まさか妻が…【寝取られた体験告白】

2・3年前からよく他の男と・・・妻が・・・というサイトをよくみていて皆さんの投稿を楽しみにしていました。たまにうちの妻も寝取られるかと思いBBSに誘いの募集をしました。ただ、皆さんからお誘いを受けたのですが、いざ実行するとなると躊躇してしまいお断りしいて妄想で終わっていました。いつもはこのパターンで何事もなく終わってしまうのです。ところが、昨年の秋、職場の同僚と飲みにいき帰りにふと寄ったラウンジから展開が始まりました。特に何も変わったところもないラウンジでしたが、雰囲気がよくショットバーのようでした。帰ってから妻にラウンジで飲んだことを話すと行ってみたいと・・・気に入った女の子がいたのと妻を連れて行けばいつでも堂々と飲みにいけると思い一緒に食事をしてからラウンジに行きました。でも、そのラウンジは、女性がいくようなショットバーのようなところでなくセクキャバのような所だったのです。前回は、かなり酔っていて閉店間際だったので普通のラウンジと勘違いしていたのでした。ただ、妻とカップルで入ったので接客はラウンジのように対応してくれました。しかし、この店を訪れたことが普通の妻(主婦)がキャバ嬢に変わるきかっけになったのです。



妻と行ったラウンジはセクキャバでなく熟女ラウンジでした。私はたまにセクキャバに行きますが、熟女ラウンジは初めてでした。というより熟女ラウンジて全く知りませんでした。しばらく女の子と妻と飲んでいると混んできて相席になりました。女の子は接客しますが、妻は当たり前ですが、何もしません。相席の客が妻にアプローチしてきました。私の隣に妻は座っています。(当然ですが)ただ、相席の客は、コンパニオンと思ったのでしょう。妻と女の子の席をチェンジするように言ってきました。普通なら妻は断るのですが、かなり酔っていたのでのりでOKしていまいました。すると、セクシタイムになり妻は女の子と共になぜか着替えに行くのでした、しかも着替えれば下着だけの・・・



妻が女の子と共になぜか着替えにいきました。といのは、相席の客に胸やパンティを触られたので、逃げ出すためだったようです。女の子の控え室に行くと店のマネージャが妻に今日は初めてと聞かれついそうですと言ってしまったようです。それじゃこれに着替えてと下着姿にスケスケの胸が開いたミニワンピースを身に着けました。そして、私の席に戻ってくると思っていましたが、違う席に行き本当のキャバ嬢のように接客することになったのです。妻の性格は、強く言われるとあまり断れないので・・・そうなったようです。別の席でも胸やパンティを触られ、パンティの中にも手を入れられあそこの中にも・・・かなり感じたようです。そうこうしている内に私の時間が終了したので延長するかどうか言いにきました。これで帰ろうと思っていたのでお金がなく仕方なく店を出ました。でも妻は残したままなので店の閉店は12時なので近くの茶店で待っていることにしました。



しばらく妻を待っていましたが、なかなか出てきないので携帯から電話してみました。でも留守電で繋がりませんでした。しばらくしてようやく妻から連絡が来てもうすぐ帰るので待っててねと・・・ようやく妻に・・・会うとこんな時間までどうしていまのかと・・・妻は・・・お店が終わった後、店長に今後の出勤について打ちあわせされていたと・・・どう返事したのかと聞くと・・・断れなくて・・・週に3日出勤することになってしまったと・・・妻は断るように言いたかったようでしたが、妻がキャバクラ嬢になればどうなるかと思うとOKしてしまいました。そして、翌週から妻はキャバクラ嬢として・・・髪も化粧もけばくなり勤めることになりました。



