獣姦体験談!ジョンとの交尾記録。【友達との体験告白】

ただいま~!」

 亜理沙は、元気に玄関を開けたが、それに対する返事はなかった。

「おかしいな~、お母さんは?」

 いつもならいるはずの母がいない。とりあえず台所に行ってみると、テーブルの上に書き置きがしてあった。『親戚に不幸が起こりました。帰りが遅くなるので、戸締まりをしっかりしてネ。夕飯は冷蔵庫の中です。チンして食べてネ。』読み終えると、亜理沙は顔をほころばせた。

 亜理沙は、地元の学校に通う中学3年生だ。バスケット部に入っていて、クラスの中でも背は高い方である。発育も良く、今年になってブラはCカップを着けるようになっていた。そのためか、高校生に間違えられてナンパされることも度々あった。受験を控えている事もあり、勉強をしろとうるさく言われているので、親の不在はうれしかった。

 そして、うれしい事はもう一つあった。中学3年生ともなれば、セックスに対して興味が湧く頃である。クラスの中でも、経験有りの子が何人かいる。身体の割に奥手な亜理沙には、もちろん経験はなかったが、友達との話題は受験の事か、異性の事がほとんどだった。今日も学校で、親友の裕美達とたわいもない話をして盛り上がっていたのだが、その帰り道で、裕美が一冊の本を貸してくれていた。兄の部屋から無断で拝借したというその本は、とてもではないが教室で見る事ができる内容ではないらしい。

「ヤッタッ!!。これで堂々と本が見れる!」

 亜理沙はTシャツとショートパンツに着替えると、ベッドの上に寝ころんで、ドキドキしながら本のページをめくり始めた。

「えーっ、すごーいっ!!」

 そこには、亜理沙が想像していたよりも過激な写真が並んでいた。恋人同士の写真のような淡い物ではなく、男女が色々な体位で結合していたり、女性器に異物が挿入されていたり・・・。亜理沙の顔は赤く火照り、心臓の鼓動が激しくなっていった。ページをめくる度に新しい興奮が亜理沙を襲い、男性器とその結合部に釘付けになってしまう。オナニー位はしたことのある亜理沙だったが、自分の中に写真のような太いモノが入るとはとても思えなかった。

 自然と、亜理沙の手は下半身に伸びていった。ショートパンツのボタンを外し、かわいいパンティに覆われた茂みの上に手を置く。ベッドの上で四つん這いになり、写真を目で追いながら、亜理沙は湿ったパンティの上で手を動かし続けた。

 何枚かページをめくった時に、亜理沙は突然手を止めた。そこには、女性と犬が写っていた。ソファーに座った女性が大きく脚を拡げ、その股間に犬が顔を埋めている。

「うそっ!!」

 いくら奥手な亜理沙でも、その犬が何をしているかはすぐに分かった。写真の女性に嫌がっている様子は無く、気持ちよさそうに犬に身を任せている。目は閉じられ、半開きになった口からは漏れる吐息が分かるようだ。

「これがバター犬っていうんだ・・・」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||||||||

2013年7月28日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

私のこといっぱい犯してください・・・・その6【友達との体験告白】

イった後も友香は暫くぐったりとしていた

けれどその表情はとてもいやらしくそしてかわいかった

そのあと2人でお風呂に入り身体を洗い合った

友香は俺のものいとおしく洗ってくれていたのが印象的だった

湯船に浸かりながら色々話した

なんだか恋人同士のような雰囲気だったのを覚えている



お風呂の中で友香に俺のをまたしゃぶらせた

そしてそのまま風呂場で2回目のえっちをした

今度は恋人同士のような優しいえっちだった

結局その日は朝までにもう一回した

そして昼過ぎから予定があった友香と別れた

彼女はとても満足してくれたみたいでまた逢いたいと言ってくれた

そしてその後1年ぐらいは関係が続いた…




この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||

2013年7月28日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

W不倫の果て②【人妻の体験告白】

祥子と待ち合せたシティホテルは、私が伝言ダイヤルで女性との待ち合わせに良く使うホテルでした。

その都市一番の高級ホテルで、予め部屋はリザーブしておき、会った女が気に入ったらそのまま部屋で・・・が大体のパターン。

私は既に祥子に夢中で、部屋も予約したし絶対自分のモノにしよう・・・と決めていました。

翌日の約束の時間、私はロビーではなくホテルの部屋で祥子からの連絡を待ちました。

私は美しいだけではなく頭の良い女性を求めていました。これは一つの賭けです。

待ち合わせ時間を20分ほど過ぎると私のポケベルが鳴りました。

表示された番号はホテルの代表番号、私は賭けに勝った!と思いました。

部屋の内線からフロントに電話を掛け、”○○さんがフロントにいらっしゃるから部屋まで電話をして欲しいと伝えてください。”とお願いしました。

一度電話切ると折り返し内線がなりました。

”もしもし、祥子です。今から其方に行ってイイですか?”

