写真あり!おっぱいに淫語を落書きしてオナニーする変態処女。【おっぱいの体験告白】

 

 オレの調教部屋でよく遊んでる愛海はおっぱいをいじくるのが大好きなどすけべ処女だ。最近は下着の写真や下着からズラしてコリコリ指でいじって勃起した乳首の写真を見せるだけじゃ我慢できないのか、おっぱいにいやらしい言葉を書き込んで写メで送ってくる。その後にどれくらいいやらしい処女マンコが濡れたのかチェックさせ、指でぱっくり開いてピンクのヒダヒダの奥まで見せてもらう。処女なのにこんなにいやらしいお汁を垂らして、愛海のおまんこはドロドロに。。。。





続きと写真はこっちで・・・



http://s11.smhp.jp/69jj/blog/?_cus=m76dv0&cn=9



調教部屋 

http://s11.smhp.jp/69jj/?_cus=lh5kjk&cn=9

18歳以上のメール調教や写メ交換したい変態M女はおいで。二人だけになったら、こんな感じで調教してやるよ・・・

「もう欲しがってるのか?この淫乱娘が…」 

「なんにも触れてないのに、なんでこんなになっちゃってんだ…?」 

「そんな恥ずかしい部分を、どんなふうにいじくって欲しいんだよ?」 

「そんなわがままな子には、お仕置きが必要だな…」 


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||

2013年9月21日 | 体験告白カテゴリー:おっぱいの体験告白

お前のおふくろ美人だけど淫乱だぜ【レイプの体験告白】

当時、高校二年だった私は、親友だと信じていた同級生に裏切られ、巧妙な策謀に操られるようにして母を無理やり犯してしまいました。

それは七年前の出来事でした。

ある日を境に、傍目から見ても異様なほど父と母の仲が悪くなりました。

それから一ヵ月後、両親は離婚しました。

私は母について行きたかったのですが、結局父と家に残ることになり、母は隣町にアパートを借りて一人で暮らし始めました。

私にはどうして両親が離婚したのか、その理由がまったく分かりませんでした。

父とは完全に縁の切れた母でしたが、私にとっては母親に変わりなく、毎週母のアパートを訪ねて夕食を食べていました。

母は私に、

「いつも寂しい思いをさせて、ごめんなさいね」

と言うばかりで、離婚の理由については決して語ってくれませんでした。

二ヶ月くらい過ぎた頃、私と親友がゲームセンターで遊んでいると、一見して不良とわかる別の学校の生徒に声をかけられました。

そいつと私の親友は顔なじみのようでした。

高校に入ってから知り合った私の親友は大学受験を目指す普通の高校生でしたが中学の時はかなり荒れていたそうで、そいつとは当時の不良仲間だったそうです。

そいつは

「裏ビデオを買わないか」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||

2013年9月20日 | 体験告白カテゴリー:レイプの体験告白

援交相手は小学生で息子の彼女【浮気・不倫の体験告白】

以前私は援交していました。初めは会社の同じ趣味、いわゆるロリコン仲間の同僚から誘われました。

聞くところによるとすごく若い女の子を紹介してくれるサイトを見つけたのでぜひ私にも試してみろと言ってきたのです。

重度のロリコンであった私も興味心身だったのですが。独身の同僚とは違い私は所帯持ちで捕まるのも嫌なので断っていたのですが、そいつが携帯を取り出してとある写メを見せてきましたそれが驚くことに、一緒に映っていたにはどこからどう見ても小学生か中学生だったのです。

本物かどうか聞いて確かめたところなんと本物の小学生だというのですよ。

それに興奮した私は、ぜひ紹介してくれと頼みサイトのアドレスとパスワードを教えてもらいやってみることにしました。

そして釣れたのは加奈子ちゃんという女の子、なんと年齢は十一歳。家の息子と同じ年の女の子でした。彼女はなんと泊まりでの希望、写真付きで見てみるととても可愛い子で私の好みでした、しかもまだ彼女にアプローチするライバルはいなかったのでこんなチャンスは速攻でメールを送りました。幾らかの金額と私自身のアピールを書いて送ると返信が返ってきました。その後短い内容での連絡を繰り返した後に『会ってくれますか?』と書かれたメールが送られてきて約束を取り付けることができました。



