寝取られに興奮・・・【人妻の体験告白】

2人の子持ちで47歳になる妻の話です。

妻が、ある日突然、夜のバイトをしたいと言い出しました。

話を聞いてみると、週末限定でスナックで勤めてみたいとの事でした。

週末だけなら、まぁ取り合えず行ってみたら?と軽い気持ちでOKしました。

結婚前は、証券会社に勤める普通のOLで、夜の仕事とは全く縁遠かったのですが、持ち前の明るさで、面接もクリアし、早速勤め出しました。

勤めてみると、非常に楽しいようで、毎週末を楽しみにしていました。

客層は悪くなく、サラリーマンや自営業者が多いとの事で、私も安心していました。

3ヶ月くらいたった頃、「どう?相変わらず楽しい?」と聞くと、妻は、「むちゃくちゃ楽しい!!」と。

「お客に誘われたりするの?」

「何人かに食事に誘われてるけど、断ってる」

「なんで?」

「だって、あなた、そういうのO.K.しないでしょ?」

「・・・・・」

以前から、妻が他の男とHする場面を想像すると、興奮するようになっていた私は、

「好きなタイプの男がいたら、アフターOKだよ。」と言ってしまいました。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||

2017年12月21日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

K田氏からの調教依頼【人妻の体験告白】

●day-1

ある方から、淡白な奥様を淫乱に調教したいとの相談を受けました。

仮にK田さんという事にしておきます。

まずは、お会いして話できればとの事でしたので

先日、お会いして来ました。

マンネリ化した夫婦生活を何とかしたいと切望するK田氏は

実は寝取られ願望が強く

奥様が他の男に犯されている姿を見たいという事でした。

ブログ掲載の許可をもらえましたので、K田氏婦人の画像を掲載します。

色白で本当に奇麗な奥様です。

顔をお見せ出来ないのが残念。

一気に調教するというのも無理があると思うので

雑誌の取材という事で家にお邪魔して様子を探る事にしました。

一応、水着撮影もあるという事で持ちかけてもらいます。

淡白な方という事で心配ですが


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年2月11日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

クッキー缶のビデオの続き教えて!【人妻の体験告白】

誰かこの話の続き教えて!オルフェノクさんの「クッキー缶のビデオ」です。

妻の留守中に、ふと昔の写真を見たくなり、当てずっぽで、ここら辺かなとクローゼットルームのタンスの奥を探していた。そして、写真などが入れてある見覚えのある箱を見つけた。その通り中には、整理されていない写真が撮影の時期別に、写真サイズの小さなポリ袋に細かくまとめられてあった。いくつかポリ袋を物色し、目的の写真を見つけて満足していると、さっき開けた箱の下に、もう一つ黒い紙袋に包まれたクッキー詰め合わせギフトの「缶箱」があるのに気が付いた。ちょっとした好奇心に中を開けて見ると、1から10までの番号がラベルされたVHSタイプのビデオテープが10本入っていた。すべては、このビデオテープを偶然に発見してしまった事から始まる。

<1本目>

このビデオって、昔俺が持っていたエロビデオかなんかかな?だとすると裕美子の奴に、結婚前にこんなビデオ見て、センズリばっかしてた事バレたかな。やばいな、確か俺が持っていたのって、当時は真面目ぶってたけど、エロエロな陵辱系とかだったよな。アイツに軽蔑されそうなの一杯持ってたんだよなー。これがそれだったら相当キツイ。俺の変態趣味、知ってて黙ってたって事になるのかー。まあー仕方ないけど、今日は当分、裕美子の奴は帰ってこない予定だし、この際こっそり処分しておこうかな。あ、でもまず、ちょっとだけ鑑賞してからだな。なんだか…、少し楽しみだな。さーて、じゃあー、早速。【再生】っと。

ギシッー、ガタン、ガガガガガガ、ジジジジジジ…。

ん、んんーと、映った映った。

『…じゃあホントすいませんが、よろしくお願いしますね。もう裕美子さんしか頼める人いないんです。僕達を助けると思って…』

あ、え、何?裕美子って?妻と同じ名前だ。

『うちのフィットネスクラブでは、毎年女性会員さんをモデルにしてビデオコンクールがあって、各店から絶対に一人は出さないダメなんです。実際、会員さんへは当たってはみたものの、全員に断られちゃって。会員さんでしょ、あまり無理には言えないし。こういう事って、僕達みたいな若手のインストラクター社員が押しつけられて、応募出来ないなんて事になった場合、僕達の責任にされて、会員さんとのコミニュケーション不足とか言われて、社員査定0にされちゃうんです。査定が上がらないとプログラムクラスとかメイン担当させてもらえないし、永久に雑用係になっちゃうんですよねー。だ、だからホント困っているんです。なあ、おい、田中!お前からも、ちゃんとお願いしろよ。』

『あ、はい。僕は今年入ったばかりで、よく解らないんですけど、飯田さんの言うように、大変な事になってしまうらしいんです。僕からも、この通り…お願いします。』

なんなんだ、このビデオ?フィットネスクラブって何?

