夫のエッチな悪戯【従姉妹との体験告白】

私は夫(35歳)のエッチな悪戯を教えたいと思います。

結婚10年を迎え、子供も9歳と7歳になります。

公務員と言う職業柄なのか?(メガネの影響?)世間的には真面目な方ですね!

って言われる夫ですが、凄くエッチで私にエッチな悪戯をしてくるんです。以前、家族で海へ遊びに出掛けたんですが、私が用意していたビキニをいつの間にか

別の物にすり替えられていた事がありました。

バックの中を見ると、見覚えの無い色のビキニ!手に取って見ると明らかに生地が小さく

しかも薄いんです。

「何これ!あなた変えたわね!」

「知らないよ」

そう言って誤魔化す夫でしたが、夫以外考えられません。

子供も楽しみにしていたので、取りあえず付けてみると、胸(F)は半分位しか隠れませんし、

アソコの生地も小さくお尻の肉がほとんど露出してしまいます。

しかも生地が薄く、毛が透けて見えてしまいます。

人気が少ない場所でしたので、そのまま海へ向かいましたが、他の男性達の視線を

一日中感じていました。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||

2018年1月7日 | 体験告白カテゴリー:従姉妹との体験告白

変になっていく【人妻の体験告白】

結婚10年を過ぎ少し倦怠期かなと感じている36歳の主婦です。

ぎこちなかったセックスも今では淫乱かしらと思うほど感じるようになっています。

それなのに逆に主人の要求が少なくなって欲求不満気味なんです。

だからと言って浮気や不倫はしておりません。

今年の夏のことです。

猛暑の所為か真夜中に喉が乾き下の台所の冷蔵庫に冷やした麦茶を飲みに降りました。

主人の両親との同居なんです。 子供はいません。

舅達は一階の和室を使っております、私たちは二階を。

階段を忍び脚で下りると和室の襖が30cmほど開いていてスタンドの灯りが漏れていました。

こんな時間に起きていらっしゃるんだと思い更にこっそりと台所に向おうとしたんです。

和室から艶かしい義母の喘ぎ声や息遣いが聞こえてきました。

65歳の義母がと思うと金縛りにあったように動けませんでした。

「たっぷり舐めておかないと濡れが少なくなったからな」と義父の声が・・・。

「ああっ、、、いいわ、たっぷり舐めて」と甘えた義母の声。

「さぁ、お前も俺のチンポを舐めておくれ」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||

2014年2月9日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

復讐鬼【人妻の体験告白】

私は、55歳で、資産家だ。この程、若い妻を向かえ、二度目の、結婚生活を楽しんで、いたように、思えたが、事件は起きた。妻が私に、喜び電話で報告して来た。内容は、妊娠だ。私は、動揺したが、平静を装い喜ぶ演技をした。

妻が妊娠する訳が無い。私は、ゴムを仕様すると、射精しないので。離婚後、セックスライフの為に、パイプカットしていた。

確かに、妊娠するわよって、妻の言葉に、かまわんと、中だししていた。あらゆる可能性を考えて、病院で、確認して、興信所に妻を調べさせた。

すると、あっと言う間に、結果が、でた。つまり、妻の過去と、現在の秘め事が、暴かれたのだ。私には、容認出来る。内容では、無かった。

妻は、十代の時に、風俗嬢で、チンピラの情婦だった。二十代で、クラブのホステスを経て、コンパニオン、私と知り合い結婚。しかも、今も、ヒモと繋がりカルチャーセンターに、通うふりして、密会していた。多分、腹の子の父親は、奴だ。その男の素性に、驚愕した。妻の運転手に、収まっていたのだ。しかも、たまに、遊びに来る。娘を夜な夜な呼び出しているって報告だ。最近、娘が寄り付かなくなったのは、奴の運転で、帰らせた時に、娘の身に何かが