妻は、キャバクラ嬢として勤めることになりました。帰ってくるのは、夜中の2時くらいです。そのうちに朝帰りになりました。何度か朝帰りが続いて一度大ゲンカしました。なにをしているのかと聞き出すと年下の20代の男性とできてしまったと・・・別れるとこはできないのかと問い詰めると・・・泣き出して。。。交際を認めることになってしまいました。ただ、このまま引き下がるのは、嫌だったので抱かれたときは、そのまま帰ってくるようにいいました。それからは、妻が抱かれてから私が抱くようになるような奇妙な生活になりました。それと、公認の条件に彼と抱かれるときは、必ず避妊するようにいいました。そして、このような日々が半年ほど過ぎた昨年、妻が急に吐き気がすると・・・



20代の彼とのプロセスなんですが、当然なんですが、キャバクラの客で妻のことを気に入り常連になったようです。また、指名が多くなったので店からも優遇されるようになり20代の彼と付き合うようになったようです。同伴出勤やたまに彼のワンルームマンションに泊まったりしていました。彼と会ったときは、ミニスカで公園等でヘェラやSEXもしたようです。そして、本当に厭らしく男好きに見えます。ただ、普通なら夫婦関係は、悪化するのですが、妻は帰宅すると私に一日の出来事を話しながらHをしていました。(キャバクラに勤めるとき約束しました)その話を聞きながらHをしたのでいつも中出しでした。そして、妻がつわりのような吐き気がするので妊娠検査キットで検査しました。いつも中出しでしたので妊娠しても私の子供だという気持ちともし、彼に中出しされていたら・・・と複雑な気持ちでした。



妊娠検査キットで検査すると妊娠反応がでたので産婦人科にいきました。すると、おめでとうございます妊娠しましたと・・・私と妻が結婚したのは、20代前半でしたが、7年間子供ができませんでした。子供がほしいと思ったので不妊治療を受けようやく7年目に授かりました。ところが今回は、妊娠するとは全く思っていませんでした。というより自然に妊娠するとは全く思っていませんでした。ただ、今回は自然に妻が妊娠してしまいなぜなのか。。どうしたのかという疑惑が・・・そこで妻に彼とは、本当に中出ししたことは、ないのかと問い詰めました。すると妻は、彼とは危険日以外は、中出ししていたと・・・するとお腹の子供は誰の子供なのか・・・ただ、妻は危険日は、絶対に中出しいないと言ったので・・・どうするべきか。。。考えなければいけない局面になりました。



妊娠したと妻が彼に告げると逃げるように彼は去っていきました。確かに、キャバクラ嬢に言われても・・・というのが・・・でも妻は、かなり落ち込んでいました。私が、妻にどうしたの?問いかけるとすべて打ち明けました。さらにお腹の子供も彼の子の確率が高いと・・・それを聞いて私もかなり落ち込みました。自業自得だと思います。ただ、離婚や別居までは至りませんでした。妻が私と別れると言わなかったこととこのようになったのは、私の責任もある程度あった思ったからでした。臨月になりいよいよ出産になりました。他の男の子供を産むのかと・・・しかし。、・・・

体験告白関連タグ

|||||||||||

2014年2月9日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

コスプレイベントで出会った年下の女の子にコスプレエッチで筆下ろしされた【初体験の告白】

4年前、コスプレイベントで出会った2歳年下の子に

コスプレエッチで筆下ろしされたよ。



イベントで遭遇し撮影した後イベ終了後に声かけられ食事へ。

食事の後いきたいところあるからとホテルへ。

撮影してとお願いされてお互いコスに着替えたら抱きつかれて

フェラ、ディープキス。

その生挿入、後騎乗位で筆おろしされました。

彼女は「私がしたいから誘ったの。筆おろしはオマケだから」

と言っていました。



その後彼女とは会っていませんがその時の写真は俺のオカズですかね。



ちなみにコスはガンダム種死のネオとステラです。

コスイベで彼女にいきなり背後から抱きつかれたよ


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年2月9日 | 体験告白カテゴリー:初体験の告白

彼女が寝取られたから全部話しさせて浮気相手に電話させながら愛撫した【寝取られた体験告白】

[人物]

俺(又はK)当時25歳

E 当時28歳・某大手デパ−トにて化粧販売員・顔、瀬戸朝香(本人曰くよく言われるらしい)

