剛毅な女上司【会社・職場での体験告白】

 つつき





「なに人形になってんの? 面白くないな〜」



多賀谷達が不機嫌になるのも無理はなかった。



由紀は毅然とした表情を崩さず、じっと前を見据えていた。

職場の部下達に欲情した自分を見せるなど、

プライドの高い由紀には、どうしても許せないことだった。

しかも、それが虎の威を借りた軽蔑すべき部下達であるならば、なおさらのことだ。



背筋をピンと伸ばし、凛とした美貌を引き締めながら、

自らスカートを捲り上げ、太ももとパンツを晒し続ける由紀。

そんな由紀に4人の男達は、鼻息を荒くさせて群がっていた。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||

2014年1月30日 | 体験告白カテゴリー:会社・職場での体験告白

寝取らせエピソード1【寝取られた体験告白】

4年くらい前に俺が幹事の合コンがあった。

しかし、知り合いの女の子の都合が悪くて女の子のメンバーが集まらない。

そこで彼女に頼んで彼女の女友達3人と彼女を含めて

4対4の合コンをしたんだよ。

男のメンバーは俺と俺の友達、友達の友達AとBの2人(この二人は俺とは面識なし)

合コンを盛り上げるためにAとBには俺と俺の彼女が付き合っていることは内緒にしておいた。

1次会で結構盛り上がり、2次会はAの家ですることになった。





皆は1次会で結構飲んでたんだが、その勢いで2次会へ突入した。

しかし、2次会が始まってから2時間くらいしたら俺の友達や彼女の友達が

次々とダウンし始めていった。

俺の彼女は万人受けするタイプじゃないが、ちょっとHな雰囲気があるせいか

友達の友達AとBの2人に口説かれるような雰囲気になっていた。




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||

2014年1月30日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

寝取らせエピソード0【寝取られた体験告白】

彼女と元カレHが別れてから2ヶ月くらいして、

俺と彼女は付き合うようになりました。

俺の変態クソ野郎性欲の発現のきっかけはこれまた飲み会での出来事です。

彼女の元彼Hと俺と彼女は元々知り合いだったので、3人プラス

その他2・3人で飲む機会がありました。

飲み会の場所は大学の部室で、最初は彼女と元カレHは

離れて座っていて、彼女は俺の隣で飲んでいました。





しばらく飲んでると、彼女がトイレに行くために部室を出て行きました。

その後、俺は気がつきませんでしたがHが彼女を追いかけていったようです。

彼女の帰りが遅いので、酔っ払って倒れてるのでは?と心配になり

トイレのある場所まで探しに行きました。

すると、部室棟をでた木の陰の辺りで彼女とHを発見!

この頃から俺は変態だったのでしょうか?


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||

2014年1月30日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

無職の俺が看護師で童貞卒業した話【看護婦との体験告白】

あれは去年の夏頃の話である

高校を卒業して職にも就かずフラフラしてた俺だが

19歳にして童貞ということにだけは焦っていた

ヤラハタ(童貞で20歳になること)だけは勘弁と

手当たり次第に学生時代の女友達にメールしては

アドレスを変えられを繰り返す毎日を送っていた

そんな苦虫を噛む毎日を送っていたある日

アドレスが変わってたらと考えると怖くてメール出来なかった

中学時代ずっと片思いしていた彩乃ちゃんに思い切ってメールをしてみた

すると、メールが返ってきたのである

FROM:彩乃様

SUB:無題

本文:キモいからメールしてこないで

また泣かすよ

このメールはまだ保存してある。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年1月30日 | 体験告白カテゴリー:看護婦との体験告白

A美が高2のマセガキとデート(続編)【寝取られた体験告白】

の続きです。。







鬱だ。エロガキに犯られた。しかも公園のトイレの中だって。





10月6日はカテキョーの日だったんだよ。

だから、俺もA美の部屋で帰りを待ってたんだけど、帰りがすっげー遅いんだよ。

ケータイには何にも入ってなくて、悪い予感がしてたんだけど。



10時くらいかな、A美が帰ってきて、すぐにシャワー浴びようとしてさ。

なんか挙動が変だったから、シャワー浴びるまえに強引にA美に迫って、

パンツ強引に脱がしたら、パンツが真新しいの。なのにマンコあたりにシミがあってさ。

臭い嗅いだら、、ビンゴだったよ。ザーメンのにおい。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年1月30日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

どっちが本当のあやこ?【寝取られた体験告白】

俺の寝取られ体験談を書く。

おれが高校2年の時の経験談だ。

付き合っていた彼女、あやこが寝取られた話だ。

あれからずっとトラウマになっている。

今、付き合っている彼女もなかなか信用できない程。



俺があやこと出会ったのは俺が高1の夏だ。

俺は当時、世田谷に住んでいたが、日野市に引っ越した友達Oの家に遊びに行った時

Oが「俺の彼女」と言って紹介された。

近くに住む中学3年生だった。地区の集まりかなんかで知り合ったらしい。

決して美人ではなかったが男好きする顔というかHな顔立ちというか

ともかく俺の好みでズキン!と来た。

だが、友達の彼女という事もありそんな事はおくびにも出さず何事もなく終った。



俺とあやこが急接近したのはその秋、彼女の通う中学校の文化祭に行った時だ。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||

2014年1月30日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

今日の動画日記はクンニ動画・・・【友達との体験告白】

 クンニの大好きなA美を目隠しして、立たせたまま、下から激しくジュルジュルなめてやった時の動画。最初はクリをやさしく舌先で皮をむき、唇で吸い出すようにしてから唾液をたっぷりつけたしたを激しく動かして・・・・ そして・・・