二週間後家族には内緒で二日間休暇を貰い、出張だと言い家を出ました。

指定された待ち合わせはちょっと田舎の方にある駅で、待つ事数分。駅のホームに旅行鞄を持った女の子がやってきました私はその子に近づき。

「久しぶり加奈子ちゃん」

「あ、叔父さんお久しぶりです」

とやり取りをするして少しでも怪しまれないようにし、女の子を車に乗せた。私の車出勤なのでその辺りは便利だった。

で、車を発進させ走りながら会話をする。

「はじめまして、加奈子ちゃん」

「はじめまして、小父さん」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||

2013年9月20日 | 体験告白カテゴリー:浮気・不倫の体験告白

拒まれて 【友達との体験告白】

激しく抵抗する女…。それでも強引に襲いかかる男…、それが知り合いの男性なら、抵抗続ける女性もついには性本能が勝って変身して男性にからだを与えていく。あの時、俺も渡辺マサコさんに抵抗されても襲いかかるべきだったのか…。

過ぎ去ったあの日、夜明から降りだした雪は、街でも20センチは積もっていた。前日は出産直前の妻にあって安産を祈願し、その日は、市役所会議室で開催した人勧給与改定の地区説明会で集まった関係者に二時間説明し、終わって関係職員と夕食を共にする。その後、日頃から親しくしていた渡辺マサコさん宅に立ち寄って、一緒にいた竹内君と再び飲みはじめ、酔いつぶれてそこに泊まる。

渡辺マサコさんは戦争未亡人だった。

昭和十九年秋、ご主人が出征する直前に結婚し、すぐに子供を授かったが、

ご主人は南方戦線で戦死し帰らぬ人となった。その時、奥さんはまだ十八歳だった。

それから奥さんは、たばこ屋を開店しながら女一人で子供を育て、

その子も、春には高校を卒業して警察官になっていた。

酒に酔っていた俺はそのまま炬燵に潜って眠っていた。

真夜中だった。目が覚め、見ると奥さんは炬燵の向こう側で眠っていた。

そんな寝姿を見て俺は奥さんを女として意識しはじめ、変な気持ちになっていった。

当時奥さんは女盛りの三十六歳だったと思う。

その時俺は二十九歳、結婚して三年目、妻は出産直前で実家に行って俺は単身だった。

妻の肌に触れられない男の欲望が頭をもだげていった。

そんな時、奥さんは未亡人だから男が欲しいのだろうと思っていたし、

奥さんの寝姿に手を差しのべてみたいという男の性欲が騒いだ。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||

2013年9月20日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

伯父と母の情事【レイプの体験告白】

隣室からの話し声に突然目が覚めて、母の部屋を障子の隙間から覗くと、枕元の明かりに照らされて、後ろ向きで上半身裸の男性が、布団に仰向きで寝ている母を押さえ付け、着ている浴衣を無理に脱がそうとしているところでした。

「イヤッ、だめです、お願いやめて下さい」

母はかなり抵抗していましたが、やがて浴衣の帯を解かれると、一気に上半身から浴衣を剥ぎ取られてしまいました。

浴衣の下はノーブラだったため、乳房はブルンと剥き出しとなり、下半身は白のビキニショーツのみで、股間にはうっすらと陰毛のシルエットが見て取れるような下着姿でした。

恥ずかしさから必死に乳房を覆い隠し、起き上がってその場を逃れようとしたのですが、男性に腕を掴まれて引き寄せられると、布団のうえに再度押し倒されました。

「イヤ、イヤ、だめ、お願い許して」

男性は母の身体を押さえ付け、下半身に残されたショーツに手を掛けて剥ぎ取ると、一糸まとわぬ全裸姿にしてしまいました。

私は思わず「お願いやめて下さい」と言い出そうとしましたが、驚きのあまり声を出せず、自分の口を塞いでしまいました。

母の身体はふっくらと盛り上った乳房、くびれたウエスト、やや濃い目の陰毛に被われた性器をあらわにされて、必死に恥ずかしさに耐えている母の全裸姿を見つめていました。



39歳になる母ですが5年前に父を亡くして、娘の私から見ても女盛りの魅力ある女性で、男性は父の実兄にあたる人です。

50歳位になる伯父は未だ独身だそうで、父が亡くなってからはしばしば母に言い寄っては、その都度母を誘惑していました。

私は今年19歳を迎える母の一人娘です。キスの経験は数回ありますが、セックスの経験は未だありません。 「ダメッ、となりに娘が寝ているから、イヤッ、お願いだからやめて」

