バツイチの姉と過激にやってしまった!!【姉との体験告白】

8年前結婚した姉貴に子供ができなくて、旦那や旦那の両親とこじれて離婚。

で、先月実家に帰ってきました。

こんなきれいで性格のいい姉貴と離婚するなんて!!なんてヤツラだ!とうちの両親も俺もカンカン!

でもさ、姉貴が戻ってきたのが、おれはすごくうれしかった。

ずっと好きだったし、美人で性格も抜群で自慢の姉貴だ。

今も変わらない。清楚って言葉がぴったりくる。身内褒めだけど。

もっともエッチの時の豹変ぶりにはたまげたけど・・・。そんな姉貴と先週、ふとしたことがきっかけで姉貴とエッチしてしまった!!

まじに、近親相姦するなんて思わなかった。

ふざけてただけが、本気モードに突入してしまった。

姉貴33歳。俺29歳。

姉貴は顔だけじゃなくてスタイルもバッチリなんだな・・・。オッパイはDカップ。腰はくびれてるし、ヒップは柔らかくて・・・。土曜日。

どうしても用事で両親が1泊ででかけた日だった。

戻ったばかりの姉貴を家に置いてという心配はあったが、おれがいるから大丈夫だよ!って話して。

昼間から姉貴は、TVをずっと見てた。「姉ちゃん、どっか遊びに行こうか?家にいても面白くないでしょ?」

「え?うーん・・・・。ねえ利一、ドライブに連れてって。どこでもいいからさ。」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2017年12月22日 | 体験告白カテゴリー:姉との体験告白

放課後【学校での体験告白】

僕が通ってた小学校は6時間目がプールだと着替えたら自由に帰って

いいよというルールがある 僕は小4の7月ごろ6時間目にプールがあ

った着替えようと思った時あることに気が付いた僕のパンツが無くてか

わりに花柄のパンツが一枚置いてあった それは女子更衣室でもこん

どは 亜加梨という子のパンツが無くなりかわりに僕のパンツが置いて

あった 数分後異変に気が付いた亜加梨が飛び込んできた手には僕

のパンツが怒りで作られたような手で握らていた「このパンツはおまえ

のか」一瞬亜加梨が男に見えた僕はビビッて「は…はい」と言葉を詰ま

らしたすると亜加梨の怒りは消えさりやがて涙へと変わった亜加梨は

電池の切れたロボットのように崩れた亜加梨は完全に魂の抜けきった

声で「ごめん 何の罪もないのに…」時計を見るともう5時近かった急

がないといけないのに蝉の抜け殻みたいになった亜加梨をこのまま

放置してはいけないとという衝動に襲われた俺は迷わず亜加梨の服と

かを女子更衣室から持ち出したそれからは体の制御ができず迷わず

亜加梨の水着に手をかけた最初は小さい声で抵抗していたが数分後


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||

2017年12月22日 | 体験告白カテゴリー:学校での体験告白

俺の妹は看護師 妹に介抱された俺【看護婦との体験告白】

俺30歳、妹27歳。

ともに独身。カレシ、カノジョなし。

俺が先々月入院したときの話だ。

よりによって通勤途中にバイク事故で妹がいる病院にかつぎこまれた。

両手骨折。で、整形外科病棟に入院した。

労災なので、全部医療費は会社もちとなった。「兄ちゃん、なにやってんのよぉ!恥ずかしいなあ!」

「ええ!お前の病院かよお・・・ここ。」

手術が終わって、麻酔が切れて目が覚めたときのことだ。

主治医や婦長さんと主任さんもいた。

こっちが恥ずかしい。

そして、3週間の入院となった。

入院して5日目のこと。体を拭いてくれるってことで看護師(24歳)の子が来てくれた。

両手が使えないから、パジャマ、パンツを脱がせてくれて、せっせと拭いてくれた。

風呂に入れないのもあったから、嬉しかった。さっぱりした。

個室だったから、周りの目を気にすることなく拭いて綺麗にしてもらった。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||

