陸上部のJK.. 【痴漢の体験告白】

その子をはじめて目にしたのは4月のとある日だった。

新入生目当ての変態っぽいのが正面から密着していた様だったが、

触られだした途端に、蹴りを入れて撃退していた。

そんな事をすると仲間呼ばれて囲まれるのではと心配した。

案の定翌日数人に囲まれて何かされそうになっていたが、

またもや暴れて何とか撃退していた。



ああいう手合いは結構横の繋がりがあるようで、もは彼女に手を出す奴はいなくなったようだった。

彼女は部活に入ったのか部名入りのジャージで通学するようになっていた。



5月の連休明け、私は車内で部活ジャージ姿の彼女の後ろに立っていた。

以前から疑問に思っていたことを試すときがきたのだ。

「この子は、ソフトに触れられたらどういう反応を示すのだろう?」



運動部らしく5月にして既に軽く日焼けしたうなじを見下ろしながら


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||

2015年8月3日 | 体験告白カテゴリー:痴漢の体験告白

おとり捜査 【レイプの体験告白】

「被害者の住まいは、またコーポフレアだ」

主任のこの一言に、室内は、様々な感情が入り混じったため息で満たされる。

「既にみんな知っての通り、ここは3階建てのアパートだ。アパートと言っても、まだ築2年、鉄筋でセキュリティも厳重、マンションなみの設備を誇っている」

「被害者の部屋はまた2階ですか? それとも1階?」

「まあ、焦るな、高水」

そう声をかけたのは、管内でここ数週間に連続発生する、一連の婦女暴行事件の捜査担当主任、山下であった。難関である巡査部長試験を1回でクリアした山下は、30代半ば、技量、経験ともに捜査の責任者としては充分な人間である。室内には山下のほかに、10名程度の刑事課捜査員がいた。東京都下、といっても都心部から電車で1時間程度かかる街であるが、その一地方警察署2階の小会議室に集合した面々である。高水はその中で最も若い25歳、交番勤務の巡査からこの春、転向したばかりであった。

「これで4人目か・・・」

高水のその独り言に、室内は暗黙のまま同意する。一時の沈黙を破り、山下がまた話し始める。

「そうだ。これで4人目だ。今回の被害者は竹山亜紀子、21歳。明星女子大学3年生。部屋は2階、202号室。被害状況は今までと酷似している。犯行時間は深夜3時すぎ。施錠し忘れたベランダの窓から犯人は侵入、寝入っていた被害者は刃物で脅し、そのまま暴行、金は取らずに立ち去った」

「全く、何で鍵をしないんだか・・・」

「同じアパートで既に3件暴行事件が発生、しかもみんなベランダから侵入されている。我々も充分注意喚起してきたつもりなんだがな・・・」

「最近急に暑くなってきたからねえ。開けたまま寝ちゃうのもわかるわ・・・」

そうつぶやくのは、水元沙紀。28歳の女性刑事だ。交通課を経て、去年刑事課に異動となったこの女性は、空き巣、痴漢、万引きといった軽犯罪を主に担当していたのだが、今日のミーティングには山下の指示で出席をしていた。

「そりゃ先輩、確かに暑いですけど・・・」

高水は水元の下でいろいろと手ほどきを受けたこともあり、先輩、先輩、となついている。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2015年1月14日 | 体験告白カテゴリー:レイプの体験告白

TYSON VIDEOの集大成 【ゲイの体験告白】

美少年5人の媚肉を揉み、舐め、ほじり、ヒダの奥まで味わい尽くす・・・。選び抜かれた美尻少年達の張りのある尻肉に密着!

舐められいじられる度に敏感に反応する美肛は、男根を求めるかのように開き始める・・・!

人気モデル達が続々とマスクマンに嬲られ、弄ばれ、貫かれる!!目隠しされ軟禁状態の緊張感、

目視できない攻撃は不安と極度の興奮でより高感度を増す!超勃起するチ○コから垂れる先走った涎汁。

ネチネチと性感帯を刺激され拡げられていく恥部。ため息とあえぎの入り交じった恍惚の咆哮が密室に響き渡る!

人気モデル同士の熱いカラミは『男同士のセクロスとは』を体現し見事なまでの合体と昇天を披露する!

