保母さんの妻がプールで【人妻の体験告白】

妻、真美子26歳、俺27歳会社員。

子供はまだいない。

妻の真美子は保育園でも美人で優しい保母さん。

子供達にも人気で、いつも子供達が妻の傍にいる。

そんな妻と、夏休みのある日、少し離れた所にある大きなプールに行くことになった。

妻に、黄色のハイレグのビキニの水着を買いそれを着るように頼んだ。

いやいやながら承諾した妻。

ハイレグなのでビキニラインを手入れしようと妻にいい俺が剃ってあげた。

もともとそんなに濃くない妻の陰毛は、すぐにパイパンになってしまった。

妻も、久々に見る自分のパイパンの性器に興奮したのかその日はかなり激しくエッチした。

そして、出発の日の朝。

アソコが少しチクチクすると言う妻に、剃刀でツルツルに仕上げて出発した。

しばらくして、目的地のプールに到着した。

すでに水着を着ていた俺達は、そのまま更衣室に荷物を預けてプールで待ち合わせをした。

少しすると、黄色のハイレグビキニを着た妻がやってきた。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||

2013年9月28日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

大学生と【浮気・不倫の体験告白】

32歳の麻奈美です。今年の3月に医者仲間の主婦4人でグアム、サイパンに遊びに行った事です。

行きの飛行機で知り合った大学生グループ4人と仲良くなり、同じホテルだったので夕食も一緒に食べました。

私と泰子も同じ部屋だったから、2人の大学生と海辺のバーで飲んでました。

フリープランだったから、アバンチュールも期待してた旅行だったので大学生の誘いで明日、一緒にレンタカー借りて遊びに行く約束もして

心地よい風と蒸し暑さでカクテルも進み、飲みすぎたようです。

意識ははっきりしてるつもりでしたが、下半身が言うこと利かななくて、大学生に抱えられるように部屋に着いて、そのままベットに寝ると、酔いの気持ちよさでいい気分だった。

10歳も年下だしまったく警戒なしで無防備でした。

大学生が馬乗りになりキャミの紐下げられて胸を露出されると片手で揉んできて吸われました。

抵抗しようにも力が入らず、されるままパンティーを脱がされて両手で胸、そしてあそこを舐められ始め、感じてきました。

挿入されたときに頭が白くなり、される行為に反応して感じてました。

朝気がついたときは4人とも裸で抱き合ってました。

シャワーをしてると大学生も入ってきて、体を触られると感じるのです。シャワーをしながらバックで挿入されて、逝きそうでした。

あえて昨日の事は聞けなくて、約束とおり一緒に4人でレンタカーに乗り島を回り、途中の海辺で着替えて海で遊びました。

そこでも抱きしめられると反応してされるまま明るい野外でSEX・・・初の経験です。

ものすごく燃えた記憶です。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||

2013年9月27日 | 体験告白カテゴリー:浮気・不倫の体験告白

黒人【浮気・不倫の体験告白】

30歳の主婦です。フィットネスクラブで知り合った34歳の黒人男性にしつこく迫られてずっと拒み続けてたんですが、ついに根負けして主人の長期出張中に一度きりという約束で抱かれてしまいました。食事もそこそこに彼のマンションに連れ込まれ、部屋に入るなり激しいディープキス。主人に対する罪悪感を感じる暇も与えてもらえず激しく口唇を吸われ、気が遠くなります。「愛してる、ずっと君が欲しかった」と耳元で熱っぽくささやかれながら服を脱がされあっというまに下着姿に。お姫様だっこでベッドまで運ばれて、あとは彼の気が済むまで激しく貪られました。結局、金曜日の夜から日曜日の朝まで服を着せてもらえず、何回したのかも覚えていません。日曜日もドライブ先の山中で生まれて初めての野外セックス。黒人男性とのセックスがこんなに激しいとは思いませんでした。また今週末も彼に抱かれに行こうと思っています。

体験告白関連タグ

|||||||

2013年9月26日 | 体験告白カテゴリー:浮気・不倫の体験告白

高2彼氏とカラオケで…part3【フェラチオの体験告白】

俺、我慢できないかも…

と彼がいうと彼が私の上に覆いかぶさってきました。

私はとっさの出来事に、え?ゆうご?!だめだよ!と抵抗。でもすぐにキスによって口を塞がれてしまいました。「んんんっ!んんん!」

と声にならない声をあげていると彼が私のスカートの中に手をいれて太ももの付け根付近をいやらしい手付きでさすってきます。びっくりして私が唇を離し

「ちょっと!」と言うと彼が、「もう少しだけ。」と。こうなることも少しだけ予想してた私はそれを許しました。彼の指先は太ももから私のパンツへと移動し、布の上からクリトリスを刺激してきます。摘まんだり、ぐりぐりと押したり、私は初めての感覚に「いやぁ、ゆうごぉ…んんっ、あぁ」と声がもれました。彼は興奮したらしく、スカートをめくりあげました。そしてパンツをズラして、すでに大洪水が起こっている私の秘部に中指で直接擦り始めました。グチュン、グチュン激しい水音と私の喘ぎ声、

