夏 2 初体験【浮気・不倫の体験告白】

ポッチャリで、可愛らしく、童顔で20代に見える。

ノーブラ タンクトップたった乳首が浮き出ている。触っていいよ。柔らかい、手に吸い付く

あぁぁぁぁ 出る出るよ。ダメよ まだまだ ベットに移動69おばさんのアソコは、薔薇の匂いがした

初フェラで口の中に射精 イッタばかりの、チoポにジュルジュル吸い付く 刺激でおかしくなりそう

まだ ビンビンよ 若いわぁ 正常位で、挿入 なれない腰つきで動かす。

もっと もっと激しく突いてぇぇ かき回してぇぇぇ

あぁぁぁぁぁぁ おばさんの、奥深くに精子を何回もぶちまけた

風呂に入り洗ってもらうと、また勃起 凄いごくっと唾を飲み込み咥えられ また射精

まだまだ 濃いわ

おじさんには、内緒だよ

うん

明日もしたいでしょ

うん

次の日の朝

おばさんは、出かけていた。帰ってきている。おじさんと、朝食


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||

2013年9月7日 | 体験告白カテゴリー:浮気・不倫の体験告白

ドMな私と…【会社・職場での体験告白】

私はバイブとかが大好きでした。仕事から帰ってきては部屋でオナニーをしていました。

それが私の日課でした。

たまに会社帰りにもしたくなったりするので、会社のかばんにローターとかバイブとかを入れていました

ある日私は残業で男性と2人で仕事の残りをしていました。

もうすぐ終わるという頃、コーヒーをもらったさいにカバンの中身を見られてしまいました。

男性をAとします。私はKで

A「へぇーKこんなの持ってんだニヤニヤしながら)

K「そっ…れ」

A「使ってあげようか?」

K「今なんて」

A「使ってあげる」

そこで服を全部脱がされていろいろなことでイカされてしまいました。

最後には本当のセックスしてしまいました。

帰りる時に耳もとで

A「また遊ぼうね」って言われました。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||

2013年9月7日 | 体験告白カテゴリー:会社・職場での体験告白

七星のピンチに立ち向かう!【学校での体験告白】

「あんあっ、あっ、あっ・・・。」

七星は感じていた。

「やめてっ、・・・やめてったら・・・」

僕はずっとこれを見ていたかったけど、勇気を出して、教室に入りました。

「もうやめてやれよ。」

「鮫島・・・。」

ところが、そのとき、クラスの女子が入ってきました。

「おー、やってる、やってる!」

「あれ?鮫島がいる・・・。」

僕は驚きました。女子はみんな、全裸だったから・・・。

僕は急いで逃げました。しかし、捕まえられ、全裸にされました。

僕は我慢できず、もうどうにでもなれと思い、女子を振り抜き、七星に抱きつきました。

「鮫島!?」

「ゴメン、もう我慢できない。」

そう言うと僕は七星のあそこに、僕の息子を挿入しました。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2013年9月7日 | 体験告白カテゴリー:学校での体験告白

底知れぬ未知の快感【人妻の体験告白】

私は会社勤務の30歳台、妻の優香は公務員で3つ年下です。私たち、と言うよりも私には幼い頃から変わった性癖がありまして、他人様に公開するのも恥ずかしいのですが、今日は勇気を出して投稿させていただきます。

小学校時代、周りの仲間が性に対して興味を示し始めた頃を同じくして、私も自分の性器を弄ぶことを覚えました。性交の知識はあったものの、そんなことができるとは思いませんでした。ただ、性器をいじっているうちに何となく気持ちがよくなる感じが堪まらなかったのだと思います。

中学校に進んでからは、ペニスの中にいろいろな物を入れて、その異物が奥深く進入してくるときの言いようのないドキドキ感の虜になりました。もちろん、射精に至るような快感は伴わないのですが、松葉の尖端やボールペンが「今から、ペニスの狭窄部に入っていくのだ」と思うと、心臓がドキドキしてそれらを持つ3本の指が震えてきます。今思うと、その頃から潜在的に、自虐めいた破壊願望があったのだと思います。