伯父は母の身体に覆い被さり抱きしめると、男と女すなわち伯父と母が性の快楽を求め合うセックスが始まりました。

初めて見る生々しい光景に、私は興奮を押さえられず必死に息を殺して、セックスの一部始終を覗き見ることになりました。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2013年9月20日 | 体験告白カテゴリー:レイプの体験告白

ペットの面倒は最後まで・・・2【フェラチオの体験告白】

続きです

部屋に入るとのんちゃんはデニムのままだったので、そのままじゃリラックスできないかな?と思い、オレのTシャツと、スウェットの下を貸してあげた。

この辺でだいぶ彼女の緊張(?)も解けたみたいで、家庭の事をイロイロ俺に話してくれた。

話の途中で俺のビールをたまに1口2口とやるようになったので新しいのを1つ開けてあげた。お酒は結構いけるクチらしい。

多分学校の同い年の友達では自分の家庭環境とか恥ずかしくてあんまり相談できる人なんていなかったんだろう。

正直俺からしたら思春期のありがちな悩みなんだけど本人からしたら、話をしたことで感情が抑えられなくなったらしく(少し飲んでるのもあったのかも)最後は涙ぽろぽろ流しながら話すから、頭くしゃっとして「ゆっくりしゃべれ~、ちゃんと聞いてるから」ってやったら、目ぇウルウルで見てくるから、ほんとに小動物に見えて来て「よしよし」って軽~いハグしたげた。

正直そのまま押し倒したかったのだけど、その頃は今ほど鬼畜じゃなかったので(笑)そのままの距離感で「お話し」してあげた。

そうこうしてるとけっこうイィ時間なったのでベッドを譲って俺はソファに寝ようとすると「あの、私がこっちでいいですから。○○さん明日も仕事でしょ?」と言ってソファの方に。

話したりやりとりしてるうちに思ってたんだけど、なんだか妙に今の子っぽくないというか、家庭環境やらもろもろ含めてほんと擦れてない子だな~、と感心した。

けっこう悶々とはしてたものの、ここまでイイ子だと少し手ぇ出すのがためらわれ、その晩は別々に眠った。

翌朝、家を出る時間ほとんど同じだったので、一緒に準備して出た。

「どうもありがとうございました」

「おう、まぁイロイロあるみたいだからいつでも話は聞くよ、ちゃんとお家帰りなね」

と言い、一応ケータイ番号とアドレスを渡して(向こうは持ってなかった)バイバイした。

職場では(オレ昨夜16歳と一緒にいたのか・・・)と思い返しては、なんだか現実じゃなかったような気がして、少し不思議な気分だった。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||

2013年9月19日 | 体験告白カテゴリー:フェラチオの体験告白

ひと夏の冒険?【フェラチオの体験告白】

7月の終わりに出会い系で「若い子会えませんか」という書き込みをしたら、次の

朝「18です。会いませんか」という返信がありました。

さっそく待ち合わせをし、指定された場所にいきました。

しかし三十分ほど待ってもそれらしい子は現れません。すっぽかされたかなと思

い帰ろうとした時でした。

「ひろさん・・ですか?」

ふいに隣にいた中学生くらいの子が決心したおももちで話しかけてきました。

俺はまさかと思いましたがそういえばさっきからちらちらこっちを見てた気がし

ます。

「もしかしてゆうちゃん?」

少女はコクリとうなずきました。

黒のストレートのセミロングの髮の下の丸っぽい顔や、白のTシャツとデニムのミ

ニスカートにつつまれた体は確実に18ではありません。

俺はちょっと怖くなりましたがチャンスだと思い直しました。

「じゃあ行こうか。」と言って歩き出すとゆうちゃんは「はい」とついてきます


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2013年9月19日 | 体験告白カテゴリー:フェラチオの体験告白