 髪は薄っすら茶色でロング・身長160 胸E 体、色白細め 見た目綺麗なお姉様って感じ。

前回(結婚を意識したMの彼女は他の男(複数あり)とヤリまくっていたエッチな体験談)の鬼畜キャバ女の後、一夜のみの女含めて4人程関係持ったが特に浮気も無く終わり久々の鬱勃起相手とのめぐり合い。



Eとは友人行き付けの小さな居酒屋で。Eも常連客で仕事帰り仕事仲間と飲みに来ていて

お店で顔見知りだった友人と俺らと急遽合コン開始。その後、Eに告白されつき合い始めた。

因みに、その居酒屋はマスターの人柄から小さいながらもいつも常連客でいっぱいで

客同士の出会いの場でもあった。結婚までいった人も何組かいて写真も飾られてた。

Eは職業柄、体すべてに手入れが行き届いている感じで綺麗。下着も良さそうなのばかり着けていて

巻き髪とマッチしていてすごくエロイ。しかも巨乳で濡れやすく積極的でいつもEのぺースだった。



つき合って3ヶ月目の夏、Eは仕事仲間と2人で一泊二日で海へ行くと言ってきた。Eは仕事熱心で

職業柄ストレスも凄い溜まっていたのも知っていたので二つ返事でOK。宿泊先のTEL番も教えてくれ


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年2月9日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

