教え子の乳首拝見【露出の体験告白】

 当時私は、近所にあった個人経営の塾で、講師のアルバイトをしていました。個人経営といっても、2階建ての建物に教室が3つ事務室が1つあって、それなりの規模でした。対象生徒は小学校4〜6年生と中学生です。

 面白いことに、この塾の生徒の男女比は1:9くらいで女子が多かったのです。これは塾の経営者が女の子ばっかり集めていたわけではなく(笑)友達に誘われたとか、友達に紹介されたとかでだんだん女子が多くなってしまったそうです。女子生徒が多くなればなるほど男子生徒が入塾しにくくなり、ますます女の子ばかりになるわけです。



 こんな環境のなかで、氷魚は中学生の数学を担当していました。

 やっぱりみんな数学嫌いなんですね(苦笑)最初は数学担当だというだけで露骨に嫌われたりして大変でした。しかし何ヶ月か経つうちに生徒とも打ち解け、みんなと仲良しになることができました。

(余談ですが、短期間で生徒の成績が上がり入塾者も増えたということで、かなり高額のバイト代を貰っていました。教師の才能あったのかも(^^;)



 教え子は可愛い女の子ばかりだし、お金は儲かるし、氷魚はかなりこのバイトに満足していました。

 特に夏場は最高です。なぜなら、夏になると女の子の服装が薄着になるからです。特に夜の授業では、Tシャツとかワンピース1枚だけでノーブラの子も多くいました。周りが女の子ばかりで安心なのでしょう。

 そんな女の子の横に立って一緒に問題を解いたりしていると、ほぼ真上から胸元を覗き込むことができてしまうのです。運が良ければ、1日に5〜6人の乳首を拝見できました。



 と書くとほとんど痴漢そのものですが、氷魚にだってモラルはあります。近づくと胸元を気にする子とか、ちょっとでも嫌そうな表情をした子は、覗かないことにしていました。可哀想ですからね。つまり、覗いても気にしない子(羞恥心が無い?)か、気が付かない子か、嫌がらない子がターゲットになるわけです。

 中3くらいになると私が覗いてる事に気が付いても「あーまた見てるー」程度の反応しかしない冷めた子もいました。ダボダボのTシャツにブラジャーとか、ノーブラでキャミとか。ブラジャーはいくらでも見せてくれたのですが、さすがに乳首はNGらしくて一度も見れませんでした。しかも彼女たちはタダで見せてくれるわけではなく、休憩室にいる私のところに来て「ジュースおごって〜」とか言うんです。もっと高額なモノをプレゼントすればもしかして……とか考えたこともありましたが、彼女も私も援助交際しに塾に来ているわけじゃないですからね。



 さて、氷魚が担当していた女の子の中にアイドル級に可愛い子がいました。スタイルも良くて、一見すると高校生に見えます。さらに彼女は非常に真面目な生徒で、成績も優秀。ただ性格は少し引っ込み思案で、物静かなタイプの子でした。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||

