教え子の乳首拝見【露出の体験告白】

 当時私は、近所にあった個人経営の塾で、講師のアルバイトをしていました。個人経営といっても、2階建ての建物に教室が3つ事務室が1つあって、それなりの規模でした。対象生徒は小学校4〜6年生と中学生です。

 面白いことに、この塾の生徒の男女比は1:9くらいで女子が多かったのです。これは塾の経営者が女の子ばっかり集めていたわけではなく(笑)友達に誘われたとか、友達に紹介されたとかでだんだん女子が多くなってしまったそうです。女子生徒が多くなればなるほど男子生徒が入塾しにくくなり、ますます女の子ばかりになるわけです。



 こんな環境のなかで、氷魚は中学生の数学を担当していました。

 やっぱりみんな数学嫌いなんですね(苦笑)最初は数学担当だというだけで露骨に嫌われたりして大変でした。しかし何ヶ月か経つうちに生徒とも打ち解け、みんなと仲良しになることができました。

(余談ですが、短期間で生徒の成績が上がり入塾者も増えたということで、かなり高額のバイト代を貰っていました。教師の才能あったのかも(^^;)



 教え子は可愛い女の子ばかりだし、お金は儲かるし、氷魚はかなりこのバイトに満足していました。

 特に夏場は最高です。なぜなら、夏になると女の子の服装が薄着になるからです。特に夜の授業では、Tシャツとかワンピース1枚だけでノーブラの子も多くいました。周りが女の子ばかりで安心なのでしょう。

 そんな女の子の横に立って一緒に問題を解いたりしていると、ほぼ真上から胸元を覗き込むことができてしまうのです。運が良ければ、1日に5〜6人の乳首を拝見できました。



 と書くとほとんど痴漢そのものですが、氷魚にだってモラルはあります。近づくと胸元を気にする子とか、ちょっとでも嫌そうな表情をした子は、覗かないことにしていました。可哀想ですからね。つまり、覗いても気にしない子(羞恥心が無い?)か、気が付かない子か、嫌がらない子がターゲットになるわけです。

 中3くらいになると私が覗いてる事に気が付いても「あーまた見てるー」程度の反応しかしない冷めた子もいました。ダボダボのTシャツにブラジャーとか、ノーブラでキャミとか。ブラジャーはいくらでも見せてくれたのですが、さすがに乳首はNGらしくて一度も見れませんでした。しかも彼女たちはタダで見せてくれるわけではなく、休憩室にいる私のところに来て「ジュースおごって〜」とか言うんです。もっと高額なモノをプレゼントすればもしかして……とか考えたこともありましたが、彼女も私も援助交際しに塾に来ているわけじゃないですからね。



 さて、氷魚が担当していた女の子の中にアイドル級に可愛い子がいました。スタイルも良くて、一見すると高校生に見えます。さらに彼女は非常に真面目な生徒で、成績も優秀。ただ性格は少し引っ込み思案で、物静かなタイプの子でした。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||

2014年2月7日 | 体験告白カテゴリー:露出の体験告白

カメラ倶楽部【人妻の体験告白】

今日は 主人四十代 私三十代の夫婦です 主人は会社で カメラ倶楽部に席を置いています 活動といっても 年に数回あるだけで ほとんどが飲み会です 倶楽部員は 主人を入れて たったの五人だけ 部長は会社の専務さんです 四十代は主人だけで 専務が六十歳 後は五十代後半です 先日このメンバーで飲み会があり 私をモデルに撮影会をする事になったのです 私の承諾も取らないまま 主人たら 酒の勢いで決めたらしいんです なんで私みたいな おばさんを もっと若い人に頼べばいいじゃないの 私 絶対イヤだからね と抗議しました すると主人 専務やメンバーの人達には 仕事上 大変お世話になっている 断り切れなかったと言うんです