『あのー、なんだか恥ずかしいわ、私なんてダメだって。もう30のおばさんだし、結婚だってして子供もいるのよ。無理よ、絶対無理だわ。あー、田中君が持ってるビデオカメラ、赤ランプ点いてるー。やだっ、もう撮ってるの?やめてよ、恥ずかしいから。』

あ、あ、あ、…裕美子!!!なんでお前が…?このビデオって一体何!画面の右下にカウンターがあるぞ。え、何、これって、3年前に、撮影されたもの…。そう…フィットネスと言えば…たしか、裕美子が子供の小学校入学を機に事務のパートに入った、あのスポーツクラブの事なのか?たしか、あれって3年前くらいだったような。

『大丈夫です!僕が保証します。裕美子さん綺麗だし、スタイルだって、ここに通ってくる女性会員の誰より、いいじゃないですか!絶対大丈夫です。おい、田中、黙ってないでお前も何か言えって。』

『ええ、ホントにホント、北川さんは素敵です。綺麗です。お付き合いしたいくらいです。』


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月5日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

千恵子の事【友達との体験告白】

千恵子、36才。163cm.B.86.W56.H96

お尻の大きな日本女性離れした、ボン、キュ、ボン体型。

独身で男性経験は少ないが従順で献身的、清楚で真面目な雰囲気ではあるが、男日照は間違いない。

背が高く、ウエストがキュッと括れ、それと不釣り合いなくらいボンと突き出したヒップ、タイトスカートの

後姿はもう、むっちむっちで下着のラインもはっきりと分るくらいだ。

顔はちょっと佐藤寛子に似ている気がするが、私だけって感じもする?

まだ、調教中だが私の性欲と性癖を満足させてくれる、最高の雌豚性処理奴隷だ。

当時、禁煙と分煙とか言われ始めてた頃で、うちの課の男子は8割がた喫煙者、

女子社員は逆に喫煙者は少なく、喫煙が少々社内問題化していた。

そんな中、彼女から男子営業社員の事務所内禁煙を進言して欲しいと相談された。

彼女の相談を受け、私は上司に進言、事務所内は禁煙となり、

喫煙は休憩時間に喫煙コーナーで吸う事になっていた。

彼女には、遠まわしに誘うよりは単刀直入に取引を申し込んだ

上司に進言し、認められた場合は成功報酬として私に一晩抱かれる事。

彼女は少しの間、下を向いて考え「良いですよ、それから課長もタバコを止めて下さい」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年2月3日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

秘め事【人妻の体験告白】

子育てがひと段落してから、夫と同じ会社の事務を手伝う事に、

夫はとても真面目な人で、同期の中では出世も一番。

そんなあなたをとても尊敬していたのよ。

わたしにも優しくしてくれるし、家でも会社でも仲良しだし、

でもあなたには言えない秘密ができた。

会社のあの人、あなたと同期の、あなたの親友、あなたのライバルのあの人。

去年の忘年会の後、ホテルに誘われて。

どうして?そのとき私、断らなかった。

初めは冗談かと思って、だけど本気でもいいかな?とか思って、

あなたとはもう何年もなく、誘われたことが嬉しくて?

セックスに飢えていたから?

あの人、会社ではまじめだけど、ものすごくいやらしかった。

ホテルの部屋で抱きしめられて私の耳元で囁かれた。

「ずっと前から犯したかった」

そして、洋服を着たまま下着だけ脱がされ、組み伏せられ、顔や髪の匂いを嗅がれ。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||