2014年2月7日 | 体験告白カテゴリー:露出の体験告白

30分遅れの帰り道【教師との体験告白】

中学生2年の頃週三回の塾の帰りに

村(?)唯一のラブホテルの前を通って帰るのが俺の日課だった

別に何があるってわけではないんだが

当時は前を通るだけで興奮していた。

そんなある日テスト前で普段より30分遅く帰っていた俺は

ホテルの前を通る時に車が出てきて足止めをくらった。

車が通り過ぎるのを待ちつつ

どんな人が出てくるんだろうと気になって車の中を覗くと

自分の担任(1番の巨乳)だった。

助手席の先生と目が合いその時は何も無く車は去っていった







<>422:416:05/02/0122:42:26ID:t21q6GiK0<>

その先生というのは当時の男子の間で


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||

2014年2月7日 | 体験告白カテゴリー:教師との体験告白

タカフミと母【近親相姦の体験告白】

  10.15(火) この日は体育祭の振替休日で学校は休み。父は仕事で母は近所の仲間と梨

狩へ行き、一人で留守番。母のパンティーでオナニーでもと思い洗濯機を覗いたが空っぽ。

朝早く洗濯は済ませたらしい。家の中で素っ裸になって、オチンチンを勃起させて歩き回る

僕は、何かズリネタを探していた。ふと思いついて両親の寝室へ入り箪笥の引出しを探った。

それはすぐに見つかった。母の下着のはいった引出し。たたみ方を忘れないよう用心深く取

り上げる。母のイメージとは少し違う派手なパンティーもたくさんあった。これまで10数回

母の下着でオナニーしたが、それはほとんど普通の綿の地味なものばかりだった。

『かあさん、こんなのも穿くんだぁ』そう思いながら、好奇心で穿いてみた。股の所から玉

ははみ出るし、勃起した亀頭と竿は収まるはずも無かった。それを部屋の隅にある姿見で見

ると、普段の僕ではない一人の変態少年が痴態を晒していた。興奮した僕は両親のベッドに

横になりおもいきりしごいた。(こんなときのパターンはここに母親が帰宅したりするのだが

それはあり得ない)ゆうゆうと気分を出して盛り上がり、いざ発射という時に、あろうこと

か扉が開けられ父が立っていた(本当にびっくりした)。おたがいに「あっ」と声を上げ、僕は

一目散にそのまま自分の部屋へ逃げ込んだ。(あとから聞いたら会社の書類を忘れて戻ってき

たらしい)自分のしたことの重大さと激しい後悔の念でこの日は部屋に閉じこもってしまっ


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年2月7日 | 体験告白カテゴリー:近親相姦の体験告白

友達の妻と友達の目の前で【フェラチオの体験告白】

友達のAが結婚したのでお祝いをしようと皆で集まることになった。

A夫婦(新婚)B夫婦(結婚5年目、妻は俺のファン)、俺の5人。