怒りで、我を忘れる程、身震いし、復習を誓った。

まず、運転手は、仕事で、何かと、付き合いのある。その筋に頼み、

麻薬所持と、婦女暴行監禁、脅迫の罪で、前科持ちの奴は、実刑15年で服役、そのニュースに妻は、青ざめて、いた。娘には、

海外留学させて、心を癒させた。

妻は、無事出産後に、毎晩、睡眠薬入りワインを飲ませ。ドヤ街や、発展公園に連れ出し、素っ裸で、男達に体をもてあそばせ。出産後は、セックスをせずに、(本人は身に覚えの無い)、妊娠をさせて、浮気を原因にし身ぐるみを剥ぎ、離婚。追跡調査では、私の圧力で、まともな仕事もなく、売春婦に転落し、流産、薬に手を出して逮捕。

数年がたち、娘は毎晩ベットで、私の寵愛を受けて、いる。ぼろ雑巾の様に、棄てて、復讐が、完結する日を、心待に生活している。

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||

2013年9月21日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

我が家の性の事情前編【人妻の体験告白】

俺は性欲が異常に強い、裕福な家庭に生まれ金には困らないので、18から週2ペースで吉原通い週末はマンションにデリヘルを1日買い、それ以外はナンパ三昧でセックスをしまくりだ。

縛られたくないので、特定の彼女は作らなかったが、まだ大学2年なのに両親から、後継ぎをとせっつかれて、お嬢様クラスと見合いを連発。相手の好感触を尻目に、全て断ると、

ある日、

父が上京してきた。酒を酌み交わしながら、気まずそうに、

話を切り出した。

(良樹、お前女嫌いなのか?)

『えっ何で?』(何でって、彼女も連れて来ないし、見合いも断るし、ほら、何て言うか、今流行りの・・・)

『流行り?、』

(うん、その、何だ、ホモって言うのか)

『なっバカ言うなよ、女好きだよ』(そうか、安心したよ。)

まぁ男どおしだし、色んな女とセックスしたいから、彼女を作らない事情を話した。

すると、酒の力も手伝ってか、父も性欲が異常に強いと、話しだした。

何でも、抱き飽きないように16の女を(母親)嫁にしたが、時々出合い系で浮気してるんだそうだ、

この夜は、

部屋にデリヘルを呼び親子で楽しんだ。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2013年9月18日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