私はシャワーを浴びてバスローブに着替えていました。

暫くすると部屋のチャイムが鳴り、ドアを開けると祥子が入ってきました。

流石に少し緊張した顔をしていましたが・・・。

祥子とは二時間ほど部屋で過しましたが抱く事は出来ませんでした。

”もう少し時間を下さい・・・”と言われたからです。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||||

2013年7月28日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

W不倫の果て①【人妻の体験告白】

祥子と知り合ったのは当時流行ってた伝言ダイヤル。

“色んなことに興味がある25歳です。興味がある方はメッセージ下さい。”

その頃の伝言ダイヤルは、既にサクラのやま。

本当に出会える女は極少数だし、その中でも使い物になるようなビジュアルを持った女を探すのは至難の業でした。

でも・・・声の感じがサクラ風じゃない。

5年程伝言ダイヤルで遊んできた私は”ピン!”と来るものを感じ、

“35歳で既婚ですが夢中にさせてくれるような女性を探してます。貴女がそんな方であるように願ってます。”

とメッセージを入れました。

その日の夜中に自分のボックスに入っている返事を聞いてみました。

”メッセージありがとう御座います。祥子です。

色んな方からメッセージが入っていましたが、あなたのメッセージに惹かれました。

暫くメッセージのやり取りをしませんか?”と言う返事が入っていました。

その後3回ほどメッセージのやり取り後会うことになりました。

待ち合わせ場所は私の住む町のメイン駅前、特急電車の到着時間に合せて駅前で待っていると、

少し背の高い一際綺麗な女性が現れました。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||

2013年7月28日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

私のことをいっぱい犯してください・・・・その5【友達との体験告白】

いやらしく腰を動かしている友香

俺は少しいぢわるしたくなりクリに手を伸ばしさわり始めた

すると友香はまた声を荒げ腰の動きも一段といやらしくなった

俺は友香の表情や声、動きを見ている内にイキそうな状態がわかるようになってきた

そして今にも「イきたいですぅ」と言いそうな友香の動きを止めた

友香は一瞬どうして?というような顔をした

俺は

「まだイかせてやらないからな」

というと

「いやぁ…」

と友香は言った

俺はそのまま友香を抱え上げ今度は友香をソファに座らせてそして…



突いた!