 その人達 私たちの結婚式に来て頂き 私の若い頃をご存知なのです 酒の席で久し振りに 君の奥さん見てみたい あの時は綺麗だったなあと主人おだてられ いい気になってオーケーしたそうです まあ若い頃は体に 少しは自信あったんですが 今はぜんぜんダメです おなかは出てるし お乳はタレてて ひと前に出す体じゃありません そしたら主人 服を着て ただ立ってるだけでいいからと言うんです ・uケ筺w) 主人の付き合いも考えて ほんとうに立ってるだけよと約束して シブシブ了承しました。 撮影会場は専務さんの豪邸でした 私達が行くと メンバーの人達は来ていました その日専務の奥さんと家族は旅行で 倶楽部員と私を入れて六人です 皆さんニコニコ顔で 私を迎えてくれ 少しは落ち着きました 専務さんは憶えていたんですが 外の人達は? 大広間に 軽食とワインが用意されていて ご馳走になり一時間程談笑し 私も周りが 年配ばかりなので リラックス出来ました

 専務さんが それでは始めますか 皆さん二階へどうぞと案内しました 二階にはカメラが数台セットしてあり 私はいっぺんに緊張してしまい足が震えました やっぱり断ればよかったと 思っても後の祭りですそれでは奥さん そこに立ってと専務さんから指示され 言われるまま ポーズを取っていました 二十分程で休憩に入り ビ−ルとお酒が出され 私も勧められるまま飲んでしまいました 少し酔ったところで 再開です 奥さん次はコレ着て下さいと専務さんから袋を渡され 中を覗くと 下着とスカートです 取り出して見ると スケスケTバック下着と赤のミニスカートです それもパンティーライン ギリギリです 彼達の目的は最初から 私にこの格好をさせたかったのです 私がこれは着れませんと 専務に言います 専務は困り顔で 主人に 君話が違うじゃないかと言ってます どうやら主人 自分の顔つくりの為 私にどんな格好でも させますと みんなと約束したらしいんです 私に相談もなく 主人 私に 頼む言う事 聞いてくれ 上役たちに これからの事もあるしと 小声で囁きます 自分の出世ために私を利用したんです

 ここで主人に恥をかかせる訳にはいかず 帰りに何かブランド品を買って貰う約束をして 隣の部屋に着替えに入りました 下着はブラもパンティーもスケスケで乳首や陰毛が丸見えです おまけに ヒモが オマンコに食い込み なんだか変な気分になります スカートを履くと これがまた短く とても人前には出れません 私がモジモジしてると オーイまだかと主人の声が 私は急いで薄いブラウスを引っ掛けました 突然ドアが開き主人が 私の手を取り みんなの前に引き出されました 私は顔を上げられず下を向いたままじっとしていました いいねえ 中年の色気とミニスカート このギャップがたまらなぁw)い・uヒ いいモデルだ 今日はいい写真が撮れそうだ など勝手な事を言い合い 私を見詰めます 奥さん そこの台に上がって下さいと専務の声が 見ると高さ50センチのテーブルが用意されてあり 私は言われるまま上がりました 皆 カメラを下からあてがい パンチラショットです 隠す訳にもいかず 撮られまま我慢してると もっと脚を開いてとか 目線はこっちとかいろんな注文が飛び交います そして私が一番 恐れていたポーズです

 次 奥さん四つんばいになってと 専務から注文が来ました 私はそれだけは カンニンして下さいと断りますが 主人がいいから 皆さんの言う通りしなさいと申します 私は絶対 後ろには廻らないで下さいと条件を付けました だって私のオマンコ ヒモ一本で穴をかくしてあるだけで おそらく私の 人より長くて変色したビラビラが出てると思うんです いや絶対に出てます 主人よく お前のビラビラ長くていやらしいなあ 使い込んでるのがわかるよと 引っ張って遊んでいます。後ろに廻らないから 奥さんブラウスを脱いでと頼まれました 主人をみると 黙ったまま ウンウンと頷きます これも出世の為かと自分に言い聞かせブラウスを脱ぎました おお 乳首がデカイ 乳輪も大きい などと勝手な事を言い合っています それでは奥さん 四つんばいポーズお願いしますと専務の声が 私は覚悟を決め 目を閉じてポーズをとりました 一斉にシャーター音です フラッシュも炊かれました