綺麗なおっぱい【おっぱいの体験告白】

もう、何年も前の話。

出会い系のサイトをのぞいていたら、画像にとても綺麗なおっぱいをのせている女の子。

まさか自分のモノではないだろうと思いながら、「綺麗だね」って褒め言葉を。

「ありがとう」と返信が来て、それからメールのやり取りが始まった。

それはそれは、全く汚れを知らない綺麗なおっぱいで、どう見てもティーンエイジャーのもの。

会って「見て欲しい」と言われ日時を約束。

当日車を止めて待っていると、遠くから女の子が歩いて来る。どう見ても若い、というか子供に見える。

「こんにちは」と声をかけると「○○さんですか?」とお返事。

本当に、可愛い!可愛すぎるし幼い。

とりあえず車に乗って「どこへ行きたい?」と聞くと、「あまり人のいない所がいい」と言う。

「じゃ、ホテル?」と聞くと「行ったことが無い」と、そりゃそうだろう、この歳でホテルは無いよなあと、

一人で納得。

「大きなスーパーの駐車場とか、地下駐車場がいい」と言う。

とりあえず車を走らせ、大きな地下駐車場に入り人目につきにくい角の方に止めた。

その娘は、「見たいですか」といってTシャツを脱ぎ、ブラを外した。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||

2013年9月19日 | 体験告白カテゴリー:おっぱいの体験告白

農家に嫁いでいた彼女【友達との体験告白】

稲が青々と生長し初夏の風になびいている。

そんな田圃の中の国道を一人、車を運転し、ふる里の墓参に向かった。

あれこれ思いに耽って運転していると、過ぎ去った想いが甦る。

そんな思いに、まだ高校生だった頃の彼女を思い出した。

あれから三十年が過ぎている。

すると彼女は四十八歳となっている。

無性に気になってきた

あの頃の彼女は、セーラ服がよく似合う高校三年生だった

襞のある紺のスカートに包まれたヒップ…、

その豊かに膨らむヒップが男心を惹き付け,いつの間にか彼女に恋をしていた

毎朝七時三十八分発の列車で通学する彼女に一目会いたくて自転車で家を出て

歩いて駅に向かう彼女に、駅近く竹藪のある曲がり角で追いついた

姿を見て「おはよう…」と交わすたったその一言…

顔を合わすだけだったが、それで心はなごらいだ。

卒業した彼女は、その頃、僕が勤める農協に採用される…という。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||

2013年9月19日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

まさか妹と・・・【妹との体験告白】

俺の家族は父、母、妹の4人家族です。

家族みんなすごく仲がいいほうだと思います。母と妹はよく似てて世話好きのおせっかいです。

俺が一人暮らしを始めようとして、実家から10数㌔はなれたところにアパートを借りました。

引越し初日の日は、父は仕事でいなかったんですが、妹が夏休みということもあって、母と妹

が手伝ってくれることになってました。

お金が余り無かったこともあり、引越し屋も頼まずに自分たちだけで終わらそうとしてたんで

す。朝からはじめたんですが、予想以上に時間が掛かってしまって、母は途中で父の食事の用

意で一時帰宅しました。そして、夜8時ごろだったか、母から電話があり今日はこれぐらいに

して、明日から再開しましょうということになりました。俺は妹を実家に送り届けなきゃと思

ったんですけど、妹がここに泊まると言い出し、母に電話をして、朝着替え届けてと電話した。

妹なりに気を使ったんだろうと思った。俺に送ってもらうのも悪し、母に迎えにきてとも言え

なかったと思った。俺はそんな妹にお酒でもごちそうしてやろうと聞いてみると、「お酒は

控えてる」というんです。「なんで?」って聞くと「失敗するから」と返答がありました。

「俺しかいないし、失敗してもいいやんか?」というと「そうだね」って返事が返ってきた

ので俺はコンビニにビールとチューハイを買ってきました。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||

2013年9月18日 | 体験告白カテゴリー:妹との体験告白

このページの先頭へ