高校時代には、ペニスの中に入れるものが体温計、鉛筆からチューブなどだんだん変化していきました。そして、いろいろな長さ、太さの物を挿入しているうちに、それらの異物が狭い尿道を過ぎて前立腺を踏破するとき、凄い抵抗感とともに痺れるような快感をもたらしてくれることに気付きました。「何とかして、もっと太い物を入れられたら・・・」「ペニスだけではなくて、前立腺からもっと先まで入るとどうなるんだろうか・・・」そんな思いが日に日に強くなっていきました。

もちろん、人並みに女性に対する関心もあり、結婚前でしたがこの頃にはセックスによる快感も経験済みでした。でも、私の場合はそれでもペニスを壊してくれるような破壊願望が強かったのです。あるとき、戸棚にしまってあった細い赤唐辛子に目を付け、鞘を破って小さい粒を取り出し、それを亀頭の根元に埋めこみ、しばらく包皮で覆っておきました。このときは大変でした。ペニスの亀頭部分だけがカッと熱くなり、ヒリヒリする痛みをもうどうにもできず、洗面所へ行って水道で洗い流しました。いくら水を注いでも熱さと痛みが止まりません。しばらくじっと我慢して水溜りで冷やし、ようやく苦痛から開放されましたが、この後ジ~ンッとペニスにほろほろ感が漂ってきたことは忘れられません。

私は、20代後半に妻の優香と結ばれました。その頃は、流石にこの性癖をストップして、妻とのセックスに励みました。自分が開発していく妻の性感の高まりに興味が沸いてきて夢中になっていました。やっぱり、性の喜びを二人で共有できるってことは幸せなことなんだなあと思いました。妻には何の不足もなく、一般的に見て普通の夫婦だと思いますが、仕事の傍ら家事をこなしてくれる妻に感謝しています。

それから10数年・・・仕事の忙しさもあって、定期的に行われていた夜の営みもだんだん回数が減っていきました。妻の方もそのことに気づいているのかどうかわかりませんが、特に文句を言うわけではなく普通にその日をおくる毎日が続いていました。

この倦怠感が漂い始めた頃に、再び私の性器破壊願望が沸きあがってきました。この性癖は妻に告げることなく、じっと私の胸にしまっておきましたが、何となく昔経験した異物が前立腺を通り過ぎたときの感覚を思い起しました。「何とかして、より強い刺激と快感を・・・」と、私はあるひとつの方法を思いつきました。

私の思いを叶えてくれる方法は、某Webサイトの「ミートトミー」にありました。ペニスの亀頭部分の割れ目を切開してしまうこと自体はあまり歓迎しませんが、狭い尿道に1cm以上の異物を通すにはこの方法しかないと思ったのです。これまで、いろいろな物を挿入しましたが、大概決まった種類の物に限られてしまい、余り太い物は亀頭に入らないのです。ここでは余り詳しく綴られませんが、インターネットで検索しながら具体的な手順を調べました。情報によると、切開部分をカンシで縛り、血が出ないように薄っぺらくしてからナイフやハサミで切開すると書かれていました。でも、カンシで亀頭の一部を拘束状態にしておくと、亀頭部分は柔らかいので薄っぺらくなる部分が思う以上に広がってしまいます。それで、私の場合は、尿道口から切り進めたい部分まで糸で縛り、亀頭の一部が白色化するのを待ちました。1週間ほどそのままにしておき、小さな痛みも消えた頃抜糸しました。尿道口の白くなった部分の下にハサミを入れ、5mmずつ2回ハサミを入れました。「シャキッ!シャキッ!」亀頭部分を切るときの音って、想像もしていなかった音ですね。思わず、興奮してしまいました。長い間縛ってあったので、何の痛みもなく尿道口が切開されました。自分なりのミートトミーの完成です。これで、直径1cm以上の異物を尿道に導くに十分です。