動画はこっちで・・・・



http://s11.smhp.jp/69jj/blog/?id=69jj&cn=9&_cus=m0rvuh



調教部屋

http://s11.smhp.jp/69jj/?_cus=lh5kjk&cn=9

18歳以上のメール調教や写メ交換したい変態M女はおいで。二人だけになったら、こんな感じで調教してやるよ・・・

「もう欲しがってるのか?この淫乱娘が…」

「なんにも触れてないのに、なんでこんなになっちゃってんだ…?」

「そんな恥ずかしい部分を、どんなふうにいじくって欲しいんだよ?」

「そんなわがままな子には、お仕置きが必要だな…」

「自分でそんなとこひろげて、恥ずかしくないのか…?そのじゅくじゅくしたいやらしい器官がなんなのか、ひとつひとつ説明しなさい」

体験告白関連タグ

||||||||||||||||

2014年1月29日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

アメリカへ転勤する同僚の送別会で【泥酔状態での体験告白】

<>112OLsageNew!04/04/0517:20ID:5xaXH2Oq<>

先々週末のことです。

転勤する方がいて職場で送迎会がありました。

アメリカへ行ってしまうのでほとんど会うことが出来なくなるため職場の殆どの人が参加したと思います。

その方はとても気さくな方で女性陣にも人気があり、真剣に狙ってた子もいまして普段飲み会に参加しない子もみんな参加したんですね。

うちの職場の飲み会はいつも乱れてセクハラされるので私も何かと理由をつけて断ってたんですけど今回は参加しました。



<>119OLsageNew!04/04/0517:27ID:5xaXH2Oq<>

一次会はまだ皆さんあまり酔ってなくて普通に挨拶したりして平凡な飲み会だったんですけど二次会から乱れてきてあちゃー、って感じになってしまいました。

こうなってくると女の子だけで飲み直しに行くか、そのまま帰るかのどちらかなのですが、その日は違いました。

三次会はカラオケに行こう、ということになったのですが、そこに主賓であるSサンも当然行くことになりまして、Sサンが

「君達に会えるのも最後かもしれないから今夜は付き合ってよ」

の一言があり、じゃあということで半数くらい(私を含めて)行くことになりました。

今考えるとここが失敗だったと思います・・・

ええ、乱れましたとも。歌ってる隙にあちこち触られたり、ノリのいい子だと半分脱がされたり・・・


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||

2014年1月29日 | 体験告白カテゴリー:泥酔状態での体験告白

続 小池栄子の体験談【芸能人との体験告白】

「今日は、栄子ちゃんに提案があるんだけど」

放課後。写真部の部室に呼び出された栄子は、慎吾にそう言われた。

「どうせ、ロクでもない事なんでしょ?」

冷ややかな栄子の態度に、慎吾は気にする様子もなく、言葉を続けた。

「これから、テニスでもしないか?」

「はあ?」

あまりにも予想外の言葉に、栄子はとっさに意味を理解する事が出来なかった。

「どういう事?」

「どういう事も何も、さっき言った、そのまんまの意味なんだけどね」

小馬鹿にするような慎吾の口調に、栄子は怒りを覚えた。

「何で私があんたたちとテニスをしなきゃ、いけないのよ!!」

「じゃあ、このテニスに今までの写真をかける、って言ったら?」

今まで黙っていた武志がボソリと口にした一言は、栄子にとって衝撃的なものだった。



今まで自分が、この二人の要求に逆らえなかった最大の要因は


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月29日 | 体験告白カテゴリー:芸能人との体験告白

告白します【レイプの体験告白】

33歳の人妻です。 私は金持ちでも貧乏でもない普通の家庭に生まれ、顔も頭も普通、特技と言えるものも無い、あまり目立たない子でした。



高三の夏に、同学年のあいつにレイプされ処女を失いました。 詳しい状況は説明しませんが、結局私はその事を親にも警察にも誰にも言いませんでした。 悲しみも怒りもありましたが、その時の普通の生活を壊す勇気が無く自分の胸にしまい込み、全て忘れようとしました。



それからは男性恐怖症に近い状態だったと思いますが、大学生になっても男性とはほとんど話をすることも無く、彼が欲しいと思ったこともありませんでした。

私が26歳の時父親の知人の紹介で今の主人と結婚することになりました。 主人と結婚したいとは思いませんでしたが、結婚して両親を安心させてあげたいという気持でした。主人は私より8歳年上でしたが、落着いた感じの人で一回りくらい上に見えました。

婚約中に何度か体を求められましたが、高三の時のことがあり体が固まって苦痛以外ありませんでした。 出血もあって、主人は私が処女だったと思っているようです。



結婚に夢や希望を持っていた訳ではありませんが、両親を喜ばすために披露宴は行いました。 その披露宴に何と、主人の従兄弟としてあいつが出席していたのです。 出席者の名簿は見ていたのですが、あまり主人方の出席者名は気にしていませんでした。 本当にその場に倒れるくらいショックを受けましたが、何とか平静を保ち式を終えました。



新婚旅行から帰って、あいつから連絡があり、それから現在まで毎週のようにあいつに抱かれています。 私の居場所を守るため、誰にも言わずあいつの言いなりになってきました。 子供は二人いますが、二人ともあいつの種だと思います、また子宮にいる時もあいつの精をあびて育ちました。



私に変化が出たのは一人目の子供を産んでからです。 どうしようも無いような、自分でコントロール出来ないような快楽の波を感じたのです。 それからは身体が勝手に、快楽を求め反応してしまうのです。 



自分の身体がこんなに淫乱だとは思ってもいませんでしたが事実なのです。 憎いあいつに抱かれ気が遠くなるほど感じるだけでなく、抱かれることを想像するだけで身体が濡れてきます。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||

2014年1月29日 | 体験告白カテゴリー:レイプの体験告白

このページの先頭へ