俺君とAさんとBちゃん6【寝取られた体験告白】

2です。ご無沙汰してます。

何か話題にしてもらってるようでありがとうございます。

賑やかしになってれば嬉しいです。

実際の所、考える事があって少し時間を空けていたのですがAさんとは会っていますし、

やはり色々とあったのでここで報告したいと思ってます。

考える事といっても暗い話ではなくて、こうやって気持ちをまとめる事も

それに対して好きな感想を言って貰ってそれを読む事も結構楽しいなあと思っています。



が、現実の話を書く事に対してやっぱり不安感みたいなものも大きいのと、

後は結構頭の中を整理する事に時間が掛かるため、

単純な(いわゆる普通の事じゃない事をしているっていう事に対する)不安だったり

頭の中がもやもやしてる状況で報告する気になれなかったり、

嫁との良い関係そのものに満足していて報告する気になれない(浮かれてて)とか

そういう日々の色々な気分の浮き沈みがあったという事です。




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||

2014年2月9日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

銭湯で見た義父と嫁の異様な光景【温泉での体験告白】

銭湯のご主人に三助(流し)をしてもらった時の驚きの体験話です。



平成のはじめのバブルの頃、私が21歳の嫁入り前の話です。

店員をしていました。当時は、身長165でB90W65H95くら

いのグラマー(死語?)タイプでした。

今は中年太りまっしぐらですが・・・。



その日は、職場での飲み会が長引いて営業時間をちょっと過ぎて銭湯

に到着。23時まで営業のところを、23時05分頃に駆け込むと、

女風呂に客の姿はなく、脱衣所を片付けていたおばさんが、もう終わ

りですよ!と、つっけんどんに言い放つ。お風呂に入らないわけには

いかない私は、なんとかならないでしょうか。シャワーだけでも使わ

せてくれませんか?とお願いしたところ、おばさんが「しょうがない

わねぇ」という感じで「女風呂の方はもうお湯を抜いているし、これ

から掃除するから、悪いけど男風呂の方を使って!家族も入るけど、


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||

2014年2月9日 | 体験告白カテゴリー:温泉での体験告白

「安心して、生理きたから」【会社・職場での体験告白】

<>352名前:352メール:sage投稿日:2005/07/16(土)20:27:22ID:l927QaJG0<>

ちょっと昔の話を書かせてもらいます、むちゃ長くて微妙にスレ違いっぽいけど

レス番つけるんでうざい人はNGにして置いてください



3〜4年前の話何だが

俺の勤めている会社は、同族会社と言うか、役員の八割程が何らかの血縁にある会社だ

男性社員は普通に募集しているんだが、女子事務員は血縁者や、コネで入ってくるのが殆ど

そんな中に美香と言う、俺より三歳年下の事務員がいた

美香は血縁ではなく取引先のコネ入社

ゴマキがいい感じに歳をとった容姿に、何となくセックスアピールのある歩き方

同期入社の仲間と「一回はやりたいな」と話に出るほどだった

ある日、どうやら美香の父親が勤めている会社が不渡りを出したらしい、との噂が駆け巡った

まだ一回目だが、当然直ぐに二回目も…

当然美香には関係なくもないが、いつもと変わらない様子だった

そして二日後、二回目の不渡りを出し倒産


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||

2014年2月9日 | 体験告白カテゴリー:会社・職場での体験告白

天使のごとき笑顔【看護婦との体験告白】

今から8年前に住んでた団地の階段で転んで足を骨折し、1ヶ月ほど入院する事になった。

その時オレは中2ぽっちゃり気味でほどんど女子からも相手にされず、女性と話すことなど家の母親と学校の先生ぐらいしかなかった。

でも入院すると、看護婦さんがいつも笑顔で話しかけてくれて、とても優しく足が不自由だった俺の世話をしてくれて、最初は看護婦さんと話すのも恥ずかしかったけど、段々と打ち解けていって入院生活がとても楽しかった。



オレを担当してくれたのはオバチャン看護婦ともう一人、立花さんといって20代後半ぐらいの人だったと思う。薄いピンク色のナース服が似合ってて、その時は他に6人ぐらい居た看護婦さんの中でも、ダントツで可愛らしい人だった。立花さんとオバチャン看護婦はローテーションで、昼勤と夜勤を替わってた。2人部屋だったんだけど、一週間すると同部屋の人が退院して、部屋はオレだけとなりラッキーだった。だから部屋に入ってくるのは午前中に着替えを持ってくる母親と、15時ぐらいに担当の先生、あとは担当の看護婦さんだけだった。もうその時には、立花さんと話すのが恥ずかしいなんて気持ちはとっくに無くなってて、立花さんがオレの世話をしてくれてるときも、立花さんのおっぱいばかりチラチラと見てしまうようになってた。



入院して10日目、オレは思い切って立花さんに「僕、立花さんのおっぱい見たい、、おっぱい見せて下さい!」ってお願いした。

立花さんは全く相手にしてくれなかったけど、そこで断られると、その先の入院生活が気まずくなりそうだったのがイヤだったので、オレは引くに引けず、とにかく「おねがいします!おねがいします!」って手を合わせ何度も頭を下げて懇願した。そしたら立花さんもついに根負けして、ナース服のファスナーとボタンを外し、ベッド周りのカーテンを閉めて、ブラジャーも上にずらして見せてくれた。

ナース服を着てる時は分からなかったけど、立花さんのおっぱいはとても大きく、色も白くて血管が薄く見えてかなり興奮した。オレは初めて生で見るおっぱいに興奮して、全身がワナワナと震えるのを感じながらハァハァと息をして凝視してた。

「はい、もうだめ、はずかしい・・」と言って立花さんは服を直した。



それから次の日も、次の日もお願いして一日一回はおっぱいを見せてもらってた。立花さんも一度見せてしまったら、あまり抵抗がなくなってるようだった。見せてもらってから3日目だったと思う、とうとう立花さんに「さわりたい・・」ってお願いした。また何度も懇願する気だったけど、意外にも立花さんは「もう、ちょっとだけよ」と言ってあっさりさわらせてくれた。

おっぱいはかなり柔らかくて、すごい気持ちよかった。とにかく揉みまくって乳首も摘んだりした。そしたら立花さんが「あ、痛いよ、もっと優しくさわらないとダメよ」って言って怒ってくれた。なんだか嬉しかったけど「はい、もう終わり」ってすぐにおっぱいをしまった。