私の変態的願望【近親相姦の体験告白】

昔から「変態」の気質はあったが、最近は年のせいか、その傾向が強まってきた。

私は40代の会社員だ。妻は30代後半、子供もいる。

妻は某金融機関の社員で、見た目も「地味」そのもの。

体型は子供を出産してからというもの、「遮光式土偶」のような中途半端な体型になり、

尻と太股も「デカ」めだ。

おまけに近視なので、メガネに頼っている。

見た目そのままの「地味さ」が漂う女で、おおよそ男の性欲をそそるようには思えない。

しかしながら、学生時代にしっかりと「処女喪失」をしていたので、地味とはいっても

それなりの恋愛経験は積んできたようだ。

こんな妻と結婚して15年以上になるが、最近はセックスの回数も減り、年に10回も

しているかどうかだ。

ぶっちゃけた話し、「飽きてきた」のだと思う。

妻の肉体のどこをどうすれば感じるか、どんな体位で責めると歓ぶのかを15年の年月が

しっかりとメモリーさせてくれたおかげである。

そうかと言って、他人様の嫁に手を出すほど、私も女受けするほうでもないので、湧き上


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||

2013年9月18日 | 体験告白カテゴリー:近親相姦の体験告白

親父【寝取られた体験告白】

先日、単身赴任先から我が家の近くの会社へ出張があり、妻に何も言わず家

に帰りました。案の定、最近妻もパートに行きだし、疲れているのか寝室の

ベットで寝ていました。私は妻を起こして抱きたいのを我慢し、親父とビー

ルでもと思い部屋に行くといません。また友達と飲み歩いているのかと思

い、台所でビールを飲み、妻の隣の自分のベットで寝ていました。

10分位して玄関が開く音がし、親父が帰ってきたのかと思いそのまま寝て

いました。すると、寝室のドアーが開き、なんと親父が妻の布団をはがし、

「静子さん、静子さん。」と言い、寝ている妻のパジャマを脱がし始めまし

た。部屋はすべての電気を消し、窓には厚手のカーテンがあるのですが、カ

ーテンの隙間からの光が妻のベットをスポットライトのように照らしていま

す。すると妻も「お義父さん、今夜もですか。もういい加減にしてくださ

い。昨日も、その前もだったじゃないですか。私、疲れているんです。」

「いいじゃないか。静子さんも陽平がいなくて寂しいんだろ。」と、親父は

やめる気がなく、妻を裸にしてしまいました。

「もう、勝手にしてください。私は寝ますから。」妻はそういいながら何の


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||

2013年9月17日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

お父さん【近親相姦の体験告白】

私の家族は、お母さんと私と妹の3人です。本当のお父さんは私たちが小さいときに亡くなって、それからは3人女世帯でした。

女だけだとやはり夜とか怖かったです。ちょっとした物音でみんな飛び起きてしまいます。でもお母さんは、私と妹が高校生になると再婚しました。

実は数年前から付き合っていたようでしたが、私たちが高校生になるのをきっかけに、再婚したようです。やはり家に男の人がいると安心します。 私たちと一緒に暮らし始めて、最初はやさしくていいお父さんでしたが、徐々に本性をあらわしてきました。ノックもせずに部屋に入ってきたり、私たちの下着の匂いをかいでいるのを目撃してしまいました。

今まで女だけだったので、お風呂上りとかも裸のままで、テレビを見たりしていましたが、私はお父さんの視線が、気になるので、裸でバスルームから出ないようにしました。 それでも、キッチンとかでお風呂上りに出会うと、ノーブラの私の胸をエッチな目で見ていたりするのです。お母さんに相談すると、「男だからある程度は仕方ないよ、理解してあげて」とお父さんの味方でした。

私はちょっとずつ、お父さんのことが、いやになってきました。「これ以上エスカレートしなければ良いのになー」と願っていましたが、その願いは届かずどんどんエスカレートしていきました。 お父さんもお風呂上りに素っ裸で、出てきたり、制服の私のスカートをめくって、パンツを見て、「スカートが短すぎるんじゃないか?パンツ見えたぞ」とか、意味もなく「さえはかわいいねー」と言って、私のホッペにチューしたり、抱きついてきたりしました。

私は徐々にお父さんと距離をおくようになりました。でも、妹は違いました。 妹はどちらかというと淫乱で、お父さんの目の前でパンツ一枚でいたり、お父さんが裸でお風呂から出てきても、平気な顔をしていました。二人はとても仲が良かったです。

確かにお父さんは筋肉質で、格好良かったけど、父と娘の関係というよりは、仲の良い友達といった表現がピッタリでした。妹はお母さん似で、女の私から見ても魅力的な女性でした。 お母さんがいない土曜日のお昼は、もっとエスカレートしてきました。私と妹が一緒に料理をしていると後から近づいてきて、私のお尻を触ってきました。私は恥ずかしくて、何も言わずに料理を作っていました。

「柔らかいお尻だねー、お母さんと同じくらいの大きさかな」と両手でお尻を触られました。私は嫌だったけど、何も言えずにそのままで耐えました。すると妹が、「お姉ちゃんのお尻、やわらかいでしょう?」と煽るようなことをいったのです。

お父さんは「ああ、大きくてやわらかいねー」と、私のお尻を確かめるように触りました。さらに妹が「お尻の形も綺麗なんだよ」といって、私のスカートをめくり上げました。 私のパンツが丸見えになりました。私はちょうど手に生の魚を持っていて、手が動かせない状態でした。私は「やめてよ」と口で言いましたが、お父さんは「ほんとに綺麗なお尻だな」と言い、私が身動きできないのをいいことに、パンツをずり下げました。

