留学中の寮で外国人と【浮気・不倫の体験告白】

名無しさん@お腹いっぱい。:<>03/03/2200:45ID:7yRHGf4r<>

私は留学時代から、つい最近までアメリカに住んでいたのですが、

その間にタプリと楽しんだ外国人とのセックスは最高でした。

とにかく外人男性とのセックスの快楽に夢中になってしまい、

留学生用の学生寮(その頃は全室日本人でした)に毎晩大学の男友達を連れ込んで、

朝まで裸で抱き合い、性器と性器を繋がらせていました(ちなみに私の部屋の両隣は、

日本人の男の子だったのですが、私が毎晩、一晩中大きな声を出してセックスをするので、

勉強に集中できず成績が下がり、奨学金を打ち切られ二人とも帰国してしまいました…

D・M君とS・S君ゴメンナサイ!)。

中でも最高だったのはジョンという黒人男性でした。学内で初めて会ったとき、ズボンの股間部分にタオルでも詰め込んだか

のような膨らみに度肝を抜かれ、気が付くと自分から誘っていました。ベッドの上でズボンの中から取り出したペニスは、

膝の上まで届く、まるでゴムホースのような大きさでした。快感を伝える彼の声を何度も聞きながら、私はまだ勃起していない

それを懸命にフェラチオしました。完全に勃起した彼のペニスは、日本人男性とは、全く比較にならないサイズで、怖いぐらい

でした(後日メジャーで測ってみたら、27センチありました)。棒の部分はカラダの肌の色よりも濃い真っ黒で、先っちょは

大きなプラムみたいに、鮮やかな濃いピンク色でした。そして私は、バックスタイルで彼の逞しいペニスを受け入れました。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||

2014年1月29日 | 体験告白カテゴリー:浮気・不倫の体験告白

人間ドック【手コキの体験告白】

先日人間ドックに行ってきました。

満40歳になるのでいつもより検査項目が多くて疲れました。

その健康センターは家の近所で、更に毎年人間ドックのお世話になるので

数人の知り合いが(男女とも)いますが肝臓の超音波エコーの担当者が中学時代の同級生で

卒業前から高1まで4ヶ月くらい付き合ってた女性でした。

ちなみに付き合っていたときはキスと一度だけ胸に手を伸ばしたことがある程度でした。

彼女は医師や看護師ではなく人間ドック専門の技師で

3年位前にも聴力検査を担当してもらった事があります。

一坪くらいの部屋が3つ並んでいて順番に呼ばれるのですが、

その日は平日の夕方だったので案外空いていてすぐに呼ばれて入っていくと、

彼女がニヤニヤして座っていました。

私がちょっと嫌な顔をしたのでしょう、すぐに事務的になって。

「前を開けて仰向けになってください」私は終始無言でした。

「ズボンもう少しさげて貰っていいですか、ハイ。最初ちょっと冷たいかもしれまんせんよ〜」




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||

2014年1月29日 | 体験告白カテゴリー:手コキの体験告白

待ちに待った修学旅行【学校での体験告白】

<>609名前:青春時代◆LhGj6bqtQA投稿日:03/05/1709:12ID:GRlgBCws<>



いよいよ、待ちに待った修学旅行がやってきた。

俺はこの中学校生活最後の思い出を大好きな彼女の綾花と作ると心に決めていた。



俺と綾花との出会いはさかのぼり、小6までに至る。

思い出せば俺は小3から小6までずっと綾花に2月14日にチョコを貰っていた。

幼いながらに綾花が俺に好意を抱いている事は分かっていた。



そして小学校の卒業式、綾花に泣きながら告白された。

「Yの事が好き、付き合って!」

そしてこの関係が修学旅行はもちろん、現在にまで至るのだ。





<>610名前:青春時代◆LhGj6bqtQA投稿日:03/05/1709:13ID:GRlgBCws<>


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||

2014年1月29日 | 体験告白カテゴリー:学校での体験告白

こんな私って・・・抱かれる人妻 3【人妻の体験告白】

あくる日も、真紀はいつものようにうちに来た。

事務所に入って仕事をしようとするのを呼び止めて

「あなたが仕事をする場所はここじゃないの。わかってるでしょ」

予想はしていただろうが、いきなりの命令に真紀はハッとしてうなだれる。

「昨日の続きをしましょう。たくさん感じてもらわないとね」

うつむいたまま一言も発しない真紀の手を引いて寝室へと向かう。

「真紀ちゃん、あなたにいろんなこと教えてあげる。だから素直になってね」

「教えるって何をですか・・・」

ベッドの片隅で身を固くしている真紀の横に座る。

「私・・・もうだめ・・・」

「女同士でしかわからないことがたくさんあるのよ。あの人にひどいことされて恐かったでしょ」

耳もとでささやきながら胸のふくらみに手をすべらす。

「ああ・・・お願いです。いやです」

真紀は少し触れただけでビクッと身体を震わせ、またもやいやいやを繰り返す。

そしてまた涙・・・真紀には涙がよく似合う。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年1月29日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

