっても、無駄なのに」

 女子高生の奈津子さんが言いました。完全に人を見下したセリフです。 全身があわ立つような屈辱感ですが、確かにどうすることもできません。

 「ほら、口開けて」

 沙耶さんの二度目の命令には逆らえずに、僕は自分のパンツを口の中に押し込まれた上、ガムテープで封印され、声も出せずにしくしくと泣きました。 女性たちは、キャアキャア言いながら僕の下半身に群がっています。

 お願いだから、これ以上ひどいことはしないで・・・・。 その僕の希望をあざけるように、沙耶さんが言いました。

 「さぁて、ここから、どうやってイジメてやるかな」

 彼女の二人の子供が、目をきらきらさせて、僕を見ています。 「二度と、痴漢行為を出来ないようにする必要があるわ」

 女子高生の奈津子さんが言いました。 「それじゃ、オチンチンを、切る、とかね」

 若い母親の一人が言いました。 「麻酔なしで、ちょきん!!」

 指ではさみの形を作って、言います。 「アハハ・・そりゃ残酷だわ」

 「だって、ここまで脱がしておいて、当然おちんちんを責めるつもりなんでしょ」

 「そうだけど、おしっこが出来なかったら、死んじゃうわよ」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2017年12月30日 | 体験告白カテゴリー:レイプの体験告白

女教師の自宅で尻を叩かれた【学校での体験告白】

5年生の時、担任だった美人教師に家まで連れていかれたことがある

というのも全く宿題をやらず、1学期の間ほとんど出さなかったので

夏休みの間に少しでも終わらせておくよう言われていたのだが

僕は1学期に溜めこんだ宿題はおろか、夏休みの宿題にさえ全く手を付けなかった「今日から先生の家でやりましょう」その年は始業式の翌日から連休があり

罰として勉強漬けにすると親にも連絡され、仕方なく宿題をするため先生の家へ

ただ泊まりがけというわけにはいかなかったようで

夜7時までという約束で勉強することになった

学校と違いエプロン姿の美人先生を見られるという特権はあったが

ひたすら宿題をさせられるというのは地獄だった

しかも1学期の宿題がまるまる残っているのだから簡単に終わるはずもない

僕が時計を気にしながら7時になるのを待っていると

先生が急に「6時半になったら、お尻をペンペンしますからね」と言いだした

学校で宿題忘れの罰として先生が尻をたたくことはよくあったが

いつもは教室にある大きな定規を使っていたので、ここでそんな罰を受けるとは思っていなかった

6時半まで真面目に宿題に取り掛かってみたが


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||

2017年12月21日 | 体験告白カテゴリー:学校での体験告白

家庭教師の教え子に調教された 【M男な体験告白】

<>75名無し調教中。2014/07/27(日)03:10:22.62ID:WQXQ6Q+u<>

私が大学生の時です。

女子中学生の家庭教師をしていました。

今の中学生と違って、そのころの中学生は、本当に素直で純真な感じでした。

週に3回ほど行きました。

最初は部屋もきれいに片付けられていたのですが

そのうち部屋に入ったときにベッドの上に可愛い下着が脱ぎすてられているようなこともありました。

何かの用事で階下に下りていったときに、ついその下着を手にとりました。

パンツのちょうどそのところは薄く色がついていました。

思わず、そこに口をつけてしまいました。

それだけで、若い男の体は、ギンギンに固くなっていました。

<>76名無し調教中。2014/07/27(日)03:12:06.88ID:WQXQ6Q+u<>

5月から家庭教師をはじめて、やがて8月の夏休みとなるころにはずいぶんと親しくなっていた。

その年の夏は猛暑だった。

タンクトップやランイングシャツが流行っていたので、その子もそんな姿で勉強をしていた。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2015年6月11日 | 体験告白カテゴリー:M男な体験告白

