狙われた彼女7【寝取られた体験告白】

だんだん早くなり、「逝くぞー」そして、ペニスを抜くと、紗織の尻に出した。先輩3「ハァハァ、やっぱり、眼を付けただけはあるな」先輩2「よし、交代だ」紗織の口から抜くと、今度は、先輩2が、挿入した。そして、先輩3は「きれいに掃除するんだ」紗織の口にいれた。紗織は、されるままで、前からチュチュと、いやらしい音をたてながら、後ろからは、パンパンとペニスを叩き付けていた。先輩2も、背中に出し、先輩3「彼氏にばらされたくなかったら、誰にも言わずにいろよ」先輩2「次はもっと気持ち良くしてやるから」と言うと、先輩達は、こっちに向って来たので、私は、思わず隠れた。先輩3「やっぱり、餅肌で気持ち良かったな」言いながら、去って行きました。紗織は、少しの間、座り込んだまま泣いてましたが、単パンをはくと、フラフラと、帰って行きました。私は、帰って「大丈夫?」とメールを打ちましたが、帰ってきませんでした。次の日、日曜は、デートの約束してたので、電話しましたが、「ごめん。まだ体調が・・・」と言うので「分かった」というしかありませんでした。

体験告白関連タグ

||||||||

2013年9月29日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

狙われた彼女6【寝取られた体験告白】

一気に指をピストンする。「あん・・あっ・あ・あ・あー」紗織は力が抜けたように、沈みかけたが、先輩3が下半身を、支えている為、崩れなかった。「どうだ?これが逝くって言うんだ」紗織「ハァハァハァ」私は、初めて紗織の逝く姿を見て、興奮していた。そして、先輩2は、紗織の前に行き、紗織の頭を優しく上げると、自分のペニスを、紗織に近付けた。紗織は、ペニスを、口に含んだ。その瞬間、先輩達が、目を合わせ、ニャっと笑った。先輩2は、紗織の口内目掛け優しく腰を動かした。そして、先輩3は、紗織の腰を持つと、「紗織ちゃん、俺たちから離れられなくなるよ」ペニスを紗織の大事な部分にあてると、少しづつ挿入した。「さすがにキツいな、まだ、亀頭までしか入ってないのに、絡み付いてくる」そして、奥までいくと、「よーし、紗織ちゃん、動かすよ」と動き出した。「ん・・ん・・ん」と後ろに合わせて声を出す紗織。先輩2「どうだ?締まりは」先輩3「思ってた通りキツいぜ」先輩2「こっちの方は、まだまだ仕込まないとな」先輩3「あー、徐々に、仕込んでいけばいいさ、早く完成したら、勿体ないからな」

体験告白関連タグ

|||||||

2013年9月29日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

狙われた彼女5【寝取られた体験告白】

私は、あまりにも、この光景に・・・先輩3は、優しく胸を揉んだ、時に、乳首の付近を回すように、「んっ・・あっ・んーっ」次第に紗織に変化が?一瞬開いた口の中に先輩3は、舌をいれた。「あっ・・んあ・・・あ」ピチャピチャと卑劣な音がした。長いキスだった。ようやく、口から離すと、首筋を舐める。「あっ・・いや・・んっあ」紗織はムードに流されていく。こんな時なのに、まだ見たいという自分がいた。先輩3の手は、単パンの大事な部分を撫で「かわいいよ」と同時に、再びディープキス。今度は、単パンの中に手を入れ「あん・・んっ・・あ・あん」私の紗織が徐々に。先輩3によって感じてきた。クチュクチュと音がしてきた。キスをやめ、手を抜き、紗織に見せた。「気持ちいいだろ?すごい濡れてるよ」紗織「・・・違う」先輩3「素直になったほうがいいよ、彼氏の時より気持ちいいだろ?」と言いながら、また、手を戻して・・・「そんなこ・・と・あん・・あっ」そして、先輩2がさり気なく、二人の反対側に行き、Tシャツを脱がした。そして、先輩3は立ち上がり、紗織を四つん這いにして、後ろに周り、単パンを脱がすと指を入れた。「あっ・・」先輩3「イカされたことないだろ?」

