ツルペタ金髪ツインテールの処女をいただいた【外国人との体験告白】

もう昔の事なんで時効にしてくれ。

当時20そこそこで就職してすぐに海外勤務。

それも僻地。死ぬほど言葉判らずな毎日。

国名は内緒にしておく。展開先で身元ばれしそうだしww

アメリカではない事は確か。

辛く苦しいホテル暮らし・・・と

想像していたけれど、意外と日本人観光客も

ちらほらといるホテルで安心だった。一年以上が過ぎて言葉もなんとかマスターして

土日のお休みは観光客相手に

非合法ガイドとかやってたw

これが意外と給料よりも収入が良かった。

なんせチップの嵐wバスを貸し切ってツアー会社が連れて行かない

場所へ連れて行き、店にマージン渡しといて

豪華料理で腹いっぱいに食わせる。

決してまずい店ではなく観光客が入れない様な


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||

2017年12月23日 | 体験告白カテゴリー:外国人との体験告白

ネトラレに関する一考察 【寝取られた体験告白】

ネトラレという言葉が市民権を得て、

エロ分野におけるひとつのジャンルを形成したのはここ数年のことである。

比較的新しい、このネトラレというジャンルについて私は以前から大きく二つの分野に分けられるということについて、

大衆がもっと留意すべきであると考えていた。

この場を借りてその考えを披露したい。



まず、言葉どおりのベーシックなネトラレは、

自分の妻ないし、恋人が、他の男に陵辱されるというパターンである。

これはネトラレの基本形と言って良いだろう。



そしてもうひとつのネトラレは、

自分の物では無いが、ずっと自分が憧れていた意中の女性が他の男に陵辱されるというパターンである。

自分の妻でも恋人でもないので、原義的にはネトラレとは言えないはずだが、

これもネトラレのジャンルに含めて考えるべきだろう。

特に、自分など相手にしてくれそうにない、いわゆる高嶺の花である女性が、


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|

2014年10月15日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

ウコンの力 【会社・職場での体験告白】

その夜の席は、私と部下の未央、先方は担当の課長と部長でした。

「お久しぶりです。このたびは大変ご迷惑をおかけしました。」

未央の手違いで、大きな損失を出すところを助けてもらったお礼の席で、宴会が始まりました。



未央は、紺のスーツで、その場を盛り上げようと懸命に頑張っていました。二人のグラスが空になると、すぐにお酌をします。でも、お酌する度に、飲まされて、課長に1杯で、未央も1杯。部長に1杯で、未央も1杯と、彼らの2倍は飲んでいた事になります。



「大丈夫?そんなに飲んで?」

それとなく、小さな声で聞くと、

「ご心配なく、これくらいは平気です」

未央はしっかりとした目で、答えていました。





お開きに近くなる頃には、さすがの未央も、足元がふらついていましたが、それでも、元気に振舞っていました。先方の二人も、酔って、未央へのボディタッチが増えています。でも、未央は、そんなことお構いなしに、相手をしているのです。



「カラオケバーに行こう!」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||

2014年5月9日 | 体験告白カテゴリー:会社・職場での体験告白

俺だけのかあちゃん3 【近親相姦の体験告白】

「お前は淫乱な女だなぁ」



俺が耳元で小さな声で囁くと、母ちゃんは弾かれたように激しく首を振る。不自由な体をうねらせながら。



「ううッううッむうッむうッ…」



母ちゃんの叫びは声にならない。声にならないことを自分の耳で確認させられる。絶望的な気分が高まる。



「お前の股の間から、いやらしーい匂いがしてるんだよ、この淫乱女ッ!」



俺は耳元で囁き、最後の部分だけハッキリとした声で宣告してやる。母ちゃんが全身を使って身もだえする。



俺は母ちゃんの上になってる足を掴んで、前に蹴り上げるように大きく上げさせる。股間を晒すために。

母ちゃんは必死に足をばたつかせて抵抗を試みる。しかし時間とともに抵抗は弱まる。しょせん女と男。

俺はヒザのウラに腕をまわして思い切り引き上げる。母ちゃんの股間が丸出しになり、大気に晒される。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||