やりきれるの? 縦セタママとためちゃう息子 【近親相姦の体験告白】

康太のズボンの上から、そのいきり立ったペニスを触る白い指。康太はまだ一年で、思春期の扉を開けたばかりの彼は、やっと毛も生えそろってきたというところだった。



そんな康太のペニスを優しく触りながら、

『最近してないでしょ? また、ためちゃわない?』

と、優しい笑みを浮かべながら聞いてくるのは、康太の母親だ。肩より少し長い髪で、童顔の彼女はまだ若々しく、女子大生の中に混じっても違和感がない感じだ。

いくら早くに康太を産んで、それほど歳がいっているわけではないにしても、異常なほど若々しい。

彼女は、いつものピンク色のエプロンの下に、薄い紫の縦に織り目の入った長袖のセーターを着ている。普通の主婦の格好だが、童顔の彼女がしていると、料理教室に通うOLのように見えてしまう。





そして、康太を母乳で育てた事で妊娠前よりも大きく育った胸は、エプロンの上からでもはっきりと存在を主張している。

そんな彼女が、椅子に座る康太の前で床にひざまずき、優しくズボンの上からペニスを撫でながらそんな事を聞くのは、恐ろしく背徳的で淫靡なモノに聞こえる。



「だ、大丈夫だよ! 一人でやるから!」

康太は、慌ててそんな事を言う。顔も真っ赤で、照れているのがよくわかる。

『平気なの? 一人でやりきれるの?』


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||

2015年3月6日 | 体験告白カテゴリー:近親相姦の体験告白

妻が他人棒に夢中になるまで【寝取られた体験告白】

みなさんコメントありがとうごさいます。

楽しみにしていただいた方がこんなにいたとは驚きました。

ですが、すでに妻と所長の関係が終わっている事も公開してしまったし、横槍が入った時点で投稿を辞めようと決めていたので、今後物語として再開するつもりはありません。

気にかけていただいた方もおられるようなので、大まかな流れと、妻と私の心情だけ書き残して終わりたいと思います。

妻の心情に関しては[甘い拷問]で確認していますので嘘はないと思います。

まず一回目と二回目のセックスは妻は本当に夢中になり、激しく感じたそうです。

これから書く予定だった二回目のセックスは、欲情を抑えきれなかった妻はホテルに向かうタクシーの中で指でイカされてしまったそうです。

ホテルに着き所長はバイアグラを服用し、ホテルにいる間は数時間の睡眠以外はほとんど挿入されていたようです。

翌日の昼前に妻からホテルを出たとの連絡を受け私が駅まで迎えに行った時の妻の様子は目は潤み、口呼吸のため半開きの口、紅潮した顔で、立っているのが辛そうに壁にもたれかかっていました。

私が車を降り妻を迎えに行くと妻は膝に力が入らず私の腕にすがりつき、ごめんなさいを繰り返しました。

妻を車に乗せ、私は怒ってないことを何度も伝えました。

車を走らせ二人がセックスしたホテルに向かうと、同じ部屋が空いていたので入りました。

部屋に入った時に妻の匂いがした気がします。

私はたまらなく興奮していたのですが、妻の不安を消すため冷静を装いました。

服がシワになってしまうので脱がせ、下着姿にしてベッドで抱きしめました。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||

2014年2月16日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

チキンな俺【友達との体験告白】

7〜8年前の夏の話・・・。

年下の女友達と飲みに行った。

一人暮らしの子だ。

広島から芸能人を目指し出てきた子だから

ルックスも悪くない。

話盛り上がった。

カラオケも行った。盛り上がった。

当然、下心はあった。

盛り上がりついでに俺は軽く言った。

「もう疲れたから今日、泊めてよ・・」

「うーーーーーーん・・・いいですよ。

 でも私一応、タレント目指してるのでくれぐれも

 変なことしないで下さいね!!いいですね!!」

「は、はい」(インプット)

ということで泊めて頂いた(急に敬語)


