那須方面の混浴露天のある宿【温泉での体験告白】

<>878温泉つながりsage04/03/0303:24ID:Q7e2wewZ<>

今日体験したての実話です。

帰って来て、興奮してるので、公表したくなりました。

思い出しながら書くので微妙に変なところもあるかもしれません。

文章が下手なところは目をつぶってください。



きつい仕事の会社に勤め、女の娘と話す環境もなく、

風俗にも行った事がなかったわたしは、今まで27年間「童貞」でした。

はっきりいって腐ってました。

そんな私の友達は男友達とエロビデオくらいのものです。

しかし昨日、今までの私にはありえない劇的な体験をしてしまったんです。



<>879温泉つながりsage04/03/0303:26ID:Q7e2wewZ<>

腐れ縁の男友達と一泊のスキーに行ったんですが、

相方が何人か声を掛けたんですが、当然相手にもされません。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年2月6日 | 体験告白カテゴリー:温泉での体験告白

40歳のオレに20歳の彼女ができた話 【恋人との体験告白】

ちょっと自慢カキコさせてくれ



40歳のしがないサラリーマンなのだが、



20歳下の可愛い彼女ができて、毎日幸せすぎる。



20歳下っつったらハタチよ。今年、成人式だったのよ!



オレが童貞喪失した年に生まれたってことよwww



しかもその子は色白清楚系でめっちゃ可愛くて、



容姿なら間違いなく歴代彼女ナンバー1



おっぱいの大きさは普通だけど、色・ツヤ・ハリが違う。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||

2013年10月1日 | 体験告白カテゴリー:恋人との体験告白

婚約中の出来事 【修羅場の体験告白】

52:恋人は名無しさん:2012/01/11(水)02:02:11.03ID:JlwONWMk0

初投下なので、読みにくかったらすみません。ありがちな修羅場ですが。



私子:OL 20代半ば  

彼男:会社員 20代半ば 

浮子:彼男の同僚、同期 20代半ば



私子と彼男は高校時代の同級生。社会人になってからメアド変更の連絡をきっかけに急接近し、付き合うことに。

その後2年近く付き合った時に、彼男が他の支店へ異動することになった。それまでも隣県にお互い住んでいたものの、電車で一時間もあれば会える距離。

しかし今回の異動に伴い彼は引っ越しをすることになったので、距離的にかなり離れてしまう。



結構離れてしまうな〜なんて思っていたら、彼男から「色々考えたけれど、これを機に結婚しよう。ついてきて欲しい。ずっと一緒にいよう」とプロポーズ。

「いつか結婚したいね」なんて世間話程度に話したことはあったけれど、真剣に考えていてくれたことに感激し、私子はもちろんOK。



両家の顔合わせなど、とんとん拍子に進み、まさに幸せの絶頂ww


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||

2013年9月27日 | 体験告白カテゴリー:修羅場の体験告白

20歳下の彼女とやりまくりな日々 【恋人との体験告白】

40歳のしがないサラリーマンなのだが、



20歳下の可愛い彼女ができて、毎日幸せすぎる。



20歳下っつったらハタチよ。今年、成人式だったのよ!



オレが童貞喪失した年に生まれたってことよwww



しかもその子は色白清楚系でめっちゃ可愛くて、



容姿なら間違いなく歴代彼女ナンバー1



おっぱいの大きさは普通だけど、色・ツヤ・ハリが違う。



もうね、付き合いだしてまだ6カ月だけど、毎日ラブラブで、


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||

2013年9月25日 | 体験告白カテゴリー:恋人との体験告白

本当は役に立つ豆知識4 【レイプの体験告白】

美砂江さんたちには晴子と呼ばれている。わたしは彼女たちに奴隷になることを誓い、調教を受け続けた。

わたしの身につけるものは女の子の衣服だ。化粧をすることも上手になった。鏡の中のわたしはどこから見ても美しい少女だった。

それなのに、スカートを持ち上げて勃起したペニスが突き出している異様な姿だ。美砂江さんたちに服従を誓ったわたしは、命令されれば、オナニーを鑑賞していただく。

勃起したペニスを自分の手でこすりあげ、射精までしてみせる。射精した精液は自分の口で清めた。アヌスの拡張訓練も毎日された。美砂江さんたちのつけたペニバンで犯されることも経験した。アヌスに突き刺されるペニバンの感触にわたしのペニスは異様なほど

