遠距離恋愛している間彼女が喰われる話 エロシーン 【寝取られた体験告白】

その晩、富田が食事に連れて行ってくれたのは焼肉店であった。



焼肉店と言ってもそれぞれの席が個室になっていて、店内には大きな揃ったワインセラーまで完備しているという高級焼肉店だ。



アルコールは取らなかったが、富田と山井は本当によく肉を食べる。



一皿何千円もする高級肉を次々と口に放り込んでいく2人の食欲に、果歩は驚きの表情を見せていた。





そして食事を終えると、3人は富田のマンションへと向かった。





山井 「ご馳走様でした富田さん、いやぁマジ美味いっスねぇあの店。」



果歩 「ほんとに美味しかったです。でもまたご馳走になっちゃって…。」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||

2015年2月9日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

23歳の彼女が温泉旅館で巨根のオヤジに寝取られる 【寝取られた体験告白】

これは去年の秋に彼女と行った温泉旅行での出来事です。

オレは鉄鋼所に勤めてる28歳で

オレの彼女はそこの事務をやってるOLで歳は23。

名前は仮名ですが「かおり」としておきます。

うちの会社の事務員は色気のないおばさんと

普通の主婦だがパソコンができるパートさんの二人だけだったんだけど

そのパートさんが旦那の転勤で退職することになり

新卒採用できたのがかおりだった。



第一印象のかおりは特別可愛いというわけでもないがブスではなく中の上だが

よく笑う娘で、人懐っこい愛嬌のある娘だった。

オレは両親が温泉好きで小さい頃からよく家族で温泉旅行に行ってたんだけど

かおりも温泉好きだということがわかりよく話があった。

そんな彼女の事を好きになるのに時間は掛からなかった。




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2015年1月22日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

ませた従姉妹とロリマンママとの一週間 【妹との体験告白】

僕は高校2年生で、エスカレーターで大学も行けるので、気楽に毎日遊んでいる。

家も、そこそこ裕福で、本当になにも不満がない毎日だ。ただ、少し奥手なので、彼女はまだいない。

でも、趣味のクライミングやビリヤードをしてる方が、女の子とデートするよりも楽しいと思うので、焦ったりはしていない。



そして夏休みの今、恒例行事の家族旅行に来ている。母の弟の家族と合同で、軽井沢のロッジを借りて1週間も過ごす。

テニスをしたり、サイクリングをしたり、川で遊んだりで、けっこう楽しいイベントだ。

いつもは、僕の弟も行くのだけど、今回はゴルフ部の合宿があるみたいで、僕と両親だけだ。

母の弟家族は、一人娘の愛花ちゃんと3人だ。愛花ちゃんは、6年のはずだ。ほぼ一年ぶりなので、きっと凄く成長していると思う。



昔から一緒に遊んでいるので、従姉妹と言うよりも、兄弟みたいな感覚だ。会うのが楽しみだ。



そして、現地集合で合流すると、やっぱり愛花ちゃんは凄く成長していた。5年から6年への一年は、ビックリするくらい変化があった。





髪も伸びて、背も伸びて、愛花ちゃんが急に大人になった感じがして、少しドギマギした。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||

2014年12月22日 | 体験告白カテゴリー:妹との体験告白

セレブ向け離婚経験者のお見合いパーティで恋をした。 【浮気・不倫の体験告白】

私はバツ一の45歳。



子供は二人いて、20歳の娘と18歳の息子がいます。



そしてある×一同士の離婚経験者のお見合いパーティに行きました。



彼女とそこで知り合ったのです。



当然彼女も42歳で離婚歴があり、20歳のお嬢さんがいます。



40代の男性と40以上の女性が12吊で集まって

お見合いパーティーをしたのです。



全員が離婚経験者で、気に入れば最初はお友達からというケースです。




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||

2014年12月20日 | 体験告白カテゴリー:浮気・不倫の体験告白

イイ夫婦の日(11月22日)記念NTR 【寝取られた体験告白】

現在私35歳、妻 千尋32歳。若くして結婚しすぐに子宝にも恵まれました。



息子は現在中学2年生。

中学受験を経験して現在、偏差値の高い有名な私立中学に通っています。

この話は一昨年の中学受験の頃からの話となります。



中学受験を間近に控えた頃、息子が通っていた進学塾では最終的な志望校

の決定をする為に、最終テスト結果を元に子供と保護者で三者面談を実施

していました。



息子の第一志望校は非常に偏差値の高い有名校なのですが、最終テスト結果で

は合格率が非常に低く、2ランクぐらい落とした学校を塾からは勧められましたが

やはりどうしても第一志望校に行かせたい故に、第一志望校を無理を承知で受験

して第二、第三志望校は息子の偏差値範囲内の学校を受験する事としました。




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年11月24日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

北関東の混浴 【温泉での体験告白】

昨日の昼頃、北関東の某温泉旅館に行ったら、ちょうど同じタイミングで旅館に入ろうとする、小柄な女性が。自分は何度か来ている旅館だったので、露天風呂へ案内して、先にお湯へ。