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||

2014年2月7日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

亜矢子 続き【浮気・不倫の体験告白】

梅雨が明けた。

初夏の日差しは、暑さに慣れていない私の身体に容赦なく降り注ぎ、ジリジリ肌を焼き付けていた。

私は庭に出て花壇の手入れをしていた。

午前九時をまわったばかりだというのに、夏の太陽は手加減を知らない。

今日は昼から金子さんが自宅に来ることになっていた。

そんなこともあり心も弾み、朝からジッとして居られず庭に出たのでした。

春の花達が夏の日差しにうんざりしたように葉を垂らしいる。

花殻を摘み、肥料を蒔き、ひと通り終わらせ汚れた手を裏庭にある流しで洗っているとき、「おはようございます。」

お隣の佐々木さんの奥様が声を掛けてきた。

佐々木さんのお宅は、今年の春にお隣に引っ越して来られた新婚のご夫婦。

ご主人はその直後、転勤の辞令を受け単身赴任を余儀なくされ、寂しいながら現在は奥様一人で暮らしている。

佐々木さんの奥様は、私より三つ下の22歳。

小柄で色が白く、まだ高校生と言っても通ってしまうほど若々しい。

女性の私でさえ抱きしめて上げたくなるほど可憐な、可愛い感じの女性なんです。

「あら、裕美さんおはよう。今日も暑くなりそうね。」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||

2014年2月5日 | 体験告白カテゴリー:浮気・不倫の体験告白

ユリエちゃん【友達との体験告白】

597:思い出:04/07/0715:05

高校のワンゲル時代の話。同じ学年だったユリエちゃん。うちの部のアイドル

でした。男12人の中の紅一点。かわいくって、おっぱいもでかかった。男兄弟

のなかで育ったせいか、俺の水筒を間接キッスしても、嫌がることもない、サバサバ

した性格だった。でも、夜ひとりでテン場から遠く離れたトイレに一人で行くのは、

よく嫌がり、俺がよくトイレについていく羽目になった。(御指名だった)

 歩いている間は、お気に入りの長袖、長ズボン姿だったけど、テン場につくと、

T-シャツとホットパンツ姿になり、肌の露出が多かった分、目のやり場に困った

ときもあった。槍ヶ岳に登ったとき、槍沢で水遊びしたときなんか、ぬれたT-シャツ

が、張り付いた色っぽさは鼻血が出そうだった。

 今考えると、よく押し倒さず、我慢したと思う。



598:701:04/07/0715:58

597

で、ユリエたんは今は何してるのですか?


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年2月2日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

山の中で【友達との体験告白】

私(裕子)が露出プレイで知り合った男と小豆島にドライブに行った時の話です。午前中は24の瞳で撮影場所になった分校やオリーブ園など観光巡りを楽しみ、昼過ぎから山道のハイキングコを散歩しました。遊歩道から見渡せる瀬戸内海が気持ちを癒してくれます「ちょっと脱いでみないか?」男の声に小さく頷くとブラウスのボタンを外し上着とブラジャーも一緒に脱ぎ捨て男に渡しました。清々しいそよ風が胸の膨らみを包み込むように吹いてきます。私は短めのスカートを捲りストッキングとパンティも一緒に脱ぎました。公共の遊歩道で、セミヌードになった私を男は携帯カメラで撮影しながら色々なポーズを要求してきます。暫くすると急に背中から抱きしめられ目隠しをされました「駄目よ‥恐いから‥」私は誰かに見られたらと思うドキドキ感を楽しんでいましたが、視界を失う事で不安と恐怖心が重なり心臓の鼓動が更に速まりました。男は私の両手を紐で縛り上げ、手綱のようにしながら山道を登り始めました「アッ!」周りの木の枝が肩を触れるだけでドキッとします「ねえ!‥何処に行くの?」男はいい所だからと言って手綱を引きながら時々シャッターの音だけが響いてきます「此処でいいか」男が立ち止まるとガサッと枝が擦れる音に合わせ紐で縛られた腕が頭の上へと引っ張られました「ねぇ、何をするの?」私の問いかけに「これから裕子を放置するのさ!‥いいだろ‥誰かに見つかって何をされるか考えてみろよ!‥」男は小刻みに震える私の乳房を撫でるように触りながら、厚い唇を重ねてきました「イヤッ‥恐い!」男はスカートのホックを外すとファスナーを下げます。フワリとスカートが腰から足元に落ちると私は生まれたまんまの素っ裸でした「お願い‥紐を解いて」先程までの和やかな露出から一転して私は鳥肌が立ち恐怖心が過り始めました「大丈夫だよ‥運が良ければ誰にも見つからないし‥もし見つかっても親切な人なら助けてくれるよ」男は首を横に振り続ける私の太股を開かせ、右手で股間の肉ヒダを掻き分けてきます。男の指は膣穴の奥へと挿入してグチュグチュと濡れたオマンコを確認していました「もし‥恐い人に見つかったら抵抗するなよ‥何でも言う事きいて犯らせてやれば‥殺される事はないよ‥多分?」男は、目隠しをされ何も見えない、此処が何処なのかも判らない私を1人残し離れて行きました。私の耳には遠ざかる足音だけが響いてきます。