彼の息遣い、声のないBGM

が部屋でなっています。私は気持ちよくなってきて

彼が指先でなぞる度にピクンと

身体を反応させました。すると彼は再びキスして

今度は中指を膣の中に入れて

きました。ヌプヌプっと卑猥な男を

たて侵入してくる男の人の

ゴツゴツとした指先。私「ゆうご、だめだよ、やぁ…あぁ、んっ…」

彼「だってこんなに濡れてる、ほらもう全部入ったよ。」と言うと、今まで入れたままだった指をうねらすように奥で動かします。グチュグチュグチュ私「だめぇええ、あああぁ、ゆうご、あん、あん!あん!」私な大声で喘ぎ始めます。彼はさらに指を2本に増やし、私の膣内を犯します。彼「今2本もちえりの中に入ってるよ?ほら、ぐちょぐちょー。」と言うと、指を抜き、私の目の前で、透明な糸を引く2本の彼を見せました。私「やめてよぉ、恥ずかしい…」

彼「お前興奮してんじゃん、こんなに濡らしてさ、変態。」というと彼は今度は2本の指を膣の中に出し入れし始めました。ズポッズポッズポッ


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||

2013年9月26日 | 体験告白カテゴリー:フェラチオの体験告白

盛りのついた私を彼氏が満足させないから・・・【寝取られた体験告白】

こんにちは!私は今学生の女の子です!

私のエッチな体験談を聞いて下さい!

私は処女をあげた彼氏がいるんですけど、その彼氏とは2年付合っています。

初めてしてから、何回かしているうちに、どんどん気持ち良くなって、元々オナニーしてたのもあって、エッチが大大大好きになってしまいました!

彼氏もエッチ大好きだから、最初は毎週彼氏の家で一日7回位していました。

でも、もちろん誰でもいいわけじゃ無くて、大好きな彼氏だからいっぱいしたいって思っていました!

彼氏も私の事が大好きで、「結婚しようね!」って二人で約束しています!

でも、彼氏は体力が無いのか、精力が無いのか、今ではほとんど前戯もなしで、入れて終わりって感じです!

私は何回でもイケるってゆーか、何回もイキたいから、「もっともっと」って言うんですけど、彼氏は「ちょっと疲れちゃったよー」ってすぐに面倒くさいみたいに言うんです!

正直それで喧嘩した事もいっぱいあります!

そんな話を友達の麻衣子にしたら「あたしの彼氏と交換してよ!うちらの逆じゃん!」って冗談で言ってたんだけど、麻衣子の彼氏は柔道部のサトル君って言うんだけど、麻衣子とは3年も付合ってるのに毎週何回もエッチしようとするらしいです!

でも麻衣子は飽きちゃって、完全に拒否ってるらしいです!もったいない!!!

麻衣子は私の話もサトル君にしてるらしいけど、サトル君も「もったいねー!」って言ってるらしいです!

そんな不満だらけの中で、ある夏の土曜日の夜に彼氏の家にいました!

なんか夏の夜って、それだけでエッチになりますよね?


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||

2013年9月26日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

ネットで知り合った高校生に妻を抱かせて  Ⅱ【人妻の体験告白】

妻:「高校生に抱かれるなんて・・・」

私:「そうだな!でも凄い物持ってたな」

妻:「え~あんな大きさ初めてだわ」

私が物凄く興奮した事を言うと、妻はクスクスと笑い”本当おかしな人”と言った。

”お前はどうなんだ!”と聞くと”私も凄く興奮したし、あんなに感じた事無いかも・・”とご満悦。高校生の彼は、その後も何度もメールをくれ、ヤリたいアピールだった。

童顔な妻は31・2歳に見える位(実際は40歳)で、大人の女性としても魅力的だったんでしょう!

そんな顔からは想像もつかない淫乱な女性を経験した彼は、今後普通のSEXでは満足出来る筈もありません。

そんな訳で、月日が過ぎ学生の夏がやって来たんです。

夏休みに入って間もなく、彼がメールをくれました。

家族が8月初旬に海外旅行に行くと言うのです。

折角の海外旅行を棒に振って待つ彼に、行けないとは言えなかった私達は、彼の家に向かう事になったんです。

薄い半そでブラウスにタイトスカートを履き、大人の女性を演じている。透けたブラウスからは黄色いブラジャも

見える。それだけでも色気が漂っているが、タイトスカートから伸びるムチムチの太腿がエッチな女性を感じさせていた。

今日の妻は黄色い透け透けTバックパンティ。きっと彼も喜ぶと思い私が購入した物だった。

本当は、エッチな道具を装着し彼の目の前で披露と行きたかったが、何せ遠い事もあり、それは断念したのだ。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2013年9月26日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