しばらくして今度は 肘を対いて 両手の上にアゴを置いてくれと言います お尻を高く突き出すポーズです もうここまでしたから 少し慣れてきて 言われるまま お尻を突き出しました その時 ミニスカートがめくれて腰のあたりまでズリ上がりました 私が直そうとすると そのままそのままがいいと専務さんが おっしゃるんです 前からみると 大きなお尻の真ん中にヒモが一本通っただけの 卑猥なポーズです 皆んな前から見てるから オマンコは見えないけど ヤッパリ恥ずかしいです 若い人なら襲って来るかも? 突然です おお濡れてる イヤラシイ オマンコ濡れてると 専務の声が 私は ハッとして振り向くと 真後ろ50センチ位の処で 専務さん 私の主人以外見せた事の無い オマンコを マジマジと 見てるんです 私はキャーと大声で叫び その場にしゃがみ込みました ヒドイ専務さんヒドイと私は 抗議しました 後ろには廻らないと約束したじゃないですかと 少し涙声になっていました すると専務 いやーすまん すまん 美人の奥さんの オマンコどうなってるか 見たくて見たくて仕方なかったんだよ と変な言い訳するんです

 主人がきて いいじゃないか お前も恥ずかしがる歳じゃないだろう それに皆さんに撮られて 濡れてたじゃないかと 主人も変な慰めするんです そうなんです私 知らず知らず 見られる喜びに感じ始めて濡らしてたんです 主人以外に裸同然の姿を見せる事に 私 露出趣味があるかも? メンバーの一人が私に ワインを持って来てくれました 私はそれを 一気に飲み干し 体が カッーと熱くなり オマンコ見られたショックも 少し和らぎました メンバーの人達が ズルイぞ奥さんのオマンコ君だけ見て 専務は申し訳なさそうに 大きな体を屈め クスッと笑い皆に謝っていました すると専務さん私の所に来て 奥さん 私だけイイ想いをしてメンバーの者に悪い どうかね どうせ一人に見られるのも 五人に見られるのも一緒だとおもうが みんなに奥さんのオマンコ見せてくれないかねと マジ顔で言われました みなチンポも もう立たないから心配いらない なにも起こらない ただ見せてくれるだけでいいからお願いしますと 専務が頭を下げました それに連られて メンバー全員 頭を下げました

 私は少し悲しくなり主人を見ると黙ったまま ウンウンと頷くだけです 私は ハイわかりました 私の体でよければどうぞ見て下さいと 自分でもビックリする言葉が出てきました その言葉を聞いたメンバー全員から拍手が起こりその場が パアッーと和みました 私はワインを貰い 意を決してみんなの前で ミニスカート ブラ 最後に濡れたTバックのパンティを取り去り 全裸になりました 私は仰向けになり 脚をもうこれ以上開かないくらい大きく開き 全員の目の前に 濡れそぼったオマンコを ご開帳しました 皆 無口でじっとオマンコを見詰め ため息が漏れます しばらくしてメンバーの一人が奥さん指で開いて中もみせて下さいと言ってきました すると 今まで黙ってた主人が その人に ご自分でどうぞと言い出すんです 私 触られるのはチョットと思ったのですが主人が 良いと言うのでじっとしていました その人 両手で私のオマンコ左右に ゆっくりと開きます その時 ヌチャと音がして 溜まってた愛液が トロトロと肛門に流れ落ちました 私はその時 ああっと自然に声が出てしまい軽くイッタようです

 それを合図に 全員が私の オマンコ アヌス オッパイを触りまくり なかにはオマンコに指も入れて来た人がいました しばらく触らせていると ビーンと音が聞こえてきました 専務さん電動コケシを出してきたのです たまに主人と使いますが 専務の手には 超特大のコケシです 我が家で使ってるのは普通サイズですが それは 長さ20センチ 太さも握り切れない程デカイ物です 私はソレを見て オマンコから新しい愛液が沸いてきました普通の女性なら 恐怖心を抱くんですが私には 巨根願望が有り 一度入れられたいと思っていました 主人には恥ずかしくて言えませんでした 専務がメンバーに何か言います すると皆が私を起こして 後ろ向きにし 頭をテーブルに押し当てお尻を高く持ち上げます 専務さん バックから入れるつもりです 足を大きく開かされ ほかの二人が私のオマンコを左右に開かせました いよいよです 主人どんな気持ちでみてるんでしょう気になって見ると ズボンの前をふくらませていました主人も最高に興奮しているようです