2014年2月2日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

万引き美少女にヤリ放題【友達との体験告白】

先日、SEI○Uで買い物をしていると15才位の少女二人組のカワイイ方が、リップクリームを持っていた紙袋にそと入れる(万引き)のを一部始終見てしまいました、二人は早足でエレベーターに乗り、慌てて追いかけた私もそのエレベーター乗り込みました、他には人はいません、私は万引きしたカワイイ方の少女に、取ったしょ?見たよ!と確信に触れました、少女はもうひとりの少女の目を見てからうつむきだしました、私は早口でとりあえずチョット来てと二人を男子トイレの大に入れ人がいないのを確認後ブサイクな方を隣に移し、今彼女(カワイイ方)と話するから終わるまででないでよ、とクギを差し、カワイイ方と話を進めました、もう見てしってるから、俺は私服の警備員だから(嘘)取ったよね?少女は罪を認めコクリとうなずいた、許してあげたいけど店の録画ビデオテープ処分しないといずれキミの親とか学校に連絡いっちゃうんだ、困ったねえ、どうする?少女は黙って下を向いたままでした、私は我慢できずに煽りました、テープ処分いてほしい?少女コクリと頭を下げる、言う事聞く?少女コクリ、今頑張ってなんでもする?少女コクリ、私は少女のほっぺたに両手を持っていき精々同じクラスの男友達とじゃれあって軽くしかした事ないであろうキスをいきなりベロを出し口の回りを舐めながり唇を吸うキスを炸裂させてやりました、少女は速攻で涙を流し必死に抵抗しましたが、耳元で親呼ばれたいの?万引きしたんだよキミとささやきながらキスをしまくりました、上着をめくりブラをめくり上げる、ほとんど乳首だけ、しかしそれが結構興奮する、私は少女のさくらんぼ色の乳首を舐め吸いまくった、少女がうるさく泣きそうなので、手早くスカートをめくり上げパンティを膝まで無理やり下げた、膝の辺りをグイッと広げて少女のアソコが私の目の前にあらわれた、薄毛に短毛、すべてが丸見えで私は猛烈に興奮し少女のアソコに鼻を埋めて匂いを堪能した後、舐めたり吸ったりしました。     続く

体験告白関連タグ

|||||||||||

2014年1月31日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

元彼【友達との体験告白】

もう10年以上も前の出来事です。

バブル経済にも陰りが見え始めた当時、私は関西の○△大学に通っていました。

サークルの仲間と遊んだり、単位も順調にとっていた私は、それなりに大学生活は充実していました。。

しかし、今まで一度も女性と交際したことが無かった私は、性欲の処理に関しては、1人でペニスの疼きを鎮めるしかありませんでした。

数日に一度は、下宿の部屋で密かに自分のペニスをしごいて射精していました。

そのうち、私は大学3年になっていました。

そしてこのとき、私は初めて彼女が出来ました。

次にお話しすることは、彼女と出会ってから私が経験したことです。

**********************

彼女は、ある女子大に入学したばかりだったが、僕が大学3年のときに同じサークルに入ってきた。

彼女は、長い黒髪とサバサバとした性格が特徴的だった。

あまり色気を感じさせない彼女の雰囲気もあって、サークルの女の子の中でも僕は彼女とは気軽に会話をすることができた。

でも、彼女と会って話をするのはサークルのメンバーが集まる週末のときだけだった。

半年ほどたった頃、僕は思い切って彼女を食事に誘った。

断られるかもしれないという不安を努めて隠そうと、僕はわざと軽い感じで言ってみた。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年1月28日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

電車の中での秘密の楽しみ。【高校生との体験告白】

自分は2010年の時点では大学3年次。自分の通う大学は、1、2年次の時は、自分の家から近い校舎に通っていたのですが、

3年次からは遠い校舎に蚊帳話なくてはならないため、電車に乗る時間が長くなり、とても暇です。

ゲーム本か携帯か何かを持っているときは、暇つぶしができるのですが、電池が切れていたり、持ってこなかった場合は、電車から見る外の景色を見るか、この日に持っている教科書を見るよりしかたありません。

しかし自分にはもう一つだけ、友達にも誰にも言えないひそかな楽しみがありました。

それは電車の中に乗っているJK(女子高生)の姿をさりげなくちらりちらりと見ることです。

この癖は自分が高校生であった時からありました。高校の時に通っていた塾は、家から遠く、この時も退屈な電車の中で過ごしていました、しかし途中の駅で乗ってくるJKの姿をちらっと眼に入ると、萌え癒される気分になります。高校の中では周りにいすぎてそんな感じは全くしなかったのですが、違う場所、電車の中で自分と同じ年ぐらいの女の子が近くにいて、それが自分の好みのタイプでもあろうものなら、ときめかずにはいられませんでした。

また、      「電車内での立つ位置」

—————————————————————————————————-

    |電車のドア左||電車のドア右|

  座席             自分  座席

 手すり柱              手すり柱

                 JK

のような位置だと自分は一番どきどきします。なぜこのような形かというと自分は電車の座席に座れない時は、このいちにいて目的の駅に着いたらすぐ降りれるようにしたいからです。それは大学生になった今も変わりはありません。ドアの窓の外の景色を眺め、窓から反射されて見える、自分の方に向かって携帯をいじっている可愛いJKの姿をときどき見るという感じはたまりません。

