叔父さん2【友達との体験告白】

正月に親戚が訪れるなか叔父は夫婦で家にきました

私はおばちゃんもいるなら、と挨拶にいきました

二人は挨拶をすませると私にお年玉をわたしお母さんとお父さんと話していました

私が部屋に戻ってしばらくすると叔父が私の部屋にやってきました

叔父は「あれからオナニーしてるかい?ちょこっとオナニーしてみせて」と言ってきて私は焦りました

私はベッドの下からローターを出しオナニーしはじめましたが

「お母さんこないよね?」と何度も確認しました

私がローターだけでオナニーしていると「バイブはどこ?」と叔父が聞いてきました

わたしは「机のなか」と答えると机に向かってるときだけオナニーしてると勘違いしたのか「そうかそうか」と、うなずきながらなっとくしていました



私がクリトリスでばかりオナニーしてるのに物足りなかったのか

叔父は指をなめると「バイブの代わりだ」といってお尻にいれてきました

私はすぐ下に両親がいるのでばれたら恥ずかしいのとお尻に指を入れられてる恥ずかしさでいっぱいでした

叔父はお尻の中を指でかき混ぜると一度指を抜き匂いをかいでいました

「うんちはついてないけどまだお尻でオナニーあんまりしてないね


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||

2013年10月24日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

従姉の姉ちゃん5【友達との体験告白】

久しぶりに投稿します。

午前中だけですで5回もセックスして、それでもやり足りなくて、もう1回もちろん生でやっちゃいました。

ついに射精6回(内訳、ゴム4回、生2回、口0回)しました。

また、昼飯もすっぱだかのまま、うどんを姉ちゃんが作ってくれて、作っている間もおっぱいを後ろから揉んだり、マンコを触ったりとちょっかい出しました。「やーん、直樹感じちゃうでしょ。作れないよ。」と言うので、ちょっかいを一休みして、出来上がったら、一緒に食べました。もちろん、すっぱだかのままです。

食べ終わったら、お互いに待ちきれないようにディープキスです。もう姉ちゃんは濡れていて、スタンバイOK

俺も勃起しているので、生で挿入です。気持ちよくて、ガンガン姉ちゃんを正常位で突きまくりました。

姉ちゃんは俺の腰に足を巻きつけ、「あー、気持ちいい、いく・・・」と大声を出していました。

初めて自分のアソコでいかせました。姉ちゃんもセックスでは初めていったそうです。

自分も姉ちゃんのいく姿に興奮して、7回目の発射でした。

ここで、ふたりともぐったりで俺もアソコはまだ元気でしたが、ガンガンついていたので、少し疲れました。

姉ちゃんがここで、「勉強しよう。」とすっぱだかのまま、家庭教師をしてくれました。

約2時間、一緒に勉強して、3時前くらいになり、どちらからともなくディープキッスをしました。

体験告白関連タグ

|||

2013年10月24日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

初オナニーとその後【友達との体験告白】

はじめてのオナニーは小6の夏休みでした。2こ違いの姉貴と、留守番のときプロレスのわざをかけたりくすぐりっこして、取っ組み合いしてたときでした。

 ぼくが姉をうしろから抱きしめるようにして大きい胸をもんでいると(こんなの普通でした)何を思ったか、姉がいきなりTシャツをまくり「吸ってみて」とぼくに言ったのです。

 姉のオッパイを見たのは何度もあったし、慣れてたけど、好奇心で吸ってみました。

 小さいうす茶色の乳首が、吸ったら尖ってきて、姉は感じるのか、息が荒くなって、目がすごくキラキラ輝いていました。

 たぶん興奮していたんでしょうが、いまだに忘れられません。

 姉は、「こっちも吸って!」とか「もんで」とか言って、ぼくも言われるままにしました。もちろん、ぼくも興奮していました。

「暑いからはだかになろ」と姉が言うので、二人ともすっぱだかになり、照れ隠しでまた取っ組み合いをしました。姉のやわらかい体がすごく気持ちよく、ぼくはこれ以上ないくらいオチンチンが固く大きくなりました。

 姉もちらちら見て、くすぐりながら手があたったりしましたが、そのうち、手でにぎってきました。

「すごいねえ、これ」といって、興味しんしんのように夢中でもんだり、なでたりするので、ぼくは気持ちよくなり、そのうち、ぴゅっと畳の上に飛ばしてしまいました。

 オナニーというより初めて射精したのがそのときです。



 姉は知識では知ってたようですが本物をみて、びっくりしていました。

 そのときは、すぐに小さくなってしまって、それでおしまいで、夏休みのあいだ、何回か、そんなのをしましたが、おたがい罪悪感みたいなのを感じて、2学期からはたしかしませんでした。