勃起した。犯されながらペニスを彼女たちの手で刺激され、何度も射精した。

わたしの股間には革製の拘束具がつけられている。ペニスを締め付ける革製の拘束具はアヌスに挿入する突起もつけられているから、常にわたしの股間を刺激する仕組みだった。バイブも内蔵しているので、スイッチを入れられるとわたしはいつでもどこでも身悶えしなければならなくなる。

拘束具から伸びる革紐を引っぱられての露出調教を何度も経験した。恥ずかしいのに股間のペニスは天を向いてそそり立っている。

 奴隷になって2週間目に剛太さんのマンションで飼われることになった。マンションに部屋にはいると、そこは賑やかで同級生たちが何人もいた。そして全裸の母が部屋に張られたロープをまたがっていた。ロープの高さは母の股間に食い込むようになっている。全裸の母は鞭打たれていた。鞭打っているのは、担任教師の山村美樹先生だった。山村先生も全裸だ。

わたしが部屋に入っても母は気づいていないようだった。女装をしたわたしを息子だと認識していないのだろう。

わたしはペニスの紐を引かれながら歩かされ、剛太さんの前に立たされた。

「いじめられることが大好きな淫乱マゾ奴隷の晴子です。命令には絶対服従しますからこのお部屋で奴隷として飼って下さい」

練習させられたとおりに奴隷としてご挨拶した。

「かわいい顔をしているじゃねえか。まさかお前が晴男だとはな」

剛太さんはそう言って笑った。回りの同級生たちの笑い声も渦巻いた。

「次は後ろに歩くのよ。さっさと歩きなさいよ、牝豚!」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||

2013年9月9日 | 体験告白カテゴリー:レイプの体験告白

本当は役に立つ豆知識3 【露出の体験告白】

剛太から渡されたアドレス。リビングのパソコンからアクセスすると行き先はアダルトサイトだった。

卑猥なデザインのそのサイトに使われていたのは母の画像だった。緊縛された母が微笑む画像とタイトル「未亡人マゾ奴隷の調教記録」が目に飛び込む。

母の顔には目線が施されている。パスワードを求める画面。ここは有料サイトなのだ。

剛太から渡されたパスワードを入力する。パスワードを開いた先の母の顔にはさっきよりもかなり細い目線がつけられていた。プロフィールには父がなくなり未亡人となったことや高校生の息子がいること、そして息子と性的交渉をもったことが書いてあった。

もちろんぼくと母の近親相姦の事実が公開されているんだ。母がぼくの股間に顔を埋めている画像もあった。ぼくの上半身は映っていないが母のペニスを咥えた顔は目線を除いてまるみえだ。

息子のペニスをむさぼり舐める淫乱マゾ奴隷の志保と説明されている。

このサイトを知っている人が見たら目線があっても母だとわかってしまうのではないだろうかと不安になる。

母の調教記録が画像と動画で紹介されていた。輪姦調教や異物挿入による拡張調教、露出調教の画像と動画もある。母は何度も露出調教をされていた。十代の子が穿くようなマイクロミニを着た画像や動画。マイクロミニから露出する臀部。白い臀部がまるみえだ。

母はノーパンでマイクロミニを穿かされ、外をつれまわされていた。セーラー服姿の母もいた。その姿で電車にも乗っていた。浣腸したままで電車に乗せたと説明してあった。母の美しい顔は目線があっても苦しそうにみえる。腹を押さえて腰をかがめた姿勢だ。

動画では、電車の雑音に混じって母の苦しげな声が聞こえる。やがて電車を下りた母は、あろうことかプラットホームでしゃがみこみ、セーラー服のひだスカートをまくって排泄をはじめた。母を囲むようにして何人もの足が見えている。そこには何人かの女性の足もうつっていた。

息子の同級生たちに自分から進んで奴隷調教を受けるマゾ未亡人だと書いてある。母は無理やり笑うように命令されたのだろう。こわばった笑みを浮かべながら排泄をしていた。

犬になって四つん這いで張っている画像や動画もあった。場所は公園だろうか。

四つん這いになっている母の臀部はむき出しだった。白い尻肉が陽光に光っている。

そして母の双臀の狭間から尻尾が突き出していた。キュウリの尻尾をつけられて犬にされているのだ。四つん這いの母を囲んでいる足。同級生の足ではなかった。

小学生らしき何人かの足が見える。母は公園で小学生に囲まれて犬になった姿を鑑賞されたのだろうか。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2013年8月31日 | 体験告白カテゴリー:露出の体験告白