2017年12月22日 | 体験告白カテゴリー:看護婦との体験告白

夏休み体験談〜中学編【高校生との体験告白】

これは僕が中学生の時の話です。学期末試験が終わり近所の仲良しメンバー(女6人+僕)でホテルのプールに行く事になりました。1日ホテル1部屋を借りてそこで着替えや食事の拠点にしてプールで楽しむのです。当日僕は待ちきれずかなり早く集合場所である部屋に行きました。すると幼なじみの大学生のお姉ちゃん(子供の頃からよく遊んでもらった)が既に到着してました。お互い久しぶりだったので話が弾みました。

そうこうしている内に部屋に入れる事になったのでお姉ちゃんと入りました。中に入ったらお姉ちゃんが水着に着替えておこうか?と言ったのでお互い見えない所で着替えました。お姉ちゃんの水着は少しハイレグ&Tバッグの青い競泳用水着で、僕はブリーフ型の紺の海パンです。まだ時間がかなり早かったので水着のままで待っていたのですが、時間が経つにつれ2人でじゃれあいフザケあいました。その時お姉ちゃんの手が僕の股間に当たり(試験勉強の一夜漬けが続き数日間抜いてなかったので)射精してしまったのです。僕はバレない様にうずくまりました。姉「えっ、どうしたん?お腹痛くなったの?」

僕「何でもないから・・・・・」

姉「急にうずくまって何でもない事ないやん!見せてみ」

僕「何でも無いって言ってるやろ!向こう行ってて」

姉「(怒って)いいから見せ!」

股間を抑えてる手を無理やりどかされ、お姉ちゃんの視界に海パンに付いた白い液体が見える

姉「えっ・・・あ・・・ウソ・・・」

僕「何でもないんや!」お姉ちゃんは僕を無理矢理起こし、トイレ風呂洗面所が一緒になってる場所に連れて行った。僕にきおつけをさせると僕の海パンを脱がしました。僕は下にサポーターを着用してましたがサポーターが精液でベトベトになっていました。するとお姉ちゃんはサポーターも脱がしました。僕はお姉ちゃんに毛が完全に生え揃っていなくビンビンに勃起してなおかつ先から精液が垂れているおちんちんをさらけ出す事になりました。

僕「何するんや!」

姉「私は汚れたやつ(海パン&サポーター)洗ったげるからあんたは自分のをちゃんと洗い」

(お姉ちゃんは絶対おちんちんと言わず「自分のを」って言う)僕はフルちん状態のまま

僕「もうええから返せよ」

姉「早よ洗いって言うのが聞こえないんか?」

僕「汚れててもええって」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月22日 | 体験告白カテゴリー:高校生との体験告白

友達の母 M子との再会【友達との体験告白】

もう3年前の話だが、飲んだ勢いで、オッサンたちに2軒目のスナックへ連れて行かれた

近所だったが、その店には初めて行った

マスターも店員も客も50代後半~60代のオッサンとオバチャンたちの憩いの店だったオッサンが5人、店員も含めてオバチャン7人が狭い店内にいた

そこへ36歳のオレが行ったから、たちまちオバチャンたちの人気を集めてしまった

ベタベタと遠慮なく、カラダや太ももをなでまわされて、中にはチ〇ポをなでて来るつわものもいたが、酔っているのでそれほど不快ではなく、むしろ気持ちよかったぐらいだオバチャンのなかに見覚えのある人がいた

近所に住む後輩の母親(M子さん・57歳)だった

昔からキレイだったが、いまでも若く見えて、オレ好みのムッチリ系熟女になっていた近付いて行って、「U川君とこのお母さんだよね?」と声をかけると、うれしそうに「あぁ、覚えてくれてたの?T君、立派になってるからわからなかったわぁ」と言われた

それから昔のことや、彼女が22歳でU川を産んで、彼が高校生の頃に離婚したことなどを聴いた

後半、オレが聞き役に徹していたら、「T君はやさしいねぇ、うちの子は話も聞いてくれないし、結婚してからはあんまり家にも寄りつかなくなった」と言っていたので、「オレでよければ、いつでも話相手になるから連絡してよ」と電話番号を割りばし袋に書いて手渡した