みんなでスナックで飲んでいると徐々に盛り上がってきた。Bは俺に、「今度、隆の嫁と、スワッピングしようぜー」なんて言っている。「おお、いいねー」なんて俺は話を合わせていた。酒癖の悪いB妻はその間、俺に絡んでくる。「ねえ隆ちゃんー見てー」とブラジャーを見せて俺に持たれかかってくる。B妻は<あやや>の痩せた感じ。俺は旦那の前でどう対応していいか分からず、「ああ、かわいいねーピンクじゃん」と適当に盛り上げてた。旦那はスワッピングしようぜーなんて言ってた割には、妻がエスカレートしないように真剣な顔で見守ってる。その旦那を弄ぶかのように「ねえ、隆ちゃーん、苦しいよーブラのホック取ってー」なんて言ってきた。B旦はあせって俺の方を見た。俺が「旦那にとってもらえば?」なんて誤魔化すと、B妻は「やーだー、隆ちゃんがいい」なんて膨れている。A夫婦はその間、マイペースでイチャイチャしていた。俺がB旦をみると「やってあげてー」なんて言ってきた。ちょっと顔が引きつってる。俺も酔ってたし、B旦もいいって言うし、まあ大したことねえな、なんて思って俺がブラを外すと「じゃんじゃじゃーん」なんて言ってブラを旦那の頭にかぶせた。旦那は苦笑い。B妻は俺に向かって「どうだー」とシャツをあげて胸を押し付けてきた。「うわっ」俺は体を後ろに引いて「やばいよー、けどCはあるなー」なんて言った。その時点でち○こは半立ち。旦那が「なにやってんだよー」って止めにくると、B妻は「あんたはこれ飲んでから文句言いなさい、飲まないとその間、隆ちゃんに胸揉んで貰うんだから」って何故か切れてた。旦那は必死に日本酒を二合一気飲み。しかし、ちょっと時間がかかったので、B妻に言われ胸を揉んだ。手のひらで胸を揉み親指と人差し指で乳首をつねった。B妻の顔色がエロクなってきたのを見て、旦那は必死こいて無理やり飲んだがダウン。B旦はトイレに直行した。周りの邪魔はいなくなったとばかりにB妻は俺にキスをしてきた。「隆ちゃんとずっと前からHしたかったのー」俺も「俺だってそうだけど・・」と匂わせた。すっかりB妻は乗り気。もう何をしてもいい雰囲気になった。俺が舌を絡めると、B妻は俺の股間をさすってきた。「あー、もう大きくなってんじゃーん」俺は恥ずかしさを誤魔化すために胸をもみ、乳首をしゃぶった。「あーん 気持ちいい」B妻は俺に耳打ちした。「ねえ、フェラしてあげようか」「ここで?」「うん」そういうと、B妻は俺が返事をする前にテーブルの下に潜り込み俺のズボンを手際よく脱がした。そして、テーブルの下から俺を覗き込み「えへへー」なんていいながら咥えた。俺は回りに気づかれないように平静をたもっていたが、あまりの気持ちよさに前かがみになったり、腰を前にずらしたり・・「うっわ、気持ちいい」。5分くらいするとB旦がヨタヨタしながら帰ってきた。「あれ?あいつは?」「ん、今トイレじゃない?それよか大丈夫なのかよ」俺は必死に誤魔化した。「うーん、なんとか」そんなこと話している間もB妻はかなり高速でフェラってる。俺はB旦の目を盗んで「やめろよ。やばいって」ってB妻に言った。B妻は返事をしないで、俺の手をとり胸にもっていった。俺はやばいと思いつつ揉んだ。B旦がこっちを振り向いて「なあ、ちょっとトイレみてくるわ」といってまたトイレに向かった。俺はB妻に「今のうちに離れろよ」と言った。すると超高速フェラ。すっかり弄ばれて俺は限界を向かえた。「いくっいくっ」「うん、きて」ドピュ。俺はB妻の口に思い切りだした。B妻は、満足げな顔で精子を飲み、口からはみ出した精子も手でとり舐め「すごいでたねー」って笑うと、ようやくテーブルの下から出てきて椅子に座った。そのタイミングでB旦が帰ってきた。「あれ? どこにいたんだよ」すると「あなたー」とB旦にB妻が抱きつき俺の精子を飲んだ口でキスをした。俺が「仲いいねーなんて言うとB旦はご機嫌だった。まあ、ばれずにすんでよかった。チンポが小さくてもいい思いはできるもんだ(最大10.5CM)マジm(__)m