下準備が整いました。いよいよ思いついた方法の実行です。先ず、用意する物は、市販のプラスチックかビニール製ボールペン、着火ライター、ハサミ、そして膀胱まで届く長さの針金です。最初に、ポールペンの金属製ペン先、中に入っているインクチューブを取り除き、透明な筒状のプラスチックパイプだけに分解します。その先端を着火ライターで焼くと、プラスチックが溶け出しパイプの一部が柔らかくなってきます。素早くその先端に針金の先を押し当てます。針金の先端は、パイプから外れないようにレ点のように鍵状にしておきます。針金が付いた部分から数センチのところまで筒状パイプをハサミで切り落とし、柔らかくなっているプラスチック塊を突起が出ないように丸く手で整えます。すると、太さ1cmほどの、先は卵型に丸く、針金の根元は紙縒り状になったプラスチック塊の挿入ツールが完成します。ちょうど、男性の精子のような形です。

いよいよ実験のときがきました。事前に、針金とプラスチック塊を熱湯で消毒し、殺菌作用があるクリームをツールに塗布したのは言うまでもありません。徐にペニスを取り出し、尿道口に挿入ツールを宛がうと、胸がドキドキして何とも言えないふるえ感が体全体を走ります。針金の尾を引いたプラスチック塊が切開された尿道口を滑り込みました。いくら亀頭部を切開したとはいえ尿道の中は狭く、わずかな痛みを伴いつつ異物が奥深く進んでいく侵入感があります。プラスチック塊の先が前立腺まで届いたようです。これから先は、いくら手に力を込めても先に進んでいきません。前立腺の強靭な膜が異物の侵入を阻んでいるに違いありません。それで、私は右手で針金の先を持ちながら、左手を睾丸と肛門の間辺りまで持っていき異物の存在を確認しました。中指は、確かに針金が尿道を通っている感覚と異物がそこまで届いている感覚を探り当てました。

中指が触れるプラスチック塊を指でズット下の方へ押し下げ、右手で持つ針金に力を加えると、少しずつプラスチック塊が前立腺を通過しようとします。途端に、今まで味わったことのない快感が押し寄せてきました。それは、快い疼きを伴った甘い痺れ感でした。「ああっぁぁっ!!入ったあぁっ!!」とプラスチック塊が狭いところを通過した達成感と快感が一緒になって、ちょうどオッシッコを切る括約筋の辺りから沸き上がってきます。

プラスチック塊が前立腺を過ぎて膀胱口までたどり着くまでの数センチは、もう快感の極みでした。今まで受け入れたことのない太さの異物が、狭道をこじ開けるようにだんだん進んでいくのです。そして、その疼痛と快感は、異物が先を進めば進むほど大きく振幅され、肛門より内部の奥底が甘い痛みを生み出すのです。とうとう、プラスチック塊は、膀胱口の寸前まで進んできました。針金をもつ手の感覚で、あと少し力を加えたならば完全にプラスチック塊が膀胱にまで陥没してしまいそうなことがわかります。徐々に快感度を増す余りの気持ちよさが怖くなり、「針金を中に進めようか。それとも引き返そうか」迷います。

でも、ここまで来たらもう後には引き返せません。「ああぁぁっ!ううう~っ!もうどうなってもいいや!!」って感じです。プラスチック塊が送ってくれる最上の快感以上の物を期待して、右手の針金をぐっと下に押し下げました。「にょるっ!!」っていう感覚と衝撃が体を突き抜け、寸前、強烈な絶頂感が電気のように下腹部を走りました。この極上の快感は、異物が膀胱口を通り過ぎようとするまさにその瞬間だけでしたが、私にとっては射精による快感をはるかに超える凄まじいものでした。しばらくの間、異物を膀胱内で動かしてみましたが、その中では何の快感も得られませんでした。

更に凄かったのは、膀胱に挿入されているプラスチック塊が再び出口を通り抜けようとするときでした。膀胱の肉弁は、上下どちらの方に開いているのかわかりませんが、とにかく異物の侵入も退出も阻止しようとする機能が働くのかもしれません。針金を手元に引きますが、出口に突っかかりなかなか抜けないようです。針金をぐっと引くと、異物が膀胱弁を押し分けようと、挿入時以上の疼きと絶頂間をもたらしてきます。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||