夢のような体験【痴漢の体験告白】

ある掲示板のカキコより





僕は毎朝電車で通勤しています。

平日の朝は混雑がひどく満員電車がかなり苦痛でした。



ある朝、遅刻した僕は走って駅までたどり着きましたが、いつもの電車

に乗ることができず、次ぎの電車を待ちました。



次ぎの電車が到着し、乗り込みました。後から押される人の波に抵抗せ

ず、どんどん中に押し込まれました。



ドアが閉まり電車が動きだしました。ふと気が付くと目の前に背の高い女

の人が立っていました。夏場という事もあり、薄手のスカートにカーディガン

を羽織っていました。どこかのOLさんという感じで私は痴漢に間違えられな


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||

2014年1月29日 | 体験告白カテゴリー:痴漢の体験告白

慰安旅行で【会社・職場での体験告白】

18の頃の話です。私は会社に入社して初めての慰安旅行で大阪に行きました。大阪城等を観光し、夜は社員全員での宴会があり、盛り上がっていました。

宴会も終わり、先輩の部屋で夜遅くまでギャンブルしていたんですが眠たくなったんで部屋に帰ると・・・

部屋の前の廊下で先輩のM子さんとバッタリ会いました。ちょうど目が合い、一瞬の間があったんですが挨拶しようとしたらM子さんが無言で手招きするんです。

M子さんは10歳程年上だったんですが、きれいな方で日頃から気になって事もあり彼女の部屋に吸い込まれるようについて行きました。

経験無かった私はドキドキで招かれるままに、ベッドに腰掛けたんです。

正直「どうしよう!」ってビビってました。

ドキドキしながらもぎこちなく会話をしていたんですが、勇気を出して手を握ってみると私に寄りかかってきました。頭の中が真っ白になり「キスしちゃえ!」と心の声が

私はM子さんを抱きしめてキスしました。唇を重ねていたらM子さんの舌が私の唇を割り込み侵入してきました。

初めてのディープキスにたまらなくなった私はM子さんを押し倒し、浴衣の紐を解きました。彼女のブラを何とか外し、生乳に対面、むしゃぶり付いていました。

柔らかさに感動しながら乳首を触っていると「強くしちゃ痛い」と言われたんでパンティを脱がせようとしたら腰を浮かせてくれました。

初めて見たアソコはなかなかグロで正直クンニする気になれませんでした。

とりあえず触っていたんですがすぐに入れたくなったんで入れようとするけど初心者の悲しさ、なかなか挿入できませんでした。

観念して私は「M子さんにイレたい」と言うと、M子さんは無言で起き上がり私に跨りました。

ズブズブとM子さんの中に入っていく感覚が「今、SEXしてるんだ」と感動でした。

M子さんが激しく腰を動かし始めると、あまりの刺激に「ちょっと待って!」と思ったけど、口には出せませんでした。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||

2014年1月29日 | 体験告白カテゴリー:会社・職場での体験告白

告白します【レイプの体験告白】

33歳の人妻です。 私は金持ちでも貧乏でもない普通の家庭に生まれ、顔も頭も普通、特技と言えるものも無い、あまり目立たない子でした。



高三の夏に、同学年のあいつにレイプされ処女を失いました。 詳しい状況は説明しませんが、結局私はその事を親にも警察にも誰にも言いませんでした。 悲しみも怒りもありましたが、その時の普通の生活を壊す勇気が無く自分の胸にしまい込み、全て忘れようとしました。



それからは男性恐怖症に近い状態だったと思いますが、大学生になっても男性とはほとんど話をすることも無く、彼が欲しいと思ったこともありませんでした。

私が26歳の時父親の知人の紹介で今の主人と結婚することになりました。 主人と結婚したいとは思いませんでしたが、結婚して両親を安心させてあげたいという気持でした。主人は私より8歳年上でしたが、落着いた感じの人で一回りくらい上に見えました。