私(裕子)は男と訪れた島で裸のまま山に中に放置されていました。両手を紐で縛り高く吊り上げられ、目隠しをされた私の耳には、風で揺れる枝と葉っぱの擦れる音と鳥の鳴き声だけが聴こえていました。時々近付を通る人の声と笑い声に私は身体をくねらせながら通り過ぎるのをジッと祈っていました。時が過ぎ、甲高い話声に私はドキッと背筋が震えました。女性?しかも中年のオバサン達の笑い声が近付いて来ます(お願い!気付かないで)私は心の中で祈り続けました「なに?あれ‥」「裸で吊るされてるわよ」甲高い声が私の耳に入ってきます(ダメ‥通り過ぎて)しかし薮を掻き分ける音が次第に大きくなり人の気配を肌で感じました「アナタ!此処で何してんの?」オバサンの問いかける声がハッキリ聴こえます。周りに他の人の気配も感じました「警察に連絡しましょうよ!」と言う言葉に「すみません‥警察だけは電話しないで下さい」私は必死に頭の上で縛り付けられた腕を揺らしながらオバサン達に訴えました「何これ?」別のオバサンが何かを見つけたようです「へぇ~!露出プレイなんだ」急にオバサン達が笑いだし、私の目隠しを外しました。眩しさで一瞬目眩がしましたが、私を取り囲むように3人のオバサンが呆れ顔で立ち竦んでいました「イヤッ‥見ないで」私の声を打ち消すように「アンタ‥誰かに見て欲しくて吊るされてたんじゃないの」背後からお尻を撫でる手。前から乳首を摘まみツンと伸ばし笑っているオバサン「まぁ!若いから仕方ないわね?」口々に罵倒する言葉を浴びせられ、私は身体をオモチャにされていました「これ見なさい」厳つい顔のオバサンが私に見せた物はビニール製の透明バッグで、中にはバイブやロープ・コンドームなどが入っています。それとB5サイズの用紙にマジックで『露出狂女を調教中‥ご自由に犯してください』と書かれていました。オバサン達に体中を触られ鳥肌が立っている私に一人のオバサンがバイブを唸らせながら膣穴に挿入してきます。別のオバサンはロープを腰に巻付け股の間を通してバイブを固定してきました「サぁ!これでよし‥行きましょうか」再び目隠しをされ股ぐらにバイブを突っ込まれた私を残してオバサン達は口々に笑い声と馬鹿にした言葉を残し立ち去って行きました。嫌でもバイブに反応してしまう身体をくねらせながら、時間だけが通り過ぎました。次に聴こえて来た音はバイクのけたたましい爆音でした。枝を倒しながら近付いて来ます。