2013年9月7日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

下着でオナニー【妹との体験告白】

 夜寝る前に風呂に入ろうと脱衣所に行った。洗濯機の中を何気にのぞくと妹(高一)と思われるのパンティが・・  水色のわりと大人っぽい下着だ・・ふと周りをきょろきょろする、心臓がドキドキする、洗濯機の中に手を入れ取り出す。  もう家族のみんなは二階で寝てるはず、パンティを手に取り広げる、もうチンポはギンギンに勃起している。 股のあたりを舐めてみる、もうどうにも止まらない、すぐ自分の服を脱ぎパンティを持って浴室に入る、そこからはもうパンティを狂ったように舐めまわし、同時にギンギンのチンポをしごく、すぐに絶頂に達しておもいきり射精した。  もうなんともいえぬ快感だ。つぎの朝、妹と顔を合わせた、やはり興奮した。  それからというもの風呂に入るときは妹の後に入るようにした。母の下着も混じってる時もあるが、おばさん臭い下着なので間違うことはない。 時たまブラジャーで楽しむ事もある。もうやみつきです。たまりません。 ばれたら大変ですが・・・

体験告白関連タグ

|||||||

2013年9月6日 | 体験告白カテゴリー:妹との体験告白

不倫を続ける妻をディルドーで・・・【人妻の体験告白】

妻・美紀は最近元不倫の男川本に抱かれているせいなのかは解りませんが綺麗に成りました・・・

僕も寝取られ性癖に目覚め川本が流出させたハメ撮り動画や異物挿入動画等でオナニーするのが

日課に成りましたが、僕も妻のおまんこを拡張してみたいと思い、AVショップで「巨大マラ」

と言う太さ5.5cm長さ23cmのアメリカ製のディルドータイプの玩具を買いました・・・

妻がリビングでTVを見ていたので僕は「SEXしよ」と妻に迫りました妻「疲れているから」と言いながらも

しぶしぶリビングの横のソファに寝転がりました僕は興奮して妻の寝巻きのズボンをパンティごと脱がしました

写真を撮ろうと思ったのですがデジカメを会社に忘れてたので撮れませんでした、残念ですが

写真なら凄いのが、ファイル共有ソフトにウイニーやCABOS等に既に流出されているので別にいいやと思います

寝ている妻の脚を開きました相変らずグロいおまんこです小陰唇のビラビラも大きく成り黒ずんでいました・・・

酷いのが膣穴ですポッカリと穴が空いています赤いヒダヒダ肉が奥まで続いているのが確認できる程です・・・

以前なら大股開きにしても膣口は空いても小豆大かもしくはピタッと閉じていたのですが、現在は10円玉大の穴が

空いています川本のチンポや異物を散々挿入されてしまい愛する妻・美紀のおまんこは激変しています・・・

話は戻ります、僕は購入して直に玩具のディルドーにマジックで5cmずつ印を書きました

何処まで挿入出来るか試す為でした人体実験みたいでドキドキして興奮します。

軽く前戯をしておまんこを濡らしました、一緒に購入したローションをディルドーの亀頭に少し塗っていよいよ挿入です


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||

2013年9月6日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

初の性体験【学校での体験告白】

私は、小学生の時、よく、同級生の女の子に、口先でいじめられて泣かされることが多かった。

それゆえに女という生き物は生かしておけないと心から憎んで過ごしていた。

中学生の時は、うっとうしい女子生徒たちはいたが、いじめにはならなかった。

高校生の時、同じクラスの女子生徒、それも複数から、いじめられたことがある。

そんなシチュエーション、あり得るわけないだろ、と思われるかもしれない。

いわゆる成人dvdの見すぎではないのか、と思われるかもしれない。

後になって心の傷になるほどの深刻なものではなかった。

逆レイプとか、たとえば体育館の裏とかに連れて行かれて、複数からリンチを受けるなどの

身体的暴行を受けたわけではない。

性的な内容を含むいじめとは、いわゆる男の性を逆手にとって性的に挑発するものだった。

そのときに少し快感を感じてしまっていた。

そのときのシチュエーションの一つを、今回の体験談としたい。場所は、校内のとある場所。

とはいっても、体育館の裏ではない。

周りにほかの生徒たちがいないときと決まっていた。ある女子生徒から挑発してくるのだった。