そして、店も閉まって、オレたちは解散したしばらく歩いていると、すぐに電話が鳴り、期待しながら出てみるとM子さんからだった

「みんなと別れたら、うちに来て飲み直さない?」という誘いだったU川の家に行って、チャイムを押してみると中からM子さんが出て来たのだが、すでに着替えて、胸元が大きく開いた部屋着のワンピースになっていた

思わず胸元に目線が行くと「ちょっとォ、エッチなこと想像してるんじゃないでしょうねぇ?」と言われたので、「すみません、ちょっとだけ期待しちゃってます」と言うと、彼女が抱き着いて来て、「私も電話番号をもらったときから、エッチなこと考えちゃってたの」と言われた手を引かれて、寝室に通されると一人の女性には広すぎるベッドがそこにはあった

「こんなことになるのは、離婚してから初めてよ」と、わざわざ説明しなくてもいいことを言っていた舌を思い切り絡めあって、むさぼるようにキスをして、大きな胸をワンピースの上からもんんでやった

勃起したペニスを洋服の上から恥丘にこすりつけてやるとM子さんが「アアァァァッ・・・」と大きな吐息をもらした

スソから手を入れて、ふくらはぎ、太ももをなでまくって、パンティーの上から割れ目をなぞると、そこはすっかり湿り切っていたパンティーを脱がして、ワンピースもまくりあげて、一気に全裸にして、割れ目やクリトリスをベロンベロンに顔全体を使ってなめまくると、もうM子はガマンしていたものを吐き出すように「スゴイの!T君の顔が私のに吸い付いてスゴイのぉぉぉ」と快感の声をあげてくれた


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||

2017年12月21日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

パパとお兄ちゃんに犯される日々【近親相姦の体験告白】

私が5歳になるころにママは他界しパパと8歳年上のお兄ちゃんの3人暮らしでした

2人とも優しく私は寂しくはありませんでした。

そんなある日私は10歳の誕生日を迎えた日のことです

その夜3人で私のバースデーを祝いケーキを食べながらのんびりしていました

するとパパはビールを持ってきて飲み始めた

しばらく1人で飲んでいたパパが突然ビールを私のほうに持ってきて私に無理やり飲まそうとした

私は飲みたくなくて抵抗したがパパに無理やり飲まされた

いつもはこんなことしないのに初めて見るパパの姿に驚いた

私は酔いがすぐにきて寝てしまった

何時間寝ていたがわからなかったが目を覚ますと私は全裸で体には白い液体が体中に付いていた

訳が分からずお兄ちゃんに訳を聞いた

(以下省略)簡単に言います

私はお兄ちゃんとパパに犯されたらしいです

私は服を着ようと探したがどこにもなかった

お兄ちゃんに聞くと


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||

2017年12月21日 | 体験告白カテゴリー:近親相姦の体験告白

車内で生脱ぎの女の子が… 【出会い系での体験告白】

友達に薦められて入会したが。



そいつは俺を紹介することでのポイントゲットが目的だった模様。



まぁ、おれも多少の無料ポイントがもらえたけど。



しかし、割り切り・援助女・援デリ業者など、売春の巣窟で



無料ポイント分だけ遊んだら放置してやろうと思ってた。





んで昨日、仕事が終わって、今日は家でエロDVD鑑賞!と思っていたが



帰りの電車内で暇つぶしに、サイトで女を検索してみた。




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2015年12月27日 | 体験告白カテゴリー:出会い系での体験告白