私(裕子)が全裸のまま木の枝に両手を吊られ数時間がたった頃です。バイクの爆音が響き私を取り囲むように走り続けています。私にとって目隠しをされ誰かも判らない人達に取り囲まれる恐怖心は今でも忘れられない出来事です。暫くしてバイクの爆音が停まり男達の話声が聞こえてきました「見ろよ!ホンマに吊るされてるぞ」「早く犯っちまおうぜ!」何本もの手が私の体を這い回ってきます「お願いです‥助けて‥」私の言葉に笑い声だけが返ってきました。男が目隠しを剥ぎ取るように外し私の顔を覗き込みました。まだ若い男達で、今でも皮ジャンと金髪の印象が記憶に焼き付いています。背後の男の手がお尻の溝を撫で、オマンコに挿入されていたバイブを掴むと上下に動かします「アッ!‥」咄嗟に腰を振りましたがガッチリ羽交い締めにされ全ての自由を奪われました「アンタ‥ど変態なんだろ!」男達5人に罵倒され体中を触られる私は言葉を失いました。背後の男が太股を開きバイブを引き抜くとチンポを挿入してきます。既に膣穴は濡れヌルッと私の意思には関係無く受け入れてしまいました「イヤッ‥ゴムを着けて‥」吊るされた木の枝が激しく揺れ、男達の興奮も高まっています。私の願いとは裏腹にオマンコに中出しされると、膣穴からドロリと精液が垂れ落ちました。両手の紐を外された私は、男達の眺める前で正座を強制され「裕子の体を‥自由に犯して下さい‥ご主人様!」と言わされていました「ご主人様!だってさ‥」男達の笑い声と罵倒の言葉が響き渡りました。私は四つん這いで口とオマンコに男達のチンポを受け入れ、夥しい量の精液を受け入れました。成熟した乳房は男達の手形で赤く腫れ上がり、それでも容赦なくチンポを挟みパイ擦りを強制されました。私は徐々に意識を失いかけ我慢していたオシッコをしてしまい挿入中の男に飛沫を飛び散らしました「この野郎!」笑い声が響き渡るなか、恥をかいた男は私に平手打ちを浴びせ、だらしなく口を開いたオマンコに拳を挿入して犯しました「ウッ‥!」泣いても藻がいても続く拷問とレイプで私の胎内は男達の精液で溢れ、挙句にはアナルにも挿入されていました「そろそろ行こうぜ」やっと解放されると思った私の体に暖かいモノが注がれ始めました。一人の男が私の乳房を目掛けオシッコをしています。それに誘われるように他の男達も私を取り囲むようにチンポを出してオシッコを降り注ぎます。(裕子は男達の公衆便所女

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年2月2日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

小学生の頃、女子3人のオナニーを直視した話【オナニーでの体験告白】

<>461 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2008/07/17(木) 09:10:12 ID:aWv3QBwa0 [1/10]<>

初めて投稿しますどのスレか悩んだがここっぽいので小学校の頃少年野球をやってた、それとは別にリトルリーグてのがあった。リトルリーグが野球にこれから青春をぶつける小僧の集まりだったのに対して、少年野球は地域コミュニティーの一つみたいな扱いでリトル>少年野球だった。実際リトルリーグのチームが二学区合わせて1つだったのに、少年野球のチームは5チームもあった。でもって大会も近いある日地元のリトルが調整のためとかでうちらと練習試合することになったのよ。察しのいい人は気づいてると思うけど、その練習試合で俺の所属してた「宝山町」が「若松リトル」に勝っちまった。それも5年生の田宮ってのと俺の継投でノーヒットにして、唯一の得点が相手のライト後逸→三塁悪送球、両チーム無安打のドロドロの草野球だった。



<>462 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2008/07/17(木) 09:11:22 ID:aWv3QBwa0 [2/10]<>

まぐれでも何でも、リトルに勝った俺たちはそりゃ喜んだんだけど、さーて帰ろうかって所で空気一変した、今だったら絶対暴力沙汰になるってくらい向こうの監督が選手をボコボコに殴り始めた。たかが野球にそこまで真剣になるなよ、小学生ながら思ったね。野球の話はここまで。日曜開けの翌日の放課後、幼馴染の由美子に図工室に呼ばれた。俺だけじゃなくて、宝山町少年野球団の5,6年10人全員な。そこには由美子と光子と純子が繭子と聖恵と美由紀に凄んでるぞ、の図があった。内輪ネタだが説明しとくと、当時の町内は急速な新興住宅ラッシュで人口が激増してた。で、男子はそうでもなかったのだが、女子の現住民vs新町住民は激しく前者の由美子と後者の繭子は特に仲が悪かった。由美子からすると要領よく先生や男子に取り入る繭子が気に食わないみたいで、俺から見ても一触即発は明らかだった。