濡れるア○ルにぶち込まれる雄棒の摩擦に耐え抜き、受け止め、そして快感と同化する!2007年、

TYSONVIDEOの集大成がここに誕生した!

たまんねー肉厚!!ジュシーな体がゴツゴツと雄交尾にどっぷりはまっていく・・。

巨根のデカマラ2竿が口マン、ケツマンパコパコ突いて突いて、感じまくり!!「こんなデケーのくわえきれねー」

勇次の本領発揮のギガタチバージョンはエロ度ふんだんの雄攻め。激しい言葉攻めはま○こを濡らさす、

真剣交尾!!ガタイ重視、ギガムチ三連結、怒涛の3P、他1本収録。ガチムチ快楽耐久戦、ギガポルノ!!!!

※目線のモデルは本編では目線は入っておりません。

一年ぶりに解禁!!大人気シリーズBACKWILD遂に登場!!女を知り尽くした猛虎達が魅せる雄穴激突き淫乱第八章!

「めっちゃ好きやねん」パーフェクトボディ大西陽平。惚れ惚れする肉体で甘く抱きしめ、マッハ激掘り大暴走!


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||

2014年9月10日 | 体験告白カテゴリー:ゲイの体験告白

艦長回想録【アニメキャラの体験告白】

 無限に広がる大宇宙… その深淵から一隻の宇宙戦艦が地球へ帰還する為に向かっている。

 

 今、ヤマト艦橋の最上部にある艦長室の展望窓正面には赤茶けて干からびた地球が急速に大きさを増して迫りつつあるのが見える。



 「地球かあ…」



 その無惨な地球を、艦長である私沖田十三は宇宙放射線病で余命いくばくも無い体をベッドに横たえ、夢うつつで眺めている。

 そしてこれまでの激闘と苦難の道程に思いを馳せていた。



 …そう、あれはこの苛烈な航海のどのあたりの頃の事だっただろうか。



 「艦長! アナライザーったら私が当直外でスカートの私服を着ていると必ず捲るんです! 何とかして下さい!」



 艦長室に入室するや否や休息を取っていた私にいきなりまくし立てたのは森雪であった。




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||

2014年2月18日 | 体験告白カテゴリー:アニメキャラの体験告白

言いなり(完結編)【寝取られた体験告白】

前編:言いなり(第二部)





<>152:コピペ:2005/12/12(月)23:29:28ID:SDX4LUx6<>



あれからも、妻は、毎週のように抱かれてます。

部長は夏バテも無く、絶倫は健在ですし、妻も鍛えてますので同じです。

軟弱者の私だけ、夏バテしています。

妻は、毎週部長に抱かれる事が、もはや生活の一部で当然の行為と受け止めています。

しかもそれが、今では快楽をもたらしてくれる。

妻も望んでいるのでしょう、週3回も逢ってしまうところまで進んだ。

部長の飲み会の後に2回、週末のゴルフ練習の後です。

さすがにまずいと思い、私は部長にお願いした。

「部長、週3回はまずいです。今回だけにして下さい」

「それは言えるな、今後は気をつけよう。でもな、それは久美子も望んでいたからだ。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年2月13日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

AKB48渡辺麻友が“美尻”を自画自賛「メンバーによく触られてる」(画像あり)【痴漢の体験告白】

1:メイド・イン・ヘブンφ★:2011/05/14(土)15:37:45.96ID:???0



アイドルグループ・AKB48と渡り廊下走り隊の渡辺麻友(17)が14日、都内で初の写真集『まゆゆ』(集英社)発売記念イベント前に報道陣のインタビューに応じた。かねてより自身の“お尻”が自慢だという渡辺は、同作で念願の見開き2ページにわたる“お尻ショット”を掲載。客観的に自分の尻を見て「張りや弾力があって、改めていいお尻持ってるな」と自画自賛し、美尻を保つ秘訣を「メンバーによく触られてるので、触られることが秘訣かな」と愛らしく語った。

体験告白関連タグ

||||

2014年2月10日 | 体験告白カテゴリー:痴漢の体験告白

続・マンコ締まりピラミッドの頂点【恋人との体験告白】

   名前:作者◆qHqxyyRmmkメール:sage投稿日:2005/09/10(土)23:13:05

やっべー!

usbメモリーのデータが吹っ飛んでる!