 ただ服を着ての撮影会がまさか 自分の女房が体を触りまくられ オマンコまでご開張されるとは 夢にもおもわなかったハズです さらに今まで 味わった事のない 大きなバイブで 犯されようとしています オマンコに冷たいバイブの先が当たります 心地よい振動も伝わります さすがにデカクて中々入りません 痛くはないですが 苦しい感じもします おお先ちょが入ったと専務の声がしたとき ヌルッとしてバイブが私の中に入りました ああああーと私 大きな声がでます 子宮に当たりました オマンコの中 一杯です専務さん抜き差し始めました チンポでは味わえない 気持ちよさです 私は五人の男達のまえで大声でヨガリまくり 何回も何回も イカされつづけられ最後は 気を失い 気がついた時は服を着せられ主人の腕の中でした しばらく お酒を飲みながら談笑してら 一人が奥さんのオマンコ 顔に似合わずビラビラが長くヨジレてましたねと言うんです 私と主人 顔を見合わせ二人で大笑いしました それを見ていた皆も 大笑いです

 私は言ったその人を イタズラッぽく睨んでやりました 最後にみんなの希望で 私のオマンコの接写を撮らせてあげ このメンバー以外絶対見せないと 約束して貰い散会しました 帰り際 専務さんが私に後で見て下さいと言って封筒を渡されました タクシー券をもらい疲れていたので我が家まで直行で帰りました 直ぐ封筒を開封して見ると ビックリ 現金10万円と手紙でした きょうは私達 年よりの願望を叶えて いただき有難う メンバーの気持ちですと書かれていました 私が失神してるまに 集めたそうです 私は主人公認でオマンコは見せたけど チンポは入れさせてません だから貞節は守ったつもりです 主人も満足したみたいだから 私は後悔はしていません 心の中では チョット本物のチンポで廻されてみたい気もします ウフッ   終わり

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||

2014年2月7日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

【テレコミ18】ももこ・19歳・短大生【出会い系での体験告白】

7月8日月曜日の12時ころ、伝言のオープンを聞いて4つほどレスすると同時

に、男性オープンにメッセージ入れる。3時間後にボックスを聞くとレス4件。



ベル番が入っていた2つに携帯の番号を返す。月曜は渋谷の店に行ってたのだが、

個室にいる間に携帯直電。16。日曜にアポ。夜、自宅にいるときに19より直

電。とりあえず、月曜にアポ。このとき私は16と勘違いしたので平謝り。川崎

のD生。身長153、体重42。牛ではない。声もかわいい。彼氏とはいったん

冷却期間を於いているという。



「あのさ、相手間違えたくらいだから、しょうがないんだけど、あなたのメッセ

ージの内容、全然覚えてないんだけど、なんだったっけ?」

「え? いや、そんなここで言うのなんか、恥ずかしくて……」

「パパになってくれる人って、やつ?」

「いいえ……ま、似たような感じですけど……(援助か。でも、それにしては

感触がいいんだが)」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年2月7日 | 体験告白カテゴリー:出会い系での体験告白