それからは立花さんのおっぱいを触るのが日課みたいになってた。入院前には考えられない事だったけど、生意気にもおっぱい揉むのもちょっと飽きてくるぐらいだった。で立花さんが夜勤の時に揉んでた途中「舐めたい・・・」って立花さんに言った。立花さんは何も言わず「ん・・・」と言ってオレの口におっぱいを寄せてくれた。オレはたまらずバカみたいに乳首に吸い着きちゅーちゅーと吸いまくった。そして口の中で乳首を転がして舌でペロペロ舐めた。そしたら立花さんが「あは・・もうかわいい」って言ってオレの頭を抱きしめて、そして最後にオレのほっぺたに「チュッ」てキスしてくれた。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||

2014年2月9日 | 体験告白カテゴリー:看護婦との体験告白

レンタルビデオ店員【修羅場の体験告白】

89前スレ908sageNew!2007/02/03(土)01:08:19

やっぱり あそこに書き込むのはやめておきます。

前スレ全部読み直しました。

相談する前にやらなくてはいけないこと・・・

母親にお金を借りて興信所を利用します。

ピンポイントで依頼したいので嫁の携帯の隙をつきたいなと

思っています。まぁ子供がいないので他の人より気持ちが楽かな。

興信所を利用していろいろわかってから来ます。

ひとつだけアドバイスをお願いします。

ときどき嫁が思い出したように甘えてきたり、ベットで手をつないで

きたりするんですが白々しくてそれが苦痛です。

一応 笑顔で返したり手を握り返しているんですが顔にでているんだろうなぁ。

平常心でいるっていうことは難しいですね。

妻と別々に寝たい気分です。

533前スレ908sageNew!2007/02/09(金)03:24:52


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||

2014年2月9日 | 体験告白カテゴリー:修羅場の体験告白

金髪のヒッチハイカーケリーと温泉【外国人との体験告白】

前編:金髪のヒッチハイカーケリー復活





<>839名前:ケリーと温泉投稿日:05/03/2017:37:28ID:fmrbm1EY0<>

75:614◆1S7P6LDZDI:sage:05/03/1614:03:52

お久しぶりです、こんにちは。614です。

先日ケリーと伊豆へ旅行してきました。車で二泊三日のゆるり旅。

仕事が忙しくあんまり話もしない毎日がしばらく続いていたので

案の定些細な事から喧嘩してしまい、ケリーと手で凸のやりあいでした。

そこで、休みが取れたので「行こうよ!」というと、温泉に入りたいと

言うので一番近い伊豆にしました。金曜日の昼出発。



<>855名前:えっちな21禁さん投稿日:05/03/2018:04:43ID:zgTl9u4V0<>

これが抜けてない?

76名前:614◆1S7P6LDZDI[sage]投稿日:05/03/1614:10:46


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||

2014年2月9日 | 体験告白カテゴリー:外国人との体験告白

9AFTER【姉との体験告白】

9年前の事なんですが

当時俺23 姉24で お互い実家をでてそれぞれ一人暮らししてました。

俺は高校でてから某ピザチェーンの営業してて 5年も立てばそれなりに仕事も一通り

こなしてましたが 給料はそれほど高くもなく 毎月切りつめつつ貯金しながら生活してました。

姉は事務機器を取り扱う会社で事務してましたが ちょうどそのころ 姉の会社がリストラをはじめだし

姉もその対象となりました。

姉がもらってた給料は、なんとか一人暮らしが成り立つ程度だったので貯金もそれほどなく

失業保険もらいつつ失業期間をしのいでました。

それでも生活は一気に苦しくなり やっとみつけた仕事がホテルの客室案内。

そのホテルが 俺がつとめている会社の近くで 姉が住んでたアパートからは通勤するのが

バスの乗り換えがあり大変になるとゆうことで 俺と一緒に住むことになりました。

俺も 家賃光熱費折半はありがたいし つきあってた恋人もいなかったので 快く了解し

姉弟の生活が始まりました。






この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||

2014年2月8日 | 体験告白カテゴリー:姉との体験告白

このページの先頭へ