婚約中に何度か体を求められましたが、高三の時のことがあり体が固まって苦痛以外ありませんでした。 出血もあって、主人は私が処女だったと思っているようです。



結婚に夢や希望を持っていた訳ではありませんが、両親を喜ばすために披露宴は行いました。 その披露宴に何と、主人の従兄弟としてあいつが出席していたのです。 出席者の名簿は見ていたのですが、あまり主人方の出席者名は気にしていませんでした。 本当にその場に倒れるくらいショックを受けましたが、何とか平静を保ち式を終えました。



新婚旅行から帰って、あいつから連絡があり、それから現在まで毎週のようにあいつに抱かれています。 私の居場所を守るため、誰にも言わずあいつの言いなりになってきました。 子供は二人いますが、二人ともあいつの種だと思います、また子宮にいる時もあいつの精をあびて育ちました。



私に変化が出たのは一人目の子供を産んでからです。 どうしようも無いような、自分でコントロール出来ないような快楽の波を感じたのです。 それからは身体が勝手に、快楽を求め反応してしまうのです。 



自分の身体がこんなに淫乱だとは思ってもいませんでしたが事実なのです。 憎いあいつに抱かれ気が遠くなるほど感じるだけでなく、抱かれることを想像するだけで身体が濡れてきます。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||

2014年1月29日 | 体験告白カテゴリー:レイプの体験告白

初体験から【学校での体験告白】

初めて高校の時に彼女が出来て、その当時学校でもno1のかわいい彼女だった。

高校2年の頃、修学旅行の季節が来て二人で楽しみにしていた。俺達はお互いに

童貞・処女だったのでその修学旅行で何かあるかと俺はドキドキしていた。

そしてかなり先生達の厳重な警備を抜けて彼女のいる部屋に着いた。その時はまだ

携帯もなくてそこまで行くのに2時間もかかった。3人部屋の彼女のいる部屋には

当時彼女の親友(ヤリマンと呼ばれていたK美)がいて彼女以外は寝ていた。



彼女の布団に潜り込みキスして胸を吸ったりしていたら、そのK美が起きていて

突然声をかけられた。

「何してるの?」

びっくりしてしばらくじっとしていたが、布団を剥ぎ取られて下半身裸の状態で

二人で固まっていた。大きくなった俺のものをじっと見られて俺はかなり恥ずかしかった

が、何だか変な気分だった



K美は俺達がまだしたことがないのをしっていたので、ニヤニヤしながら「今から


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||

2014年1月29日 | 体験告白カテゴリー:学校での体験告白

妻が隠していたビデオとMO【人妻の体験告白】

私は結婚して妻の実家に居候?してるんだけど

ちょっと前の休みの日に、妻と両親が買い物に出かけたので暇になった私は

久々にスーファミでもしようと妻の部屋の押入れの中を探していると

PCエンジンの向こうになにやら怪しい箱を発見。

三人が帰ってくるまでには時間があったので興味本位で箱をあけてみると

市販のビデオテープが3本とMOが何本か入ってた。

私はなんのビデオだろうと思ってビデオを再生してみることにした。

一本目のビデオを見てみると裏物の洋ビデオ。

なんだあいつも一人でこんなの見てるのかな、どこで手に入れたのかなぁ

結構エロいの見てるな、などと思いつつ次のはどんなエロいのが出てくるのか

と二本目のビデオを再生してみた。

すると今度のは一本目と違って裏ビではなさそう。

なんと、前彼との動物園デートを撮ったビデオだった。

なんで、あいつはこんなビデオを裏ビと一緒にしまってるんだ。と思った私は

もしや、と思い二本目のビデオをじっくりと見てみることにした。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月29日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

嗚呼、それは禁断の恋 【友達との体験告白】

彼女は当時21才。義母(になる予定)当時42才。ちょうど倍といったところか・・・。



彼女と義母は母子家庭でもう父親は他界してた。



彼女と会ったのは19の時でそれから一年後母親に会った。



その当時、こっちは独身で彼女のこと本当に好きだったけど、言い訳になると思うが、

年齢が離れてたために彼女もいずれ心が離れていくだろうという勝手な予測、

そしてそのせいと年下に対してちょっと躊躇があった小生はあまり真剣になれない自分自身もいた。



そんな気持ちを抱えてたため後ろめたさがあり、

彼女の親にばれない様にいろいろ工作して行動してたつもりだった。



でも彼女はスパイのように俺に合わせて行動するくせに、その一方で全部母親に報告してた。




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||

2014年1月29日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

このページの先頭へ