ひさびさの割り切り体験 【出会い系での体験告白】

このサイトに入るとポイントが増えるからと

友達に薦められて入会したサイトセフレ交際サポーター。



援助ばっかりという売春の巣窟で

無料ポイント分だけ遊んで辞めようと思った。



そして全くその掲示板に手をつけてなかったのだが

昨日の夜、仕事が終わって、やけにムラムラしてきたので

デリヘル呼ぼうと思ったがお気に入りの子が予約

いっぱいだったので暇つぶしに検索してみた。



最近の相場は高い二万や三万と素人を売りにしているのか

以前は一万〜一万五千円が相場だったのに…



そんな中、最新の投稿で


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||

2015年12月22日 | 体験告白カテゴリー:出会い系での体験告白

人妻と愛し合い過ぎて妊娠させたw 【出会い系での体験告白】

<>454名前:メル友奥さん投稿日:02/03/0417:26ID:Uhg1PfWH<>

本当にこんな偶然ってあるんですね。

僕は30歳で関西の、とある役所で内勤の仕事をしている職員です。

同じ地域のメル友を探すサイトがきっかけで、知り合った奥さんとの事を書かせてもらいます。

全て真実の話しです。



昔、テレクラに通っていた時から主婦狙いの僕は、

今回も主婦をターゲットにして、メッセージを書き込んだんです。

でもあくまでも、まじめな内容で、趣味の映画の事を中心に

極めて紳士的な内容で掲載しました。

次の日、たった1通だけメールが届きました。

それが、これからお話しする奥さんだったのです。

この奥さん今までメル友を作った経験が無いらしくて、

僕が初めてのメル友だったみたいなんです。

<>455名前:メル友奥さん投稿日:02/03/0417:28ID:Uhg1PfWH<>


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||

2015年12月22日 | 体験告白カテゴリー:出会い系での体験告白

スローセックスにハマった人妻 【出会い系での体験告白】

出会い系で知り合った33歳の人妻。正直、スタイルはいけているのだが、顔が好みではない。しかし、知り合った当時、かなり飢えていた俺は、女のスタイルを堪能するかのように、スローセックスを実践したみた。

愛撫だけで約1時間半を掛けるのだが、面白いくらいに女が反応し、濃厚な愛撫だけで女は何度となく果てていく。こちらもマッサージ師にでもなったつもりで、意外に楽しんでいると、そのうち女の体が軽く痙攣し始めてくる。その間にも女は何度も求めてくるが、焦らすのを通り越すくらいに無視していると、痙攣が激しくなってくる。



「おかしくなる・・」「怖い・・」と言うような言葉を女が発するようになるが、それも無視して愛撫を進めていく。

女は汗だくになり、シーツは汗や他の液体でグショグショになってしまうが、気にしないようにしながら、ほとんど動けなくなった女の顔の目の前に自分の股間をさらけ出すと、女は完全にメスとなり、むしゃぶりついてくる。その頃には、女の肩にこちらの指先が軽く触れただけで、かなりの反応を見せるようになっている。





こちらの準備が整い、女に足を開かせて、その間に入り、覆いかぶさるようにし、好みでない顔を見つめ、目を合わせながら、宛がうだけで、女は一度果てる。軽く亀頭でクリを擦ると、女の腰が動き、それに合わせて入れただけで、女はまた果てる。こちらが腰を動かさなくても、女の腰が無意識に動いているので、女は勝手に感じている。



メスの表情となった女に濃厚なキスをしながら、俺の手は固くなった乳首や背中を愛撫しつつ、行為を重ねていく。こちらも長持ちさせようと、体を入れ替えつつ、微妙に休憩をしながら、行為に及んでいた。それでも、女は何度も果て、こちらが射精するころには、ぐったりとしていながらも、激しい痙攣を全身でしていた。それから15分ほどの休憩をしている時に、女は寝始めた。





それでも、俺の手が体に触れただけで、起き上がるくらいの反応を見せてしまうような体の女はすぐに起きる。「いつもこうなの?」と痙攣が治まらず、震えた声を放つ女に、「そうだよ。」と返すと、「すごい・・」と言われて、やっとの思いでベッドから立った女はシャワーを浴び始めた。1分もしないうちに浴室から女の軽い悲鳴が聞こえる。



狙っていた通り、シャワーの流れが女を刺激していた。それを見越して、俺も浴室に入ると、女は俺にしがみ付いてきた。シャワーを女の体に当てると、女はよがり始める。そして、また「ほんとにいつもこんななの?」と震えながら、下から俺を見つめつつ、言ってくる。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||

2015年12月19日 | 体験告白カテゴリー:出会い系での体験告白

このページの先頭へ