2014年2月22日 | 体験告白カテゴリー:近親相姦の体験告白

カップルと呼ぶには早すぎる少女達を・・・13【痴漢の体験告白】

カップルと呼ぶには早すぎる少女たちを・・・。13 投稿者:じんかた つやし 投稿日:2月3日(日)1時46分35秒削除



「わはっっ!しゅご〜うい!!気持ちイイ、ヌルヌルいっぱい飛んだね!へへっ、

お兄ちゃん。気持ち良かったぁ〜?やったね!翔子ちゃん勝ちぃ〜〜!」

今で言う(?)「萌え萌え」な台詞を少女は吐いていましたが、僕は今まで一度も

経験した事の無いような「射精感」に頭の中は真っ白になってしまっていました。

(女の子の手コキが・・・、一瞬のフェラがこんなに気持ちいいなんて・・・。)

鍵がかかっている扉に「脱力したまま」寄りかかっている僕の身体は、重力に負け

ズルズルと下へ下がっていきます・・・。

「うふっ!凄いネバネバしてるね・・・、って何っ!?お兄ちゃん汚いよ!?」

おそらく自分の身体にぶちまけられたスペルマと、少女自身が気持ちよくなって

しまった時に、自分のおま0こから分泌される「愛液」との区別が出来ていない

少女は、首筋から胸の辺りにかけて大量に付着している「男の昇天の証」を珍し

そうに、また満足そうに見ていましたが、僕のむき出しのお尻がトイレの床まで

到達すると、慌てたようにそう言いました。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年2月15日 | 体験告白カテゴリー:痴漢の体験告白

痴漢でかんじてしまいした・・・【痴漢の体験告白】

高校生の時です。 長くてすみません・・・



朝、駅のホームでいつもみたいに並んでたんです。

後ろの人やけに息が荒いなあ、とか思いながらメールしてたの。

で、電車に乗ろうとした瞬間、その人にぴたっとくっつかれ、

人込みの波にまぎれてすごい勢いで押され、

車両の角に押し付けられてしまいました。



私はいつも最後尾の車両で、車掌室との間の壁に

寄りかかるようにしてるんだけど、それを知ってたみたいなんです。



電車が動き始める。かなり混んでいる。

その人は体の前に両手でカバンを持ってるみたい。

こぶしのごつごつしてるところが私のおしりにあたる。




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||

2014年2月15日 | 体験告白カテゴリー:痴漢の体験告白

出張先の彼女なおみ【寝取られた体験告白】

<>184名前:えっちな21禁さん投稿日:03/06/1109:24ID:RcYDjIbG<>



地方へ2年間出張していた頃、出張先の盛岡で彼女が出来た。おいらは22歳大学卒業後すぐに

長期出張を命じられて2年間行くことになった。一人暮しをはじめて1年が経とうとしている頃

おいらのいきつけの飲み屋にある女性が来た。名前はなおみ、歳は28歳おいらにとっては年上

のお姉さんって感じの綺麗な子でした。店が閉まる頃には二人で楽しく話ししていた。好きにな

るのは時間はかからなかった。お付き合いが始まり2ヶ月がすぎた頃、彼女が初めて家に来た。

もちろんSEXして楽しい時間を過ごした。





<>185名前:えっちな21禁さん投稿日:03/06/1109:25ID:RcYDjIbG<>



彼女はおいらが東京に帰るのを知っていて、私も東京に行きたいとせがんだ。おいらは構わない

よと言い熱い時間はすぎていった

と…ある日。おいらは会社帰りにいつもの飲み屋に立ち寄った。田舎なので駐車場付きでまた


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||

2014年2月14日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

不倫相手を寝取られて(征服)【寝取られた体験告白】

申し遅れましたが私は政夫で、T氏の名は田嶋と聞いています

ここからは彼女の話です



とりあえず政夫と相手2人が先に居酒屋に入り、田嶋と私がすり傷の治療のためコンビニに消毒薬類を買いにいくことになったのですが、買い物の最中田嶋は冗舌な話術でいろいろなことを話してきました、田嶋「デートの邪魔をして悪かったね」、私「私達さっき実は喧嘩をしていたのわかったでしょ」、田嶋「まあ喧嘩するほど仲がいいと言うけどね」、私「さっきのことは私も誤るけど勘弁してね」、田嶋「あなた次第かな」「私の知る範囲の女性であなたほどの美人は見たことないよ」「タクシーから降りてきたあなたを見た時はビックリでしたよ」「あの彼氏では全然釣り合いがとれないなぁ〜満足させてもらってないんじゃない?」いろいろ話しかけてきたのですが、待てよ〜この人たち20分ぐらい前のタクシー降りた時から私達に目をつけてたんだぁ〜とムットきたので、私「あなたなら私を満足させてくれる自信あるの?」とわざと挑発するように切り返すと、田嶋「どう思います?」と瞬間に後ろに回られ腰の少し下あたりを両手でタッチしてきたのです。すぐに払いのけましたが、触られたのは一瞬なのに鳥肌が立っちゃって、しかもそのタッチは一瞬のはずなのに性的な感触を想像させるものだったのです。