妹が「お姉ちゃん、お尻丸出しー」と笑っていました。私はパンツをずり下げられ、妹にスカートをめくられたままの情けない姿でした。私は魚を置いて、手を洗い始めました。 するとお父さんが、「染みひとつなくて、やわらかいお尻だね、中はどうなってるのかなー」と言いながら、お尻を開こうとしました。私はお尻に力をいれて中を見られないように必至でした。

私は手をタオルで拭いて、すぐにパンツを穿きました。でも大切なところも少し見られてしまったと思います。

そんなある日、お母さんが急用で実家に泊りがけで帰ることになりました。私と妹とお父さんの3人です。わたしは内心とても怖かったです。なるべくお父さんに近づかないように部屋にこもっていました。 11時ごろにお風呂に入って、リビングに行きました。いつものようにパンツ一枚のままの妹とパンツ一枚のお父さんが並んで寝そべってテレビを見ていました。

テレビがCMになると、お父さんは妹の胸を触りました。妹は「いやん」と声をあげました。たまに見る光景ですが、いつ見ても恋人同士にしか見えません。 私は目のやり場に困ったので、部屋に戻りました。部屋に戻って30分くらい経ちました。私は飲み物を取りにキッチンに向かいました。部屋から一歩出ると、キッチンから妹の「ああん」という声が聞こえました。

「あ!」と一瞬で気付きました。妹とお父さんはついに一線を超えてしまったようでした。私は恐る恐るキッチンに近づきました。見てはいけないと思いつつも足がキッチンに向かっていました。 キッチンの前に来ると妹の声がさらに激しくなっていました。そして同時にビチャピチャと何かを舐めている音が聞こえました。私はソーっと様子を覗いてみました。

俗に言うシックスナインをしていました。お父さんの大きくなったおちんちんを妹が舐めていて、妹の大切なところをお父さんが舐めていました。私はショックで体が固まってしまいました。 そのとき妹の目線が私の方に来て、私たちは目が合ってしまいました。私はすぐに隠れました。妹が「パパ、お姉ちゃんが見てるよ」と声をあげました。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||

2013年9月15日 | 体験告白カテゴリー:近親相姦の体験告白

家族で露天行水と露天シャワー【姉との体験告白】

 夫の両親は車で40分ほどの所に住んでいる。夫の父は52才、母は51才、夫の兄夫婦(26才、25才)の4人で住んでいる。夫も私も24才だ。義兄はわりに器用で、ホームセンターなどからいろいろ購入して、家を改良している。最近の夏は暑いので、昨年の夏から、外で行水やシャワーができるように、風呂場のシャワーを長くして窓から外に伸ばせるようにした。風呂の外はちょっとした中庭で、気持ちよい風も吹いている。そこに簾で簡単な隠しをつくり、露天行水、露天シャワーができるようにした。家の中からその囲いに直接いけるドアがある。その気になれば中を覗くのは簡単だが、まあまあの水場。そこに大きな盥を置き、行水ができるようにした。家の中で裸になり、その露天行水、露天シャワーを楽しむことができる。一人だけでなく、家族中皆で一緒に楽しむことも多い。私達が訪ねた時も、4人、あるいは6人で楽しむ。もちろん全員素っ裸で体と体が触れ合っている。義父や義兄のオチンチンをまともに見たり触ったりしてもいる。義父や義兄は私のヘアーヌードを見たり触ったりが好きで、夫は義兄の奥さんのヘアーヌードを見たり触ったりして喜んでいる。私は義父や義兄がお乳に触ったり、ヘアーと割れ目に触り、見詰めるのはOKしている。兄嫁もほぼ同じ。行水後、リビングルームに戻っても素っ裸のままエアコンの風や扇風機の風にに当たったりしている。ヌーディスト家族のようだ。それでもセックスはお互いのパートナーだけで、乱交はしていない。時々義兄や義父、もちろん私の夫のオチンチンが物凄く勃起することがある。その時はそれぞれの部屋でセックスする。セックスが終わってリビングに戻ってきた時にオチンチンが勃起していないのでその変化が面白い。