タカフミと母【近親相姦の体験告白】

  10.15(火) この日は体育祭の振替休日で学校は休み。父は仕事で母は近所の仲間と梨

狩へ行き、一人で留守番。母のパンティーでオナニーでもと思い洗濯機を覗いたが空っぽ。

朝早く洗濯は済ませたらしい。家の中で素っ裸になって、オチンチンを勃起させて歩き回る

僕は、何かズリネタを探していた。ふと思いついて両親の寝室へ入り箪笥の引出しを探った。

それはすぐに見つかった。母の下着のはいった引出し。たたみ方を忘れないよう用心深く取

り上げる。母のイメージとは少し違う派手なパンティーもたくさんあった。これまで10数回

母の下着でオナニーしたが、それはほとんど普通の綿の地味なものばかりだった。

『かあさん、こんなのも穿くんだぁ』そう思いながら、好奇心で穿いてみた。股の所から玉

ははみ出るし、勃起した亀頭と竿は収まるはずも無かった。それを部屋の隅にある姿見で見

ると、普段の僕ではない一人の変態少年が痴態を晒していた。興奮した僕は両親のベッドに

横になりおもいきりしごいた。(こんなときのパターンはここに母親が帰宅したりするのだが

それはあり得ない)ゆうゆうと気分を出して盛り上がり、いざ発射という時に、あろうこと

か扉が開けられ父が立っていた(本当にびっくりした)。おたがいに「あっ」と声を上げ、僕は

一目散にそのまま自分の部屋へ逃げ込んだ。(あとから聞いたら会社の書類を忘れて戻ってき

たらしい)自分のしたことの重大さと激しい後悔の念でこの日は部屋に閉じこもってしまっ


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年2月7日 | 体験告白カテゴリー:近親相姦の体験告白

浄水器の営業の女【レイプの体験告白】

<>551名前:えっちな21禁さん投稿日:05/02/0500:12:47ID:K0g/fDla0<>

漏れは今リフォーム系の叩き営業やっているが、少し前までは浄水器を売ってた。

そんな俺の家に浄水器の営業に女がやってきた。

平日の昼間だったのにパジャマ姿で出てきた漏れに向こうは驚いたようだった。(その月は既にノルマ以上をこなしていたんで、部屋で寝ていたw)

この営業は、相手が主婦じゃないと話にならない。そういえば、離婚したばかりの漏れのマンションの表札にはかみさんの名前がまだ残っていた。

一応、セレモニーのトークをかました後、そそくさと退散したい気配だったんで、興味がある感じで積極的に話しに乗ってみた。

漏れとは他社の営業だったが、基本スタイルは同じであり、からかってやろうと思っていたのだが・・・

まだ慣れていないらしく、漏れがマニュアルにある典型的な質問をしても、噛み噛みで面白い。

そのうち、かばんから水質検査用の薬剤(水に溶かすと色が変わるインチキのやつ)を取り出そうとして前かがみになった。

ブラウスの胸元から中がのぞけたのだが、胸が小さいのかブラと合わないらしく、B地区が一瞬ちらり・・・



<>552名前:えっちな21禁さん投稿日:05/02/0500:13:46ID:K0g/fDla0<>

漏れはそれを見て迂闊にも興奮していたw

この仕事は主婦相手と書いたが、それは枕営業も多いので漏れ自身はセックスには困っていなかったが、

こうゆうシチュエーションは新鮮で、パジャマの前が盛り上がってきた。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||

