友達の母 M子との再会【友達との体験告白】

もう3年前の話だが、飲んだ勢いで、オッサンたちに2軒目のスナックへ連れて行かれた

近所だったが、その店には初めて行った

マスターも店員も客も50代後半~60代のオッサンとオバチャンたちの憩いの店だったオッサンが5人、店員も含めてオバチャン7人が狭い店内にいた

そこへ36歳のオレが行ったから、たちまちオバチャンたちの人気を集めてしまった

ベタベタと遠慮なく、カラダや太ももをなでまわされて、中にはチ〇ポをなでて来るつわものもいたが、酔っているのでそれほど不快ではなく、むしろ気持ちよかったぐらいだオバチャンのなかに見覚えのある人がいた

近所に住む後輩の母親(M子さん・57歳)だった

昔からキレイだったが、いまでも若く見えて、オレ好みのムッチリ系熟女になっていた近付いて行って、「U川君とこのお母さんだよね?」と声をかけると、うれしそうに「あぁ、覚えてくれてたの?T君、立派になってるからわからなかったわぁ」と言われた

それから昔のことや、彼女が22歳でU川を産んで、彼が高校生の頃に離婚したことなどを聴いた

後半、オレが聞き役に徹していたら、「T君はやさしいねぇ、うちの子は話も聞いてくれないし、結婚してからはあんまり家にも寄りつかなくなった」と言っていたので、「オレでよければ、いつでも話相手になるから連絡してよ」と電話番号を割りばし袋に書いて手渡した

そして、店も閉まって、オレたちは解散したしばらく歩いていると、すぐに電話が鳴り、期待しながら出てみるとM子さんからだった

「みんなと別れたら、うちに来て飲み直さない?」という誘いだったU川の家に行って、チャイムを押してみると中からM子さんが出て来たのだが、すでに着替えて、胸元が大きく開いた部屋着のワンピースになっていた

思わず胸元に目線が行くと「ちょっとォ、エッチなこと想像してるんじゃないでしょうねぇ?」と言われたので、「すみません、ちょっとだけ期待しちゃってます」と言うと、彼女が抱き着いて来て、「私も電話番号をもらったときから、エッチなこと考えちゃってたの」と言われた手を引かれて、寝室に通されると一人の女性には広すぎるベッドがそこにはあった

「こんなことになるのは、離婚してから初めてよ」と、わざわざ説明しなくてもいいことを言っていた舌を思い切り絡めあって、むさぼるようにキスをして、大きな胸をワンピースの上からもんんでやった

勃起したペニスを洋服の上から恥丘にこすりつけてやるとM子さんが「アアァァァッ・・・」と大きな吐息をもらした

スソから手を入れて、ふくらはぎ、太ももをなでまくって、パンティーの上から割れ目をなぞると、そこはすっかり湿り切っていたパンティーを脱がして、ワンピースもまくりあげて、一気に全裸にして、割れ目やクリトリスをベロンベロンに顔全体を使ってなめまくると、もうM子はガマンしていたものを吐き出すように「スゴイの!T君の顔が私のに吸い付いてスゴイのぉぉぉ」と快感の声をあげてくれた


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||

2017年12月21日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

気に入れば中出しOK 【出会い系での体験告白】

「気に入れば中出しOK」



という書き込みをセフレマッチコミュで見つけた。



イケメン以外はゴム付きということか?



で溜まっていることもあって興味本位で早速メールを送って交渉

イケメンじゃないからという事で・・・

ゴム付きでって事で会う事になった。



実際に鼻から下のプリクラ画像がサイトには添付されていて

絶対に美人だろうなと思っていたが会ったらかなりの美人だった。



プロフィールにはゴマキ似とありがちな事が書いて

あったが、本当に似ていた。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||

2015年12月14日 | 体験告白カテゴリー:出会い系での体験告白

初セフレ 【出会い系での体験告白】

セフレ掲示板でいつも週末暇してるから飲み友とかカラオケ行ける友達欲しいみたいな書き込みをしていた女と少しやりとりしていた時にLINEでやり取りしないか提案してみたら思いの外簡単にOKしてくれたのでそれ以降は掲示板を使わないでLINEだけでやりとりをする事になった。LINEの方がレスも早いし毎回掲示板にログインする必要がないのでセフレ掲示板ではLINE交換をこの頃からするようになった。



[画像]