以下、Sさんとする。ボディーラインに自信があるようで、私のいる位置から少し距離をとって、


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||

2013年9月6日 | 体験告白カテゴリー:学校での体験告白

放課後のひと時 3【学校での体験告白】

5月下旬ごろ、今まで通り校内で過ごしていた。放課後は、定期的に、掃除の当番がまわってくる。その日を除けば、Aさんと同じタイミングで教室を出る機会がある。Aさんのスカートの中を見る機会は、吹き抜けのある風通しの良い渡り廊下のある3階に上がるまでの間だった。教室を出てから、まだ階段に差し掛かっていない。まだ覗き見てもいない。Aさんとその友達のBさんの2人の後ろを歩いているだけだ。それなのに、胸の高鳴りが次第に早くなり、走った後でもないのに息遣いがごくわずかに荒くなってしまっていた。このまえのAさんのスカートの中をみたときのことを思い出したからだ。Aさんのスカートの中を見ることに対する期待が高まっていた。放課後はいつも、生徒たちの声でにぎわいが絶えない。そのような中、日によっては、周りに生徒たちがいるため、諦めることもあった。でも、日によっては、タイミングよく周りに誰もいない日もあった。Aさんのスカートの中の光景が見えた日は、いつも、この上ない幸福感でいっぱいだった。見た後はあまりの興奮から、しばらくの間、興奮状態が冷めなかった。鼓動も高まったままだ。二回目以降の覗き見では放課後のひと時2で書いたような興奮状態ほどにはならなかったものの、やはり刺激が強すぎる。情けないほどにAさんに「感じてしまい」取り出せばち○ぽもそそりたつほどの興奮状態だった。高校を卒業してからこのときのことを振り返っても、スカートの中だけでどうしてあれほど興奮できるのかは説明できない(とはいっても誰のスカートの中でもいいわけでもないし下着のパンツが見えてもシミとかの汚れの一切ないキレイに洗濯し終わった後のような真っ白な生地のものでなければ興奮できないという一種の確かなこだわりさえあるのだからどうかしてるんじゃないかと自分自身を思ってしまう。要するに、誰のスカートの中でも、どんなスカートの中でもいいわけではなくてAさんのだからよかった。)。Aさんのスカートの中を見た直後は、本能に駆られ、無性に膣に入れたい衝動にかられた、Aさんの膣の中へ。Aさんが欲しいという衝動にかられた。それほどまでに狂わせるAさんのスカートの中。グラマラスなAさんのスカートの中がマス○ー○ー○○ンのネタになってしまっていた。もし万が一膣の中に入れてでもしたら亀頭と包皮の間に雑菌が繁殖してそれが尿道に侵入して膀胱炎を引き起こすことまで頭が働かなかったのもスカートの中をみて脳内が狂ってしまっていたからだ(参照:以下URL)。そんなことをAさんや周りに知られるのは恥の極みだと思って隠していたし、隠し通せていた。そのことがちょっと自慢だ。そしてここにひそかに打ち明けている——。Aさんに対する「女」としての印象は、他にもある。①体育の授業を受けていた時の姿。体育の授業は男女別に受けることになっていた。球技の授業の時だったが、遠くからしか見ることはなかった(追記1)。在籍当時、まだ、女子生徒の体操服の下穿きはブルマの時代だった。女子生徒によって、上着をブルマの中にしまう生徒や、着丈が長い上着を外に出してブルマが半分見えたりちらと見えたりする格好の生徒もいた。Aさんも後者の恰好をしていた。ちらっとみえるブルマ越しの股下がとても刺激的だった(追記2)。②水泳の授業時の姿。Aさんの水着姿に、Aさんが普段付き合っている友達が高く評価していた(ここだけ後日独立して書く予定)。③放課後、校内で植物とか芝生とかが人工的に造形されている場所にAさんがいた。そこにある長椅子にBさんと隣同士で座っている。何もしゃべらずに遠くを眺めるように見て佇んでいる姿には、体育の授業のときに見せたような性的な要素は一切なく、さわやかでとても清純派な感じで、素敵な光景だった(追記4)。④部活動の最中のAさんを偶然見かけたこともある。トレーニングウェア姿だった。練習中に上から誤って落下しても最小の傷で済むように配慮したユニフォームを着ている。チアのユニフォーム姿になったAさんは、舞台で部員全員と、公式の場でパフォーマンスするときだけ見たことがある。制服の時とはまた違って、パフォーマンスを含めてAさんのすべてに吸い込まれそうだった。