2014年2月7日 | 体験告白カテゴリー:レイプの体験告白

ピチピチ水着で露出体験【露出の体験告白】

<>298287sageNew!04/05/1119:07ID:nxbzjjZc<>

じゃ、スレ違いと知りつつも書かせてもらいます



厨房になって、ピチピチ水着の娘(仮に名前はアヤとします)と

同じクラスになったときの話です

消防で同じクラスだったときはそうでもなかったんだけど

厨房になって、アヤはクラスの中で周りの女子との交流が

あるわけでもなく一人、浮いた状態でした

ある日、放課後に僕が教室に戻ってきたら

アヤと消防の時に親しかった女子2人がいました

僕が何を話しているのと聞くと、彼女達が言ったのは

「アヤってこないだパンツはいてなかったんだよ」ということでした



<>299287sageNew!04/05/1119:07ID:nxbzjjZc<>

要は制服のスカートの下はノーパンで学校にきていたということです


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||

2014年2月7日 | 体験告白カテゴリー:露出の体験告白

海外赴任中の彼女さつき【浮気・不倫の体験告白】

<>355353sageNew!04/05/2701:45ID:fE0A8Ytp<>

久しぶりの投稿です。今回は話が長くなるので、

何回かに分けてお話しようと思います。

さつきから帰国が少し延びると連絡があり、僕は

休暇を利用してさつきの赴任先である米国を先日

訪問しました。僕としては1年近く会っていないわけで、

どうしても会いたかったし、少し気になることも

あったので、少々無理をして渡米いたしました。



<>356353sageNew!04/05/2701:47ID:fE0A8Ytp<>

滞在中はさつきのアパートに泊めてもらうことに

しましたが、昼間、さつきは当然仕事で僕一人に

なります。

見つかればもめることを覚悟の上で、さつきが

出かけてから、僕は家の中で目的のものをさがし


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||

2014年2月7日 | 体験告白カテゴリー:浮気・不倫の体験告白

社宅物語 「強姦ショー後編」【人妻の体験告白】

最後の1人が射精を終えたようでした。

ゆっくりと主婦の身体から離れ避妊具を外しました。

「ふぅぅ」満

足感の溜息が出て、男の人はそのまま立ち上がって部屋を出て行きました。

幸いにも、全員が避妊具をつけてくれていたので、

安堵感が残ったのですがいまだに横たわっている犯された人たちの姿を見ていると、なんとも言えない気持ちでした。



難を逃れた私たち5名は、私以外はミニスカ一枚の姿でした。

私は目の前に横たわっている人たち同様に全裸にされていました。

「それでは本番を終えた人たちは下がってください」

由美さんの言葉に強姦された5名の人たちは、ゆっくり立ち上がって部屋を出て行きました。

そして美咲さんたちも立ち上がって、残っている私たちの中へ入ると

「それでは第二ラウンドです」

由美さんの言葉と共に、隣から違う男の人たちが入ってきました。




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年2月7日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

温泉宿殺人事件 裸の女わんさか【露出の体験告白】

やあ警部さん、お久しぶりです。むさ苦しい部屋ですがまあ椅子に掛けてお茶でもどうぞ。

お茶じゃなくて水じゃないかって?はは、冗談ですよ冗談。え?違う?

まあいいや、では椅子に失礼して。えーとそれで今回の事件の話でしたね。

なあに、いかな難事件と言えどこの名探偵にかかれば朝飯前でしたよ。

え?今は昼時だって?はは警部さんもなかなか面白いことを仰る。

冗談はいいから話を先に進めましょうか。まずはもう一度事件のおさらいから。



場所は某県の温泉宿で殺害現場は女子脱衣所、時間は早朝。

被害者は連休を利用して観光に来た20代OLのB女史。死因はタオルによる背後からの絞殺。

ちなみにたまたま宿に居合わせた僕が電撃解決したので事件は朝食前には片付きましたよ。

それはさっきも聞いた? はは細かいことは気にしちゃダメですよ。

はい?昼飯の出前ですか?あ、じゃあ僕は天ざるでお願いします。

えーとそれで、事件は早朝に目が覚めた同僚のA子が、B女史と、

同じく同僚のC美を朝風呂に誘ったところから始まります。3人での旅行のようですね。

先に準備が出来たA子が一人で風呂場に向かい、若干遅れてB女史とC美が風呂場へ。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||

2014年2月7日 | 体験告白カテゴリー:露出の体験告白

完熟女【会社・職場での体験告白】

私は44歳、仙台のビル清掃会社に親会社から出向して所長を

しています。(東京から単身赴任)

オフィス掃除の仕事ですので、当然 女性は50ちょっと前から

60ちょっと過ぎまでの人がいるのですが、お金貰っても出来ない

という感じの方もいますが、年上好きには堪らないような方もいます。

その中で、56歳のA子が目にとまりました。

156cmぐらいの中肉中背、普段は化粧もしていないので

それなりですが、化粧をすれば結構綺麗になりそうな方なんです。

一応 所長ですので、履歴書やパート採用時の資料を見る事が

出来ますので、その資料で調べると、10年ぐらい前に旦那に死なれ

その借金で自宅を処分してアパート暮らし、娘が二人いるが

両方結婚して家を出ている事が判りました。

年は取っていても女性ばかりの職場ですので、他の女性に悟られない

ように、二人だけになった時に、頻繁に話し掛けるようにしてました。

ある土曜日、仕事が終わってたまたま会社にふたりきりになった時


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||

2014年2月6日 | 体験告白カテゴリー:会社・職場での体験告白

このページの先頭へ