千春&礼香【友達との体験告白】

<千春&礼香>

こんにちは、私は千春。妹は礼香と言います。

私達は血の繋がった実の姉妹ですがMのレズビアンの関係なんです。

ふたりとも県内の女子校に通ってて、友達の間ではMレズ姉妹で有名です。

手を繋いで登校してて、別々の学年なので別れ際にキスしてから別れます。

お昼も「あーん」って二人で食べさせあいっこしながら食べるんです。

口と口で食べさせあうこともあり、友達からからかわれてますが

ふたりともあまり気にしてません。

マゾっ気が爆発するとみんなの前でレズビアンショーとか、おしっこを

見てもらいますが、皆はその事を秘密にしてくれます。

友達の中にサキという子がいて、この子はかなり女王様入ってます。

変態どもオナニーしてみろって言われた時は、二人とも狂ったように

オナニーしてしまいました。

また投稿します。




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年8月12日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

ヘンタイ姉妹【友達との体験告白】

こんにちは、私は千春。妹は礼香と言います。

私達は血の繋がった実の姉妹ですがMのレズビアンの関係なんです。

ふたりとも県内の女子校に通ってて、友達の間ではMレズ姉妹で有名です。

手を繋いで登校してて、別々の学年なので別れ際にキスしてから別れます。

お昼も「あーん」って二人で食べさせあいっこしながら食べるんです。

口と口で食べさせあうこともあり、友達からからかわれてますが

ふたりともあまり気にしてません。

マゾっ気が爆発するとみんなの前でレズビアンショーとか、おしっこを

見てもらいますが、皆はその事を秘密にしてくれます。

友達の中にサキという子がいて、この子はかなり女王様入ってます。

変態どもオナニーしてみろって言われた時は、二人とも狂ったように

オナニーしてしまいました。

また投稿します。






この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2013年8月8日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

寝取られ日記 【寝取られた体験告白】

■はじめまして 20XX年XX月XX日



ネット上の変態のみなさま初めまして、神奈川県在住の22歳の人妻、さくらと言います。このブログでは、わたしさくらがグズで低収入の寝取られM夫を裏切って、とってもお金持ちで巨チンのご主人様「S様」に身も心も寝取っていただく過程をみなさまにご報告していきたいと思います。このブログはもちろん大好きなご主人様のご命令で作成しております。さくらのすけべな写真や動画もどんどんUPしていくそうなので、さくらでいっぱいザーメン抜き抜きしてくださいね♪



【コメント:23件 トラックバック:0件】







■寝取られ変態妻♪ 20XX年XX月XX日



 みなさま、いつも沢山のえっちなコメントありがとうございます♪ さくらをもっと惨めな変態扱いして、いっぱいいじめてくださいね。



 今日もご主人様と夫の留守中に3回もバックでハメハメしていただきました〜。場所はもちろんわたしたち夫婦のお部屋です♪ 家主の夫があくせく会社で働いているときに、その寝床でゆっくり不倫相手とラブラブセックスをするのはほんとに快楽中の快楽って感じ。今日はチンカス掃除のやり方をたっぷり2時間仕込んでいただきましたぁ。



 ご主人様の命令で、今日はコメントで頂いた質問にお答えをすることにします。一番多かった「さくらはどうして夫を裏切ったのか?」というご質問ですが、答えは「夫が低収入で包茎で早漏でグズだから」「S様がとってもオチンポがおっきくてイケメンで、何でも頼めば買ってくれるお金持ちで、Mのさくらを沢山調教してくださるから」です。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2013年7月27日 | 体験告白カテゴリー:寝取られた体験告白

友達彼女(美形)のフェラ 【フェラチオの体験告白】

高校時代、友達に一歳上のかなり美形の彼女がいたんだが、

実は彼女のほうが一方的に友達を好きで、

友達もそれを分かって性欲の捌け口として付き合っていた。



俺は一番の友達とあってそのおこぼれに預かることが多く、

友達の命令でノーパンで登校してきた彼女が俺の前でスカートをめくって

中身を見せさせられたり、俺の見てる前で放尿させられたり、

半ば露出調教みたいな雰囲気。



彼女はもともと俺と同じ小中学校だったので

最初はものすごく抵抗があったようだけど、

いつも俺相手なので途中から彼女はかなり慣れてきたようだった。

ただ、俺が童貞で照れ屋だったので、

友達にとっては彼女だけではなく俺の反応も面白かったらしい。




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||

2013年7月13日 | 体験告白カテゴリー:フェラチオの体験告白
1 / 212

このページの先頭へ