体験告白関連タグ

||||||||

2013年9月29日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

狙われた彼女4【寝取られた体験告白】

頭がパニック状態でした。先輩3「こんな簡単いくとわな」先輩2「もうとっくにヤったと思ってたのに」紗織は、花火ということで、Tシャツに単パンとラフな格好でした。紗織は、私しか知らないと言ってました。私達は、まだ、二回しかしてません。フェラも一回です。先輩3は座ったまま、紗織は横に座り頭をかがめて前後振ってました。先輩3「紗織ちゃん、咥えるだけじゃなく、先も舐めてよ」紗織は、ペニスを離すと「もういやー」と叫びました。先輩3「のこのこついてきて俺にきがあるんだろ?」紗織「相談があるって言うから・・」先輩3「なんで咥えた?」紗織「彼女と別れそうって相談して来たから、慰めてあげてたら、あなたが、いきなりキスしてきたんじゃない・・そこを先輩2が写真とって・・・」先輩3「紗織ちゃん、本当にアイツが好きだったら、彼氏以外の咥えないよ」行きなり、先輩3は、紗織に抱き付き、キスをした「んーん・・い・やだっ」抵抗するも、男の力にかなわず、左手を、紗織の肩から頭の後ろに回し、右手で、背中から胸に、この間、先輩2は、「恋人同士みたいだな」とカシャカシャ撮りまくっていた。

体験告白関連タグ

||||||||||

2013年9月29日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

狙われた彼女3【寝取られた体験告白】

公園を見渡しても、先輩3と紗織はいません。トイレを覗いてもいません。コンビニに行ってから、30分以上はたってます。私は紗織に電話しました。コールはするけど、やっぱりでません。とりあえず公園内を探して見ることにしました。カップルがいるだけで、やっぱりいません。とりあえず戻ることにしました。そして、花火をしてた場所に戻ると、先輩1と彼女だけでした。聞くと先輩2も、探しに行ったらしいのです。もう遅いので、先輩1はとりあえず彼女を送って来るということで、私だけになり、苛立ちと不安でいっぱいでした。その時、先輩1から電話がなり、「先輩3から連絡があり、紗織ちゃんお腹が痛いのが、治らないから、家まで送ったらしいよ」とのこと、私に連絡出来ないくらい痛かったのかな?と不安になり電話をしようと思ったが、家で寝てたらと思い、帰ることにしました。帰る途中、橋の下に人影が見えた。こんなとこで何してんだろう?と、気にしながら歩いていると、何かを見ている用に見えた。気になり、隠れながら近付くと、先輩2が何やら見ていた。どうして先輩2が?嫌な予感的中です。先輩3のチンコをフェラしている紗織でした。

体験告白関連タグ

||||||||

2013年9月29日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

狙われた彼女【寝取られた体験告白】

高校生の頃、当時付き合っていた。彼女の紗織と公園へ花火をやりに行きました。紗織は私の一つ下で16です。夕方手持ち花火を持ち公園でしてました。「仲がいいね」という声に振り向くと、高校の先輩三人がいました。聞けば、先輩達も花火をやりに来たとのこと、ホントは紗織と二人きりでやりたかったんだけど、「一緒にやろうぜ」と言う先輩に断る訳にもいかず、みんなで花火をすることにしました。三人のうちの、先輩1は、中学から同じで知ってましたが、他の二人は見たこと無い人達でした。花火の最中「〇〇はかわいい彼女が出来て良かったな」と、可愛がってくれましたが、他の二人の視線が、紗織の胸や制服に、ちょくちょく向けられているのが気になりました。紗織は、カッターシャツのボタンを二つ外していたため、胸元が見えてました。私はそれが気掛かりでした。紗織は先輩達と段々打ち解けてきて「わーきれい」「これもやりたい」とか言ってました。そして花火が尽きた頃盛り上がったので、週末に先輩の彼女も呼んで、またやることにしました。

体験告白関連タグ

|||||||

2013年9月28日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

嘘が呼んだ悲劇8【寝取られた体験告白】

麻央は頭を押さえられても、チンコから逃げながら「ね?やめよう」と小声で訴えていたが、同僚は麻央を立たせて、後ろ向きにし、「イヤ」と拒否する麻央の声にも耳を貸さず麻央を前屈みさせ、スカートを捲り、麻央の腰の辺りを左手で押さえ右手でチンコをアソコにあて挿入した。私は、みんなが私と麻央のことを理解してくれたとばから思ってたので、ショックで涙ぐんでました。同僚は、相変わらず無言で腰を動かた。押さえていた左手で口を塞ぎ、右手は麻央の乳房を揉む。そして、段々早くなると、そのまま腰を麻央のお尻に押し付けてとまった。麻央は右手で、後ろの同僚を、押し退けようとするが、同僚が前に重心をかけているため無駄だった。同僚はチンコを抜くと、麻央は崩れ落ちた。その麻央に、追い討ちを かけるように、麻央の口にチンコを入れ、麻央の頭を掴み腰を振った。麻央は苦しそうに、同僚の足を押すが、やめようとしなかった。長い時間口内レイプみたいな光景が続き、ようやく動きはとまったが、チンコを抜かないまま「飲め」と同僚が言うと麻央は頭を横に振るが、チンコを口の中に含んでいるので、息苦しそうに、精子を飲んだ。