友香はすぐにもイきそうになっていたがその度に俺は腰を止めて焦らした


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||

2013年7月28日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

私のこといっぱい犯してください・・・・その2【友達との体験告白】

友香のあそこはもうびちゃびちゃだった

太ももまでやらしい液体を垂らすあそこに俺は一段と興奮した

俺はびんびんにそそり立ったあそこを友香にくわえさせたままシックスナインに

移行した

そして手マンをしながらクリトリスを舐めた

友香はじらされていた為か1分たたない内にびくびくとしながらイってしまった

それんみて俺は

「何勝手にイってんだ!誰がイっていいって言ったんだ?」

友香はまだイった余韻を残しながら

「ごめんなさいご主人様、ガマンできませんでした」とかすれながら言った

俺は

「次勝手にイったら終わりにするからな」

と言うと

「ごめんなさい…ごめんなさい…」

と嘆願した


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||

2013年7月28日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

かわいいアナルを見せてごらん。人妻メール調教その3【人妻の体験告白】

『ご主人様はどうですか?麻衣と出会ってから毎日刺激がありますか?』

徐々に調教に慣れていったある日の休日に

麻衣からこんなメールが届いた。。

『今日は1人で会社にいます…』

休日は迷惑にならないようにメールをすることは

お互い控えようという約束をしていた。。

家にいるときもメールはしないように…と。

それは麻衣が既婚者だからという配慮だった

調教に没頭すると頻繁にメールのやり取りをするようになり

警戒感や安全面への配慮が疎かになりがちだ

ただこの日は1人で出勤ということもあり

麻衣も普段とは違った会社での痴態をさらすことに

前日からドキドキしてたようだった。。

休日とはいえ出勤してきたり会社に用事がある人は

まったくないということはないので場所はいつもどおりトイレにした。。


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||

2013年7月28日 | 体験告白カテゴリー:人妻の体験告白

愛液を撒き散らす、どMな美紗のオナニー鑑賞プレイその2【友達との体験告白】

ぴちゃっ…

イったばかりの美紗のオマンコに触れるとイったにもかかわらず愛液がどんどん溢れてくる。。

「あ…ん…さわったらまたシたくなっちゃうよ…」

「またシてもいいんだよ?」

「それもいいんだけど…今度は美紗が気持ちよくしてあげたい…」

そう言うと美紗は目の前にひざまずき、ズボンの上からこちらの股間の部分を摩ったり、頬ずりし始めた。。

その表情はとてもいやらしく、淫靡な音をさせながらこちらを下から覗き込んでいた。。

「いやらしい顔だね、美紗。。」

「これ…好き。。」

「オチンチンがすごく好きなんだろ?他のメスみたいにさ。。」

「うん…」

そういうと、こちらがチャックを下ろすよりも早くチャックに手をかけ下ろしはじめた。。

ズボンのチャックを下ろし、中に隠れてた下着とさらに奥にある硬くなってるオチンチンを摩り始め、無理やりむき出しにし始めた。。

「あ、出た…これ…こんなに硬くなって…それに大きい」

「そんなことないよ、他の男のモノと比べたことはないけどね。。それに、美紗のオナニーを見て、硬くならない男はいない…そうだろ?」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2013年7月28日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

どMな美紗のオナニー鑑賞プレイ【友達との体験告白】

『み、見てください…』

クチュッ…クチュッ…

美紗のいやらしいオナニーの音が部屋に響いてきた。。

私は女性のオナニーを見るのは嫌いではない

関係している女性の半分は自分からオナニーを見て欲しいと懇願してくる女性だ

いわゆる見せたがりで見せることで高揚し、それを見ているこちらが興奮すると余計に嬉しいらしい。。

普通はそういう行為を見せたくはないし、知られたくはないのだがこういったMな女性はそういう行為だからこそ人に見られたい…そう感じるところがある

ただ、露出癖があるわけではない。。

「…ね、ねえ…美紗のココ、見える?」

「ああ、良く見えるよ…いやらしく剃ってきれいなところがね」

「あ…もっと、もっと言って…美紗とってもいやらしいコになってる」

「可愛いね、美紗は。。もっといじっていいんだよ?オレの前で…ね。。」

立ったままのオナニーというのは見てるほうも興奮してくる。。

「あ、溢れてこぼれてきたよ…もっといじっていい?」

「ああ、たくさんいじって、床にいやらしい愛液をこぼしていいよ」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

||||||||||||

2013年7月28日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白

おしっこ・・・・  かけてください・・・【友達との体験告白】

会ったり調教希望の女性にはそれぞれ変わった性癖や人に言えないことがあることが多い。。

調教されたいという時点で人には言えない性癖なのかもしれないが…。。

少し前に会った女性の話だが

その女性はかなりドMの部類に入る女性でノーマルなプレイでは満足しない可愛い女性だった。。

見られたい願望が強かったり、辱しめられることで興奮し、プレイ内容も回を重ねるごとに過激になっていった。。

そのような女性は今までも多かったのでこの女性も例に漏れずあまり不思議な感じはしなかった。。

ところがある日…

「あの… 脚を舐めさせてください…」

こちらから脚を舐めさせたり、全身をキレイにしろということは命令してなかったので

「舐めたいのかい?」

そう聞くと…コクンと頷いて続けてこうも言ってきた。。

「舐めるだけじゃなくて…ご主人様のすべてをキレイにしてあげたいんです…」

…なかなか可愛い事言うなとおもってると…

「それと…私にいっぱいかけて欲しいんです」

「いやらしいオンナだね、精子でいっぱい汚されたいのかな?」


この体験告白を見る »

体験告白関連タグ

|||||||||||||||

2013年7月28日 | 体験告白カテゴリー:友達との体験告白
20 / 21« 先頭...10...1718192021

このページの先頭へ