・・・・・・・ごめん。

再読み込みしてみるけどもしかしたらダメかも・・・・・

しばしお待ちを・・・・・。









あ、読み込めた!!!!

汗が20ガロン吹き出たぜ!

お待たせ!ふう・・・・・。



「はー。よかったぁ・・・・・」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||

2014年2月8日 | 体験告白カテゴリー:恋人との体験告白

排便鑑賞会【スカトロの体験告白】

女性の羞恥する姿に興奮を覚える私の体験を聞いていただけますでしょうか?



 本来女性のページと知りながら投稿する失礼をお許しください。



 話が長くなると思いますので、数回に分けてお送りします。よろしくお願いします。        









 私がその排便鑑賞会の存在を知ったのはとある雑誌がきっかけであった。



 最初は半信半疑で電話をかけて見たのだが、意外にも気さくな感じの主催者の声に安心し、早速そのマンションを訪ねることにした。



 マンションの内部はちょっとした応接間の奥に、SMやスカトロ関連の雑誌とビデオで埋め尽くされた部屋があり、主催者からは簡単な説明や入会の手続きなどなどの話があった。




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||

2014年1月27日 | 体験告白カテゴリー:スカトロの体験告白

中学生に寝取られた_9 【寝取られた体験告白】

 白い靄の切れ目から、少年たちが立ち働いている姿が見えた。朱美がまき散らした大量の糞尿を、シャワーや手桶で洗い流していたのだ。

(あっ、わたし……)

 我に返って首を探ると、赤い輪ゴムは辛うじて残っていた。ほっと胸をなで下ろしたのも束の間、自分がまきちらした臭気のひどさに気づき、再び放心状態になる。

 と、邦夫に肩を叩かれた。

「けつ、洗ってやるよ」

「え、あ……」

「ほら、けつ出せよ」

 邦夫がにやにや笑いながら、シャワーを振って急かす。朱美は横座りになって、恥知らずな尻を差し出した。

「だーめ、四つん這いだ」

「あ、はい……」

 四つん這いになった朱美の尻に、雄太たちの視線も群がってきた。打ちのめされるような恥ずかしさで双臀が小刻みに震える。肛門に強く湯を当てられると、下肢がぴくんと反応してしまった。まるでアクメの後のように……。

「さて、続けるか」

「え?」

 朱美の臀裂を、邦夫がシャワーヘッドで叩いた。

「浣腸に決まってんだろ。ちんぽを入れるにはまだ汚いからな。おまえだって、うんこついたちんぽをしゃぶりたくないだろ?」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||

2013年10月9日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

中学生に寝取られた_8 【寝取られた体験告白】

「せっかくだから、サラダも持って行きなさい」

 雄太の母が盛りつけているのは、具がたっぷりのチキンカレーだ。

「本当はご飯どころじゃないんだよ。お腹が空いたら勝手に冷蔵庫をあさるからさ、心配しないで」

「もう、だから言ったじゃないの。お盆前に終わらせなさいって」

「ぼくはやったよ。でも、ほら、あの二人がね」

 意味深に笑って、雄太はキッチンを後にした。手にしたトレイにはカレーライスが三皿とコップとスプーンが三つずつ。小脇にミネラルウォーターのペットボトルを抱え、軽い足取りで階段を上がってゆく。

 足音に気づいたのか、中から邦夫がドアを開けてくれた。Tシャツ、ハーフパンツ姿の雄太に比べて、邦夫は全裸だ。

「おまたせ。あ、家に電話した?」

「ああ、きちんとお礼しとけって言われた」

「康二くんも?」

 同じく全裸の康二は、床に散らばったティッシュを摘まみ拾いしていた。半端じゃない量のティッシュがくずかごに山を作っている。

「おれも言われたぜ。お礼しとけって」

「あはは、どこの親も言うことは同じだね」

 三人はトレイを囲んで車座になった。コップにミネラルウォーターを注いで、いざ乾杯となったとき、ふと雄太がベッドの方を見た。

「朱美さんもお腹空いたでしょ?」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2013年10月9日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白
1 / 3123

このページの先頭へ