 当然そのような形でなくても、ただJKが自分の立っているドアの入り口から乗ってきた場合でも、うれしく思います。

 高校を卒業して大学生になってだいぶ経ちます。※高校生の頃ほどときめきませんが今でも電車の中でJKの姿を見るのは楽しみの一つとなっています。(※自分が高校生のころは年が近いからものすごく萌える、しかし今ではJKは可愛いとは思うが年が離れすぎていると自分では思うため、高校生の時ほどときめかない)


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||

2014年1月24日 | 体験告白カテゴリー:高校生との体験告白

〇メセクにハマった女達【友達との体験告白】

N子と私は三日と空けずSEXするようになりました。オマンコの奥でイクN子にとって、オナニーだけの毎日は辛かったとの事。半年ぶりに味わった私のチンポでのアクメに、忽ち虜になってしまいました。

N子は離婚後は実家で暮らしていました。

会うときは事前にメールで指図します。買い与えたピンヒールを履き、太ももの上までスリットの入ったタイトスカート。

黒のガードルにストッキング、もちろんパンティなどは穿かせません。上は薄手の白のブラウスでノーブラです。恥ずかしい部分は、恥丘の上部に少しだけ毛を残したほとんどパイパン。逆に腋毛は伸ばさせています。

実家の前まで車で迎えに行くとN子にメール。近所の目が気になるみたいで、素早く車に乗り込みます。少し車を移動し人通りの少ない場所でチェックをします。

〝タイトを捲り上げ股を広げな!”ハイ・・・

もうN子は私の(チンポの)言いなりです。ダッシュボードに大きく広げた両足を乗せ、スカートをお尻まで捲り上げます。自分でオマンコを広げ〝如何ですか?”と聞きます。スリムな割には濡れやすいN子・・・。

オマンコの下部からアナルに掛けて、透明な液体がヌラヌラと光っています。はじめの内は控えめの化粧をしていたN子。今では私と会うときは、別人と見紛うほどの濃い化粧をさせています。

スリムで上品な顔立ちのN子には、少し下品なくらいの濃い目の化粧が似合います。年こそ30を過ぎていますが、まるでクラビアから飛び出てきたモデル。

そんな女が卑猥な服装で、オマンコをヌラヌラ光らせているのですから最高です。

私はN子のオマンコに口を付け、愛液を啜ってやります。

N子の愛液は粘度が低く量が多い・・・。軽く唇を当て吸うと〝ズズッ・・・”と音を立て口に中に薄い塩味が広がります。〝ああっ・・・”私は啜り上げたN子の愛液を、口移しでN子に味あわせてやります。N子と舌を絡ませると、N子の愛液が潤滑剤になり、お互いの舌先がヌルヌルと絡まり合います。

私がN子のオマンコに指を当てると、二本の指を簡単に呑み込んで行きます。アン・・・んんんっ・・・。そのままGスポを擦ってやると、N子は私の首ににしがみ付き、〝ああっ・・・イッ・・・感じますぅ・・・”指を少し上に向け奥まで抉ってやります。子宮頚部を通り過ぎ、N子の好きな奥の突き当りを指先でたたいてやります。はああっっっ…アン、アン、アン、あっ・・・っ、あっ!”私の指の動きに合わせ、N子の腰が前後にうねり出します。そのまま奥をたたいてやると、入口が締ってきました。

まるで、オマンコが私の指を食い締めて行くみたいです。同時に本気汁が溢れてきて、どんどん滑りが良くなって行きます。指の動きのピッチを早くしていきます。

N子はシートから腰を浮かせ、より感じようと当たる位置を調整しています。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||

2013年11月5日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

あれは3年前【友達との体験告白】

夏の夜11頃だったと思う

悪友から電話があった

「駅前で家出の女拾ったのでお前のアパートつれていっていいか?」

といきなり言われて「わけわからんなぁ」っていうと

「俺、寮だから連れて帰るわけにいかない」っていってきた

「まぁええわ連れてこい」っていって

その子みて驚いた

中学生?でもかなりべっぴんだわと・・・・

その子と悪友はすでにエッチ済みで、ほっておくにはおしいというのだ

まぁ納得。それぐらいの可愛さはあった。

悪友は次の日仕事なので夜中の1時ぐらいに寮にもどっていった

悪友も余りお金がないので仕事が休みの前日だけその子とラブホへ

行くが平日は俺がやりまくり。

もちろんその子の了解を得てます。

一泊につき一発という契約だったんですが、平均すると3回ぐらいは


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|

2013年10月23日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

このページの先頭へ