体験告白関連タグ

|||||

2014年2月7日 | 体験告白カテゴリー:フェラチオの体験告白

矢口レズ【芸能人との体験告白】

「なぁんかかったるくなぁ〜い?」「だぁねぇ〜」「カラオケにでも避難するぅ?」



いかにもダルそうに制服のボタンを2つ開け、肩にかけたカバンもずり落ちた茶パツの

女子高生メグとルカとサチ。

決して優等生とは言い難い3人は「楽しければ何でもありなんじゃん?」が合言葉の、本当に

それだけの毎日を送っていた。



かつてやっていた援交も今は別にお金に困ってないからやらない。

オヤジ狩りもムカついたらやる。そんな単純な理由だけで動いている、それが楽しいだ・・・。



「なぁ、なぁ〜、あれって矢口じゃない?」

少しだけ昔いた関西のナマリを残したメグが楽しいおもちゃを見つけたように声をかける。「ん?だぁねぇ〜〜、矢口だよあれ。w」

決して好意を持っていない事がその言葉の端々から感じ取れるようにルカが答えた。



「やったじゃん。楽しもう♪www」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||

2014年2月7日 | 体験告白カテゴリー:芸能人との体験告白

恐ろしい女【寝取られた体験告白】

ジリリリリ〜〜〜〜〜〜〜…

今日の授業がようやく終わった…でも俺『田島雄介』にとって疲れる時間はこれからだったりする。

「ゆうちゃん、帰ろっ!」

「うわっ、抱きつくなよ美紀!まだクラスのみんなが居るっていうのに!」

「あ〜大丈夫だよ、私達の仲はもう公認だもん!」

「ったく…」

こいつは『福島美紀』、俺の幼馴染で何の因果か小中高と一緒…しかも何かの陰謀のように

毎回同じクラスで席は隣り合わせな事が多いんだ…そして、今では恋仲だったりする。

昔から俺に好意を持っていた美紀は、その想いを事あるごとに俺にぶつけてきた、

その執拗な一方的なアタックに、中学卒業式の日…俺はついに屈服してしまったのさ。

でも彼女はそれで止まったりしなかった、高校に入ってからは例え授業中でも執拗にラブラブ攻撃(?)を

仕掛けてくる始末で、おかげで高校生活初日で俺らの仲は学校中が知る事になった。

「まったく、こんな幼馴染を持つと苦労するよ…」

「ん〜何か言った?」

「別に〜じゃあ早く帰ろうぜ!」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||

2014年2月7日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

【微萌え】バナナと妹【妹との体験告白】

バナナと妹



その名に恥じないよう、我が家ではおせち料理にバナナが入っている。

バナナきんとんだ。

何年か前に妹がシャレで作ってみたところ、思いのほか美味かったので

父親と俺が絶賛したら、あいつ調子に乗って毎年毎年

山ほど作るようになった。

で、今年は雑煮にもサトイモのかわりにバナナを入るつもりらしい。

母親も止めろよ。

たしかにバナナの天麩羅は美味かった。サツマイモの天麩羅が甘くなったみたいだった。

でもな、雑煮はどうかと思うぞ。天麩羅だってタレつけたら結構マズかったぞ。

しょうゆ味にバナナは微妙なんだよ。うちはすまし汁なんだよ雑煮。

鶏肉と人参とゴボウと大根の中にバナナは明らかにイレギュラーだろ。



俺「お前さぁ、雑煮・・・」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||

2014年2月7日 | 体験告白カテゴリー:妹との体験告白

誰も信じられない【人妻の体験告白】

・・・もう誰も信じられません。自分すらも・・・。数年来の友人と夜通し飲み明かす約束で出かけたものの友人が急に具合が悪くて来れなくなり、私は家に帰りました。すぐには家に入らず私は庭のベンチに腰かけました。庭作りが好きな私達家族で丹精込めて作りあげた庭でぼんやりするのが好きだったからです。しばらくすると主人と私の実母の声が聞こえてきました。何気に聞いていた私は凍りつきました。

「隆弘さん!どうしたの!何するの!」

「いやっ!駄目!」

私は立ち上がり窓から中を見て呆然としました。主人が母を後ろから、しっかりと抱きしめているのです。

「隆弘さん!やめなさい!具合でも悪いの!」

母は抱きしめられながらも主人の太い腕を叩きながら言いました。主人は

「お義母さんだけなんです。俺をわかってくれるのは・・・」

と目を閉じたまま弱弱しい声で、しかしきつく母を抱きしめていいました。

「やめなさい。美奈に悪いわ。美奈と話し合いなさい。私からも美奈に言ってあげるから」

「お義母さんだって、一人で寂しいでしょう?俺と美奈のセックスをたまに覗いてるじゃないですか」

「!!!!」

母が私達の夫婦生活をたまに覗いていたのは知っていました。母は驚きとともに観念したのか、今度は叩いていた主人の手を優しくさすりながら

「でも・・・こんなことはいけない事なのよ・・・」

「俺が求めているのは、お義母さんなんです・・・」

そういうと主人は母を正面に向き直らせ、激しいキスをしました。私にもしてくれた事がない濃厚なキスです。母の口をむさぼるようなキスです。母は


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||

2014年2月7日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

お隣の蛍族仲間の美人妻と【浮気・不倫の体験告白】

.同じマンション・アパートの美人妻Part6



..<>5304/09/0623:38ID:KHeMOQ+H<>

えっちな21禁さん(sage)



この流れの中だとお邪魔かな…

蛍族同士の親近感で話すようになった隣の奥さん、てのが居るんだけど。

ちょっと関係深まりそうな予感でどきどき中で、誰かに聞いて欲しい気分なんだが。





..<>5704/09/0700:00ID:HVFf7a2N<>

えっちな21禁さん(sage)



では・・・




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年2月6日 | 体験告白カテゴリー:浮気・不倫の体験告白

俺男と菜美と吉村(吉原)【修羅場の体験告白】

俺男:都内大学生(18)

山田菜美:都内大学生(18)

吉村和夫:フリーター(27)



大学に入ってしばらくした頃、

今までバイトってものをやったことがなかった俺は

人生経験のためにバイトを始めた。



そのバイト先の先輩に吉村という男がいた。

小太りで、服や髪は秋葉系の人だった。

無口で冗談などはほとんど言わず

自分の興味のあることだけを延々と話すような人で

かなりとっつきにくい人だった。



俺とシフトが重なったとき、吉村はよく俺に彼女の話をしてた。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||

2014年2月6日 | 体験告白カテゴリー:修羅場の体験告白

このページの先頭へ