イメージ画像(転用)(すべてAさんではないことを断る)

参照

tp://www.moedb.net/articles/1139865603-%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E6%A0%A1%EF%BC%93%E5%B9%B4%E7%94%9F.html

追記1.体育の授業時のAさんのイメージ

tp://imgbbs1.artemisweb.jp/3/sportsgirls/img/l1274289348_009462_000001.html 

追記2.

tp://i-bbs.sijex.net/imageDisp.jsp?id=bbsboard05&file=1240577249998o.jpg

tp://livedoor.blogimg.jp/samplems-bakufu/imgs/a/4/a4db9d7d.jpg

追記4.佇んでいる時のAさんの清純なイメージ(画像の場所と表情は実際と異なる)

tp://i-bbs.sijex.net/imageDisp.jsp?id=teen5&file=1262010481827o.jpg 

追記:

tp://blog-imgs-23-origin.fc2.com/f/e/c/fechi/230949070757001.jpg 

tp://blog-imgs-23-origin.fc2.com/f/e/c/fechi/230949070757000.jpg 

tp://www.xgazo.com/cheer/html/page1394.html


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||

2013年9月5日 | 体験告白カテゴリー:学校での体験告白

妻と友人3Pとカーセックス、とうとう露出まで【人妻の体験告白】

僕の嫁は多分普通の人よりエッチでセックスに対して無頓着でヌードや

性器をむき出しにした写真でも平気で撮らせてくれて、

嫁とも気の合った友達が飲みにきて、酔って泊まった時に、隣の布団に

友達が寝ていても、セックスを誘うと、まあ多少は嫌がったけどそれでもさせてくれて

気持ち良くなってくるともう他人がいることも気にせず布団がはずれて丸見えになっても

気にせずただ自分がエクスタシー状態になる事だけ考えしがみつき腰を振ります

友達も気がつかない訳ありませんから、ちらちら見ていましたが、途中からはずけずけと起き上がり

僕と嫁の股の間の方から、じっくり覗き込んでいました。

僕も前から妻を他人に抱いてもらい、へりから妻が絶頂を感じる姿を見たいと思っていましたから

この機会にと、妻が絶頂に達しまだ喘いでいる時、友人に目配せすると

察しもよく、興奮しきってる訳であっと言う間に裸になり、妻にとびかかってゆきました。

妻としては何が何だか分からないうちにまた熱くがちがちの物を突っ込まれ

女の体の創りか精神構造の創りか知らないけどオルガニズムの波に飲み込まれる様に

友達にしがみついて下から腰を突き上げている、それまでも仲も良かったけれどキスまでしながら

絶頂を迎えている嫁は、興奮と嫉妬とごちゃ混ぜになった頭で、僕は今までに無いほど勃起していました。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||

2013年9月5日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

双子の姉妹を性的にいじめ その2【複数・乱交体験告白】

夏休みに花火大会に行った。双子も当然呼んだ。

姉は女性用の、弟は男性用の浴衣を着てきている。

親に着つけしてもらったという。

交換させたいところだけど、私らは誰も浴衣の着付けができない。

しかも、二人とも下着を着けてきていた。

親が着つけさせたんだから仕方がないとはいえ、

途中で脱いでくるぐらいの配慮はほしい。

私たちは頭にきて、持っていたミネラルウォーターを二人の頭からかけた。

そして、パンツだけ脱がせて浴衣の帯の隙間にねじ込んだ。

花火大会はとても混んでて、私らは席を取れなかったから、

仕方なく立見で見ることにした。

本当は普通に花火を見て帰る予定だったのだけど、

イライラして姉弟をいじめることにした。

まず、お茶やジュースをたくさん飲ませた。

それから混雑をいいことに見えないように姉の性器を


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年9月5日 | 体験告白カテゴリー:複数・乱交体験告白

このページの先頭へ