 最近、夏以外でも、皆で一緒に入浴することが多くなった。浴室はそれほど広くないので4人でいっぱいだ。お互いに体を洗いあっている。風呂から出た後も全裸でリビングに行き、スッポンポンのままだ。義父はみなで一緒に入浴するとガス代や使用水量が節約でき、環境にやさしいと言っているが、本当は兄嫁や私のヌードを見たいからだろうと思う。

 初めは恥ずかしかったが、今は楽しいいい家族だと思うようになった。

体験告白関連タグ

||||||||||

2013年9月5日 | 体験告白カテゴリー:姉との体験告白

堕ちていく、私、【近親相姦の体験告白】

私は小学5年生で、義父に処女を奪われました。でも、世間で言われる性的虐待って感じではなかった。

義父は、とても優しかったし、姦通も無理せずに、徐々に慣らしてくれた。母が他界して頼れるのが義父だけって状況下だったけど、私は毎日、義父の帰宅を心待にして、玄関でご奉仕フェラが、日課だった。

あの夜までは、

ある夜、いつも通りに、玄関でご奉仕フェラ。そして、お尻を突きだしフリフリして、おねだりすると、

(マジかよ)って声が、中年2人が、私と義父の結合部分を凝視して、鼻息を荒げてる。何が何だか?な私を2人は、義父から引き離した。

ヌポッて音をたてて引き離され。

輪姦されました。この2人に、義父は麻雀の借金が、あったんです。

義父の為なら、

これくらいと、まだ愛情があった。でも、義父は鬼畜だった。毎晩、客を取らされました中3までに、中絶を2回しました。

はやくから、

家を出る決心をしていたので、学校で、先生相手に、援交して稼ぎ。中学卒業と共に、上京しました。16の女の子には、冷たい街だった。

ウリしか仕事が無くて、でも状況は違う、自由の為の対価だし、私は、童顔だから、

パイパンにして、中1って誤魔化せば、客には困らなかった。18になってプーの彼氏が出来て、彼氏名義で部屋を借りて、住所を確保して、専門学校に通い。

就職した。二十代は、5〜6人の彼氏ができたけど、

不の連鎖かな、


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年8月17日 | 体験告白カテゴリー:近親相姦の体験告白

息子の嫁に激しい性欲を覚えます。【近親相姦の体験告白】

私は現在定年退職をし、週に3度ほど嘱託で以前の会社に雇われている62歳の男です。

退職金を住まいのリフォームに充てて、息子夫婦を住まわせました。

息子は32歳、嫁は30歳です。

同居生活も1年半近くになりましたが、最近はますます息子の嫁に対しての「想い」が

激しくなってきております。

というのも、私自身の「精力」が今だ衰えてはおらず、生来からの「セックス好き」が、

妻の死以来、解消される事がなく、蓄積されてゆく一方だからです。

今でも月一回の風俗店通いをして、たぎる性欲を発散させているのですが、どうしても

完全に欲求が鎮められる事はなく、翌日にはもう、漲っているほどです。

そうなると、やはり「身近な女」である息子の嫁に視線が張り付いてしまうのですが、

私の「肉体的」なことばかりではなく、息子の嫁のルックスにも惹かれる条件があります。

死んだ妻の若い頃にどことなく面影が似ていることもあり、思いは募るばかりです。

孫の世話にかこつけて、息子夫婦の居住スペースにほぼ毎日足を踏み入れるのですが、

私の五感は、そのときはすべて「嫁」に向けられております。

嫁の体臭や息使い、日々の着衣からしぐさに至るまで、私は彼女から発せられるもの


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||

2013年8月16日 | 体験告白カテゴリー:近親相姦の体験告白
1 / 212

このページの先頭へ