体験告白関連タグ

|||

2013年9月28日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

浮気妻への復讐【寝取られた体験告白】

http://love6.2ch.net/test/read.cgi/furin/1210448499/





345 名前:名無しさんといつまでも一緒[sage] 投稿日:2009/08/16(日) 10:17:35 0





間と一緒になりたいからと宣言され出て行くまでの1ヶ月

後悔のない仕返しをしたつもり。





最大のものは、何日もかけて結婚式の写真、思い出の写真と

品を破り壊して捨てていったことだ。





俺によって部屋の片隅に寄せられたアルバムや思い出の品。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||

2013年9月28日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

嘘が呼んだ悲劇5【寝取られた体験告白】

「んーんっ・・んっ」麻央が何かされてる。焦る私は、麻央を助けに行こうとした時、先輩3と先輩2が女1を連れてはいってきた。女1は涙ぐんでいて服装も乱れた格好でした。「〇〇。こんなとこで、なにしてんの?」と先輩3は不思議そうに言ってきた。私は「女2は?」と言うと「風呂場でダウンしてるよ。それより女1がヤらしてくれるってさ」そう言うと、そのまま女1を押し倒して、首筋にキスしながら、キャミソールのうえから胸を揉み始めた。女1は涙ぐんだ目で「ア・ンイヤっ・・・」と小さな声で抵抗していたが、先輩3が片手で口を塞ぎ、スカートを捲り挿入した。隣りでは「今度は俺と」と同僚が言うと、「や・・やめ」ピチャピチャ「ん・・いや」と今度は同僚がキスを始めた。時間が長く感じ、麻央が「ハァハァ」と息苦しかったみたいです。そしてキスがおわり。「麻央の唇最高」と同僚が言った。「お願いだからやめて下さい。私〇〇と付き合ってるんです」と麻央は言った。横では、先輩3が腰を早めて、逝きました。先輩3が離れると「最低、〇〇が好きだったのに」と言うと、女1は部屋から出て泣きながら帰ってしまいました。先輩2は私の頭を掴むと「麻央ちゃんにヤったのバレたら別れ

体験告白関連タグ

|||||||

2013年9月28日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

妻が教え子に犯された ②【人妻の体験告白】

妻はとうとう僕の目の前で、木島に「イカせて下さい!」と言って、激しく潮を噴いてイってしまいました。



僕はショックで何も言えなかったが、段々妻に対する怒りが湧いてきてしまい、自分の不甲斐なさを棚に上げて怒鳴ってしまった。

「どうして君からイキたいなんて言うんだ!僕がここにいるんだぞ!恥ずかしいと思わないのか!無理矢理されてるんじゃないのか!」と怒鳴り付けると、妻は泣き出してしまい「ごめんなさい、ごめんなさい」と言っていました。



すると木島が妻の頭を優しく撫でて、「ゆかりは悪くねーよ!当たり前の事しただけだよ!悪りーのは武田だろ?自分の女も守れないくせに、ゆかりに怒鳴り付けやがって!ゆかりが可哀相だろ!」とゆかりをかばうように優しくしています。

そして周りの奴ら全員で「ゆかりは悪くねーよ、武田がダメなんだよ!」と言い出すと、ゆかりはもっと泣いてしまいました。

でも、この涙は明らかに、自分を守ってくれてる不良達に対する嬉し涙です・・・



僕は一人だけ悪者になって、妻さえも敵にしてしまった空気になってしまいました・・・



そして木島は妻のアソコに指を入れた・・・

「おい武田!今度は中のイジり方教えてやるよ、こやって入れたら、指を手前にグッと曲げて、ここで押し上げるんだよ!そうすとほらぁ!!!」と木島が言うと「グチュグチュブチュウウウウウ」と大きな音が響いて、同時に妻が「ああああ、それダメ、ああああ、いやあああああ、また、あああああ」と声をあげた。

そしてすぐに、「ビチュッビュッ」と水鉄砲みたいな潮が、僕の顔面に降り注いだ・・・




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2013年9月28日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

このページの先頭へ