少しLINEでやり取りしていたら週末誘って欲しいみたいだったので軽く食事してカラオケで飲んで歌ってはしゃいで最終的に終電を逃してしまうというノー計算のガチミスだったのにこれがキッカケでホテルに行けるという嬉しい誤算。



ホテルでいい雰囲気になった所でキスしたら自分から舌を絡めてきたので、そのまま脱がせてベッドイン。前戯の途中で電マ使ったら今までとは段違いな鳴き声になり気持ちいいと恥ずかしいの間で足を閉じてしまうので自分で足を広げてクリに当たりやすくしないなら電マ使わないよと言ったら意地悪言わないでと言いながら自分で両足を広げて股全開wこの子、結構Mです。



[画像]



で、調子に乗って電マでクリ責めしながら「ああぁ・・うぅんイキそう」と行った瞬間に電マを止めてイカせないという事を繰り返していたら自分からチ●ポを握って「入れて・・ねぇ意地悪しないで」と懇願する姿がタマリマセン。



[画像]



何処に入れて欲しいの?自分で入れて欲しい所に持って行ってと言い「ココ」と恥ずかしそうに出来た所でご褒美挿入!電マで責めまくったので入れて1分もしない内にイッちゃいましたが構わずピストンし続けたらビックリする程早く2回目を迎えて早くもグッタリ。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||

2015年12月12日 | 体験告白カテゴリー:出会い系での体験告白

二十歳の女子大生が潮吹きした話 【レイプの体験告白】

果歩 「ぁ・・・あの・・・」





椅子に縛られ身動きのできない果歩の身体と顔を舐めるように見つめる大林。





大林 「いやぁ果歩さんは本当に可愛いねぇ、これだけ可愛いと、男の子なんかに凄くモテるでしょう?」





果歩 「い・・・いえ、そんな・・・あっ・・・」





大林は果歩にそう聞きながら、毛深い手でスカートから伸びる果歩の生脚、その脹脛(ふくらはぎ)辺りを擦り始めた。






この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||

2015年7月31日 | 体験告白カテゴリー:レイプの体験告白

42歳の人妻とタダマン体験談 【浮気・不倫の体験告白】

人妻好きの友人から教えてもらった癒し妻新空間というサイトがあるんだが

このサイトに掲示板があって色んな投稿がされている中で

タダマン出来る人妻がいないか呼びかけた。



俺は26歳なんだが若いから相手にされないと思っていたら

10分後には何人かの人妻からコメントがあった。



その中で気になったのは42歳の専業主婦の唯さん。



1番興味があったのはプロフィールに設定してあった写メ。



42歳って結構オバサンなイメージあったけど

イマドキの40代って思ったり若くてビックリした。



唯さんとの待ち合わせはすぐ決まった。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||

2015年6月27日 | 体験告白カテゴリー:浮気・不倫の体験告白

姉妹レズと 【複数・乱交体験告白】

僕は29歳の普通のサラリーマンで結婚6年目です。



事の始まりはGW前に嫁と子供が先に実家に帰省し家族で温泉に行く予定だったので、帰省は明後日の予定だった。

その日は仕事も午前中に終わり、時間ができたので午後からゴロゴロしていたが、暇でどうしようもなかったので学生時代によく行っていた友達のTが勤めているジムに行くことにした。







ジムに行きTを呼んでもらおうと受付の女性にお願いしたら、「Tさんは昨日からGW休暇をとっていますよ」と言われ、せっかく来たので泳いでいくことにした。



ここは元カノのMと付き合っていた時は週3くらいで来ていた。





1時間半くらい泳ぎ夕方になってきたので帰ろうと思いサウナに向かった。ここは男女兼用のためよく出入りがあった。



一人の女性が入ってきたのは気付いたが、あまり気にもとめていなかった。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年10月20日 | 体験告白カテゴリー:複数・乱交体験告白

嫁が隠していたディルドは元カレのアレだった 【寝取られた体験告白】

玄関のドアが開く音で目が覚めた。寝ずに待っていようと思っていたのに、いつの間にか寝てしまったらしい。

時計を手に取り見て見ると、夜中の3時だった。

意外と早かったなと思いながら、ベッドを出て嫁を出迎えようとすると、いきなり寝室のドアが開いた。



『ごめんね〜。寝てた? 5人もいたから、ちょっと手間取っちゃったw』

嫁はそう言いながら、ベッドに歩み寄ってくる。

嫁は、28歳の専業主婦で、165cm45kgの痩せ型だ。無駄な肉のない、スレンダーな体つきだが、男目線だと”抱き心地の悪そうな体”だ。女性目線では、こういう体が良いらしいが、もう少し肉感的で、胸も大きい方が良いんじゃないかと思う。