 でも1年後、ぼくが中学に上がった夏休み、突然復活しました。

 海にいったとき、休憩と着替え用に借りた民宿の部屋で、海からあがったあと昼寝(夕寝?)したんですが、その前に着替えをかねてお風呂に入ったとき、ぼくがあがって体をふいてるとこに姉が戸をあけて入ってきたんです。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||

2013年10月24日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

従姉の姉ちゃん4【友達との体験告白】

いよいよ、明日がその日になりました。

明日は両親が朝6時から夕方の6時まで帰ってこないのです。

これで、姉ちゃんと13時間たっぷり2人きりです。

姉ちゃんとの約束は何回できるか試してみようと、お互いに3日間禁欲しました。俺のあそこはもう精液で満タンです。

姉ちゃんとエッチ初めてから、我慢したのは初めてです。(笑)

そして当日、父が先、母が6時ごろ出勤していきました。

俺はすぐにスッポンポンになり、姉ちゃんの部屋に行きました。

すでにしっかり朝立ちしています。

姉ちゃんの布団にもぐりこむと、姉ちゃんもすでにスッポンポンでした。

姉ちゃんに抱きつくと、いつもようにディープキスをしてきました。

ビンビンの俺は、姉ちゃんのやわらかいカラダに感激です。姉ちゃんが買ってきた3ダース千円のコンドームを俺に装着します。

姉ちゃんも受け入れ体制OKで、すっかり濡れています。

ここで、1回戦目です。姉ちゃんの大好きな正常位で、パコパコして、溜まっていたせいかすぐに発射でした。

姉ちゃん「もう1回できるよね?」

俺   「もちろん」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||

2013年10月24日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

ストリートファイト 1、ストリートファイト、始動!【友達との体験告白】

あるひ、帝国学園3年2組男子に女子からある手紙が配られた

内容は 

  ストリートファイト

   ルール

・男女で戦う

・武器はなし

・どちらかがギブアップして、相手が認める(認めないとそのまま続行する)か、どちらかが気絶したらもう片方の勝ち

・両者とも何も身につけない(裸)

・女子が男子に申し込んだ場合は強制で戦う

・男子が女子に申し込んだ場合は女子は断る権利を持つ

・勝った方は負けた方になんとでも命令ができる

・他はルールはなし何をしても良い

同意する人は書名してください________

これに、男子全員が書名した。

放課後


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||

2013年10月24日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

家庭教師をしていた教え子に犯された!Vol.2【友達との体験告白】

2008年10月18日(土)

こんにちは、尾名ルカです。

この前の続きですが、私は家庭教師をしている教え子の健児君のおもちゃにされていました。

私自身も最初はレイプ同前にされたにも関わらず、今では健児君の家に行ったと同時に全裸にされて、前戯も無しに入れられてもイキまくってしまう女になってしまいました。

いつも前戯もされてないくせにアソコはいつもビショビショで、それを言葉で責められると、もっと濡れてしまいました。

そんな関係がしばらく続くと、たまに健児君が「ハメ撮り写真撮らせろ!」と言ってくる時がありました。

もちろん私は恥ずかしいので、「無理よ、それはダメ!」と言ったのですが、「じゃあ、もう家くんな、今日で終わりな!」と言われてしまうと断れなくて、何枚か写真を撮らせた事がありました。