その場はそれで納めて、コンビニでサビオを買って居酒屋に戻ったら、政夫は2人に説教されているようで、かなりお酒も飲まされている様子でしたが、少し先ほどよりは穏便な雰囲気なので安心し田嶋と奥の席に着き落ち着くことにしたのです。明らかに酔っ払っている3人を無視するように田嶋は「明らかに傷害だよね、彼氏も酔っていて話にならないようだし、ここはあなたに責任とってもらおうかな」とまじめに話してきたので私「冗談でしょ」とかわしたのですが、その時はすでに彼の手は私の太腿上にあったのです。顔に平手打ちをしようとも思ったのですが、今日の延長線でまた暴力行為ではまずいと思いしばらく好きにさせておくことにしたのです。





コンビニ前で腰をタッチされた時と同じでそれはソフトな感触でした。今までの経験した男達の脚への触り方は内太腿が中心で結構単調なタッチが多かったのですが、田嶋は一番私が感じる膝のウラとかそのちょっと上を巧みに触るのです。しばらくして、田嶋「警察呼ぶのが一番いいと思うけど、ここまできたら自分たちで解決しようか」「ホテルで話が出来たら水に流すよ」と切り出してきたので私「冗談でしょ私がやったわけじゃあるまいし」と逃げたのですが田嶋「まあよく男がホテルに行っても何もしないと言って誘うけど、俺は今日あなたに会ったばかりなんだから本当に話をするだけだよ」、私「ホテルじゃなくても静かな所だったらいいの」でも仕方なくここは私が犠牲になれば済むのであればいいかと思うようになってきた、政夫も寝てしまっていて早い解決にはとホテルに行くことを決心したのです





田嶋は嫌いなタイプの男でもなく、さっきからの彼の触りで私自信もちょっとその気にさせられていて、最低条件を誓約してくれれば、拒否する気持ちは少なくなってきていたのです。

そして三人を残して店をでて歩きながら

私「もしいやらしい事を考えているなら力ずくは絶対イヤ!だから約束だけは守ってくれる?」と条件をつけました


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||

2014年2月11日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

母娘屈辱【レイプの体験告白】

1・忍び寄る魔の手



「お母さん、どこにいるの?」

リカが母の姿を求めて廊下を移動する足音が聞こえる。赤いランドセルを背負ったまま、リカは部屋を覗きまわっていた。



「奥さん、どうやら娘が帰って来たようだぜ。」

傷のある男は織江の耳元でそう囁くと、手に持っていたガムテープで織江の口を塞いでしまった。



「すまないね奥さん、ここであんたに騒がれちゃあ、元も子もないんでね。おいお前ら、娘をここに連れて来い。」

傷の男が命令すると、後の二人はリカを捕まえる為、部屋を出て行った。



「へへっ奥さん、もうすぐ娘と対面できるぜ。」

体を拘束され、声も上げる事が出来ない織江は、娘が無事逃げられるよう、心の中で祈るしかなかった。



「お母さんどこに行ったのかな〜?」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||

2014年2月11日 | 体験告白カテゴリー:レイプの体験告白

姉レイプ【レイプの体験告白】

高木・柿崎・前川達が、僕の家に押し入って姉をレイプしたその日と翌朝、

姉は何事も無かったかのような態度だった。

僕は、きっと大して酷い事まではされなかったんだ、と、少し罪悪感から開

放されて楽な気分になっていた。

 次の日、学校に行くと高木と柿崎と他数名は学校をサボって来ていなかっ

たが、レイプ計画に参加していた米田という奴が登校していて、朝一で僕の

所に来て、「昨日、お姉さんは何か言ってたか?」と、罪の不安からか、僕

に姉の動向を探ってきた。

僕は、姉が普段通りの態度をとっていた事を米田に伝えると、ホッとした様

に、「前川の情報通りだな・・」と呟いた。

大人しく真面目な姉の性格を知っている前川は、姉が泣き寝入りする事を見

越して計画を立てていた。

計画の失敗を確認したかった僕は「昨日、どうなった?」と、米田に聞いて

みた。

米田は苦虫を噛み潰したような顔をして、「ああ、どうかな、俺的には失敗


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||

2014年2月10日 | 体験告白カテゴリー:レイプの体験告白
1 / 1712345...10...最後 »

このページの先頭へ