農機具小屋で【妹との体験告白】

俺30才、妻は32才で、3人姉妹の末っ子。

妻の実家は農家で、長女(40)が跡をとり農業を継いで居るが

2年前に義兄が亡くなり、現在独身で両親と住んでいる。妻にとっては両親と実の姉だけの気兼ねのない実家であり

更に、年老いてくる両親の手伝いにもなるので

近くに居る俺達夫婦は、手伝いがてら時々遊びに行く。俺達夫婦と義姉で山の畑仕事に行った時

妻の携帯に急用のメールが入って来たので

「夕方迎えに来る」と言い俺と義姉を置いて車で帰った。農機具などを置いてある小屋で弁当を食べて、

食休み中に、ふざけて後ろから義姉の肩を抱いたら

最初はビックリした様だが、特別に抵抗もなく

俺の手を押さえて、笑顔で「 コラッ 」

抱き寄せて口を吸い、仰向けに寝かせる。俺が義姉のズボンのベルトを外すと

義姉は腰を浮かせて、脱がせ易くしてくれた。二人とも下半身だけ裸になって抱き合う。

挿入してから「中で出していい?」って聞くと

義姉は、小さく「ウン」と言い、抱きついて来た。俺が突くと義姉も下から腰を突き上げてきて

次第に息が荒くなり動きが激しくなったと思ったら


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||

2013年9月25日 | 体験告白カテゴリー:妹との体験告白

義母との一線【人妻の体験告白】

1ヵ月程前、私は遂に超えてはいけない一線を越えてしまいました。その一線を越えるキッカケになったのが、義母の裸体を見た事に始まります。

私は交代勤務の仕事柄、平日休みも多く、日中義母と一緒に過ごす時間が多かったんです。

その日は雪が大量に降り、朝から義母と私は庭の雪かきをして汗を掻いていました。

一足早く家に入った義母を横目に、私は最後の仕上げ作業をしていました。

雪かきは物凄い肉体労働で、寒かった筈がいつの間にか体中から湯気が出る程、暑くなります。

下着まで濡れ、早く着替えようと脱衣場へ向かうと扉が開いていました。

中を覗くと、義母が全裸で着替えている所だったんです。

53歳の裸体は、予想以上に綺麗でムチムチとした肉感と白い肌に、股間が熱くなり始めていました。

人気に気づいた義母が振り向くと垂れた大きな胸が目に飛び込んできて、股間はMAXになっていました。

”あら!ごめんなさい・・・”照れながら義母がドアを閉めたんです。それ以来、私は義母の体が脳裏から離れませんでした。

何かと義母の体をジロジロ見ていたり、洗濯機の洗う前の下着を見つけては匂いを嗅いだりと

変態行為がエスカレートする様になってしまいました。

ある日、義母とTVを見ていると、いつの間にか義母はコタツの中で寝ていました。

何だかドキドキして、思わずコタツの中を覗いて見ると、義母のロングスカートが捲れ上がり太腿まで見えているでは

ありませんか?ムッチリした白い太腿の奥が見たくなり、そっと足でスカートを捲って行くと


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||

2013年9月25日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

野外SEXは危険【人妻の体験告白】

私達夫婦は、野外SEXにハマっていました。

子供も働きだし、家を出ると私達夫婦は夜な夜な性に浸る日々。

元々仲の良かった私達には、SEXレスなどありません。

定期的に性行為を行っていましたが、年を取るに連れマニアックな事を始める様に

なったんです。

恥ずかしい話ですが、私は47歳、妻45歳ともう熟年です。

早くに結婚し、子育てを始めた事もあり、若い時は欲求不満な日々だったんです。

もちろん妻もそうだった様で、子供に手が掛らなくなると同時に、私達は一足遅い

夜の営みを楽しむ様になりました。最近では、夜家を出て外でプレーする事が多く、普段人が集まる公園や海岸に

向い、妻を裸にし盛り上がっています。

何度も知らない人に見られた事もありましたが、それもまた興奮する一つで、妻も

すっかり野外露出にハマった感じです。ある日の夜、私達は山間部のゴルフ場に向かいました。

誰も居ない駐車場に車を止め、性処理道具の入ったバックを持つとコースの中に向かったんです。

広々したコースで、妻を全裸にし首に首輪・お尻に尻尾の玩具を取り付け、胸の上下と股間をロープで縛り

四つん這いにさせると、妻の口にはボールギャグ、目隠しをして歩かせます。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||

2013年9月25日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

二人の秘め事【アニメキャラの体験告白】

ある日突然召喚された、騎士“ホーク卿”。

「羽の生えた敵に襲われ、軍は壊滅状態です。どうか、我々を

お助けください。」

呼び出したのは、かの国の魔法使いスパロンであった。

ホーク卿は、軽々と敵を全滅させた。

「本当に残念だ。他の時に出会えたならば友になれたかもしれ

ないのに………」

「ホーク卿、なんと慈悲深い。憎き敵に対してまで。」

「武人として当然のこと………ウッ」

ホーク卿は腕を抑え、その場にうずくまった。腕からは血が流

れている。

「ホーク卿!?」

スパロンは慌ててホーク卿に駆け寄った。

「不覚、刃に毒が。」

スパロンはおもむろに立ち上がると、パチンとマントを外し始


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||

2013年9月25日 | 体験告白カテゴリー:アニメキャラの体験告白

このページの先頭へ