写真の内容は、裸で両足を広げて自分の手でアソコを広げている写真や、中に出したあとの精液が出てくる写真、あとは入れている最中に私がイっている写真などです。

撮らせたあとは後悔しましたが、結局断れないので泣き寝入りしかありませんでした。

そして、そんな写真の事は忘れかけていたある日、もう一人の教え子の靖史君の所へ行きました。

靖史君はいつもよりもさらに静かで元気が有りませんでした。

私は気にせずに勉強を始めようとすると、靖史君が話しはじめました。

靖史:「先生、ちょっとコレ見て欲しいんだけど・・・」

ルカ:「ん?何何?」

私は一瞬心臓が止まるかと思いました。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||

2013年10月24日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

家庭教師をしていた教え子に犯された!Vol.1【友達との体験告白】

こんにちは、尾名ルカと言います。

まずは私の紹介ですが、私は昔から優等生グループだったので、性格はすごく大人しくて、見た目も地味な方です。

顔はアナウンサーの「中野○奈子」さんに似ていると言われます。

胸が小さいのがコンプレックスですが、乳首の感度がすごくイイらしくて、乳首だけでイクことが出来ます。

小学校の頃からオ○ニーをしていたんですけど、知識も無くて友達にも絶対聞けなかったので、かなりの間オ○ニーは乳首でするものだと思っていました。

学生時代はずーーーっと真面目だった私は、友達にも当時の彼氏にも言えない変態的なところがありました。

私は男の子と話すのも出来ない恥ずかしがり屋なくせに、人に体を見られたり、外でエッチな事をするのに異常な興奮を覚えます。

でも自分からは絶対に言えないので、付合った男性が変態だと、本心はメチャクチャ嬉しいです!

そんな私が学生の頃にアルバイトで家庭教師をしていた時のお話です。

当時私は大学生でしたが、真面目に通っていた事もあり、単位も足りていたので最後の一年はほとんどアルバイトをしていました。

就職活動も早めに終わったので、海外旅行へ行く為のお金を稼ぐ目的で、時給の高い家庭教師をしていました。

教え子は二人いて、二人とも高校二年生の男の子でした。

後々分かったのですが、二人は高校が同じで、一人の男の子は、「健児君」と言って、かっこイイ感じでは無くて、がっちりした体に坊主頭で色黒、柔道部にいる感じの男の子でした。

そしてもう一人は「靖史君」と言って、こちらもイケメン風ではなくて、オタク系の男の子でした。

私は当時彼氏もいたので、新しい出合いを期待していた訳ではありませんが、出来ればかっこイイといいな!とは思っていました。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||

2013年10月24日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

★32歳の処女 その2【友達との体験告白】

しばらく休んだあと、バスにお湯をはって一緒にお風呂に入りました。

全裸にすると本当に素晴らしい体なんです、胸は垂れてはいますが

ウェストのくびれ、ヒップのでっぱり…..それとアソコの毛が凄く

薄いんです、真正面から見るとスジがハッキリ判りますし、触わると

ダイレクトに肌の感触が伝わり、最高です。

二人でお風呂に浸かりながら、後ろから抱きしめ、バストや乳首を

持て遊びながら、舌を絡ませる。

もう私のモノはいきり立ったままなんです。

耳元で、

『さっきのお返しに口に含んでよ』

『・・・・・した事無いから……』

『簡単だよ、歯を当てないように、唇と舌で優しく舐める

 ようにすればいいんだから』

と、バスに腰掛け、こちらを向かせ、頭を押さえて口に咥えさせ

ました、舌の動きもぎこちなかったんですが、頭を持って


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||

2013年10月24日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

★32歳の処女 その1【友達との体験告白】

2年前から付き合っている女性との事です。

彼女は私の部下で、32歳 独身。

ある時彼女から退職したいとの申入れがあり、会議室で話を聞きました。

要約すると、体の調子が思わしくないので、田舎に帰りたいとの事

でした、彼女は155cmぐらいで小柄で細身のスタイルなんですが

胸だけは異様に大きく、男から見るとヨダレが出そうなスタイル

なんですが……

顔がちょっとなのと、性格 及び 見た目が暗いため、彼氏が出来そうな

感じじゃ無い子なんです。

男性社員が飲み会なんかで、一度は抱きたいと皆云ってるぐらい

なんです。

仕事も忙しく、彼女自身も仕事が出来るため何とか説得しようと

その夜、外で話そうと彼女を連れ出し食事に誘いました。

飲みながら色々聞いているうちに、話も弾み出しました。

『寿退社じゃなければ、もう少し辛抱して欲しいんだけど』


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||

2013年10月24日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

PINK ROVE まゆみ日記 NO1【友達との体験告白】

こんちゃあ(#。。#)

ちょっとブログなかんじで書いてみます!

ペンネーム:まゆみ

です。

よろぴち~~

今日はちょうひまだったな~

ものすごく汚い家の部屋おめっちゃ努力して掃除したぐらいですっ!!

ちょっと私のプロフィール載せます!

本名:非公開 血液型:A型 星座:魚座 好きなタレント:三浦春馬 好きなグループ:WAT(ウエンツ&小池徹平)です☆

ちょっと疲れた(*。*)

うちわまだ中1です!

でもブログがしたかったんだョ!でもなかなかいいサイトがなくて・・・(涙)

で、ここに私の日記かいてます!

・・・!めっちゃ書くの遅くなったんですが

2010年あけましおめ!!!!(なんかびみょーな略し 笑)


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||

2013年10月23日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

このページの先頭へ