後から、小さなタオルを前に垂らして女性も入湯。

他にお客さんはなく、貸し切り状態。始めは世間話程度の感じで、小一時間グダグダとお話をしていたんですが…



聞けば、女性は40歳チョイの人妻さん。女性1人で、慣れないとなかなか抵抗あるんでは?なんてことを聞くと、こんなオバサンだし、胸も小さいからむしろ申し訳ないなどと。いやいやそんなことは…スタイル良いし、美人だし、こんな人とご一緒できて今日はラッキーだと心底思いました。

でもホラ腕だってこんなプニプニだし…と腕を見せて来るので、どれどれとちょっとさわらせてもらい…

背中のお肉が気になるのよね〜なんて言うから今度は背中を失礼して…

いやいや、お肌こそ年齢それなりかもしれませんが、無駄なお肉なんてちっともないですよ、なんてことを申し上げつつ、しばらく背中をナデナデ。



お尻も垂れちゃって…





…そ、そこも失礼してヨロシイですカ…?






この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|

2014年11月23日 | 体験告白カテゴリー:温泉での体験告白

社長が嫁との子供が欲しいらしい 2 【寝取られた体験告白】

前コピペの続き













678:25◆W5wNclw7ro:2012/09/30(日)16:17:15.34

気持ちを落ち着けさせようと大変でした。

社長から話を聞いた後も1人で1時間ほどマックで想像を繰り返してましたし。







金曜に社長の会社に訪問に行きました。その場では嫁のことが話題に出ることもなく。

仕事をしている時はお互い真剣で。。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年11月6日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

姉妹レズと 【複数・乱交体験告白】

僕は29歳の普通のサラリーマンで結婚6年目です。



事の始まりはGW前に嫁と子供が先に実家に帰省し家族で温泉に行く予定だったので、帰省は明後日の予定だった。

その日は仕事も午前中に終わり、時間ができたので午後からゴロゴロしていたが、暇でどうしようもなかったので学生時代によく行っていた友達のTが勤めているジムに行くことにした。







ジムに行きTを呼んでもらおうと受付の女性にお願いしたら、「Tさんは昨日からGW休暇をとっていますよ」と言われ、せっかく来たので泳いでいくことにした。



ここは元カノのMと付き合っていた時は週3くらいで来ていた。





1時間半くらい泳ぎ夕方になってきたので帰ろうと思いサウナに向かった。ここは男女兼用のためよく出入りがあった。



一人の女性が入ってきたのは気付いたが、あまり気にもとめていなかった。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年10月20日 | 体験告白カテゴリー:複数・乱交体験告白

社員旅行で山梨の温泉に行った時のこと 【寝取られた体験告白】

4年前の話。



おれが会社に入社して5年目の時、短大を卒業したばかりの由紀子がうちの課に配属された。

まだ二十歳そこそこの由紀子は、男ばかりの職場にとって花のような存在だった。

顔は普通よりちょっとかわいいくらいだったが、スタイルが抜群によかった。

特に大きい胸と、くびれたウエストのギャップがたまらなかった。



当然彼女はチヤホヤされた。

競争率は高かったが、おれは猛烈にアタックした。

その甲斐あって、2ヶ月ほどしておれと由紀子は付き合うことになった。



ただ、一つだけ由紀子には心配な事があった。

というのも、彼女は酔うと場の雰囲気に流されやすくなる性質だったのだ。

本人も「飲むとHな気分になる」と言っていた。

初めて由紀子を抱いた時も、二人で飲みに行った帰りだった。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||

2014年9月8日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

乳首調教 【ゲイの体験告白】

俺は、今付き合っている彼と知り合ってから今年で3年になります。 自分のマンションを処分して

転がり込んだのですが、この3年間は毎晩スーパーハード責めの毎日でした。

彼と付き合う前の俺の乳首は胡麻粒大でしたが、今は平常時でウズラ豆大はあります。

彼が乳首フェチで泣き叫んでも毎晩責められたので俺の乳首は巨大化しましたが、

自分の乳首のデカさは、海とか温泉なんかにはもともと行かないヤツだったので気にしてなかったです。



先日、大学時代の研究室のOB会の連中と温泉で忘年会をやり、俺も行きました。

普段なら、彼等と一緒に風呂なんか入らないのですが、珍しくへべれけに酔った俺は、後輩達と風呂に行くことに・・・

10人くらいで行くことになり、風呂場に俺も一緒に行きとてもリラックスできたのですが

風呂場から戻ったとき、一人だけ俺の所にコッソリと来たヤツが「先輩、乳首が感じるのですか?」と

聞いてきたヤツがいました。ヤツは「先輩の乳首、デカクてエ口いっすね、誰かに育てられたんスカ?」

と言われました。よせば良いのに、酔っていて開放的になっていたのも手伝い俺は、「乳首が感じて

好きじゃない相手でも乳首を弄られると身体がいっちまうんだ」と言ってしまいました。嗚呼!

さすがに「ヤバイ!」って思いましたが、その時、後輩はどん引きするだろうと思ったら、逆に眼がトロンと

して「じゃあ俺が乳首弄っても良いですか?」と言って、俺のウズラ豆みたいなピンクの大きい乳首を引っ張りました。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||

2014年9月8日 | 体験告白カテゴリー:ゲイの体験告白

このページの先頭へ