でも、そんな不満もどうでもよくなるくらいの、可愛い顔をしている。桐谷美玲を少し薄くしたような顔で、顔を見ているだけで一日過ごせてしまいそうなくらいの美人だと思う。

こうやって書くと、欠点のない嫁に思えるかもしれないが、とにかく淫乱なところが欠点だと思う。



嫁は股下5cm位のマイクロミニスカートに、ヘソと肩が丸見えのキャミソール姿で私に近づいてくる。肩位の長さの少し茶色の髪はボサボサになっていて、所々、糊(のり)でもついたようにカピカピに固まっている。

そしてその顔は、見てわかるくらいに発情したメスの顔になっている。

こんな姿で、タクシーに乗って帰ってきたのかと思うと、心配になる。運転手さんにやられてしまわないかという心配と、近所の人に見られないかという心配だ……。

きっと美玲は、運転手さんに誘われたらすぐに応じてしまうと思う。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||

2014年10月9日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

人妻ラブホに連れ込むの簡単 【浮気・不倫の体験告白】

俺(172cm)より背が高い。

笑顔で迎えてくれ腕を組むとDカップは嘘でないことが肘で解った。

ささやき交わしながらラブホまで歩く。



「出会い初めて?」

「そう。ドキドキしてるの…来てくれないかと心配で」

「どうして俺に決めたの?」

「最後の2人で迷ったんだけど、言葉遣いで優しい人と思ったから。

でも逢ってみてやっぱり優しい人で良かったわ。」

 

 

目当てのラブホがあるようで誘導される。

ラブホのシステムに戸惑う俺をさりげなく誘導し部屋に入る。

こちらも余裕のあるところを見せていきなり押し倒しはせず、

ソファで飲み物に口をつけながらしばらく会話


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||

2014年10月8日 | 体験告白カテゴリー:浮気・不倫の体験告白

人妻と待ち合わしてラブホ直行 【浮気・不倫の体験告白】

俺(172cm)より背が高い。

笑顔で迎えてくれ腕を組むとDカップは嘘でないことが肘で解った。

ささやき交わしながらラブホまで歩く。



「出会い初めて?」

「そう。ドキドキしてるの…来てくれないかと心配で」

「どうして俺に決めたの?」

「最後の2人で迷ったんだけど、言葉遣いで優しい人と思ったから。

でも逢ってみてやっぱり優しい人で良かったわ。」

 

 

目当てのラブホがあるようで誘導される。

ラブホのシステムに戸惑う俺をさりげなく誘導し部屋に入る。

こちらも余裕のあるところを見せていきなり押し倒しはせず、

ソファで飲み物に口をつけながらしばらく会話


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||

2014年9月3日 | 体験告白カテゴリー:浮気・不倫の体験告白

嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした完 【寝取られた体験告白】

嫁のまさみとは、結婚して8年近く経つ。

でも、出会ったのはずっと昔だ。



まさみが中学受験をするときの家庭教師だった俺は、まさみが小学6年生の時から、ずっと彼女を見ているということになる。

その頃から飛び抜けて美少女だったまさみ。

彼女に対して恋心を持ちながらも、立場上それを胸に秘めていた。でも、まさみも俺に恋心を持ってくれていて、彼女が2の時から交際を始めた。

順調に交際も進み、結婚し、子供も二人授かり、幸せそのものの人生を送っていた。





それが、俺のちょっとした見栄とか優越感で、会社の仲良しの先輩にまさみを抱かせてしまった。もちろん、初めはそんな事をするつもりはまったくなかった。それなのに、まさみが長田さんとデートをした報告を聞くだけで、異様に興奮する自分に気がつき、同時に自分の寝取られ性癖に気がついた結果、結局行くところまで行ってしまった……。



まさみは、俺が隠し撮りしている事に気がつき、見せつけるように長田さんとセックスをした。

『今までで一番気持ち良いよおっ!!!』

可愛らし顔を真っ赤にしながらそう叫び、イキまくるまさみ……悪夢としか言えない状況の中、俺は絶望に打ちひしがれながらも、確かに興奮していた……。




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||

2014年8月11日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白
1 / 1212345...10...最後 »

このページの先頭へ