<>463 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2008/07/17(木) 09:11:56 ID:aWv3QBwa0 [3/10]<>

「ほら、さっさとやりなさいよ!」由美子が小動物ペチャクチャしゃべるぞ系の普段の様子とは明らかに違う態度で繭子に命令する。キっと睨み返す繭子、絵に描いたような「美少女」でファンも多かった。で、このシチュエーションはなんだ?と聞くと前述の野球の試合が影響していた。俺ら原住民連合の宝山町と新町のイイトコ取りのリトルのどっちが勝つかで賭けをしたらしい。「ほら、スッポンポンになってオナニーするんでしょ?!」そりゃ耳を疑った、頭に血がカーッと上ったよ。お前何やっとんじゃ?とかそういう道義的な観念よりも、脱ぐの?という期待感の方が強かった。でも、心のどこかで思ってたよ、最後はきっと泣き寝入り、ゴメンナサイで終わるんだろうなと。



<>464 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2008/07/17(木) 09:12:46 ID:aWv3QBwa0 [4/10]<>

「脱がすの手伝ってあげようか?」「ちゃんと全部脱ぐからちょっと待っててよ」「駄目、ここで脱ぎなさいよ、今すぐ!」そんな感じでエスカレートしだす由美子vs繭子。その場に居合わせた16人中私服だったのは繭子と聖恵だけで、由美子が繭子のスカートに手をかけるたびに繭子の細い腕がそれをピシャッと叩く。20分くらい口論してろうか、「もう!」と繭子が大声で叫んだ。突然ガバっと上着を脱ぐとそのまま勢いでシャツ・スカート・パンツ・靴下と順に全部脱いだ。男子からは吐息にも似た歓声が上がったよ。特にキャプテンだったヤモはえらい惚れてたしね。6年生にしては成長の遅いペタンコの胸と無毛のアソコに俺ら皆釘付けになった。それに従うように渋々脱ぎ始める聖恵と美由紀。同じく胸は未発達ながら恥毛はちょろっと生えてる小柄な聖恵、胸は揺れるくらいあるのにアソコはほぼパイパンなスポーツ系の美由紀。同級生の女の子3人の裸を前に、僕の息子はそりゃもう暴走モード突入って感じだったよ。



<>465 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2008/07/17(木) 09:13:48 ID:aWv3QBwa0 [5/10]<>

月曜の放課後、まだ陽も高く汗がだらだらと流れ落ちたが一瞬の瞬きすらせず繭子達の裸に注視した。心臓がドックンドックン言うのが分かった。「ほら、オナニーは?」俺は友人の兄からの知識でオナニーを知っていたが中には「おなにー」って何?奴もいた。女性の裸を前にテンション上がってたカネヤマも周りに聞いて廻ってたのでその一人だろう。3人がうつむきながらアソコに指を這わせる。いきなり「クチュ」ってやらしい音がした。「ちゃんと股開いて具が見えるようにしろっていったじゃーん」光子の容赦ない追撃。女性人の指示で3人は図工室の作業台に載せられてぱっくりと股を開く。そこには未知の領域が広がっていた。外側の肌の質感とは明らかに異なる器官、ピンク色のそのムニャっとしてヌチョっとした穴の中に繭子の指が入っていったときの衝撃はどう説明したら伝わるだろうか?うつむいた顔が蒸気してたまらない表情をしていた。




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||

2014年1月30日 | 体験告白カテゴリー:オナニーでの体験告白
1 / 1312345...10...最後 »

このページの先頭へ